2019年2回東京9日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス2秒0だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒を超え、終日良馬場の開催日は全てマイナス2秒台となっている。
 先週で開催5週目だが、4週目からBコースに変わったこともあって、かなり速い時計の出るコンディションが続いている。馬場自体はもちろん傷んできてるとは思うが、固い馬場で時計が出やすい様子。あと脚質的には、逃げ馬が2連対で、先行馬が3連対だった。基本的に前が残るレースは、スローペースだった。ペース補正を施してないレースで先行策から粘ったのは、土曜5Rのロザムールのみで、先々週と同様、差し馬が有利だった。好位・中団組ともまんべんなく連対していた。なお、この開催最終週であるダービーウィークの今週から、3回東京2週目までCコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒1だった。遡って、8日間の馬場差を確認しておくと、ダートは週によって時計の出方が異なる。特に開催6日目は、前日の終盤に悪天候で中止となった影響が残り、脚抜きの良いコンディションだった。
 先週の含水率は2%から3%ほどで、かなり乾いたコンディションだった。マイナスの数値だが、3週目・4週目と比較すれば時計は掛かっていた。あと脚質については、先々週と同様、中団からの差し馬が最も活躍していた。傾向自体は大きく変わらなかった。


  タイム分析
 2019/05/18 (土)  芝=-2.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 オメガドーヴィル    牝3 未勝利 1:21.9 -1.1 -0.3 ±0 -1.4 C C 7.00
5R T1600 ロザムール    牝3 未勝利 1:33.4 -2.3 --- -0.7 -1.6 B C 5.62
9R T1800 ランペドゥーザ    牝3 カーネー500 1:47.2 -0.7 -0.3 +0.8 -1.8 D C 5.25
11R T1800 ダイワキャグニー    牡5 メイSH 1:45.8 ±0 -0.6 +1.2 -1.8 SL D 7.57
12R T1400 モアナ    牝5 1000万下 1:20.5 -1.2 --- +0.2 -1.4 C D 7.13
 2019/05/18 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ベターハーフ    牝3 未勝利・牝 1:26.7 +0.7 --- +0.8 -0.1 E D 7.80
2R D1600 ティターヌ    牡3 未勝利 1:38.8 -0.4 --- -0.3 -0.1 C D 7.78
3R D1300 リサオブザナイル    牝3 未勝利 1:19.1 -0.2 -0.1 -0.2 -0.1 C C 7.23
6R D2100 トイガー    牡3 500万下 2:12.8 +0.2 --- +0.3 -0.1 C C 7.00
7R D1600 メヌエット    牝5 500万下・牝 1:38.5 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 7.50
8R D1400 オレノマニラ    牡4 500万下 1:26.3 +1.4 --- +1.5 -0.1 E D 8.93
10R D2100 フォースライン    牡5 是政特別1000 2:12.0 +0.7 --- +0.8 -0.1 D C 7.08

東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京3R 3歳未勝利 注目
 タイムランクはCだが、あと0秒1速ければBランクだった。
1着 リサオブザナイル 
 1着のリサオブザナイルは3番手のインで脚を溜めて、4コーナーを回ってスペースを見つけると、しっかりと伸びて抜け出した。2着馬には4馬身差で完勝と言える内容だった。ここ2戦は芝に使われて、あと一歩の競馬を続けていたが、新馬戦以来のダート戦でレースぶりが一変した。当時は実は芝とダートの切れ目でジャンプしたこともあって8着に敗れただけで、ダート適性がない訳ではなかった。今回は砂をかぶる形でも全くひるむことなく、余裕を持って抜け出した。この内容なら昇級して古馬相手でも通用する。
2着 タマモキャペリン 
 あと2着タマモキャペリンはスタートで躓いたが、すぐに挽回して3・4番手につけて、ラストまでしぶとく粘った。勝ち馬には突き放されたが、時計は短縮した。次も上位には顔を出すと思う。
3着 ゴールデンゾーン 
 そして3着ゴールデンゾーンはブリンカー着用とダート替わりで、レースぶりが良くなった。今回の内容なら次も期待できる。
東京4R 3歳未勝利 
3着 フジマサディープ 解説危険
 これスタートがひと息で、そして3コーナーで他馬に寄られて大きな不利で、バランスを崩す場面があった。それでもまぁ最後の直線に向くと、狭いスペースを割ってしっかりと伸びて来た。ここからちょっと狭いが、割って伸びて来る。この内容で3着なら一見優秀な競馬には映るが、実はこの馬不利を受ける前から、ちょっとずつ外へ逃げる面を見せていた。その結果、不利の度合いが大きくなった印象がある。ですから、能力はあるが、まだ走りに幼さが残る現状ですから、今回1番人気で不利があって3着という、この事実だけを踏まえれば次走も人気になるのは確実ですから、ただ、その人気ほどは堅くないと見て、今回危険馬に選んだ。
東京5R 3歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利戦の基準タイムより2秒3速く、1600m対象の馬場差がマイナス1秒6だったことを踏まえても、 -2.3-(-1.6)=-0.7 で基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 ロザムール 
 ロザムールが今回は逃げ切った。ロザムールはマイペースで逃げて、そのまま押し切った。前走はタイムランクCのレースで5着でしたから、時計を詰めて勝った点は評価できる。依然レース前のテンションが高くて、返し馬ができないなど気性面での課題は残るが、昇級してもスピードは通用する。印は打ちたいレベルの馬です。
2着 ガロシェ 番組注目馬
 あと2着ガロシェは勝ち馬と並ぶ所まで行かなかったが、力は示した。今回は休み明け初戦で、次走当然上積みが期待できる。
3着 エスタジ 
 そして3着エスタジは3コーナー手前で他馬に軽くぶつけられる場面があった。最後は伸び負けしたが、内容的には悪くない。次走も引き続き圏内。
5着 ロンリーソルジャー 
 あと1番人気のロンリーソルジャーは5着に敗れた。発馬が悪くて、その後力む面を見せていた。今回は初戦のようなスムーズな競馬ができなかった。距離は1600mぐらいが合っているので、巻き返して来る可能性はあると思う。
東京8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京11R メイS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京12R 4歳上1000万下 
3着 スイーズドリームス 通信簿
 3番人気3着だった。この馬3番人気で、1・2着も結構強い馬だった。3頭の争いの中で、この馬がやっぱり捌きに手間取っている間にも前2頭に抜け出されたので、ちょっとまぁ運が無かったし、位置取りの差が大きいかなという負け方だった。

  馬券Summary
初めての経験
 意味深な感じだが、もうね私も競馬記者になって24年ほど。多分、24年ぐらいになると思うが、先週の京都は過去を振り返っても、記憶にないぐらいの強風に見舞われた。まず、阪神を引き合いに出して話をすると、阪神の場合は六甲山から吹き下ろす風が強くて、そもそも強風になるケースは多い。ただ、その吹き下ろしの風はいつも同じ方向で、1コーナーから4コーナーに向けて吹く。すなわち、最後の直線は、馬にとっては向かい風になる状況。しかも断続的に吹き続けるので、傾向的にはわかりやすい風だと言えると思う。
当然、風の強さによっては馬場差にも影響を及ぼしことは、阪神は十分にある。
それと比べると、先週の京都はかなり特殊だった。ここからは風に吹かれてる映像ばっかりだが、結構スターターのジャケットがヒラヒラする感じで、基本、向正面からスタンドに向かって吹いているが、旗の揺れ方も凄い。数秒間風が止んだかと思ったら、もう1回吹いたりとかして、所謂上空に風が舞っているような感じの吹き方だった。
結果、芝の馬場差は先週とほぼ同じで、脚質傾向も大きく変わらなかったという事になる。芝に関しては。
一方、ダートはプラスゾーンの馬場差になって、先々週と比べると少し時計が掛かって、若干差しも届いていた。ダートは少し変化があった点は注目ポイント。幸い、京都開催は今週、もう1週行われる。先週との違いを意識しつつ、慎重に馬場差を出して行きたい。特にオチはなく、単に強風だったという話。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-