2019年3回中京2日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス1秒0への変動、日曜がマイナス0秒5からプラス2秒0への変動だった。
 木曜日からの雨の影響で、土曜日芝で最初のレースである5R時点で稍重。高速馬場ではなく、2000m換算の馬場差はマイナス0秒6でスタートした。土曜については、その後乾いてマイナス1秒0で終わったが、日曜は雨が降り続き、後になるほど時計が掛かって行った。11RG3のCBC賞時点で2000m換算の馬場差はプラス2秒0と、かなり時計が掛かっていた。上位馬については、土曜は大きな偏りはなかった。日曜の勝ち馬は前目に位置した馬の方が多かったが、連対馬ということでは、中段から食い込んで来る馬が多かった。土日で馬場コンディションが変わったことも影響しているのではないだろうか。今週もう1週Aコース、後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒4からマイナス2秒0への変動、日曜は、マイナス2秒5からマイナス2秒8、マイナス2秒2への変動だった。
 土日を通じて重か不良で水分を含み、脚抜きの良いコンディションとなった。馬場差は全てマイナス2秒台だった。土曜は終盤いくらか乾いたが、日曜は再び雨が降って、時計が出やすくなった。ただ日曜は7R・10R時が高速馬場のピークで、その後は水が浮いて12R時は水準方向に戻っている点に注意したいと思う。連対馬を見ると、後方からの馬はいないが、それ以外は目立った偏りはない。少なくとも高速馬場だから前有利という事はない。


  タイム分析
 2019/06/30 (日)  芝=-0.5 → +2.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1400 インザムービー    牝2 未勝利 1:22.3 -0.5 --- -0.1 -0.4 C D 8.25
2R T1600 レティキュール    牝3 未勝利 1:36.0 +0.4 -0.2 +0.5 -0.3 D C 7.62
4R T2000 プレイリードリーム    牡3 未勝利 2:03.5 +1.5 -0.3 +1.1 +0.1 E D 9.46
5R T1600 ヤマニンエルモサ    牝2 新馬・牝 1:37.2 +0.6 -0.5 -0.2 +0.3 C C 6.75
6R T1400 ゼンノジャスタ    牡2 新馬 1:24.2 +1.2 --- +0.7 +0.5 D C 5.50
8R T2000 ショウナンバルディ    牡3 1勝クラス 2:02.2 +1.2 --- +0.2 +1.0 C D 5.43
9R T2200 ミスマンマミーア    牝4 木曽川特(2勝) 2:14.7 +1.7 --- +0.4 +1.3 D D 8.50
11R T1200 レッドアンシェル    牡5 CBC賞HG3 1:09.8 +1.9 --- +0.7 +1.2 D C 7.33
 2019/06/30 (日)  ダ=-2.5 → -2.8 → -2.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1800 アマリリステソーロ    牝3 未勝利・牝 1:52.8 -2.0 --- +0.5 -2.5 D D 8.10
7R D1800 スターリーパレード    牡3 未勝利 1:52.1 -2.7 --- +0.1 -2.8 C C 8.27
10R D1400 カレンガリアード    牡4 香嵐渓特(2勝) 1:22.3 -2.1 --- +0.1 -2.2 C C (6.00)
12R D1400 ビッグデータ    牡4 1勝クラス 1:23.6 -1.5 --- +0.2 -1.7 C C 6.67

中京1R 2歳未勝利 注目
 少頭数でもあり、3馬身半以上離された2着以下の馬は、ちょっとすぐには狙えそうにもない。
1着 インザムービー 
 新馬戦2着だったインザムービーが断然の1番人気に応えて楽勝。残り100mになったら、もう見せムチだけで追わずにこの強さですから、ちょっとこれは上のクラスでも楽しみ。父リアルインパクトは今年の新種牡馬だが、早くもこの馬で3勝目。ここまで14戦して3勝・2着3回・3着4回の堅実みも大きな武器。はたしてオープンとか重賞で、どれだけやるのか。距離が伸びてどうなのか、いろいろ楽しみが増えたと言えるだろう。インザムービーの近親には、現役オープンの5歳馬クレッシェンドラヴがいる。同馬はステイゴールド産駒だが、全て芝2000m以上で5勝。リアルインパクト産駒がどこまで距離を保つのかを見るのに、まぁ良い対象と言えるかもしれない。
中京4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中京11R CBC賞 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。トップハンデのセイウンコウセイが逃げて直線に入った。もう周囲が暗くなる程の雨で、厳しいレースとなった。馬場は内も外も同じような状況だったと言えるんじゃないだろうか。セイウンコウセイの逃げは、馬場を考えると平均からやや速め。直線も良く粘り、セイウンコウセイを追い掛けた馬達が失速して、タイミングよく最内を突いたアレスバローズと外から来たレッドアンシェルの決着となった。
1着 レッドアンシェル 
 レッドアンシェルが追い比べを制し、重賞初制覇。1200mを使い始めて連勝。まぁ現状ではやっぱりこの距離が1番良いんですかね。こういう馬場も苦にしない。4コーナー大外を回しての快勝ですから、ハンデを含めてだが、このメンバーでは一枚上だったと言えるかもしれない。
2着 アレスバローズ 
 そしてアレスバローズは内ラチ添いから上がって2着。3着はセイウンコウセイだった。2着アレスバローズは、戦前重馬場は良くないという情報が流れていたが、まぁこれだけ悪くなると、それほど関係ないということだろうか。高松宮記念では不利で競馬になっていませんでしたので、まぁ力を改めて立証した形になった。
3着 セイウンコウセイ 
 そしてアレスバローズは内ラチ添いから上がって2着。3着はセイウンコウセイだった。3着セイウンコウセイは、好走か大敗かという馬だが、今回のように平均ペースで絡まれない逃げだと、本当に強い。
8着 アウィルアウェイ 
 3番人気で8着だったアウィルアウェイだが、3歳馬軽ハンデで人気になったが、キャリアの浅さがちょっと出ましたかね。馬場もまぁ向いていなかったと言えると思う。
中京12R 3歳以上1勝クラス 注目
1着 ビッグデータ 
 次走狙いたい馬がいるが、その前に勝ったビッグデータは新馬・未勝利で2・3着を4回続けた後、長期休養もあって勝てず。園田に転厩して3勝して戻って来た馬。およそ3ヶ月ぶりの前走は4着だったが、見せ場を作って、今回狙い頃だったと言えるかもしれない。
6着 コパノカーリング 
 次走狙ってみたいのは6着コパノカーリング。3歳馬ながら8番人気と人気はなかったが、直線内から猛然と追い上げて、突き抜けるかと思われた直後に前が壁になってしまった。勝負所でブレーキが掛かってしまったのは痛かった。はこべら賞3着など、まだ底を見せておらず、今回の6着で次走もそれほど人気は無いと思うので、ならば大きく狙ってみたい。
6着 コパノカーリング 解説推奨
 これは今のところ、内の後方を行っているが、この後直線で大きな不利がある。ここから急に一気に行き脚がついて行くが、この後前の2頭に挟まれてしまって、これからちょっと追えなくなったというシーンがあった。これが無ければ、勝ち負けだったと思う。今回が休み明けでもありますし、次走大きなチャンスだろう。

  馬券Summary
3歳馬vs古馬
 やっぱり下級条件ほど、降級馬がいなくなったので、3歳馬が強いという印象はあるが、果たして本当はどうなのか。3歳以上1勝クラス・2勝クラスにおける6/1から6/23まで4週間分の年齢別成績を出してみた。
3歳馬vs古馬
1勝クラス・2勝クラスともに3歳馬優勢とは出た。ただし、まず1勝クラスの方は3歳馬の数も結構多いですから、3歳馬の中からどれを選ぶかが、やはり重要となってくる。また、3歳馬による上位独占というのは意外に少なくて、4歳馬・5歳馬も1頭は絡んでくるというケースが多い。ただし、6歳以上はほぼ無視で良いんじゃないかという結果になっている。
それから2勝クラスだが、もうこれは勝率・連対率・3着内率断然なので、狙いたいが、意外に3歳馬の絶対数が少ない。ですから、出てきたらともかく狙ってみたいが、相手は3歳同士というのは、そんなに居ないので、相手はやはり4歳馬・5歳馬。穴でこの2勝クラスの場合は、6歳以上の馬も穴をあける事がまぁまぁあるというデータが出ている。
なお、3勝クラスだが、期間中3歳馬は1頭も出走していない。3勝するような馬というのは、オープンか重賞を勝っていますから、3勝クラスには止まっていない。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26