2019年3回福島1日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス1秒2だった。
 2回福島からおよそ3ヶ月開催がなくて、芝は速い時計の出るコンディションだった。1年前もマイナス1秒5でスタートしているので、秋の開催初日としては同程度の高速馬場だったと言える。ただ、日曜はマイナス1秒台とは言え、土曜と比べれば時計は掛かっていた。あと連対馬の脚質については、中団・後方の差し・追い込み馬が優勢だった。外を回って伸びて来る馬も目についた。小回りコースの開幕週と言っても、前の馬が有利だった訳ではなかった。なお、3回福島は3週の開催で、今週までAコース、最終週だけはBコースが使用される。
 先週の馬場差17000m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒5だった。
 土日ともプラスの馬場差だった。2回開催は全てマイナスの馬場差だったが、良馬場の日が1度もなかった。それに対して先週は含水率を見ても、乾いたコンディションでやや時計が掛かっていた。乾いた良馬場ならこのレベルで推移していくと見ている。連対馬については、好位勢が優勢だった。


  タイム分析
 2019/11/02 (土)  芝=-1.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 フィールフォーユー 牝2 未勝利 1:08.9 -1.2 --- -0.3 -0.9 B D 10.42
7R T1200 アテンフラワー 牝4 1勝クラス 1:08.5 -0.7 --- +0.2 -0.9 C C 8.44
10R T2600 リードザフィールド 牡5 磐梯山特(1勝) 2:39.0 -1.7 --- +0.3 -2.0 C C 7.09
11R T1200 スギノヴォルケーノ 牡3 河北新H(2勝) 1:08.3 -0.5 --- +0.4 -0.9 D C 8.75
12R T1800 カフジジュピター 牡3 二本松特(1勝) 1:47.3 -0.6 --- +0.8 -1.4 D C 7.10
 2019/11/02 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1150 ロマネスク 牝2 未勝利・牝 1:10.5 +0.9 --- +0.6 +0.3 D D 6.78
3R D1700 ファステンバーグ 牝4 1勝クラス・牝 1:47.5 +1.5 --- +1.1 +0.4 E D 7.22
6R D1700 パレニア 牝3 1勝クラス・若 1:46.5 +0.5 --- +0.1 +0.4 C D 7.44
8R D1700 プエルタデルソル 牡5 1勝クラス 1:47.0 +1.0 --- +0.6 +0.4 D D 8.44
9R D1150 モズベイビー 牡3 1勝クラス 1:08.7 +0.2 --- -0.1 +0.3 C D 9.40

福島2R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 フィールフォーユー 
 フィールフォーユーが前走の9着から一変。4月の2回福島以来、芝で最初に行われたレース。当然馬場のコンディションは良くて、前に行ってインコースを立ち回った馬が有利だった。1番枠から逃げたフィールフォーユーがその典型。位置取り・コース取りが結果に大きく影響を及ぼしたという事になる。
2着 ゴールデンエポック 
 ただ、今回で5走目となるゴールデンエポックは、コースや距離を問わず、全て4着以内に入っていますし、前回・今回と芝1200mで3着・2着ですから、堅実に上位に入っている事は確かなので、引き続き芝1200m出走なら圏内。
福島3R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
福島9R 3歳以上1勝クラス 注目
 先週の福島ダートで完全タイム差がマイナスだったのはこのレースだけだった。レースはモズベイビーが主導権を握って、サンタアズライトその外サイドストリートが上がって直線へ向いて、モズベイビーが並ばせずに逃げ切った。その後サイドストリート・ブランオラージュと続いた。
1着 モズベイビー 
 モズベイビーは4走ぶりにダートに出走して来たが、先手を取ってそのまま危なげなく快勝だった。芝で2桁着順が続いていたが、ダートの短距離ではスピード上位だった。
2着 サイドストリート 
 2着サイドストリートも前走7着から変わり身を示した。距離短縮がその要因。振り返れば初勝利が昨年の4月、この福島ダート1150mだった馬。これまでに挙げた2勝がいずれも福島ダートの1150mという事からも、この条件に対する適性は高い。
福島12R 二本松特別 注目
 勝ったカフジジュピターについて。
1着 カフジジュピター 
 1年前に5回京都の新馬戦でAランクの勝ちタイムをマークしていた馬で、当時レースセンスが良いと強調した。ただ、その後馬券圏内に入る事ができなかったが、休み明け2走目の今回は距離を延ばして中距離戦に出走して、鮮やかに差し切った。緩みのないペースで進んで末脚を活かせる流れになった事は確かだが、シャンデフレーズが後続を離して逃げていますし、2番手以下はさほどキツい流れではなかったはず。つまり、前崩れに乗じただけの差し切りではなく、調子が戻って来たと判断したい。昇級しても注意が必要。

  馬券Summary
馬場傾向を読む
 これは我々の仕事でもあるんですよね。実はそうではなくて、先週の東京は24鞍あって、逃げ馬が7勝2着3回と幅を利かせていた。特にダートは前残りの傾向が堅調だった。その傾向をいち早く把握して、レースに活かしたのが目下リーディングジョッキー部門でトップに立つ、あのC.ルメール騎手。先週は土日とも東京で騎乗して、9勝を挙げたが、土曜の5勝は前めにつけて抜け出すレースが多かったのに対して、日曜は4勝中3勝が逃げの作戦。強い馬に乗って躊躇なくハナを奪ってそのまま押し切るパターンが目立った。馬場傾向をいち早く理解して、それをレースで即座に表現できるのは一流騎手には必要な要素だと思う。
ですから、人気馬を何のためらいもなくハナに行かせられるのは、やはり常に人気馬に乗ってるからだと思う。それから来る余裕がレースにも現れていましたし、そして他にも横山典弘騎手が9鞍の騎乗だったが、何と3勝をマークしているという所で、逃げて勝ったミッキーバードだけではなくて、先ほど紹介したアルゼンチン共和国杯、ムイトオブリガードを前めにつけて、勝たせたという状況なので、それはもう流石と言える内容だった。今週もこういった頭脳派のジョッキーの騎乗ぶりを注目したいと思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-