2019年1回札幌3日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒6だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス1秒7。先週がマイナス1秒6で、ほとんど変わりが無い。
 先週は雨は降っていないが、散水によって1週目と同じ程度の含水率をキープしていた。1週使用した事により、開幕週より少しだけ時計が掛かるようになったが、それでも依然として高速馬場。ただし1週目もそうだったが、速い時計の決着になりやすいからと言って、前残り傾向が強い訳ではない。直線が短いので、もちろん前につけた馬が好走しやすいのは確かだが、それは高速馬場の影響ではない。この1回札幌は3週全てAコースが使用され、次の2回札幌は3週全てがCコース使用となる。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで4日間の馬場差を確認すると、大きな動きはないが、週単位で見ると先週の方が開幕週よりも少し水準方向に近づいた。ただ、速い時計の出るレベル。
 先週は雨が降らず、朝の含水率は先週土曜が2日目と同じ程度。日曜はそれよりさらに下がった。含水率が同じだと、時計の出方が同じになるとは限らないが、先週土曜の馬場差は、朝の含水率がほぼ同じだった2日目と同じで、含水率が下がった日曜は土曜より少し時計が掛かるようになった。先週の勝ち馬はすべて4コーナーで3番手以内にいたが、これは札幌ダートではごく普通のことで、先週が特に前残り傾向だった訳ではない。


  タイム分析
 2019/08/03 (土)  芝=-1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 フクノナルボンヌ    牝3 未勝利 1:09.1 -1.3 --- -0.3 -1.0 B D 7.50
5R T1200 ヒルノマリブ    牝2 新馬 1:09.8 -1.2 --- -0.2 -1.0 C C 6.00
6R T2000 ナミブ    牡3 未勝利 2:02.8 -0.2 --- +1.4 -1.6 E C 7.67
8R T1800 ターフェルムジーク    牝4 1勝クラス・牝 1:48.0 -1.2 --- +0.2 -1.4 C C --
9R T2000 ルヴォルグ    牡3 1勝クラス 2:02.4 +0.3 -0.8 +1.1 -1.6 SL C 7.00
11R T2600 カフジプリンス    牡6 札幌日経(L) 2:40.7 +0.1 -0.4 +1.8 -2.1 E D (11.00)
12R T1200 ホープフルサイン    牡3 HBC賞(2勝) 1:08.2 -1.2 --- -0.2 -1.0 C C (7.00)
 2019/08/03 (土)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1000 キラットダイヤ    牝2 未勝利 1:00.0 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D (8.00)
2R D1700 アドマイヤビーナス    牝3 未勝利・牝 1:44.7 -2.1 --- -1.2 -0.9 A C 2.00
4R D1700 メイショウオトワ    牝3 未勝利 1:46.6 -0.2 --- +0.7 -0.9 D C 7.14
7R D1700 スマートセラヴィー    牡3 1勝クラス 1:45.5 -0.2 --- +0.7 -0.9 D D 5.83
10R D1000 ヒデノヴィーナス    牝3 桑園特別(2勝) 0:58.0 -0.4 --- +0.1 -0.5 C C 4.25

札幌2R 3歳未勝利・牝 タイムA
 基準より1秒2速い勝ちタイムだった。まずスタート、11.ジューンハルジオンが躓く。そして7.ハートウォーミングらも遅れる。一方、10.モーンストルムが先手を取り、13.アドマイヤビーナスがこれに続いた。そして直線に入り、アドマイヤビーナスが楽々と先頭に立って、後続に4馬身差をつけて圧勝。2着争いは2.プリマヴォルタが粘っていたが、外から伸びた7.ハートウォーミングが勢いよく伸びて先着した。
1着 アドマイヤビーナス 勝ち馬注目
 アドマイヤビーナスが初めてのダートで初勝利を挙げた。アドマイヤビーナスは芝のレースではペースアップした地点で前と離れていることが多くて、ダートは向いているだろうと思ったが、想像以上のダート適性の高さで圧勝した。完全タイム差マイナス1秒2というのは、1勝クラスでも同じだけ走れば大体勝てるというレベルだが、懸念されるのが父がオルフェーヴルだということ。オルフェーヴル産駒は、こういう能力の高さを見せた次のレースで同じように走らないことが多い。まぁ昇級しても本命候補だが、例えば番組注目馬などにするのはもの凄く心臓に悪い。
2着 ハートウォーミング 
 そして2着のハートウォーミングは0秒6差でもBランクに相当する優秀タイムだが、勝ち馬が先行馬を全て潰したところを差して来たというレース。馬群の中にいる内に前と離れてしまったという、そういう事情もあるが、今回はスタートも遅くて、小回り1700mで信頼できるタイプではないと思う。
3着 プリマヴォルタ 
 3着のプリマヴォルタは内で上手く立ち回り、脚を溜めて直線に入ったが伸びきれなかった。もうキャリア14戦で大きな上積みも見込めませんし、次走も上位候補ではあるが軸にはしにくいと思う。
7着 ノーブルテラ 
 そして1番人気のノーブルテラは3コーナーからついて行けない手応えになって、もう何の見せ場もない7着だったが、これはレースレベルが高すぎたため。例えば3着だった前々走よりは、走っているというタイムでして、レベルの高くない組み合わせになれば着順は上がると思う。
札幌3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 フクノナルボンヌ 
 フクノナルボンヌが芝1200mに転じて2走続いた3着だった後に勝ち上がった。このフクノナルボンヌはスタートから仕掛けて行ってようやくハナを切れたという感じだったが、チークピーシーズを外した効果なのか、リラックスした走りだった。直線で仕掛けるとスッと差を開き、差は詰められたものの、差されそうな感じではなかった。とは言え、余裕のある勝ちっぷりではなくて、ギリギリのBランクなので、昇級してすぐに通用するとまでは言えない。
2着 アセンダント 
 そして2着のアセンダントは一旦差を広げられてから詰めて来た。これスーッと離されてしまった原因の1つは、3頭並んでいた内の1番外にいたことで、となると勝ち馬とは枠順の差が出たとも言える。過去に1400m以上では一本調子のレースぶりが目立っていたが、1200mではメリハリの効いたレースができていて、これで3回連続で2着。タイム面からは次走は確勝級というレベルではないが、次走もまず崩れないと思う。
3着 バームブラック 
 3着のバームブラックは、ブリンカーをつけてもズブさが残っているが、最後は脚を使っていた。組み合わせ次第ではチャンスはあると思う。
札幌4R 3歳未勝利 注目
 5着だったコバルトブルーについて。
5着 コバルトブルー 
 まず出遅れて最後方になってしまうが、ただ最後方になるだけではなくて、この後3コーナー手前では1頭だけポツンと離れた最後方にいて、ステッキが入っているという絶望的な状況だった。にも関わらずと言うか、そこまで手応えが悪かったのに直線では外から伸びて来て5着まで上がるのだが、そして3着と同タイムだった。しかもそのゴール地点でもまだ伸びていた。3コーナーであんなことになっていながら、最後にこれだけ伸びるということは、単に道中で気を抜いているだけだと思う。こういうタイプはダートの長距離でハマることが多いので、8/18の札幌ダート2400mに出走してきたら馬券を買いたいと思う。
札幌6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
札幌9R 3歳以上1勝クラス タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
札幌11R 札幌日経オープン タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
芝1200mのコース形態・その2
 前回は函館と札幌のコース形態の違いというテーマで、特に芝1200mはスタートから3コーナーまでの距離が違うことに注意という内容だったが、この違いによって前半600mのラップが同じでも、ハイペースなのかそうではないのかが異なってくるという事だった。で、今回は直線の長さやコーナーの形状でなく、高低差。
芝1200mのコース形態・その2
現在開催中の競馬場で言うと、小倉の芝1200mは他の競馬場にはない特徴があり、それは全体の半分以上が下り坂で、登り勾配がほぼないということ。具体的にはスタートから4コーナー途中までがずっと下り坂で、そこからゴールまでがほぼ平坦。この特徴的な高低差によって、芝1200mの前半600mはものすごく速くなる。下級条件でも普通に33秒台前半や32秒台になる。従って前半33秒台で行って粘っていても、特に価値がある訳ではなくて、このコースで前後半が同じになってしまったら、もう超スローに分類して良いということ。小倉開催が私の担当になると、実はスローなので逃げて3着では次走危険という次走危険馬をしょっちゅう出していると思う。小倉1200mは前半が下り、後半は平坦ということはそれほど世間では強く認識されていないようなので、このやり方は効果があると思っている。
芝1200mのコース形態・その2
そして他のコースで言うと、中山と中京も1200mは前半がほぼ下り坂なので、触れておく。ただし、これ中山が右回りで、中京が左回りでこれ左右逆なので、見方を注意してください。中山は小倉と同様にスタートから400m以上も下り坂の直線が続くので、前傾ラップになるのか普通。こちらも前後半が同じならスローと考えて良いが、最後に急な上り坂があるので、小倉のように前半32秒台で行っても余裕で残れますよと、そういうコースではないという違いがある。そして中京はスタートして350mも行かない所で3コーナーに入ってしまうので、下り坂であっても前半はそれほど速くならない。ということで、こちらもラップの見方は注意したいコース。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26