2019年3回福島3日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒1だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒5でスタートしたが、開催が進むにつれて、水準レベルに動いている。
 先週にしてもマイナスの馬場差ではあるが、開幕週と比べれば一気に時計が掛かって来ている。福島芝の場合、以前ほどではないにしても、このように一気に時計が掛かる事は驚くことではない。土曜よりも日曜の方がさらに水準に近づいたのは、これは風の影響もあったと思う。ただ、3回福島は最終週の今週だけは実はBコースが使用される。マイナス方向に戻す可能性はある。あと連対馬の脚質を見ると、時計が掛かって来た事とも関連しているとは思うが、中団・後方の馬の上位進出が目についた。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、プラス0秒4からプラス0秒6の間で推移しており、大きな動きはない。
 ダートはもうずっと乾いたコンディションなので、馬場差にほとんど動きはなかった。ただ先週は日曜の方が、風の影響を受けて時計が掛かっていた。あと連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行は少なくて、中団・後方からの上位進出が目についた。開幕週から先週土曜の序盤、前の馬が粘り込んで、その辺りからそこから控えていた馬が早めに動く傾向が強まった。そのことが影響している感じはある。


  タイム分析
 2019/11/09 (土)  芝=-0.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T2000 マイネルソラス 牡2 未勝利 2:02.2 ±0 -0.7 -0.1 -0.6 C D 8.42
4R T1200 シオミチクレバ 牝2 未勝利・牝 1:10.2 +0.1 --- +0.5 -0.4 D C 7.79
5R T2000 シーズンズギフト 牝2 新馬 2:03.6 +1.1 -1.1 +0.6 -0.6 D C 10.93
7R T1200 レッドルチア 牝5 1勝クラス・若 1:09.2 ±0 --- +0.4 -0.4 D D 8.69
8R T2600 エクスプローシブ 牡3 1勝クラス 2:42.0 +1.3 -0.4 +1.7 -0.8 E D 6.53
10R T1800 グレイテスト 牝3 三春駒特(1勝) 1:49.3 +1.4 -0.7 +1.2 -0.5 SL C 5.08
12R T1200 マルカテノール 牡5 相馬特別(1勝) 1:09.6 +0.4 --- +0.8 -0.4 E D 9.71
 2019/11/09 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 ラルゲッツァ 牝2 未勝利・牝 1:48.6 +0.7 --- +0.3 +0.4 C D 9.93
2R D1700 メラン 牡3 1勝クラス 1:46.5 +0.5 --- +0.1 +0.4 C D 6.58
6R D1150 カシマフウリン 牝4 1勝クラス・牝 1:09.3 +0.8 --- +0.5 +0.3 D D 7.88
9R D1150 サンマルベスト 牡3 1勝クラス 1:08.8 +0.3 --- ±0 +0.3 C D 8.43
11R D1700 ナムラカメタロー 牡3 奥羽S(3勝) 1:45.5 +1.1 --- +0.7 +0.4 D C 9.71

福島8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
福島9R 3歳以上1勝クラス 
4着 パンサーバローズ 通信簿
 1番人気4着だった。勝ちパターンのレースができているのに、逃げ馬すら捕まえる事ができなかった。実は競走中に鼻出血を発症しているという事なので、それが多分に影響している可能性が高い。
5着 コトブキハウンド 通信簿
 9番人気5着だった。馬券圏内に入る事はできなかったが、9番人気で5着。2着馬とは0秒1差でしたし、内容は評価できるレベルだった。
福島10R 三春駒特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1着のグレイテストが非常に強かったと思う。
1着 グレイテスト 勝ち馬注目
 この馬、前走は逃げたが、今回はラルムドールが行ったので2番手でレースを進めた。そして勝負所での手応えも十分に並んで行って、直線入り口で先頭に立つと後続とのリードを広げた。緩やかなペースで、タイムランクがSL。その様なペースの中で先行したことも勝因ではあるが、昇級後前走まで全て3着以内に入って、今回は完勝だった。ここなら力が違った感じがあった。この番組でも、もう何度も取り上げて来たように、未勝利クラスでも1勝クラスでも一枚上と思わせる走りを見せていた。2勝目を挙げるのに12戦を要したが、そろそろポンポンと勝ち上がって行って欲しい馬ではある。
福島11R 奥羽S 注目
 前半はアポロレイアが逃げていたが、後続が早めに進出して隊列は落ち着かなかったが、直線はナムラカメタローが抜け出して1着で、その後ジェミニズ・クリノフウジンが後方から追い込んで2・3着に入った。
1着 ナムラカメタロー 
 2・3着馬については息の入りづらい展開で流れが向いた感もあるが、勝ったナムラカメタローは先行馬見るポジションで、早めにスパートする馬を見ながら自分のペースを守っていた。4コーナーを回って行く辺りの手応えは最も目立ちましたし、目下の充実ぶりをアピールする結果となった。今の勢いなら昇級しても軽視はできないと思う。
2着 ジェミニズ 
 2・3着馬については息の入りづらい展開で流れが向いた感もある。
3着 クリノフウジン 
 2・3着馬については息の入りづらい展開で流れが向いた感もある。
4着 ナンヨーイザヨイ 
 あと隊列が落ち着かない展開で厳しかったのは4着ナンヨーイザヨイ。前半10番手から早めに上がって、勝負所ではナムラカメタローの外につけて、4コーナーでは同じように上がって行ったが、直線もうひと伸び無かったのは、ナムラカメタローより追い上げに脚を使った事も影響したと見られる。
福島12R 相馬特別 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ちょっとだけ先読み
 仕事でも恋愛でもあまり先読みしすぎると良い事はないのは重々承知しているが、競馬的にはちょっと先読みした方が良い事もあるという事で、まず京都のタイム分析で取り上げたよう、京都の芝は好位・中団からの差し馬が頑張っていた先々週と比べると、先週はの中団と後方からの差し馬が結構頑張っていた。となると外差しが決まり始めたような印象を与えるが、ご覧のように土曜のデイリー杯2歳Sのレッドベルジュールは出遅れた後、最内を通って抜け出して来た。そして同じくエリザベス女王杯、これはラッキーライラックが最内を突いて、まぁスミヨンマジックも重なって、今までにないほどの切れ味を発揮した。もちろん外からの差し馬が届いたレースもありましたし、ここ2週マイナスの馬場差とは言え、徐々に水準方向に動いて来ているが、内の差し馬が届いてるのは、馬場の内側がやっぱり荒れてきていない証拠だと思う。そして、それに追い打ちを掛けるように、今週から実はCコース使用で、馬場の内側を覆うことになる。ですから、イメージ的には好位・中団・後方のインを上手く立ち回った馬が結果を出すんじゃないかなという気がする。ですから、ちょっと先読みにはなるが、マイルチャンピオンシップも含め、その点もちょっと想定しながら予想に取り組みたいと思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-