2019年4回京都5日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、日曜がプラス0秒7からプラス0秒3への変動、月曜がプラス0秒4だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、開幕週はマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだったが、2週目は雨の影響で1週目とは一転して時計が掛かった。
 京都開催は予定通り土曜から月曜の3日間開催で行われたが、それでも台風19号による雨の影響を受けて、特に雨が降る中行われた土曜は終日不良馬場だった。強風の影響も受けてかなり時計の掛かるコンディションになった。まぁタイムでレースのレベルを評価するべきではない状況という事で設定不能とした。日曜プラスの数値とは言え、土曜と比べれば馬場は乾いて、さらに1日の中でも後になるほど馬場は乾いて、馬場差は水準の方向に近づいた。ただ、月曜朝、再び雨が降って日曜終盤と大きな違いは無いものの、若干時計は掛かるレベルになった。連対馬の脚質を見ると、3日間を通じて中団・後方勢が土曜より日曜・月曜で多くなって、逃げ・先行勢は土曜・日曜より月曜の方が少なくなった。馬場の消耗度と関連があったと思われる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒8からマイナス0秒9への変動、月曜がマイナス0秒9への変動だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、水準に近い開幕週と比べ2週目は雨の影響で時計が出やすくなった。
 土曜は朝の時点で既に水が浮いた状態の不良馬場。終日雨が降り続いて、そのコンディションは変わらず。馬場差は一定で、マイナス1秒4。日曜は土曜のような水が浮く馬場ではなく、脚抜きの良いコンデションで午前は土曜よりも時計の出やすい高速馬場。後半は乾いて行ったが、それでも12R時でマイナス0秒9と時計の出やすいレベルだった。そして月曜は再び朝に雨が降った事で、馬場馬は乾かず。日曜終盤と同じレベルだった。上位馬の脚質を見ると、終日水が浮くコンディションだった土曜の勝ち馬は、ほとんど逃げ・先行勢だった。日曜は大きな偏りがなく、月曜は差し・追い込みがやや優勢となっている。これはまぁ馬場コンディションの変化とともに変わって来たと思われる。


  タイム分析
 2019/10/14 (月)  芝=+0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1800 コルテジア 牡2 未勝利 1:49.3 +0.5 -0.6 -0.5 +0.4 B D 6.60
5R T1400 レシステンシア 牝2 新馬・牝 1:22.9 +0.1 --- -0.2 +0.3 C C 6.94
9R T2200 バイマイサイド 牡4 鳴滝特別(2勝) 2:14.9 +1.8 -0.8 +0.6 +0.4 D C 4.33
10R T2000 アルメリアブルーム 牝5 大原SH(3勝) 2:01.4 +2.3 -0.4 +1.5 +0.4 E C 6.00
11R T1200 アウィルアウェイ 牝3 オパーH(L) 1:09.2 +1.2 --- +1.0 +0.2 E D 7.82
 2019/10/14 (月)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ハクアイウィンザー 牡2 未勝利 1:54.4 -0.1 --- +0.8 -0.9 D D 8.30
3R D1200 ヴィンチェーレ 牝2 新馬 1:12.8 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D 7.77
6R D1900 シャンパンクーペ 牡3 1勝クラス 1:58.8 -0.6 --- +0.4 -1.0 D D 4.20
7R D1400 セラピア 牝3 1勝クラス・牝 1:24.0 -0.5 --- +0.2 -0.7 C C 5.00
8R D1800 スマートフルーレ 牝3 1勝クラス 1:53.4 +0.8 --- +1.7 -0.9 E D 4.25
12R D1800 ワンダーウマス 牡5 2勝クラス 1:51.1 -0.7 --- +0.2 -0.9 C D 7.25

京都2R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 コルテジア 
 デビュー3走目のコルテジアが200mずつ距離を伸ばし、1800mで初勝利を挙げた。0秒6のペース補正が入って、タイムランクはB。上がり600m推定最速が3着サンデーミラージュの34秒9ですから、これに対して勝ったシンボリクリスエス産駒のコルテジアは、逃げて35秒1。最速に近いレベルで上がりをまとめた訳ですから、これは完勝と言える内容。
2着 ウインマイティー 
 2着のウインマイティーは馬込みの中で折り合って、レース運びとしてはパーフェクトに近かったが、逃げ切った勝ち馬に突き放されてしまった。相手が強かったという事で、次走も有力。
3着 サンデーミラージュ 
 3着のサンデーミラージュは出遅れて、道中動くに動けずで直線勝負に徹したが、一瞬だけ脚を使って止まってしまった。これは2ヶ月半近く間隔が開いた分と、馬場の影響と考えたい。
4着 ラボエーム 
 4着のラボエームは3着から6馬身差と、決定的な差をつけられ、自身のタイムランクはDになるが、2戦目で先行出来た点というのは評価したいと思う。
京都5R 2歳新馬・牝 注目
1着 レシステンシア 
 勝ったレシステンシア、あと0秒1速ければタイムランクBだった。コーナーで外へ逃げる若さを見せていたが、ダイワメジャー産駒らしいスピードの持続力があって、平均ペースの芝1400mも合っている。
2着 キーダイヤ 
 2着のキーダイヤは勝ち馬を見る形で、ソツのないレースが出来たが、最後は脚色が鈍ってしまった。それでも自身の完全タイム差はプラスマイナスゼロ。
3着 ダンツガゼール 
 3着のダンツガゼールは体勢が決してからグンと伸びて来たが、使った上がり600mは さほどでもなかった。ただ、出遅れもありましたし、若さを見せていた分もあったと思う。
4着 アラビカ 
 4着のアラビカは序盤で少し行きたがっていたが、良い意味で前向きさがありますし、使って落ち着いて走れば、追ってからの反応も変わってくるのではないかと思う。
京都7R 3歳以上1勝クラス・牝 注目
 勝ったセラピアについて
1着 セラピア 勝ち馬注目
 セラピアはフローラSで1番人気になった馬だが、有り余るスピードをコントロールできないということで、今回は距離を短縮して初めてダートに出走して来た。馬の後ろで我慢させたが、この馬にはまだまだ手ぬるいペースだろうか。昇級した方がレースはしやすいと思う。今後の方向性は短距離で定まったとしても、私見では芝の方が断然良いというような気がする。もちろん昇級してダートでも通用する。
1着 セラピア 通信簿
 ダートで控える競馬をさせるとのコメントだった。血統通りダートは問題なく、3番手のインで少し行きたがった程度。ほとんど何もしないでの完勝で、1400mへの距離短縮も正解だったかと思う。クラスが上がって全体のラップが上がれば、さらに強さが引き出される可能性もあり、次走も楽しみ。
京都8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
京都10R 大原S タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
京都11R オパールS タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
新潟直線1000mのセオリー
 おさらいみたいな事になるが、新潟直線芝1000mで最も大きな特徴は、枠順がウェイトを占めるという事であり、外枠有利・内枠不利というのは、施工されるようになった当初に、すぐに明らかになった。その後、当番組の解説者が指摘して来たように、負担重量の差も重要なファクターであるという事で、つまり負担重量の軽い馬が有利で、重い馬が不利であるという点は大きくクローズアップされて来た。1キロを秒差に換算すると、0秒2と言われているので、5キロ差は1秒差。ですから、短距離戦における1秒差というのは、大きな差ですから、直線競馬で5キロ軽くなると、これは大きなアドバンテージになる訳です。
新潟直線1000mのセオリー
 これは2010年以降、今年2回開催までの直線1000mで古馬の高額条件、具体的には3勝クラスから上の負担重量別成績。やはり58キロ以上は苦戦している。ただ、同時に興味深い点は高額条件では、51キロ以下の勝率が低いこと。特にハンデ戦では馬の能力差と騎手の技量差が反映された結果と考えるんですけれども、軽量が必ずしも有利にはなっていない。下級条件では、負担重量の軽い減量騎手が乗る馬、それから牝馬が有利だが、高額条件では必ずしもそうではなくて、まぁ勝率の高さという点ではピンポイントは53キロの模様。
一方57キロから57.5キロで勝ったのべ6頭についてだが、4歳時に2勝したネロを除く4頭は、6歳セン馬・5歳牡馬・7歳牡馬・6歳牡馬だが、勝ちタイムはそれぞれ56秒5、54秒9、56秒4、56秒1。ですから、基本的にはタイムが遅いという事が条件になっている模様。まぁ高齢になればなるほど、直線競馬で持ちタイムを短縮する事というのは、難しくなる。直線競馬というのは、負担重量の軽い馬を狙うというのは定石だが、高額条件では別のアプローチの仕方も必要だと、そういう風に思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-