2019年2回札幌2日目

開催一覧
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒4だった。連続開催ですので、遡って8日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、前の開催最終週、特に5日目は他の開催日と比べて時計が掛かっていた。
 台風から変わった低気圧による雨は予想された程は降らず、土曜の2Rまでは稍重だったが、その後は良馬場。馬場差は変動ではなく、変動だった6日目の最後の馬場差と同じだった。雨の影響は勿論あったが、Cコースに移った影響と相殺されたということ。土曜より乾いた日曜は馬場差はマイナス方向に動いている。実際のタイムだけ見ると、日曜の方が時計が掛かっているように見えるが、メンバーやレース展開の影響が大きかったと思う。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒7からマイナス1秒4への変動、日曜がマイナス1秒0だった。ここまで8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で特に前の開催5日目から今開催初日、つまり先週土曜までは雨の影響を受けて変動となり、高速馬場だった。
 金曜から土曜にかけて雨が降り、土曜は重馬場でスタートしたが、8R以降は稍重。馬場差は変動で、後半ほど時計が掛かる状態だが、1日を通して高速馬場。ただ、1週前のような超高速馬場にはならなかった。日曜は6Rまで稍重だったが、その時点で土曜よりは乾いていて、なおかつ良馬場になった8R以降も時計の出方は変わらなかった。それでも馬場差はマイナス1秒0だが、今年の札幌ダートは良馬場でもマイナス1秒程度の馬場差が多く、先週の日曜は今年の札幌ダートの標準的な時計の出方だった。


  タイム分析
 2019/08/18 (日)  芝=-1.4  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1500 ヴェスターヴァルト    牡2 未勝利 1:31.1 +0.3 --- +1.4 -1.1 E C 5.33
3R T2000 アリスブルー    牝3 未勝利 2:03.3 +0.3 --- +1.7 -1.4 E D 7.33
5R T1800 ホウオウピースフル    牝2 新馬 1:54.1 +3.0 -1.2 +3.1 -1.3 SL C 5.75
7R T2600 ゴットフルール    牝3 1勝クラス 2:42.6 +0.1 --- +1.9 -1.8 E C (10.00)
9R T1500 オータムレッド    牝2 クローバ 1:31.6 +1.8 -0.3 +2.6 -1.1 E D (8.50)
11R T2000 ブラストワンピース    牡4 札幌記念G2 2:00.1 +0.1 --- +1.5 -1.4 E B (15.00)
12R T1200 プリディカメント    牝4 小樽特別(1勝) 1:09.3 -0.5 --- +0.3 -0.8 D C 7.43
 2019/08/18 (日)  ダ=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D2400 コバルトブルー    牡3 未勝利 2:37.6 +1.8 -0.3 +2.9 -1.4 E C 5.60
4R D1700 スリーヴリーグ    牡3 未勝利 1:46.6 -0.2 --- +0.8 -1.0 D C 7.00
6R D1700 ヴィーグリーズ    牡5 1勝クラス 1:46.1 +0.4 --- +1.4 -1.0 E D 7.20
8R D1000 タマモコーラス    牝5 2勝クラス 0:58.2 -0.2 --- +0.4 -0.6 D D 4.33
10R D1700 スマートセラヴィー    牡3 大通公園(2勝) 1:45.3 +0.4 --- +1.4 -1.0 E D (4.50)

札幌1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
札幌2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒9遅い勝ちタイムだった。勝ったコバルトブルーについて。
1着 コバルトブルー 
 前走後、とにかくズブいのでスタミナはあるのでダート2400mに出て来たら買ってみたいと言ったが、本当に使って来た上にルメール騎手に変わって、人気になってしまった。私がえらく緊張しましたが、まぁ思った通りの長距離適性があって快勝した。っと言ってもペースが遅い前半は楽について行けても、2週目3コーナー辺りでペースが上がると、これまでと同様に追い通しになっていた。ただし、長距離だとそこから他の馬がバテる事もあって、悠々と差し切れた。タイムは遅いが、恐らく相手なりというタイプなので、スタミナを活かせる条件なら、1勝クラスでも上位可能と見る。
札幌3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
札幌5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。4着だったミヤマザクラについて。
4着 ミヤマザクラ 番組注目馬
 このレースは1000m通過1分6秒1という超絶スローペースで、こういうレースで差すとしたら、瞬発力勝負が得意なディープインパクト産駒と言えども、コーナーで勢いをつけて行くしかなしが、そういう事で、4コーナーで既に追い出してはいたが、直線入り口で狭くなってブレーキ。これで万事休すとなってしまって、その後は良く言えば無理せず、悪く言えば早々に諦めてラスト150mぐらいは全然追っていないが、それでもグイグイ伸びていた。伊達に1番人気になっていた訳ではなく、能力は高い。次走よほどの不利などがなければ、好勝負になると思う。
札幌6R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
札幌7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
札幌8R 3歳以上2勝クラス 注目
 3着だったショウナンガナドルについて。
3着 ショウナンガナドル 
 スタート自体は早かったが、先行争いには加わらず馬任せで運んでどんどんポジションが下がって行ったが、4コーナーでは持ったまま前との差を詰めて来て、直線で外に出すと素晴らしい伸びだった。まぁどう見ても1000mがベストという馬のレース運びではありませんし、1000mで何が何でも勝つということを目的にした乗り方ではなかったと思うが、クラスに目処は立った。1200m以上のダートならこのクラスも勝てると思う。
札幌9R クローバー賞 タイムE
 基準より2秒6遅い勝ちタイムだった。
札幌10R 大通公園特別 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
札幌11R 札幌記念 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。タイムランクがE・メンバーランクはBだった。エイシンティンクルが逃げて4コーナーに入って行く。エイシンティンクルが離して逃げていたが、1000m通過は59秒9。2番手以降はスローで、札幌の特にCコースというのは小回り適正はあまり要求されないが、この流れだと前にいるか、直線で内を突くかしないと厳しい。ペルシアンナイトとフィエールマンは堂々と外を回したが、直線入り口で先頭に立ったサングレーザーが粘り、そして内から伸びて来たブラストワンピースに、外の2頭は追いつく事はできなかった。ゴール寸前できっちり差したブラストワンピースが1着。外から猛然と伸びたフィエールマンは3着までだった。
1着 ブラストワンピース 
 ブラストワンピースが制して、昨年の有馬記念以来の勝利となった。ブラストワンピースは最内枠の利点を最大限に生かして、なおかつ前が詰まったりしなかったが、こういうレースもできたというのは収穫だろう。ハービンジャー産駒らしく洋芝も合う。まぁ凱旋門賞に関しては、少なくともサンデーサイレンス系の日本調教馬よりは適性が高いはず。今回のタイムは遅いが、離して逃げたエイシンティンクルのラップを元にすると、ペース補正が入らないというだけで、それは気にしなくて良いと思う。
2着 サングレーザー 
 そして2着にサングレーザー、3着には1番人気のフィエールマンが続いた。2着のサングレーザーは昨年の勝ち馬。今年は昨年以上に展開も向いたが、コース適性の高さを示した。この馬の場合、洋芝が合っているというよりも、恐らく完全平坦のコース形態が合っているんだと思う。
3着 フィエールマン 
 そして2着にサングレーザー、3着には1番人気のフィエールマンが続いた。フィエールマンは自力の高さは示した3着だが、3000m以上のG1を2勝している馬に、札幌記念はベストの舞台ではなかった。まぁ凱旋門賞に関しては、馬場の適性はちょっと微妙だと思うが、距離が延びて直線も長くなるのはプラスと思う。
4着 ワグネリアン 
 4着のワグネリアンは2番人気になっていたが、今回に関して言えば完全に力負けだと思う。ダービーを勝ったディープインパクト産駒というのは、4歳以上になると活躍できないという、そのパターン通りの馬になってしまってるような気がする。
4着 ワグネリアン 解説危険
 直線が短いコースで前に行くというのが、本来のレース運びではないという理由はあるが、完全に力負けという4着。しかし、ダービー馬というブランドがあるので、次走も人気になると思う。遡って、昨年の札幌記念ハイペースのEランクで、そこで追い込んで2着だったマカヒキに対して、私、「このレベルのレースで2着だからと言って復活と言えるのだろうかと」暴言を吐いたが、やはりダービー馬なので次の天皇賞・秋でも3番人気になったが、7着だった。先ほど札幌記念の回顧でも言ったが、ディープインパクト産駒のダービー馬というのは4歳になったら、いかに消すかというのが基本となると思う。

  馬券Summary
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 今年から降級制度がなくなって3歳馬が有利になる事が予想されたが、実際にどうなっているのか、そして具体的にどういう3歳馬を狙えば良いのかというのが、今回のテーマ。で、順序をどうするか少し考えたが、話の進め方として2勝クラスを先にやった方が良さそうなので、今回は2勝クラス。次回は1勝クラスをやる。なお、今回も次回も集計期間は夏競馬がスタートした6/1から8/11の1回札幌終了時までとする。
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 さて2勝クラスにおける3歳馬の成績、これはもう昨年の同時期と比べて飛躍的に良くなっていて、勝率がほぼ2倍になっている。2勝クラスはとりあえず3歳馬を本命にしておけば、大体合っているが、では、どのような3歳馬が好走しているのか、具体的に言うと、結論から言うと、前走で500万、そして1勝クラスを勝った昇級初戦の3歳。これ全体のトータルの連対率が4割を超えていて、表はないが、前走でオープンクラスを走っていた3歳馬よりも良い。で、どのような昇級初戦の3歳馬が特に狙えるのかを、自分のところの新聞とか、他のところでは勝った前走の着差を基準にしたデータを書いたりしているが、もちろんこの番組ですから、タイムランクを使う。
2勝クラスは昇級戦の3歳馬
 まず、タイムランクAで1勝クラスを勝った馬、3頭全てが昇級初戦の2勝クラスを勝っている。タイムランクBで勝った馬はイマイチに見えるが、実は4着以下の5頭中4頭は前走が1200m。以前タイムランクAやBの上位馬について、次走の信頼度が低いのは1200mだという事を紹介したが、その通りになってしまった。しかし、1400mならタイムランクBで1勝クラスを勝った7頭中6頭が昇級初戦で3着以内に入ったということ。そして注目はタイムランクCで勝った馬。全体で言うと、普通に買える成績になっている。という事で、1勝クラスを好タイムで勝った3歳馬はもちろん、水準のタイムで勝った3歳馬でも2勝クラスですぐに狙えるという傾向になっている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26