2019年5回阪神3日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週と比べると先週は水準方向に動いたが、それでもマイナス1秒台後半だった。
 月曜日に雨が降り、水曜日にもごく微量の降雨があったが、週末の馬場に大きな影響はなかった。ただし、1週経過して芝が傷んだ分、時計が掛かるようになったという事。なお、日曜日の後半に小雨が降ったが、時計の出方に影響はなかった。先週も1週目ほどではないが、前残り傾向だった。ただ、ペース補正が入らないレースでは差し馬も来ていて、前残りが多いのはスローペースが多い影響もある。今週もう1週Aコースが使用され、後半の3日間はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、マイナスの数値ではあるが水準に近いレベルで推移している。
 月曜日に雨が降って、水曜日にもごく微量の降雨があった。1週目の含水率が極めて低かったので、この程度の雨でも影響はあり、1週目よりは速い時計が出るようになったが、それでも近年の阪神ダートとしては時計が掛かっている方だった。なお、日曜日の後半に小雨が降ったが、時計の出方に影響はなかった。


  タイム分析
 2019/12/07 (土)  芝=-1.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 ショウナンラペット 牝2 未勝利・牝 1:35.3 -0.4 -0.2 +0.8 -1.4 D C 8.00
5R T1400 マテンロウディーバ 牝2 新馬・牝 1:22.3 -0.9 --- +0.4 -1.3 D C 10.07
7R T1800 エレヴァテッツァ 牝2 未勝利 1:48.8 +0.4 -1.0 +1.0 -1.6 SL C 7.27
9R T2000 ヒュッゲ 牡2 エリカ賞(1勝) 2:00.6 -0.9 -0.7 +0.2 -1.8 C C 6.09
10R T2200 メイショウタカトラ 牡5 境港特H(2勝) 2:12.9 -0.4 -0.7 +0.9 -2.0 SL D 7.27
11R T1600 ストロングタイタン 牡6 リゲルS(L) 1:33.3 +0.3 --- +1.7 -1.4 E D 7.69
 2019/12/07 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 アナザーエンド 牡2 未勝利 1:13.2 -0.1 --- +0.1 -0.2 C C 6.00
2R D1800 ミヤジコクオウ 牡2 未勝利 1:56.3 +1.4 --- +1.7 -0.3 E D 7.30
3R D1400 マジックスピーチ 牡2 未勝利 1:25.8 -0.4 --- -0.2 -0.2 C D 6.18
6R D1800 エイシンアメンラー 牡2 新馬 1:55.8 +0.6 --- +0.9 -0.3 E C 9.06
8R D2000 タイサイ 牡3 2勝クラス 2:06.6 +1.0 --- +1.3 -0.3 E D 9.50
12R D1400 ドウドウキリシマ 牡3 1勝クラス 1:25.1 +0.2 --- +0.4 -0.2 D D 9.17

阪神2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
1着 ミヤジコクオウ 通信簿
 1番人気1着だった。このレース、Eランクでタイムは遅いが、まぁ終始手応えが良く追い出しを待つ余裕もあった。力通りの完勝で、まだ余力もあった。エスポワールシチーの半弟で、まだまだ伸びしろもあると思う。
阪神3R 2歳未勝利 注目
 4着だったサンビーストについて。
4着 サンビースト 
 スタートしてまぁ3完歩ぐらい行ったところですかね、そこで躓いてしまって、それを立て直してちょっと気合いを入れた動作に反応してしまったのか、この後抑えが効かなくなって、力んだ走りのままハイペースを追い掛けてしまった。この後直線だけのレースを見ていると、追い出しを遅らせた挙げ句に伸びを欠いているように見えるが、まぁ前半にエネルギーを使ったので、追い出しを待ったものの、やはりもうエネルギーがあまり残っていませんでしたことですね。まぁソレを抜きにしてもハイペースを追いかけながら粘っているという内容なので、スムーズなレースができればアッサリ巻き返せると思う。
阪神6R 2歳新馬 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 ただ、この勝ちタイムで7馬身千切れた2着以下は大きな上積みがないと次走は厳しいと思う。
1着 エイシンアメンラー 
 あと0秒1速ければDランクであり、なおかつ勝ったエイシンアメンラーは悠々と逃げ切っていて、余力は十分。太め残りでもあったので、上積みも見込める。という事で、昇級してすぐに通用するとは言わないが、あまり評価を下げない方が良いと思う。
阪神7R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。2着だったディヴィナシオンについて。
2着 ディヴィナシオン 
 1400mのデビュー戦も少し上を向いて走っていたが、1800mしかも超スローペースになった今回はスタートから3コーナー辺りまでまともに引っかかって、一時は馬が口を割ってジョッキーがジェットスキーに乗っているような姿勢になっていた。この後直線では最内をロスなく伸びて来ているとは言え、前半に派手に折り合いを欠きながら2着ですから、能力は高い。デビューから2戦連続で2着なので、次走はもう間違いなく人気になりそうで、断然の1番人気になったりすると不安な気性だが、距離短縮でペースが速くなれば今回よりは制御は楽になるはず。なので、次走が1600m以下なら信頼度は高いと判断したい。
阪神8R 3歳以上2勝クラス タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神10R 境港特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
8着 ショウリュウイクゾ 解説危険
 そもそも何故昇級戦のここで1番人気なのかは私にはわからなかったが、恐らく一応オープンのすみれSで3着があるからだろう。で、その今年のすみれSはどうだったかと言うと、そのレースを楽勝した上に、その後の成長も著しかった勝ち馬のサトノルークスを除けば、その後はあまり活躍していない面々だった。で、ショウリュウイクゾ自身も1勝クラスで何度も人気を裏切っていた。今回に関しては、スローで差し馬には不利ではあったが、2勝クラスで人気になるレベルにはまだ達していないと思う。で、1勝クラスでも凡走後でもあまり人気は下がらなかったので、次走もそこそこ上位人気になると思うが、まだ危ないと思う。
阪神11R リゲルS タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
3歳馬にとっての3勝クラス
 5年前、2014年の8月にアズマシャトルが札幌芝2000mの1600万下を勝った時に、8月までに芝1600m以上の1600万下を勝てる3歳馬は重賞級だし、もう大半ほとんどG1級、そういう馬が多いという話をしたが、覚えていらっしゃいますか?このアズマシャトルだが、翌年になったが小倉記念を勝った。その後、こういう8月まで1600万を勝った3歳馬は2015年のリアファルは神戸新聞杯を勝って菊花賞3着。そして2018年のグローリーヴェイズも、その後重賞を勝って、さらに先日香港ヴァーズでG1タイトルも手にした。今年の8月に3歳馬のロードマイウェイが芝1600mの3勝クラスを勝ったが、この事に触れなかった。そこ理由は降級制度が廃止されたため、3勝クラスが旧1600万下よりもレベルダウンし、以前より3歳馬が勝ちやすくなっていて、という事は早期に3勝クラスを勝てても重賞級とは言えないのではないかと、そう思ったから。
3歳馬にとっての3勝クラス
 まぁサンプルも増えて来ましたので、実際に今年の3勝クラスにおける3歳馬の成績がどうなっているのかを調べたところ、何と昨年より悪化していた。早いうちに2勝クラスを勝つ3歳馬が激増したので、出走数は多く、その母数・分母が増えたことで勝率や連対率が下がるのは仕方ないとしても、1着も2着も数が減っている。つまり、今のところ降級制度が廃止されても、3勝クラスは3歳馬にとって1つの壁のままだということの模様。そしてこの3勝クラスを勝った3歳馬の次走、すなわち昇級戦のオープンでの成績だが、こちらは昨年の3歳つまり現4歳世代よりもかなり良くなっている。こちらに関しては、まだサンプルが少ないので微妙なところはあるが、今のところ3歳馬は3勝クラスで壁に当たりやすいが、そこを突破してしまえば、すぐにオープンで通用するという傾向になっている。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-