2019年1回中京3日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒1だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒前後の数値が続いている。
 2日目は雨の影響を受けたが、それ以外の開催日はマイナス1秒台で、速い時計の出るコンディションだった。連対馬の脚質には目立った偏りはなかったが、インコースを通った馬の上位進出が目についた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、2日目後半はマイナスゾーンだったが、それ以外はプラスの馬場差だった。
 2日目後半については、雨の影響で時計が出やすくなったが、それでも少し速くなったという程度。また、京都のように大きく時計を要した訳ではない。連対馬を見ると、逃げ・先行で決着したレースが3鞍。差し馬同士で決着したレースが4鞍。まぁペースや展開次第だったと言えるだろう。


  タイム分析
 2019/01/26 (土)  芝=-1.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 ピースワンパラディ    牡3 新馬 1:37.3 +1.1 -0.9 +1.1 -0.9 SL D 9.80
6R T2000 アスクフラッシュ    牡3 未勝利 2:02.7 +0.3 -0.8 +0.6 -1.1 D D 6.58
11R T2000 ワンブレスアウェイ    牝6 愛知杯HG3 2:00.0 +1.1 -0.6 +1.6 -1.1 SL D 7.60
12R T1200 コパノディール    牝6 知立特別1000 1:08.2 -0.5 -0.1 +0.1 -0.7 C D 8.77
 2019/01/26 (土)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 グラスミルキー    牝3 未勝利・牝 1:57.5 +2.3 --- +2.0 +0.3 E D 6.00
2R D1400 ゴールデンライオン    牡3 未勝利 1:27.0 +0.6 --- +0.4 +0.2 D D 7.71
3R D1900 キャメロン    牡3 未勝利 2:03.0 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 7.70
4R D1200 コロニアルスタイル    牝5 500万下・牝 1:13.3 +0.8 --- +0.6 +0.2 D D 8.80
7R D1900 ケンシュナウザー    牡5 500万下 2:01.9 +1.4 --- +1.1 +0.3 E D 7.55
8R D1200 レッドランサー    牡4 500万下 1:12.1 -0.4 --- -0.6 +0.2 B E 8.93
9R D1800 アイファーイチオー    牡5 500万下 1:54.4 +0.8 --- +0.5 +0.3 D D 8.20
10R D1400 ケイアイターコイズ    牡3 はこべら500 1:24.4 -1.2 --- -1.4 +0.2 A C 6.87

中京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
中京5R 3歳新馬 タイムSL
 1600mの新馬戦でよく見る1000m1分3秒台の超スローペース。補正しきれずSLとなったが、狙いたい馬がいる。
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ピースワンパラディ 
 勝ったピースワンパラディは6・7番手を進んで、直線上がり最速33秒8の脚を使っての差し切りでしたから、見事。特に残り200mからの切れ味は、目に付いた。ただ、上のクラスで即通用とまでは言えない。
2着 ノンストップ 
 また2着したノンストップは、明らかにスローの逃げで恵まれた印象で、次走人気なら嫌いたい。
4着 ハピネスブルーム 
 このレースで次走狙うなら4着したハピネスブルームだろうか。4コーナーまでインに居たが、前が邪魔になって、上手く追い出せず、直線でようやく最内を突いて追い出したが、ちょっと馬が気を遣ったか伸びきれなかった。それで上がりタイム、メンバー中2位の33秒9ですから、まぁ次走は面白そう。
中京7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中京8R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。早めにハナに立った7.レッドランサーが直線に入って、後続に差をつけて先頭をキープしている。勢いは衰えず、さらにリードを広げ6馬身差で逃げ切った。2.ココロノイコロがインコースで粘り込んで2着。外から追い上げた15.オールデンが半馬身差で3着だった。
 しかし、2着以下は大きく離されてしまって、狙いが立たない。古馬500万下クラスは徐々に強い馬が抜け始めているが、このレッドランサーのように、前に行ける馬を狙うのがやっぱり戦略的に重要ではないだろうか。後ろから行く馬では、よほど強くないと軸馬としての信頼は置けない。
1着 レッドランサー 勝ち馬注目
 レッドランサーが昇級2走目で逃げ切った。レッドランサー、2着に6馬身差。初勝利を挙げるまでにも5戦かかったが、勝った後は休養を挟んで2着・1着。近親にはダートの活躍馬が何頭もいて、短距離ダートなら上のクラスでもやれそう。
中京10R はこべら賞 タイムA
 基準より1秒4速い勝ちタイムだった。12.ケイアイターコイズが逃げて直線に入った。2番手の7.レッドルゼルが並びかけようとすると、ケイアイターコイズがもうひと伸びして、リードを広げて行く。そしてケイアイターコイズが4馬身差をつけて逃げ切った。離されながらもレッドルゼルが2着。外から伸びてきた8.コパノカーリングが3着だった。
 3着以下はさらに離されていて、狙いは立たない。
1着 ケイアイターコイズ 
 ケイアイターコイズはここまで全てダート1400mで、1着・2着・1着となった。ケイアイターコイズが鮮やかな逃げ切りで、文句のないタイムランクA。直線に入っても余裕十分で、残り300mで追い出すと2着に4馬身差をつけての完勝だった。3歳世代でダート短距離で、ここまで強いレースができる馬はまぁそれほど多くない。前走はオーヴァルエースに敗れており、上のクラスで即通用は難しいかもしれないが、いずれオープンでも勝ち負けできる器ではないだろうか。
2着 レッドルゼル 番組注目馬
 2着以下は4馬身以上離された。2着レッドルゼルは直線入り口までは、勝ち馬を脅かしそうな手応えだったが、いざ追い出されると離されてしまった。まぁただしこの馬は、前走大差勝ちで、ダート2戦目。500万下ならすぐに勝てるだろう。次走有望。
8着 ロマンティコ 通信簿
 2番人気8着だった。プラス10キロで重く感じた。その分失速したと思う。加えて1・2着馬はこの番組でも以前取り上げた事のある馬。相手関係も強く、悪い条件が重なってしまった。
中京11R 愛知杯 タイムSL
 タイムランクはスローのSL・メンバーランクはDだった。ランドネが先頭に立って直線に入って行く。前半1000m62秒2と、流石に遅すぎて補正しきれずSLランクになった。残り1000mから速くなったが、後半1000m57秒8。レースの上がり34秒3の瞬発力勝負。スタートでノームコアが躓いたために後方からになったのも、このペースを作った原因となったと思う。4番手を進んだワンブレスアウェイには、まぁこれ以上ない展開。逆に外から突っ込んで来たノームコアには、痛恨のレースになった。
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ワンブレスアウェイ 
 8番人気のワンブレスアウェイが抜け出して重賞初制覇。ワンブレスアウェイ、オープン入り後しばらく振るわなかったが、揉まれているウチにしぶとさと強さを身につけて来た。今回4番手を進んで、早めに抜け出す強い競馬。展開も向いたが、素晴らしい勝利だったと言えるだろう。
2着 ノームコア 
 1番人気ノームコアが2着。3着にランドネが粘った。ノームコア、スタート直後に躓いて後方からになったのが痛かった。自身最高の上がり33秒5をマークしていますし、今後に大きな期待が持てる内容だったと言えると思う。
3着 ランドネ 
 1番人気ノームコアが2着。3着にランドネが粘った。それからランドネ、これ絶妙な逃げでよく粘ったが、まだキャリアも浅いですから、牝馬限定戦ならすぐに重賞に手が届きそう。
4着 ウラヌスチャーム 
 4着ウラヌスチャームはオープン入り後、初の重賞でこれだけやれた。今後に期待できる。
6着 レッドジェノヴァ 
 6着レッドジェノヴァ、2番人気だったが、休み明け走らない。今回も8キロ増が微妙に響いたのかもしれない。
中京12R 知立特別 注目
 前半600m34秒3は遅く、まぁ1200mだが、ペース補正が0秒1入っている。SLランクではないが、緩やかなペースで、これが明暗を分けた。この日の中京芝、全体的にイン有利だったが1200mでこれだけ遅いと、内枠で前に行ける馬がやっぱり有利になってしまった。断然の1番人気デルタバローズは前々でレースを進めたが、15番枠でしたから外めを通らざるを得ず。対して1着・2着の2頭は内ラチ添いを通った。結果的にはこの差が大きかった。
1着 コパノディール 
 勝ったコパノディールだが、ここ2走1400m使っていたが、まぁどちらかと言えば1200mの方が得意。3走前の河北新報杯は1200mで突き抜ける勢いだったが、直線で行き場を失う大きな不利を受けて、0秒5差の7着だった。今回は最内を引いて、内ラチ添いの3番手を距離ロスなく進み、直線あっさり抜け出している。全てが上手く行った勝利で、まぁ上のクラスでは厳しいだろうが、狙いは今回だったのかもしれない。
2着 ショウナンマッシブ 解説危険
 まぁこのレース、本当に特殊なレースで、もうインを走っているとかなり恵まれるというレースだった。イン引いて、ロス無く立ち回れたのがちょっと大きかった。このレースはまぁ何と言うか、内にいた馬より外から突っ込んで来た馬を次走は狙いたい。
3着 デルタバローズ 
 次走狙うなら3着デルタバローズ。普通のペースなら、この馬が突き抜けていたと思う。

  馬券Summary
ダート短距離・前回1枠→今回8枠
 ダート短距離は内枠で結果を出せずに外枠で変身する馬が実は多い。
ダート短距離・前回1枠→今回8枠
 先々週の終了時点から過去1年で、ダート1200m以下で前走1枠だった馬が今回8枠を引いた時の成績を調べてみた。意外に凄いんですよね。81回出走して8勝2着9回3着8回4着以下56回。連対率21%・3着内率30.9%も凄いが、単勝回収率が118%。複勝回収率は何と158%。やっぱり内で不利を受けたり、能力発揮できない馬、結構いるんですよね。ダート短距離の場合。外を引いて、ちょっと変身するという馬を狙おうということ。この数字は何も条件を加えずに出した結果ですから、1枠で敗退した馬が人気薄で8枠で穴を開ける例がかなりある事がわかった。さらに細かく見て行って、外枠だと走る馬とかをあえて狙って行くとさらに楽しいんじゃないかなという風に思っている。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-