2019年2回中京2日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜はマイナス0秒7からプラス0秒3への変動だった。
 1月のBコースからAコースに移り、さらに洋芝の種をまいてシート養生もしていたので、もっと速い時計の出る状態になってもおかしくなかったが、土曜は木曜までに降った雨の影響が残っていて、超高速馬場にはならなかった。さらに日曜は、11時頃からずっと雨が降っていたので、後半ほど時計が掛かるようになり、11R以降は馬場差がプラスになった。同じように良から稍重へ変化した阪神の芝より変動幅は大きいが、中京芝は雨の影響が時計の出方に及ぼす影響が大きいというのは、以前からの傾向。今週までAコースが使用され、高松宮記念が行われる最終週の3週目だけBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7からマイナス0秒4への変動、日曜はマイナス0秒3からマイナス1秒1への変動だった。
 土曜は稍重から良へ変化し、後半ほど時計が掛かるようになる変動。日曜は良から稍重に変化し、後半ほど速い時計が出る変動。まぁそういう馬場だったので、1月開催との比較は難しいが、恐らく同じ良馬場でも今開催の方が速い時計が出やすいコンディションのはず。


  タイム分析
 2019/03/10 (日)  芝=-0.7 → +0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 ロードゼウス    牡3 未勝利 1:35.5 -0.3 --- +0.3 -0.6 C D 8.27
5R T2000 バラックパリンカ    牡3 未勝利 2:04.2 +2.0 -0.4 +2.2 -0.6 SL D 8.00
9R T1400 アプルーヴァル    牡4 500万下 1:22.2 +0.7 --- +0.8 -0.1 E D 9.50
11R T2000 ダノンプレミアム    牡4 金鯱賞G2 2:00.1 +1.2 -0.6 +0.5 +0.1 D B 7.09
12R T1400 トロワゼトワル    牝4 賢島特別1000 1:21.5 +0.5 --- +0.3 +0.2 D C 7.41
 2019/03/10 (日)  ダ=-0.3 → -1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ベルキューズ    牝3 未勝利・牝 1:55.4 +0.4 --- +0.7 -0.3 D D 8.10
2R D1200 ダイメイサツキ    牡3 未勝利 1:14.0 +0.6 --- +0.8 -0.2 E D 8.92
3R D1900 スペースクラフト    牡3 未勝利 2:02.9 +0.8 -0.4 +0.8 -0.4 D D 5.73
6R D1400 チカリータ    牝6 500万下・牝 1:24.8 -0.3 --- +0.1 -0.4 C D 8.07
7R D1200 アサケパワー    牡5 500万下 1:12.2 -0.3 --- +0.1 -0.4 C C 7.50
8R D1800 エンパイアミライ    牡4 500万下 1:52.5 -1.1 --- -0.3 -0.8 C D 6.58
10R D1400 デュープロセス    牡3 昇竜S 1:23.6 -1.1 --- -0.2 -0.9 C B 6.36

中京2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
中京5R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中京9R 4歳上500万下 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
中京11R 金鯱賞 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクがBだった。最内枠からダノンプレミアムが反応良くゲートを出て、外のリスグラシューは遅れた。リスグラシューが出遅れて、ダノンプレミアムは好スタートを決めたが、2コーナーあたりまで少し行きたがっいて、不穏な感じの出だしだったが、終わってみればこの2頭の力が上でしたという結果になる。ダノンプレミアムは向正面で落ち着いて、抜群の手応えで直線に入ると、楽に抜け出し。リスグラシューは差し馬向きの流れではないのに、きっちりと伸びて来た。そしてダノンプレミアムをマークするように進めていたエアウィンザーが、後を追うように伸びて来たが、このままどこまで行ってもダノンプレミアムには追いつけないなぁと。そういう感じの3着だった。
1着 ダノンプレミアム 勝ち馬注目
 ダノンプレミアムが昨年のダービー以来の実戦を制した。ダノンプレミアムは2歳時にG1を勝って3歳春にリズムを崩すという、ディープインパクト産駒にありがちな不味いパターンになりかけていたが、ダービーの後じっくり立て直してここまで待ったのが良かったと思う。G1へ向かうステップレースとしては、仕上がり過ぎかなという感じで、その点が不安ではあるが、ひと叩きという体制ではなかったのだろう。2000mでの能力の高さを改めて示しましたし、順調なら大阪杯でも有力だろう。
2着 リスグラシュー 
 その後の2着がリスグラシュー、3着にエアウィンザーだった。リスグラシューは出遅れた上に流れが遅く、不発でも不思議ではないレースだったが、力で伸びて来た。この後の目標はまぁよくわからないが、牝馬限定の1600mよりも牡馬相手の2000m路線の方が力を発揮できそう。
3着 エアウィンザー 
 その後の2着がリスグラシュー、3着にエアウィンザーだった。3着のエアウィンザーは完敗という内容の3着だが、昨年からの充実は素晴らしい。現時点でG1級とは感じないが、G2・G3なら確実に上位に来る力をつけている。
4着 ペルシアンナイト 
 4着ペルシアンナイトはこれまで休み明けで3着以内に来たことがなく、この馬としては上々の始動と思う。
5着 アルアイン 
 5着のアルアインは2200mの重賞でも過去には好走して来たが、昨年秋ぐらいから、もう以前にも増してマイラーっぽい体型になっていて、もはや2000mでも長いんだと思う。
中京12R 賢島特別 注目
 11着だったチャレアーダについて。
11着 チャレアーダ 
 結論から言うと、少しでも馬場が悪いと全くダメで、今回は直線で追い出すとノメって転びそうになっていた。これまで良馬場ではない芝では、10頭立ての8着、14頭立ての8着、13頭立ての12着で、ノメっていたり、脚が空回りするような走りになっていたりで、全く良いところがなかった。金曜夜から土曜朝にかけての天気予報は、中京の雨は夕方からという感じでして、それで多くの予想者が本命をつけたと思うが、この馬場では動けない。天候の読みを外したために、予想も外れるという形だったが、そういう身内の話はさておき、今回の敗因は明確ですので、良馬場ならあっさり巻き返せると思う。

  馬券Summary
冬の京都芝のその後
 今年1月・2月の京都芝は京都の芝としては異例なほど重くて、時計が掛かっていたという事は、その開催中に何度も触れた。では、その重い京都の芝で走った馬のその後はどうなっているかだが、
冬の京都芝のその後
まず今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走も京都芝の同じクラスに出走した場合。まぁコレ当たり前の話だが、2着馬の成績が抜けて良くて、次は3着馬。4着馬・5着馬はあまり良くない。続いて今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走で他の競馬場の芝の同クラスに出走した場合。これ特に3着以内率を比べると、前走2着・3着でも、前走4着・5着でも大して変わらない。これ人気を考慮すれば前走2・3着よりも、前走4・5着を買うべきというレベルで、実際に前走4着馬・5着馬の複勝回収率はどちらも100%を超えている。先週のレースから象徴的な例を挙げると、土曜阪神4R。前走2月の京都芝で5着だったヒーリングマインドが勝って、前走2月の京都芝で2着だったサンライズアキレスは5着。また、このレースの2着カズマークセンは、2月の京都の芝でサンライズアキレスに0秒3離されていた、ディープインパクト産駒だった。今年冬の京都芝で、ディープインパクト産駒が苦戦。特に体重の軽い牝馬が苦戦していると話を1月にしたが、最終的にはもう2回歳で12勝した。しかし、馬場が合わないのに、能力だけで上位に来ていたというケースも多くて、今年1月・2月の京都芝で3着以内だったディープインパクト産駒が、次走で他のコースの芝の同クラスに出走した場合は、2勝2着3回3着5回。12回走って4着以下が2回しかなく、極めて好走確率が高い。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26