2019年1回福島3日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週と比較して先週はやや水準に近づいたが、大きな動きではない。
 福島は火曜から木曜にかけて合計32ミリの雨量を記録。季節外れの雪も降った。ただ、その後の乾きは早くて、土曜日の芝は良馬場発表だった。先々週よりもコンマ1秒掛かった程度。土曜芝の頻度が大きくて、日曜はさらに0秒1時計を要したが、それでも水準よりは速いコンディションだった。脚質的には、差しとか追い込みがよく届いてはいた。最終週の今週はBコースに移行するが、馬場差はこれ以上速くはならず、プラスの方向へ向かう可能性が高いと思う。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だが、開幕週と比較すると先週、特に土曜は水準に近づいた。
 開幕週はプラス1秒に近い時計の掛かる馬場だった。中間の雨や雪の影響から土曜は水分を含んで、走りやすくなって標準の馬場差に近づいた。日曜は乾きが進んで、再び掛かってはいるが、まだ下の方に水分が残っていて、先々週よりは時計の出方は速かった。脚質的には前と後ろ、五分の印象があった。


  タイム分析
 2019/04/13 (土)  芝=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 エイトマイル    牡3 未勝利 1:10.3 +0.4 --- +0.6 -0.2 D D 9.08
4R T2000 ジャストマリッジ    牝3 未勝利・牝 2:01.5 -0.3 --- +0.1 -0.4 C D 10.50
5R T1200 トップソリスト    牝3 未勝利 1:10.3 +0.4 --- +0.6 -0.2 D D 10.00
6R T2000 クリノオウジャ    牡3 未勝利・若 2:02.4 +0.6 -0.6 +0.4 -0.4 D D 6.00
8R T1800 ステイキングダム    牡6 500万下 1:49.2 +1.3 --- +1.7 -0.4 E D 7.00
10R T1200 ショウナンタイガ    牡3 雪うさぎ500 1:09.2 -0.1 --- +0.1 -0.2 C D 7.25
12R T2000 ヴァンベールシチー    牡5 飯盛山特500 1:59.9 -0.7 --- -0.3 -0.4 C C 4.40
 2019/04/13 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1150 ノボシュンシュン    牝3 未勝利・牝 1:09.7 +0.4 --- +0.3 +0.1 D D 7.77
3R D1700 フィルストバーン    セ3 未勝利 1:47.1 -0.2 --- -0.3 +0.1 C D 6.82
7R D1700 スカイソング    牝5 500万下・牝 1:46.3 +0.3 --- +0.2 +0.1 C E 6.89
9R D1700 メンターモード    牡5 500万下 1:45.9 -0.1 --- -0.2 +0.1 C D 7.38
11R D1150 ヒザクリゲ    牝4 ラジオ福1000 1:07.9 ±0 --- -0.1 +0.1 C D 5.92

福島3R 3歳未勝利 注目
 勝ちタイムは、あと0秒1速ければBランクだった。
1着 フィルストバーン 
 1着のフィルストバーン。芝の成績が良くないが、前走8着は東京でマイネルミュトスが勝ったAランクのレースで0秒5差。去勢効果で、走る気は出て来ていた。半姉にダート4勝のエバーキュートがいて、ダートの適性も高かったが、ハイペースを2着馬と共に仕掛けて行って、直線での競り合いを制した。完全タイム差は高レベル一歩手前。ダートの中距離なら500万下でも通用するだろう。
2着 ダノングリスター 
 2着のダノングリスター。休養を挟んで2着を2回続けていたが、前走はブリンカーに慣れて来た様で、気の悪さを出して5着。今回ブリンカーを外して、パフォーマンスを上げた。勝ち馬は減量騎手3キロの重量差があったのに、手応えの割にしぶとかったと思う。次走確勝とまでは言えないが、今回3着には6馬身差をつけている。チャンスは近いと思う。
福島8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
福島10R 雪うさぎ賞 注目
1着 ショウナンタイガ 
 1着ショウナンタイガ、遅い時計の小倉芝1200mを追い込んで勝った馬。昇級後は1400mに距離延長して、好位付近で競馬ができていた。前走重賞のファルコンステークスでも4着。再び距離短縮して展開に恵まれて、順当勝ちだと思う。
2着 マイネルアルケミー 番組注目馬
 2着のマイネルアルケミー、前半600m33秒3のハイペースの中、外めから好位勢を交わして一旦先頭に立って、この馬を目標に仕掛けたタマモメイトウをクビ差3着に退けていた。勝ち馬とは位置取りの差が出たと思う。今回は休養明けで10キロ増と、少し馬体に余裕もあった。いつも何かに負けるタイプだが、もう勝つのも時間の問題に思う。
福島12R 飯盛山特別 注目
 完全タイム差はマイナス0秒3。あと0秒1速ければ、高レベルだった。
1着 ヴァンベールシチー 
 1着のヴァンベールシチー、2年前のデビュー戦経験馬相手に1着だった。不器用だが、能力は高いモノがあった。今回はマクる馬がいて、さらに2着馬が2段目のマクりと、福島らしい攻防。展開的に漁夫の利があったのは確か。1000万下でどうこうまでは言えないと思う。
2着 サンシロウ 
 2着のサンシロウ、動くタイミングは良かったと思う。が、結果的にもハイペース。これでも速かったと思う。体重が12キロ減ったのは、太かった分が絞れたモノ。ダートとの両刀使いの馬だが、芝の方に確実性がある。勝ち鞍のある、新潟内回り辺りでチャンスが来るかもしれない。
3着 コスモレリア 
 3着コスモレリア以下はサンシロウから3馬身半以上離されている。3着のコスモレリア、他馬が動いても内で脚を温存していた。それでも離されたのは、ジリ脚の証明。それでも自在性があるので、馬券の3着候補にはなりやすいタイプ。
4着 ミッキーバード 
 4着のミッキーバード、1000m通過手前から動いて、先頭に出ると逃げていたレーガノミクスも突っ張ってきたので、6ハロンから7ハロンの間でペースアップして11秒6。これでは失速しても仕方がないと思う。中山2000mの前走が高レベル相当の2着だった。じっくりと運べば、巻き返せる。

  馬券Summary
海外遠征馬の帰国初戦成績
 日本馬が出走する海外競馬の馬券が購入できるようになり、海外への遠征馬も増えている。今回は海外競馬に出走した、日本馬の帰国初戦の成績を簡単に調べてみた。一般に、海外遠征帰りは割引が必要と言われているが、果たしてどうなのか?という事。2010/4/1から2019/3/31までの10年間を対象として、帰国初戦で重賞レースに出走した馬は延べ139頭いた。これらの総合成績は次の通り。
海外遠征馬の帰国初戦成績
勝率は1割強。連に絡むのは4頭に1頭という感じ。全体的に見れば、やっぱり少し割り引いて考えるべきなのかもしれない。そして、遠征馬の多いドバイと香港に絞って見ると、ともに帰国初戦の成績は全体の率は上回っている。さらに輸送時間の短い香港の方が、輸送時間の長いドバイよりも、帰国初戦の成績が下回っているのは、これは面白い現象と言えるのではないだろうか。
 出走レース別ではドバイシーマクラシックを使った馬が3勝でトップ。以下凱旋門賞・香港ヴァーズ・ドバイターフ・香港マイル・香港スプリントを使った馬が2勝ずつで並んでいる。ちなみに、凱旋門賞を使った馬は帰国初戦の対象となったのべ13頭中、9頭が馬券の対象となっている。悪くない成績と言える。2013年に2着に入ったオルフェーヴルが、有馬記念を圧勝した。また、4着だったキズナもG2時代の大阪杯を勝っている。オルフェーヴルは前年の凱旋門賞2着後も、ジャパンカップで2着している。また、2014年凱旋門賞8着だったジャスタウェイが、ジャパンカップで2着と巻き返してもいた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26