2019年2回京都4日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒6からプラス0秒9への変動だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値となっている。
 先週は雨の影響が残って、1週目よりもさらに時計が掛かった。日曜は土曜よりも少し乾いたコンディションでスタートしたが、終盤に雨が降って、時計が掛かっていった。なお、土曜は稍重でスタートして良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。連対馬については総じて差し馬が優勢で、逃げ先行馬が連対した3鞍は全てペースが緩やかだった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒5からプラス0秒3への変動だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だが。先週は1週目と比べて水準方向い動いた。
 土日ともにプラスの馬場差ではあったが、雨の影響が残って、1週目よりはいくらか時計が出やすくなった。日曜は土曜よりも少し時計は掛かっていたが、終盤、雨の影響を受けて12R時は土曜と同レベルになった。連対馬の脚質については、大きな偏りはないものの、差し馬の上位進出が目についた。


  タイム分析
 2019/02/03 (日)  芝=+0.6 → +0.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 ノーワン    牝3 未勝利・牝 1:36.8 +1.3 -0.6 +0.2 +0.5 C C 7.50
6R T1600 アイラブテーラー    牝3 新馬 1:36.9 +1.1 --- +0.6 +0.5 D C 7.87
9R T2000 テリトーリアル    牡5 稲荷特別1000 2:01.6 +1.8 -0.4 +0.8 +0.6 D C 6.89
10R T1200 クインズサリナ    牝5 山城SH1600 1:09.2 +0.9 --- +0.5 +0.4 D D 7.33
11R T1800 ダノンチェイサー    牡3 きさらぎG3 1:49.0 +1.8 -0.4 +0.6 +0.8 D D 3.88
 2019/02/03 (日)  ダ=+0.5 → +0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 メイショウラッシュ    牝3 未勝利・牝 1:56.4 +2.1 --- +1.6 +0.5 E D 6.38
2R D1800 ヤマニンスプレモ    牡3 未勝利 1:55.9 +1.6 --- +1.1 +0.5 E D 9.18
3R D1400 ハクユウフライヤー    牡3 未勝利 1:27.6 +1.7 --- +1.3 +0.4 E D 9.85
4R D1400 ブルベアイリーデ    牡3 500万下 1:25.7 +0.6 --- +0.2 +0.4 C D 7.50
7R D1200 ナムラムート    牡5 500万下 1:12.1 +0.2 --- -0.1 +0.3 C D 5.08
8R D1800 サザンブリーズ    牡5 500万下 1:54.1 +1.5 --- +1.0 +0.5 E D 5.36
12R D1200 セパヌイール    牝4 1000万下 1:12.0 +0.7 --- +0.5 +0.2 D D 9.33

京都1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
京都2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
京都7R 4歳上500万下 注目
 ナムラムートが平均より速めのラップを踏みながら逃げ切った。追いかけたタフチョイスが苦しくなって、3番手を進んだアカツキジョーが2着に入った。
3着 タフチョイス 
 このレースから次走を狙うとすれば、3着タフチョイスではないだろうか。今回は3ヶ月ぶりの実戦で、体重18キロ増と太め残りだった。いつもの逃げではなくて、2番手追走となり、最後に苦しくなってしまった。次走は2着馬アカツキジョーよりこちらを狙いたいと思う。
京都8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
京都11R きさらぎ賞 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにDだった。ランスオブプラーナが後続を離して逃げた。直前に雨が降り出して、僅かだが時計が掛かるコンディションになった。ペースはスローだが、逃げたランスオブプラーナと2番手ダノンチェイサーの間が開いて、後方の馬には厳しい展開になった。これを嫌ってヴァンドギャルドが早めに進出して行ったが、結果的には前3頭と、ただ1頭外から突っ込んで来たタガノディアマンテで4役までを独占したというレースだった。
1着 ダノンチェイサー 
 ダノンチェイサーが年末の中京、こうやまき賞に続いての勝利で、重賞初制覇。折り合いに課題のある馬だが、離れた2番手で逃げているのと近い展開になって、周囲に馬がいないのが良いのか。完全に折り合った。こうなると負けられない。セレクトセールで2億7000万の良血馬が、クラシック戦線に間に合ったという印象。
2着 タガノディアマンテ 
 タガノディアマンテが2着に入り、3着がランスオブプラーナで8頭立ての6番人気・7番人気馬が2着・3着だった。タガノディアマンテは後方で馬の気に任せた騎乗が良かったのか、直線の脚は目立った。
3着 ランスオブプラーナ 
 タガノディアマンテが2着に入り、3着がランスオブプラーナで8頭立ての6番人気・7番人気馬が2着・3着だった。ランスオブプラーナは人気がなかった。ただ、前に行っての粘りはかなりのモノで、きさらぎ賞やっぱり逃げ馬がよく馬券になるなぁと終わってみればそういう印象。
4着 ヴァンドギャルド 
 ヴァンドギャルドは最初は中団に構えたが、ダノンチェイサーを意識してか早めに進出。それにしても意外な程に伸びなかった。ジョッキーからは下を気にしていたというコメントもあった模様。
7着 アガラス 
 アガラスは一息入れてプラス12キロが堪えたのか、道中行きたがってしまって全く見せ場無く、敗れ去った。次走の巻き返しに期待したい。

  馬券Summary
小倉で狙いたい『前走中京で先行した馬』
 これ毎年このコーナーで取り上げている。2018年4回中京3日目から6日目まで、それから2019年今年の1回中京5日目・6日目の芝だが、差し・追い込みがかなり決まった。言い換えれば、前行った馬には厳しかったと思う。これらの6日間で4コーナー3番手以内にいて、失速した馬。これを小倉芝で狙いたいという趣旨。
小倉で狙いたい『前走中京で先行した馬』
 今週の特別登録がある馬では、小倉城特別でサンライズサーカス。それから巌流島特別でスリーケープマンボ・ボスキャットグレイ・マイネルアムニス。これだけいる。まぁ出馬ラッシュで、すごい頭数登録しているので、出れるかどうかわからないが、平場も含めてぜひ追いかけてください。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-