2019年1回阪神4日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス1秒0。2週目がマイナス0秒9でほとんど変わりがない。
 木曜日に雨が降ったが、芝に関してはその影響は無く、1週使用した事によって、少しだけ時計が掛かるようになった。日曜の後半に小雨が降ったが、こちらも芝に関しては時計の出方に影響はなかった。内が有利とか外が伸びると言った偏り、バイアスはなく不公平感のない馬場。2回開催の1週目までAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒6への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、水準レベルの開幕週からマイナス方向に動いている。
 木曜日に降った雨の影響で、土曜は稍重。乾くのが遅く、日曜も稍重のままだったが、土曜よりは乾いていて9Rまでは土曜より少しだけ時計が掛かるようになっていた。ただ、10R以降に小雨が降ったため、12Rは土曜と同じ馬場差に戻った。極端に前残り傾向でもないし、極端に差し馬が好走している訳でもなく、ごく普通の馬場だったと思う。


  タイム分析
 2019/03/03 (日)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 キングオブコージ    牡3 未勝利 1:34.0 -1.6 --- -0.9 -0.7 A C 5.62
8R T1800 ランスオブプラーナ    牡3 アルメリ500 1:47.5 +0.1 -0.6 +0.3 -0.8 C C 8.29
10R T1600 コスモイグナーツ    牡4 武庫川H1600 1:33.3 -0.1 --- +0.6 -0.7 D C 7.22
11R T1800 スピリッツミノル    牡7 大阪城SH 1:46.1 +0.9 --- +1.7 -0.8 E C 9.60
 2019/03/03 (日)  ダ=-0.4 → -0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 アルデンテ    牝3 未勝利・牝 1:26.6 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D 8.29
2R D1800 ホウオウライジン    牡3 未勝利 1:55.4 +0.8 --- +1.2 -0.4 E D 7.75
3R D1400 グランプリワン    牡3 未勝利 1:26.6 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D 7.46
6R D1800 シェパードボーイ    牡3 新馬 1:56.2 +1.3 --- +1.7 -0.4 E D 7.79
7R D1800 キングフォルテ    牡4 500万下 1:54.0 +0.9 --- +1.3 -0.4 E D 7.56
9R D1400 センショウユウト    牡4 500万下 1:25.0 +0.1 --- +0.4 -0.3 D D 4.36
12R D1800 テーオーフォース    牡4 1000万下 1:52.2 -0.1 --- +0.5 -0.6 D C 8.14

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 3歳未勝利 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。スタートした。1番人気の10.ボマイェらが遅れた。そして直線に入って12.メイショウオウギ、3.ラシェーラが並んで上がって行く。ここからラシェーラが一旦先頭に立った。しかし、6.キングオブコージが伸びて外から交わし、1着。ラシェーラが2着。内を突いた1.ルベリエが3着だった。
1着 キングオブコージ 
 キングオブコージは前回から芝に戻って、1600mで末脚を活かした。キングオブコージは互角のスタートを切ったが、前に行くつもりは無く中団から。直線で馬群がバラけると、真ん中をスルスルと上がって来て差し切った。新馬戦の頃は進路があっても追って伸びなかったが、大分成長したようで、2戦続けてしっかり伸びている。超スローペースからの瞬発力勝負では厳しいかもしれないが、競る流れになれば上のクラスでも上位可能だろう。
2着 ラシェーラ 
 そして勝ち馬を含め5着まで上位人気馬が占めた。2着のラシェーラは内枠から好位につけて、ソツのない競馬だったが、勝ち馬の決め手が上だった。ただ、ある程度のペースになって馬群もバラけたのも幸いしているはず。これまではスローペースで内にいて窮屈になったり、やはりスローペースで鋭さ負けしている。次走も確実に上位に来るかと言うと、そうも言い切れないと思う。
3着 ルベリエ 
 3着のルベリエはここがデビュー戦だった。前半は恐る恐るという感じだったが、直線でよく伸びた。ずっと内を通りながら全く詰まったりしなかった事はラッキーだったが、レース慣れが見込める次走は直線だけの競馬にはならないでしょうし、かなり有望だと思う。
4着 ベルヴォワ 
 4着のベルヴォワは後ろから外を回って伸びて来た。連闘した後に間隔を開けた1戦で、万全の体制ではなかったようだが、勝つだけの能力はある。
5着 ボマイェ 
 そして1番人気のボマイェは5着だった。出遅れたが、直線入り口では勝ったキングオブコージと同じ位置にいて、そこから伸び負けしている。さらに後ろからも差されている。新馬戦で2着だったが、1番人気になる程ではなかった模様。
阪神6R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
阪神7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神11R 大阪城S タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
阪神12R 4歳上1000万下 注目
 6着だったフラテッリについて。
6着 フラテッリ 
 まず内枠でスタートが遅くて、後方からになる。この後4コーナーでおよそ5頭分ほど外をマクって追い上げるが、丁度ペースが速くなっている所だったので、そこではあまり差を詰めることができず、しかも脚は使っているので直線ではジリジリとしか伸びなかった。前走は京都ダート1900mで9馬身差の圧勝だったが、当時は10頭立ての10番枠。しかも1コーナーまでが長かったので、スタートが遅くても先手が取れた。14頭立ての阪神1800m。しかも内枠だった今回は、全く勝手が違ったということで、阪神のダートなら2000mが良さそう。そういうゆったり行けるコースで、少頭数だったり外枠だったりすれば、このクラスでも好勝負になると思う。

  馬券Summary
ディープインパクト産駒は実績不問
 昨年の12月に2歳の12月に重賞を勝ったディープインパクト産駒は3歳春に不信に陥りやすいというデータを紹介したが、ダノンファンタジーに関してはどうやら杞憂に終わりそう。その時に2歳の12月に芝1800m以上の500万下を勝ったディープインパクト産駒は、3歳時に重賞で好走しているというデータも紹介して、早いうちから重賞に出走していた全兄ムーヴザワールドの使い方より、2歳12月に500万下を勝った弟、サトノルークスの使い方の方が正解となる可能性があると言った。が、サトノルークスは重賞を勝っていないが、すみれステークスで、ホープフルステークスの2着馬を下して勝った。他でも、きさらぎ賞では2歳12月に500万下を勝ったダノンチェイサーが重賞初出走で勝ち、共同通信杯も2歳12月に500万下を勝ったダノンキングリーが、朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬を相手に勝った。逆に2歳重賞で好走していたディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に危なっかしいことが多くて、現3歳世代では東京スポーツ杯2歳ステークスで3着だったヴァンドギャルドが対象例となる。重賞初出走だった東スポ杯は3着と好走したが、その実績によって1番人気になったきさらぎ賞は4着だった。で、先週弥生賞をカントルかサトノラディウスが勝っていれば、話としては完璧だったが、勝ったのは重賞2戦目のディープインパクト産駒、メイショウテンゲンだった。ただ、メイショウテンゲンも2歳時重賞には出走しておらず、さらに1勝目まで4戦かかっていながら、重賞2戦目で勝ってしまったように、実績不問でクラスの壁を破った。3歳春の重賞というのは2歳重賞の好走馬が人気になるが、そういう実績馬に逆らいたい私のような人は、2歳時に重賞で走っていないディープインパクト産駒を狙うことをお勧めする。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-