2019年2回新潟5日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒3。直線1000mは土日ともにマイナス0秒4だった。まずは遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが、週単位で見ると少しずつ水準寄りになって来ている。
 先週、全く雨が降らず完全な良馬場だったが、少しずつ芝が傷んで時計が少しずつ掛かるようになって来た。とは言え、まだ馬場差はマイナス1秒台。この開催は全てAコース使用だが、開催日に雨の影響を直接受けなければ開催の後半になってもマイナス1秒ぐらいの馬場差が保たれると思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにプラス0秒4。1200m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒1だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、1800m・1200mともに2週目・3週目と開催が進むにつれ、時計が掛かってきている。
 水を撒いて、何とか最低限の湿り気を保っているという状況で、もうパサパサに乾いていて、2週目より更に時計が掛かるようになった。先週土曜は追い込みに近い差しが2回決まっていて、日曜の勝ち馬はすべて3コーナー4番手以内だったが、土曜と日曜の馬場に違いはなく、これは展開や出走馬の力関係による違い。


  タイム分析
 2019/08/10 (土)  芝=-1.4 / 直線=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 ココロノトウダイ    牡2 未勝利 1:47.9 -0.2 -0.8 +0.3 -1.3 C C --
4R T1000 マロリン    牝3 未勝利 0:55.5 -0.3 --- +0.1 -0.4 C D --
6R T1800 ショウナンハルラ    牝3 未勝利 1:47.7 +0.4 -1.1 +0.6 -1.3 D D --
7R T2400 エフェクトオン    牡3 1勝クラス 2:28.6 +2.1 -1.1 +2.7 -1.7 SL C --
9R T1600 エクセランフィーユ    牝3 村上特別(1勝) 1:33.6 -0.3 -0.6 +0.2 -1.1 C C --
10R T1800 レッドラフェスタ    牝4 三面川特(2勝) 1:46.7 +0.9 -1.1 +1.1 -1.3 SL D --
11R T1400 ジョイフル    牡5 新潟日H(3勝) 1:20.1 -0.6 --- +0.4 -1.0 D C --
 2019/08/10 (土)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 ラブイスキア    牝3 未勝利・牝 1:56.2 +2.4 -0.3 +1.7 +0.4 E D --
5R D1800 タガノビューティー    牡2 新馬 1:57.6 +2.3 --- +1.9 +0.4 E C --
8R D1800 フーズサイド    牡3 1勝クラス 1:53.9 +1.1 --- +0.7 +0.4 D D --
12R D1200 エターナルフレイム    セ5 2勝クラス 1:11.7 +0.4 --- +0.5 -0.1 D C --

新潟2R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
5着 モッシュピット 通信簿
 1番人気5着だった。スンナリハナに立ったが、結果的にはその後ペースを落としすぎた感じ。道中ずっと突かれて、向正面ではもうマクられてしまって、本来のレースができなかった。平均ペースで逃げられれば巻き返せると思う。
新潟3R 2歳未勝利 注目
 5着だったレインカルナティオについて。
5着 レインカルナティオ 
 ちょうど内回りとの合流点付近でゴーサインを出した後に狭くなって一旦控えて、そこからコースを一番内の最内に切り替えたものの、なかなかエンジンが掛からず、ジリジリとしか伸びなかったが、ゴールまで伸びてはいた。この馬はテトラドラクマの全弟だが、テトラドラクマも控えてGOサインを出しても反応が鈍くて、ハイペースで前に行った方が力を出す馬。レインカルナティオも恐らく同じタイプと思われ、こういう馬は追い出しが遅れてしまうとエンジン掛かるのに時間かかってしまって、どうしようもない。また姉も秋以降にどんどん良くなったので、牡馬のこちらはさらに成長が遅いかもしれない。ということで、今後の成長も含めて注目したい馬。
新潟5R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
新潟7R 3歳以上1勝クラス タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟10R 三面川特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 レッドラフェスタ 勝ち馬注目
 1200m通過が1分13秒8で、後半600mが32秒9と極限の上がり勝負なのでSLだが、残り600mから400mの地点でも10秒台に突入していたのは特徴的。こうなると前にいれば有利と、そういう風には言えない展開だが、勝ったレッドラフェスタはこの10秒台の時点で、持ったまま前との差を詰めて行き、楽々と先頭に立って押し切った。先頭に立つと、舌をこしてブラブラさせながら、なおかつ自身も左右にフラフラしながら走っていて遊んでいましたし、何しろオルフェーヴル産駒なので、常に能力を発揮できるとは限らないが、能力自体は上でも通用すると思う。
新潟11R 新潟日報賞 
16着 リュウノユキナ 通信簿
 11番人気16着だった。前走時に言ったが、やはりダート1200m以下でこそ。先週越後Sを除外されたのが痛かった。できるならこのレースより、今週のテレQ杯で見たかったと思う。
新潟12R 3歳以上2勝クラス 注目
 4着だったクインズマラクータについて。
4着 クインズマラクータ 
 前走この馬は出脚が鈍くて後ろからになっていて、恐らくそれを踏まえて今回は出ムチまで入れて出して行ったが、それが裏目に出たようで途中からは抑えるのに苦労していた。直線で伸び切れなかったのは、恐らく前半に行きたがって消耗してしまったため。前半がもっとスムーズなら前進できると見た。それからこの馬、前走もそうだったが、定量戦で57キロだと露骨にスタートダッシュが鈍くなるので、次走が平場なら今回と同じように減量騎手が乗ること、特別戦ならハンデ戦であることが狙える条件になると思う。

  馬券Summary
前走2着のオルフェーヴル産駒
 前走2着のオルフェーヴル産駒かどうなのかという話だが、タイムランクAやBのレースの上位にオルフェーヴル産駒がいると、私は「オルフェーヴル産駒なので、次走も同じように走れるかどうか疑問」とよく言ってると思うが、実際のところどうなのかというのが、今回のテーマ。
前走2着のオルフェーヴル産駒
 まず何の条件もつけない前走2着だったオルフェーヴル産駒の全成績だが、これ比較対象がないので難しいと思うが、大体年間のトータルと比べても悪くはない。しかし問題なのが、前走Aランク・Bランクのレースで2着で好走したその次のレースで、こういうレースで勝率17%というのは、相当良くない。17頭・18頭が1番人気で、5頭が2番人気になりながら、この成績ですから期待値は相当低い。このタイムランクA・Bの2着馬というのは、番組注目馬の定番だが、定番であってもオルフェーヴル産駒は恐ろしくて番組注目馬にはできないという私の感覚は正しかったと思う。で、しっかり能力を発揮したり良いレースをした時こそ、次はちょっと嫌気が差してしまう模様。
そしてこの表の3段目の新馬戦2着馬の成績、次走の成績、もちろん新馬の次走なので未勝利戦という事だが、この新馬2着馬が2戦目に1頭しか勝っていないというのは、まぁ恐ろしい話で、この19頭中11頭が1番人気ですから、新馬戦2着のオルフェーヴル産駒は自動的に次走危険馬にしておいても、それほど間違いではないというレベルになっている。で、オルフェーヴル産駒はレース経験を積むと悪さをするようになるようなことを私、ちらっと言った事があると思うが、そういう性質がモロに出ているのが新馬戦2着馬の次走成績だと思う。
 先週番組注目馬が7頭出ていたが、その内2頭が前走から中3週で、2頭とも勝って2勝。中2週だった馬が2頭いて、こちらは1勝・そして着外が1頭。中1週だった馬が3頭いて、1勝・2着が1頭・着外が1頭だった。結構重要で、特に番組注目馬になるぐらい力走した馬、好結果を出した馬ほど、真夏に中1週で出てくるとちょっと危なっかしい所があるので、番組注目馬の次走に関しては、中1週の場合はちょっとどうなのかなと。思った方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26