2019年1回京都6日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス1秒0だった。遡って7日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で開幕週よりも2・3週目の方が時計が掛かっていた。土曜日は馬場が乾いた事もあって、5日目よりは少し速い時計が出る状態になったが、それでも時計の掛かる力のいる状態。午前中に雨が降った日曜は、さらに時計が掛かるようになったが、芝のレースが始まってからも降り続けていた訳ではないので、日曜の馬場差は変動ではない。2週目は内側の含水率が高かったようで、外からの差しがよく決まっていたが、先週は内・外に違いがなくなったようで、内を通っても不利ではなかった。今週からの2回開催は、Bコースで行われるが、内側だけが傷んでいる訳ではないので、一気に高速化することは考えにくい。ただし、仮に全く馬場状態が同じでも、コーナーが緩くなる分、少し速い時計が出るようになると思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒4からプラス0秒1への変動だった。遡って7日間の馬場差を確認しておくと、開幕週は推奨レベルだったが、3日目以降はプラスの数値だった。
 火曜日に少し雨が降りましたが、土曜日は乾燥した馬場。2週目とほぼ同じ馬場差だった。日曜は午前中に雨が降って、2レース以降は稍重。そのため馬場差は変動だが、日曜の中で最も速い時計が出るようになった7R以降でも、馬場差はプラスのままだった。土曜日は前残りが多く、日曜は差し馬の好走が増えた。土日で時計の出方が少し違うとは言え、極端に馬場状態が変わった訳ではない。日曜日に中山と中京で重賞が行われて、京都は総じて低調なメンバー構成になっていたことが影響したのだと思われる。土曜の京都のダートは7鞍中4鞍がCランクだが、日曜のタイムランプはDとEばかりで、時計が掛かった事で差しが届いたというケースが多かった。


  タイム分析
 2019/01/19 (土)  芝=+0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 マコトジュズマル    牡3 未勝利 2:02.4 +0.3 --- -0.4 +0.7 B C 6.07
6R T1600 オースミカテドラル    牡3 未勝利 1:36.0 +0.5 --- -0.1 +0.6 C C 7.20
9R T1400 ダイアトニック    牡4 祇園特別1000 1:21.5 +0.2 --- -0.3 +0.5 B D 5.91
10R T2000 ヴェロックス    牡3 若駒S 2:00.7 +0.3 -0.7 -1.1 +0.7 A C 2.29
12R T1200 モンテヴェルデ    牡5 500万下 1:09.5 +0.4 --- ±0 +0.4 C D 5.23
 2019/01/19 (土)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 スマートアルケミー    牡3 未勝利 1:56.8 +2.5 -0.7 +1.3 +0.5 SL D 6.17
2R D1800 アヴァンセ    牡3 新馬 1:55.9 +1.3 --- +0.8 +0.5 D C 6.67
3R D1400 キララアモーレ    牝3 未勝利・牝 1:26.2 +0.3 --- -0.1 +0.4 C D 9.82
4R D1400 ララケリア    牝3 新馬・牝 1:27.8 +1.7 --- +1.3 +0.4 E C 8.64
7R D1400 メイショウギガース    牡5 500万下 1:24.8 +0.3 --- -0.1 +0.4 C C 7.54
8R D1800 リテラルフォース    牡5 1000万下 1:52.3 +0.5 -0.3 -0.3 +0.5 C C 8.63
11R D1400 サクセスエナジー    牡5 すばるS 1:22.8 +0.2 --- -0.2 +0.4 C D 7.25

京都1R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1200m通過が1分18秒8で、ラスト600mが13秒0-12秒7-12秒3という加速ラップ。ハナ差で逃げ切った話されに切ったスマートアルケミーを含め、多くの馬が脚を余しているようなレースで、次走でタイムを短縮してきそうな馬が多い。
1着 スマートアルケミー 
 ただ、個人的な感想になるが、勝ったスマートアルケミーに1800mは長かったと思う。距離は長かったものの、超スローペースの逃げだったので、勝てたが昇級して1800mだとかなり苦しいと思う。
京都2R 3歳新馬 注目
 10着のプリンシパルについて。
10着 プリンシパル 
 良い手応えで回って来て直線で追い出してしばらくは伸びていたが、200m標識の手前で急に止まってしまった。つまり1800mは長いのだと思う。その根拠は父がPivotalであるということで、Pivotal産駒はこれまでJRAでの9勝中8勝が1400m以下で、もう1勝も1600m。1700m以上は23回走って勝っておらず、2着1回・3着2回。そもそもPivotal自身がスプリンターで、その父のPolar Falconもスプリンターだった。それだけの事で取り上げる訳ではなく、坂路調教で素晴らしい動きをしていて、坂路での最終追い切りではリーゼントロックを追走して楽々先着した。能力はあるので、短距離で一変する確率がかなり高いと思う。
京都4R 3歳新馬・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
京都5R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。マコトジュズマルが前走10着から一変した。
1着 マコトジュズマル 
 マコトジュズマルは前走、阪神外回りで10着だったが、京都内回りで一変した。ましたハービンジャー産駒なので、阪神外回りより京都内回りが合いますし、今の京都の重い芝も合う。なおかつハイペースで、瞬発力勝負にならなかったことが良かった。全ての条件が揃ってのギリギリのBランクなので、昇級してすぐに通用するとは言えない。
2着 ヒーリングマインド 
 2着のヒーリングマインドは、前走マコトジュズマルと同じレースで6着だったが、こちらも京都内回りで大きく前進した。コーナー4つのコースで、ペースが速くても前につけると、力を出せるという事だろう。どのコースで、どんな組み合わせになっても好勝負になるというタイプではないが、次走も京都の内回りなら上位候補となる。
3着 モズハチキン 
 3着モズハチキンは、前走に引き続き逃げたが、最後に甘くなった。とは言え、前半1000m59秒7とペースは速く、それで3着ですから力はある。ペースを落とせば最後に伸びるというタイプではないので、「今回の敗因がハイペースです」とそういう意味ではないが、こういうレースを続けて行けばそのうち勝てると思う。
京都9R 祇園特別 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ダイアトニックは昇級後、3走全て馬券圏内に入っており、4走目で勝ち上がった。
1着 ダイアトニック 
 ダイアトニックは瞬発力タイプなので、井亜mの京都の芝は合わないだろうと思って印を▲まで下げたが、合わないはずの馬場を克服して勝ち切った。追走に余裕がなくて、ハナ差勝ちになったのは、重い芝が得意ではないからで、瞬発力を活かせる馬場なら上のクラスでも通用すると思う。ただし、次走が2回京都だと馬場が合わない可能性がかなりある。
2着 グランドロワ 
 2着のグランドロワはペースを落として逃げるよりも、速いペースで行って瞬発力タイプの差し馬の脚を削る方が、好走しやすい馬。今回はそれほど速いペースではなかったが、瞬発力タイプが持ち味を活かせない馬場そのものがプラスに作用したと思う。こういう馬場なら、ペースを落とした方が自身は楽になるので、今回は好走条件が揃っていた。
3着 トゥザクラウン 
 3着のトゥザクラウンはかつて喉鳴りだったので、直線平坦のコースが良いですし、距離は短い方が良い。初の1400mだったが合っていた。次走も直線が平坦なコースの1400mなら上位候補。
4着 タイセイソニック 
 4着のタイセイソニックは上がり33秒8。今の京都芝で上がり33秒台はまぁ大したモノで、今開催の芝1400mで上がり33秒台はこの馬だけ。いつもほぼ最後方からになるのがネック。今回は頭数が少なかったということで、4着まで来れたと。そういう面は否定できない。
京都10R 若駒S タイムA
 基準より1秒1速い勝ちタイムだった。6.キングリスティアが逃げて4コーナーに差し掛かるが、外から7.ヴェロックスが上がって来る。そして直線でヴェロックスが抜け出した。それを追って8.サトノウィザードが2番手に上がって来たが、ヴェロックスが並ばせずに1着。2着サトノウィザードから2馬身差の3着争いでは5.フェアリーポルカが先着した。
1着 ヴェロックス 番組注目馬
 ヴェロックスは昨年夏の新馬戦以来の勝利となった。ペース補正マイナス0秒7が入っての、完全タイム差マイナス1秒1だが、ヴェロックスはスローペースに恵まれたという勝ち方ではありませんし、余裕の手応えのまま走り抜けている。性能が高い事は新馬戦を勝った時点でわかっていたが、やはり相当強い。で、その新馬戦の後は仕上げが万全でなかったり、直線で他馬と接触したりで勝てなかったが、ようやく力を発揮した。次走は重賞でしょうけど好勝負必至と見る。
2着 サトノウィザード 
 2着サトノウィザードは直線でしっかり伸びていて、なおかつ高タイム。自身の完全タイム差マイナス0秒8というのは、普通は番組注目馬になれるレベルだが、次走が500万なのかオープン特別なのか重賞なのかわからないので、番組注目馬とはしない。
3着 フェアリーポルカ 
 3着のフェアリーポルカは内で脚を溜めていてロスがなかったとは言え、最後までしっかりしていた。牝馬同士の中距離なら重賞でも上位候補だと思う。
京都12R 4歳上500万下 注目
 3着だったコンパウンダーについて。
3着 コンパウンダー 
 このレースは前半が34秒8で、後半が34秒7。前半が上り坂なので、これでも少し遅いという程度だが、流れが緩いので馬群が固まっていて、なおかつバテる馬がほとんどいないので、直線で前が大集団になっていた。それでも前が完全に詰まっていたという程ではないが、かなり狭い所を微妙に進路を変えながら抜けて来ているので、その時点では目一杯には追えず、まともに追えたのは前の大集団から抜けた後、ラスト50mぐらいだった。完全に脚を余している。今回が初めての1200mだったが、アドマイヤムーン産駒らしく短距離は合っている。次走も1200mなら引き続き上位候補となる。

  馬券Summary
東京ダート1600mは内枠不利
 「東京ダート1600mは内枠不利」というのは以前にも取り上げた気がするが、大事な事なのでまたやる。
東京ダート1600mは内枠不利
 まず過去5年間の枠順別の成績だが、一目瞭然で内枠ほど連対率が低い。その理由は芝の2コーナーポケットから左にカーブしながらダートに入るので、内枠だとダートの内ラチが目の前に迫って来る圧迫感があるし、実際に窮屈になりやすいから。ここまでは割とよく知られているが、重要なのは重賞でも傾向が変わらないということ。中山ダート1200mは同じように内枠不利で知られるが、重賞ともなると、結構1枠の馬が勝っている。しかし、東京ダート1600mは重賞でも1枠の馬がほとんど勝っていない。オープン馬ともなると、窮屈になったり砂をかぶったりしても、まぁ跳ね返すだけの精神力を備えている場合が多いので、一般的に内枠が不利とされるコースでも、重賞では枠順は必要以上に気にすると裏目に出ることが多い。しかし東京ダート1600mは別格で、重賞・G1でも内枠は明らかに成績が悪い。
東京ダート1600mは内枠不利
 フェブラリーステークスに複数回出走して、内枠に入った事がある馬の成績が興味深い。ベストウォーリアは4歳時は1枠で13着。5歳時は5枠で3着。6歳時は3枠で4着、7歳時は5枠で2着だった。他にもバトルラインが4歳時に4枠で3着だったが、5歳時は1枠で2番人気で9着。ノボトゥルーは5歳時に8枠で勝ったが、6歳時は1枠に入って2番人気で3着だった。同じ馬でも内枠、特に1枠に入ると着順を下げてしまう。東京ダート1600mはそういうコースで、フェブラリーステークスはそういうレースだということを知っておくと、馬券を買う時の良い指針になると思う。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-