2019年3回中山4日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒8への変動だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、雨の影響度によって時計の出方が異なる。また、マイナス1秒台になった開催日はない。
 先週からBコースに移行して、時計の出方は速まった。良馬場発表の土曜の馬場差はAコース4週目の前開催最終週と同じ。3・4コーナーを中心に、内側に傷みも出始めていて、高速馬場に戻ったわけではない。そして土曜の夜から日曜未明まで、約8ミリの雨が降った。日曜は稍重発表からスタート。気温の上昇と共に乾いて行った。馬場差は変動。朝の3レースが、2000m換算の数値でマイナス0秒6、後半は土曜に近い数値に戻っている。連対脚質や内・外の隔たりはなかった。残り2週もBコースが使用される。芝の発育が盛んになって、雨の影響されなければ高速に近づいていくはず。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒4への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜はマイナス0秒7からマイナス0秒5への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておく。1800mは開催日によって時計の出方は異なるが、極端に速い日も時計を要した日もない。1200mは全てマイナスだが、高速馬場の日も水準に近いレベルの日もある。
 土曜朝の含水率は、ゴール前が2%。4コーナーが2.9%と乾燥気味。ただし、時計の出方は1800m・1200mともに先々週日曜の良馬場時よりも速くなっていた。土曜夜からの雨の影響で、日曜はさらに速くなっていたが、その後に乾燥が進んで変動。後半は1800mが土曜の数値に近づいて、1200mは同じ数値に戻っていた。1800mは差しや追い込みが届いていたが、1200mは前に行った組が強かった。


  タイム分析
 2019/03/31 (日)  芝=-0.6 → -0.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 キープオンゴーイン    牝3 未勝利 1:35.5 -0.4 -0.2 -0.1 -0.5 C D 7.87
6R T1600 インテンスライト    牡3 500万下 1:35.0 -0.2 --- +0.4 -0.6 D D 8.63
8R T2000 ヒシヴィクトリー    牡4 500万下 2:02.4 +0.8 -0.8 +0.8 -0.8 D D 5.78
9R T2500 マイネルヴンシュ    牡5 安房特H1000 2:34.9 +0.4 --- +1.4 -1.0 E C 9.10
11R T1200 ライトオンキュー    牡4 船橋S1600 1:08.7 +0.3 --- +0.8 -0.5 E D 7.73
 2019/03/31 (日)  ダ=-0.6 → -0.4 / 1200m=-0.7 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 オイシイナア    牝3 未勝利・牝 1:55.8 +0.1 --- +0.7 -0.6 D D 9.25
2R D1200 フォークアート    牝3 未勝利 1:12.1 -0.8 --- -0.1 -0.7 C D 11.15
5R D1800 フーズサイド    牡3 未勝利 1:56.8 +1.1 --- +1.6 -0.5 E D 6.92
7R D1800 グレンマクナス    牡5 500万下 1:53.9 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 5.67
10R D1800 デアフルーグ    牡3 伏竜S 1:53.2 -0.5 --- -0.1 -0.4 C B 4.50
12R D1200 ハングリーベン    牡5 1000万下 1:11.4 +0.1 --- +0.6 -0.5 D C 9.31

中山3R 3歳未勝利 注目
 1着のキープオンゴーインを取り上げる。
1着 キープオンゴーイン 勝ち馬注目
 新馬戦4着のあと、1800mの未勝利を逃げて0秒1差の2着。完全タイム差はプラス0秒3のCだった。今回は1600mに短縮して2番手からの競馬。直線で逃げ馬を交わすと、2番手に上がったエスタジを突き放して、ラストは流すぐらいの余裕があった。ランクは同じCだが、完全タイム差はマイナス0秒1。1戦ごとに良くなっている。ディープインパクト産駒、機動力があって、掛からないのが良いと思う。500万でも通用する。
中山5R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
中山7R 4歳上500万下 
2着 リフトトゥヘヴン 解説危険
 脚を溜めて進んだ分、直線でアポロプリンセスを交わして何とか2番手に上がったが、勝ったグレンマクナスには7馬身も離された。今回の完全タイム差はプラス1秒6。さらにこのクラスでの、これまでの2着2回も完全タイム差はともにプラス1秒1だった。低レベルでないと連対できない。そんなタイプの馬。それなのに、全13戦中今回も含めて1番人気が8回と、何故か人気が先行する。今週から福島も始まってメンバーが分散。500万の弱い顔ぶれの鞍も急増しそうだが、まずは嫌うことから組み立ててみるのが得策と、そう思う。
中山9R 安房特別 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中山10R 伏竜S 注目
 新馬戦・黒竹賞を連勝、いずれも高レベル勝ちのデアフルーグ、そしてもちの木賞をAランクで勝って、交流G1全日本2歳優駿を勝ったノーヴァレンダが出走していて、メンバーランクはBだった。オッズも2頭で鉄板的な売れ方をしていた。
1着 デアフルーグ 勝ち馬注目
 1着デアフルーグ、黒竹賞同様に後方待機策。3コーナー過ぎから動いて、一気に前を飲み込んで、さらに後方から伸びてきた2着馬を余裕で切って捨てた。今回のタイムランクはCだが、今回も強い競馬だった。半姉のパイルーチェ・パイメイメイはダートの短距離に良績があるが、父がベーカバドの牡馬。中山1800mでの3連勝は器の大きさを感じさせる。東京1600mの直線勝負になれば、さらに切れる可能性がある。無事なら、ユニコーンステークスも首位候補だと思う。
2着 マスターフェンサー 
 2着マスターフェンサー、芝からダートに転じて高レベルで連勝して、オープンのヒヤシンスステークスで4着していた。今回は平均ペースの最後方を進んで、デアフルーグが上がって行った際に、追っつけていたが、その後も長い脚を使って2着に上がり、3着のラインカリーナには3馬身差をつけていた。勝ち馬デアフルーグよりズブさはあるが、終いは確実。
5着 ノーヴァレンダ 
 まぁ問題は5着のノーヴァレンダ。好位のインを進んで、4コーナー手前からは手応えが怪しくなった。新馬戦のハ行による競走中止以外、3戦3勝だっただけに納得がいかない。調教でも動いていた。今回、負けすぎは確かで、休養明けだけでは納得できないモノがある。次走も一変まではどうかと考える。
中山11R 船橋S タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
桜花賞・皐月賞の展望
 今週は阪神で桜花賞、来週は中山で皐月賞とクラシックレースが行われる。前哨戦のタイムランク・メンバーランクを改めて振り返りながら、展望してみたいと思う。
桜花賞・皐月賞の展望
 まず桜花賞と同じ舞台で行われたチューリップ賞。昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズを制したダノンファンタジーが完勝した。阪神ジュベナイルフィリーズと違って、好位3番手で折り合う競馬。直線で進路が狭くなると、外へ立て直して瞬時に反応して、一旦先頭のドナウデルタを次元の違う脚で捕らえて抜け出した。相手に恵まれたのも確かだが、本番へ向けて正攻法で勝った。その価値は大きいと思う。この組では一頓挫明けの2着シゲルピンクダイヤ、休養明けが敗因と思える5着シェーングランツに変わり身が期待できるが、いずれも勝ち馬ダノンファンタジーを逆転するまでには至らないと考えている。
次に東京のクイーンカップ。タイムランクは桜花賞の前哨戦で唯一の高レベルのBだった。他ではエルフィンステークスを勝ったアクアミラビリス。直線でごぼう抜き、荒削りだが、ツボにハマった時は、大物食い可能な切れ味を秘めている。
桜花賞・皐月賞の展望
 ダノンファンタジーが一歩リードだと思う。クロノジェネシスが当面の相手だが、負かす可能性が高いのは昨年末の朝日杯FSから直行する、グランアレグリアだと思う。スピードが勝ちすぎているのがネックだが、逆にその速さを活かす競馬を、ルメール騎手が実戦すれば、差しタイプが多いので、面白い存在になってくる。以下、ビーチサンバ、アクアミラビリス、シゲルピンクダイヤ、シェーングランツ、っと言った順番だろうか。あとフェアリーステークスはEランクの決着だが、勝ち馬のフィリアプーラは未勝利戦をAランクで勝った馬。瞬発力も勝負根性も持ち合わせていて、大穴として注目しておきたいと思う。
桜花賞・皐月賞の展望
 昨年暮れ、サートゥルナーリアの制した中山のG1、ホープフルステークス。タイムランク・メンバーランクともにCだが、上位馬の今年の成績を見ると、低調と言わざるを得ない部分がある。つまり、サートゥルナーリアは相手に恵まれて勝ったという事は存在すると思う。さらに年明けの前哨戦には出走せず、暮れ以来、皐月賞へ直行という形になる。まぁこのように気になる面はあるが、競馬を見れば不安よりも期待感が大きくなる。好位の内に収まって、狭いところを抜けてくるまでも、抜けた後もほとんど追っていない。この勝ち方は破格。相手が強くなって、もっとパフォーマンスを上げて勝つ。そんな想像が膨らんで来る。
 皐月賞と同じ中山で行われた弥生賞は、タイムランクD。重馬場の巧拙の差が大きく影響した。また、スプリングステークスもタイムランクはD。上位2頭が2000mに距離延長して良いタイプとは思えない。サートゥルナーリアに続くのは、違う組の馬たちだと思う。
1回東京の共同通信杯は、過去10年の勝ち馬から3頭が次走で皐月賞を勝っていた。今年は2戦2勝のダノンキングリー、朝日杯FSの覇者アドマイヤマーズの一騎打ちとなって、ダノンキングリーが1着。スローペースでは決定的な差をつけた。タイムランクも、前哨戦では唯一のB。父がディープインパクト、母の父がストームキャットの黄金配合。ダービーはともかくとして、2000mなら守備範囲だと思う。
桜花賞・皐月賞の展望
 そして今年に入ってリステッド競走連勝したヴェロックス、サートゥルナーリアの相手となるのは、底が割れていない点からダノンキングリーとヴェロックスが有望だが、あとすみれステークスを完勝して、4戦3勝としたサトノルークスもここには入って来る。
桜花賞・皐月賞の展望
解説者:長谷川仁志(馬サブロー専属評論家)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-