2019年1回小倉2日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒6からプラス1秒0への変動、日曜がプラス1秒1だった。
 雨の影響が残っていたこともあるが、開催初日としては、時計の掛かるコンディションでスタートした。さらに昼過ぎにも雨が降って、後半時計が掛かって行った。そして日曜未明にも雨が降り、土曜後半と比べても時計が掛かった。なお、日曜は稍重でスタートし、終盤良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。開幕週と言っても差しが決まっていて、中団同士で決着したレースが5鞍ある。ただし、日曜になると逃げ・先行馬の粘り込みが土曜よりも多くなった。今週もう1週Aコースが使用されて、後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒7だった。
 雨の影響で土日ともに稍重だった訳だが、時計の掛かるコンディションだった。連対馬の脚質に目立った偏りはないが、前目につけた馬の方が優勢だった。


  タイム分析
 2019/02/10 (日)  芝=+1.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 ショウナンタイガ    牡3 未勝利 1:10.6 +1.3 --- +0.6 +0.7 D D 7.65
4R T2000 フィデリオグリーン    牡3 未勝利 2:03.2 +1.9 --- +0.8 +1.1 D D 6.42
5R T1200 カレンモエ    牝3 新馬 1:10.7 +1.2 --- +0.5 +0.7 D D 10.53
7R T2600 タイセイトレイル    牡4 500万下 2:43.2 +3.4 -0.6 +1.4 +1.4 E D 4.67
8R T1200 ゲンパチケンシン    牡5 500万下 1:09.5 +1.0 --- +0.3 +0.7 D D 9.50
10R T2000 ムーンレイカー    牡4 小倉城特500 2:02.2 +2.3 --- +1.2 +1.1 E C 5.44
11R T1800 アウトライアーズ    牡5 関門橋S1600 1:49.9 +4.2 -0.5 +2.7 +1.0 SL D 6.00
12R T1200 トーセンアルバータ    牝6 帆柱山H1000 1:08.8 +0.7 --- ±0 +0.7 C D 7.94
 2019/02/10 (日)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 ノヴェッラ    牝3 未勝利・牝 1:49.1 +2.3 --- +1.6 +0.7 E D 7.80
2R D1700 シャイニーロック    牡3 未勝利 1:48.3 +1.5 --- +0.8 +0.7 D D 10.00
6R D1000 ヒザクリゲ    牝4 500万下・牝 0:58.9 +0.5 --- +0.1 +0.4 C D 5.83
9R D1700 シュプリームゾーン    牡5 500万下 1:47.0 +1.8 --- +1.1 +0.7 E D 6.73

小倉1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
小倉6R 4歳上500万下・牝 注目
 2着以下はちょっと離されすぎで、狙いまでは立たない。
1着 ヒザクリゲ 
 ヒザクリゲが強いレースを見せた。7ヶ月ぶりを1度使って気配は上向き。これが初めての1000mで、600m通過34秒3という速いペースだったが、まぁ全く問題はなかった。ダッシュを効かせて2番手を取ると、直線は楽に抜け出して、3馬身半の差をつけている。ヒザクリゲは4歳馬で、これが8戦目。まだ奥がありそうで、すぐには難しいかもしれないが、1000万下でもいずれ通用してくるだろう。楽しみ。
5着 ブリッジオーヴァー 
 5着に敗れた1番人気ブリッジオーヴァーだが、オークス馬ダイワエルシエーロや中京記念を勝った買ったグレーターロンドンの半弟。水沢で3連勝した後は、休み休みしか使えなかったが、今回は久々の中4週。人気になるのはわかる。しかし、どうも常識にかかって来ない。ダートの短距離ではもう一つが続いている。そろそろ芝とか1600m以上のダートでの走りが見たいところ。
小倉7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
小倉9R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
小倉10R 小倉城特別 タイムE
 タイムランクEだったが、前回馬券summaryで挙げたサンライズサーカスが7番人気で3着に入ったので、取り上げておきたい。馬券summaryで取り上げたのは、前走が2018年4回中京3日目から6日目、2019年1回中京5日目から6日目の中京で、先行した馬が小倉に出てきたら狙おうという、ちょっと長いモノだった。先週は特別登録していた4頭を取り上げた。繰り返すが、先週の小倉芝は必ずしも前が有利ではなかった。実際に土曜12Rの巌流島特別に出走してきた、このパターンに該当する3頭は前に行ったものの、ハイペースに巻き込まれて全て惨敗している。しかし、この小倉城特別はタイムランクEが示すように、レベルが低くてペースも平均よりやや遅いぐらいで、ちょうど良い前残りパターンだった。
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
3着 サンライズサーカス 
 サンライズサーカスは大外から出して行って2番手を取り、直線一旦は先頭に立つ、積極的な競馬でクビ・クビ差の惜しい3着だった。1・2着が1番人気・4番人気だっただけに、馬券summaryを覚えていた方なら、少なくともこの3連複45.3倍は取れたのではないだろうか。前回の馬券summaryが必ずしも全てに当てはまる訳ではない。しかし、先行馬が少ないハイペースにならないなどの条件に当てはまれば、狙って行けるのではないだろうか。
小倉11R 関門橋S タイムSL
 スローペースでタイムランクはSL。馬群が凝縮して、団子の展開となり、4コーナーではちょっと非常に珍しい4頭×4列みたいな体勢になった。ゴールでもほとんど差のないままゴールした。1着から12着までが0秒5差で、着順はたまたまこうなっただけのような印象。そう言うと怒られるかもしれないが、このレースはノーカウントで、このレースで上位になったことで人気になる馬は、出来るだけ今後買いたくないと思う。
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
5着 バティスティーニ 
 ただし、1頭だけ狙いたいのが5着バティスティーニ。1番枠で3列目のイン。直線は全く前が開かず、追い出せたのは最後の100mだけだった。体重12キロ減は前走で12キロ増だった分が、絞れたモノ。徐々に復調しているように感じる。順調に使えるなら次走は面白いのではないだろうか。

  馬券Summary
最終週の東京ダート1600mは距離短縮組に注目!
 G1フェブラリーステークスが行われますので、改めて1回東京最終週のダート1600mの傾向について調べてみた。
最終週の東京ダート1600mは距離短縮組に注目!
 これが表だが、1回東京最終週ダート1600m過去5年の成績。これで見ると同距離もまぁなかなか良いが、やっぱり距離短縮組が素晴らしい。圧倒的に前走から距離を短縮した馬が有利。フェブラリーステークスも最近は根岸ステークス組も良いが、過去10年で見ると1800m以上のレースをステップにした馬の方が、成績が良い。まぁ回収率で行くと、距離短縮組が圧倒していまして、特に単勝なんか298%ですから、ぜひ狙ってみてはいかがでしょうか。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-