2019年1回小倉1日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒6からプラス1秒0への変動、日曜がプラス1秒1だった。
 雨の影響が残っていたこともあるが、開催初日としては、時計の掛かるコンディションでスタートした。さらに昼過ぎにも雨が降って、後半時計が掛かって行った。そして日曜未明にも雨が降り、土曜後半と比べても時計が掛かった。なお、日曜は稍重でスタートし、終盤良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。開幕週と言っても差しが決まっていて、中団同士で決着したレースが5鞍ある。ただし、日曜になると逃げ・先行馬の粘り込みが土曜よりも多くなった。今週もう1週Aコースが使用されて、後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒7だった。
 雨の影響で土日ともに稍重だった訳だが、時計の掛かるコンディションだった。連対馬の脚質に目立った偏りはないが、前目につけた馬の方が優勢だった。


  タイム分析
 2019/02/09 (土)  芝=+0.6 → +1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 ファイトフォーラヴ    牡3 未勝利 1:09.7 +0.4 --- ±0 +0.4 C D 7.13
4R T1800 ギルマ    牡3 未勝利 1:52.6 +4.3 -1.1 +2.6 +0.6 SL D 8.77
7R T1200 チタンクレバー    牝6 500万下・牝 1:09.0 +0.5 --- ±0 +0.5 C D 9.18
8R T1800 ワイプティアーズ    牡4 500万下 1:48.2 +1.1 --- +0.3 +0.8 C D 6.06
10R T2000 ハバナウインド    牡3 あすなろ500 2:02.9 +2.5 -0.3 +1.2 +1.0 E D 5.89
11R T2000 バイオレントブロー    牡4 壇之浦特1000 2:01.1 +1.9 --- +0.9 +1.0 E C 7.17
12R T1200 コンパウンダー    牡4 巌流島特500 1:09.5 +1.0 --- +0.4 +0.6 D D 7.76
 2019/02/09 (土)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1000 ユニキャラ    牝3 未勝利 0:59.7 +0.5 --- +0.1 +0.4 C D 9.11
2R D1700 モサ    牡3 未勝利 1:47.9 +1.1 --- +0.4 +0.7 D D 9.78
5R D1700 オルノス    牝6 500万下・牝 1:46.8 +1.6 -0.6 +0.3 +0.7 C D 7.00
6R D1000 デザートストーム    牡5 500万下 0:59.0 +0.6 --- +0.2 +0.4 C D 7.46
9R D1700 サトノゲイル    牡4 500万下 1:47.2 +2.0 --- +1.3 +0.7 E E 7.91

小倉1R 3歳未勝利 注目
 1番人気から3番人気の3頭をまとめて負かしたのが、4番人気ユニキャラだった。
1着 ユニキャラ 
 前走は昨年4回中京6日目の芝で大敗。芝からダートなので、狙い馬には当てはまらなかったが、この馬に限っては狙いが立ったかもしれない。と言うのも、ダートで3戦して7着・3着・4着後、差し・追い込みの決まる中京芝に出て、先行して大敗。そして再びダートに戻って来た。厳しいコースで揉まれて、ダートで前へ行って快勝と。前が厳しい中京芝の使い方としては理に適っている。
4着 モズベイビー 
 なお次走狙えるとすれば、4着モズベイビーだろう。今回は一息入った実戦で、終止絡まれながらの逃げだった。それで残り100mまで先頭争いしたのですから、価値があると思う。
小倉4R 3歳未勝利 タイムSL
 1000m通過1分4秒9。1200m通過1分17秒6という超スローペースでSLランク。上がり600mだけの競馬となった。まぁエアレーションの影響もあってか、開幕週から差しが決まっているが、流石にこのペースでは、完璧な前残りだった。4コーナー4番手までの4頭が順番が変わっただけで、そのまま4着までを占めた。
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ギルマ 
 1着ギルマ・2着ルッチョーラは1番人気・2番人気。これだけのスローにも関わらず、上がり600m35秒を切ったのはこの2頭だけで、このメンバーでは抜けていたという事だろう。勝ったギルマはこれまで6戦して2着3回3着2回。血統的にも晩成タイプで、距離が伸びて良さそう。すぐにとは言わないが、上のクラスはいずれ勝てるだろう。
2着 ルッチョーラ 
 1着ギルマ・2着ルッチョーラは1番人気・2番人気。これだけのスローにも関わらず、上がり600m35秒を切ったのはこの2頭だけで、このメンバーでは抜けていたという事だろう。2着ルッチョーラは2戦目で大きく変わった。ただ、次走狙えるかと言うと、あくまでメンバー次第だろうか。
2着 ルッチョーラ 解説危険
 このレースはスローの上がり勝負になったが、まぁ前にいた馬はちょっとかなり恵まれたレース。この馬の場合、スローの方が良いが、ちょっと鋭い瞬発力に欠けるところがある。着順もそうですし、ここも2番人気だったので、次走も人気になると思うが、ちょっとこれは危険としてみたいと思う。
小倉5R 4歳上500万下・牝 注目
 上位人気3頭の前残りで決着したレース。ペース補正が0秒6入ったように、スローの前残り。前有利と見るなら、この馬券は取りやすかったかもしれない。3着と4着の間が5馬身開いて、3連複なら直線も安心して見ていられただろう。
2着 メイショウササユリ 
 このレースから次走で狙うなら2着メイショウササユリだろうか。およそ1年2ヶ月の長期休養明け後、4着・2着・2着。今回は少し前を楽に行かせすぎて、届かなかった印象だが、それでも直線の伸びは目立った。このクラスの牝馬限定戦ならそろそろ勝つ番だろう。
3着 ピンキージョーンズ 
 3着ピンキージョーンズも自分の能力は出している。前走は息の入らない流れで、大敗してしまったが、ゆったりした逃げならば大崩れはない。次走以降、スンナリ先手が取れそうなメンバーなら狙ってみたい。
小倉9R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
小倉10R あすなろ賞 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
小倉11R 壇之浦特別 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
最終週の東京ダート1600mは距離短縮組に注目!
 G1フェブラリーステークスが行われますので、改めて1回東京最終週のダート1600mの傾向について調べてみた。
最終週の東京ダート1600mは距離短縮組に注目!
 これが表だが、1回東京最終週ダート1600m過去5年の成績。これで見ると同距離もまぁなかなか良いが、やっぱり距離短縮組が素晴らしい。圧倒的に前走から距離を短縮した馬が有利。フェブラリーステークスも最近は根岸ステークス組も良いが、過去10年で見ると1800m以上のレースをステップにした馬の方が、成績が良い。まぁ回収率で行くと、距離短縮組が圧倒していまして、特に単勝なんか298%ですから、ぜひ狙ってみてはいかがでしょうか。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26