2019年2回東京3日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 変速3日間開催だったが、東京は土日の開催だった。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒6、日曜がマイナス2秒0だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、3日目つまり先週土曜はマイナス1秒6。他の開催日は全てマイナス2秒0で、かなり速い時計の出るコンディション。
 土曜は雨の影響が残って、開幕週と比べれば時計は掛かっていたが、それでもマイナス1秒6ですから、高速馬場の範疇。そして終盤に雨は降ったが、時計の出方は変わらなかったので、馬場差は終日同じとした。そして日曜は乾いて開幕週と同レベルで、超がつくほどの高速馬場になった。そして脚質的には、芝のレースは全部で11鞍あったが、中団・後方からの差し・追い込み馬が半数以上を占めた。一方、逃げ馬の連対は3頭いたが、先行馬の連対に至ってはゼロだった。開幕週と傾向はほぼ同じだった。この点は今開催の大きな特徴となっている。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒5だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だが、先週土曜だけは水準に近いレベルだった。
 ダートも土曜は雨の影響で、開幕週と比べれば時計は出やすくなった。ただ、終日稍重と言っても、脚抜きが良いレベルではなかった。あと終盤に雨が降ったが、馬場差は一定で、そして日曜は乾いて開幕週と同レベルになって、少し時計は掛かって行った。日曜は稍重でスタートして、良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値になる。ダート戦は土日で13鞍あって、好位差しが11連対だった。半数近くを占めた。一方、逃げ・先行タイプは3連対に止まる結果になった。どちらかと言うと、差しが有利な状況で、中でも好位差しが幅を利かせていたのは開幕週と同じ。この点は注意しておきたいと思う。


  タイム分析
 2019/04/27 (土)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1800 イサク    牡3 未勝利 1:48.7 ±0 -0.8 +0.6 -1.4 D C 7.27
5R T1400 コールザチューン    牝3 未勝利 1:21.9 -1.1 -0.3 -0.3 -1.1 B C 6.23
7R T1600 ベストティアーズ    牝5 500万下 1:35.4 +0.6 -0.7 +1.2 -1.3 SL D 7.82
9R T1600 トラストケンシン    牡4 秩父特別1000 1:33.5 -0.7 --- +0.6 -1.3 D C 7.40
11R T2400 リオンリオン    牡3 青葉賞G2 2:25.0 -1.2 --- +0.7 -1.9 D C 5.83
 2019/04/27 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 ブルーコーラル    牝3 未勝利・牝 1:40.1 +0.9 --- +0.8 +0.1 D D 8.89
2R D1400 ジーニー    牡3 未勝利 1:27.3 +1.3 --- +1.2 +0.1 E E 8.50
3R D2100 タマノカイザー    牡3 未勝利 2:14.1 +0.4 -0.5 -0.2 +0.1 C D 6.30
6R D1600 アシャカトブ    牡3 500万下 1:38.0 -0.2 --- -0.3 +0.1 C D 6.92
8R D1400 タイセイマルス    牡5 500万下 1:24.9 ±0 --- -0.1 +0.1 C D 7.43
10R D2100 サノサマー    牡5 春光S1600 2:11.0 +0.6 --- +0.5 +0.1 D C 8.40
12R D1400 ラレータ    牡5 1000万下 1:24.3 +0.1 --- ±0 +0.1 C D 8.08

東京2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは、当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより1秒1速く、1400m対象の馬場差がマイナス1秒1だったことを踏まえると、 -1.1-(-1.1)=±0 となる。しかし、ペース補正が0秒3入っており、 ±0-0.3=-0.3 で基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 コールザチューン 
 1番人気のコールザチューンが1400mに戻って初勝利。コールザチューンはスッとハナに立って、マイペースの逃げになった。ラストは脚色が鈍ったが、何とか押し切った。振り返れば、この馬は2走前タイムランクAのレースで僅差の2着だった馬。前走は1600mの距離と馬場が合わなくて6着に敗れたが、1400mに戻った今回は力通りの勝利だった。昇級しても適距離に出走なら、大きく崩れることはないと思う。
2着 ホーリーライン 
 あと2着ホーリーラインは道中内々で立ち回って、直線に向くと外からしっかりと伸びた。初めての芝で、レースぶりが一変した。次走も圏内。
3着 コスモエスパーダ 
 そして3着コスモエスパーダは外枠だったぶん、終始外を回る形になった。それでもしぶとく粘った点は評価できる。内容的には内を回った2着馬より、上の評価は出来る。
4着 フジマサディープ 
 4着フジマサディープはこれまで3戦、2000mに使われていたが、1400mに使ってレース内容が良くなった。次走も警戒が必要。
5着 ゴールデンゾーン 
 一方2番人気のゴールデンゾーンは5着、3番人気チャーチスクエアは10着だった。ゴールデンゾーン・チャーチスクエアはともに道中、少し力んでいた。その分ラストの伸びを欠いた印象。
10着 チャーチスクエア 
 一方2番人気のゴールデンゾーンは5着、3番人気チャーチスクエアは10着だった。ゴールデンゾーン・チャーチスクエアはともに道中、少し力んでいた。その分ラストの伸びを欠いた印象。
東京6R 3歳500万下 注目
 このレースの完全タイム差はマイナス0秒3で、あと0秒1速ければBランクだった。先週のダートでは最も優秀で、見所のある馬もいたので、ここで取り上げておく。
1着 アシャカトブ 
 勝ったアシャカトブは休み明けで昇級戦という状況だったが、レースでは馬群の中で脚を溜めて、最後もしっかりと伸びて差し切った。大分器用さを身につけて来た印象で、過去の戦績から、恐らく距離が延びても全然大丈夫なタイプだと思う。この内容なら、昇級しても大きく崩れることはないと思う。
2着 ロマンティコ 
 そして1番人気ロマンティコが2着だった。ロマンティコはスタートを決めて、スッと先行したが、内から他馬に少し絡まれる場面があった。それでも一旦は完全に抜け出すシーンを作ったので、敗れはしたが内容悪くない。次走も上位争いになる。
3着 バンブトンハート 
 そして3着バンブトンハートは休み明け初戦だったが、マイナス10キロの馬体重で、体は大分引き締まって来た。レースでは外から良い脚を使って4着馬には4馬身もの差をつけた。勝ち切るにはもちろん、展開の助けが必要だと思うが、内容は着実に上向いている。
12着 キングスバレイ 
 そして3番人気のキングスバレイは12着に敗れた。パドックでまぁとにかくテンションが高くて、レースでも引っかかった。まだ幼さが残る現状で、アテにはしづらい。
東京7R 4歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京11R 青葉賞 重賞
 タイムレンズがD・メンバーランクはCだった。1枠からリオンリオンが先手を取って、直線でも先頭。リオンリオンがハナに立って、ホントに淀みないラップで運んだ。その分、後続もジワジワと脚を使うような形になって、この辺りリオンリオンが一旦突き放すが、そこからランフォザローゼスが脚を使って迫って来るが、一杯一杯粘り切る。内からピースワンパラディ辺りも伸びて来るが、前との差は詰まらずに、上位2頭が接戦のゴールインという結果になった。
1着 リオンリオン 
 結局リオンリオンがランフォザローゼスを抑えて逃げ切った。ラップの話をしたが、59秒9が1000mで、そこから1000mから2000mまでが60秒4なんですよね。本当理想的なラップを使って、上手く横山典弘騎手が導いた感じはある。コレまぁ、ダービーで勝負になるかどうかは別にして、ダービーのペースの鍵を握る馬であることは間違いないと思う。ちょっと楽しみな存在が出てきたなという印象がある。
2着 ランフォザローゼス 
 そして1番人気のランフォザローゼスが同タイムハナ差の2着。ここまで2頭が日本ダービーへの優先出走権を得また。ランフォザローゼスは好位につけて、前を射程圏に入れたが、直線向くと外に逃げて外からステッキ入れると内に逃げて、今度内からステッキを入れれると、また外に行った。その分ハナ差負けた感じなので、力負けではない。パンとすればもっと走って来そう。
3着 ピースワンパラディ 
 そのランフォザローゼスから2馬身離れて、3着がピースワンパラディ。4着キタサンバルカンだった。3着のピースワンパラディは1600mから2400mに伸ばしたが、即座に対応して追ってからも、スッと伸びずにジワジワ脚を使った。むしろこれぐらいの距離が合っているのかなと思った。
4着 キタサンバルカン 
 そのランフォザローゼスから2馬身離れて、3着がピースワンパラディ。4着キタサンバルカンだった。そして4着キタサンバルカンは前半力んでいたが、直線外に出してから良い脚を使った。まぁこの馬も自己条件に戻ればすぐに勝てる存在だと思う。
9着 アドマイヤスコール 
 9着アドマイヤスコール、これはかなり引っかかった。その分わかりやすく失速した感じで、折り合えば距離は保つと思う。次走の巻き返しに期待したいところ。
12着 ウーリリ 
 そして2番人気のウーリリは12着に敗れた。これはね前半行きたがったとは言え、もう最後さっぱり止まってしまった。これダービー馬のマカヒキの下に当たるが、ちょっとこの馬には2400mは少し長いのかなと思わせる競馬ぶりだった。

  馬券Summary
津田照之が選ぶ 平成のベストレース
 平成のベストレースということで、馬券検討にはもうほぼ役立たないが、今回の初回放送は4/30の午後11時から。ですから平成を締めくくる1時間となるということで、この馬券summaryでは、私なりに平成の中央競馬を振り返ってベストレース2鞍を選んでみた。
津田照之が選ぶ 平成のベストレース
平成21年。ウオッカの勝ったG1ジャパンカップ、これを取り上げたいと思う。これはウオッカが早めに抜け出して、オウケンブルースリが差して来るような形になって、ギリギリウオッカが押し切った。これ、ちょっとひとつの裏話があって、フランスのシャラナヤという馬が、エリザベス女王杯に使いに来て、4着でジャパンカップにも登録した。アガ・カーン殿下の所有馬なので、当時ルメール騎手はアガ・カーン殿下と契約をしていたので、それがジャパンカップに出走してくると、乗らなきゃならなかった。それが、アガ・カーン殿下のシャラナヤが回避したために、ウォッカに乗れることになったという、ちょっと巡り合わせと運命めいたものがあって、ですからレースの週の水曜に行くと、ウォッカの背中に急にルメール騎手が乗ってたという状況があった。ですから、そういう巡り合わせもあって、なんかこう執念が実ったようなハナ差勝ちだったと思う。やっぱ2400mが個人的には一番合ってる馬だと思っていたので、この勝利で最後に接戦になったが、個人的にもなんとか馬券が取れて、非常に嬉しかったレースの一つ。ジャパンカップには3歳の頃から参戦していて、元々長い距離が得意だったが、ちょっと引っかかる面を見せ始めたので、ちょっと短めの距離にシフトしていたが、ここでジャパンカップでまた長めの距離に戻して、結果出した。本当、今思い出しても立派な馬だったなと思う。
津田照之が選ぶ 平成のベストレース
2つ目はファビラスラフイン。平成8年、京都のG1秋華賞。3歳牝馬限定の秋のG1は京都芝2400mが舞台のエリザベス女王杯だったが、この年からエリザベス女王杯は古馬も参戦できる2200m戦となって、3歳牝馬限定のG1としては、この秋華賞が新設された。これね、追い切りが水曜日にあった。当時助手さんが乗って追い切って、坂路を駆け上がって来て、上がって来たら取材しようと思って待ち構えていたが、取材する前に向こうが右手を差し出してきた。これ何かなと思ったら、握手。もうその時点で、勝てるよというようなニュアンスが伝わって来て、結構聞き出そうとして記者って努力するが、聞き出さなくても感触が分かったという珍しいケースだった。これ単勝実は1,880円もついて、あまり当たった話ばかりするのもいやらしいが、でもやっぱりに取材って、やっぱりそういうちょっと醍醐味みたいなモノものあるので、それを垣間見たちょっと秋華賞だった。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26