2019年5回京都5日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス0秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、この開催初日はマイナス1秒0でスタートし、徐々に水準方向に動き、最終日はプラスゾーンになった。
 京都については、開催を通じて良馬場で行われた。この開催初日はBコースに変わって最初の開催日でもあって、マイナス1秒0と速い時計の出るコンディションに戻った。ただ、開催が進むにつれて時計が掛かって行って、最終日だけはプラスゾーンになるという、非常にわかりやすい推移だった。あと、脚質的には基本中団からの差し馬が有利だった点は先々週と同じだったが、その一方で逃げ馬も5連対している。その5連対の内4連対はペース補正を施したレースだった。要は、ペースが遅くなると逃げ馬が残るという傾向だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒5だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒9からマイナス0秒5の間で推移し、大きな動きはなかった。
 3週目とほぼ同じで土曜はマイナス0秒7だった。日曜は土曜よりも少し時計が掛かってマイナス 0秒5になった。それでも大きな動きではなく、速めの時計が出るレベルだった。脚質的には先々週と同様、目立った傾向がなかった。先行・差し問わず、まんべんなく連対していた印象。


  タイム分析
 2019/11/23 (土)  芝=-0.1  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1400 グリンデルヴァルト 牝2 未勝利・牝 1:23.2 +0.6 --- +0.7 -0.1 D C 8.94
3R T1800 チェスナットドレス 牝2 未勝利 1:48.6 -0.2 -0.3 -0.4 -0.1 B B 6.23
5R T1400 ファーストフォリオ 牝2 新馬 1:22.7 -0.1 --- ±0 -0.1 C C 8.78
7R T2000 ダノンバリアント 牡3 1勝クラス 2:01.6 +1.0 --- +1.1 -0.1 E D 6.57
9R T2400 モズベッロ 牡3 高雄特H(2勝) 2:26.4 +0.3 --- +0.4 -0.1 C C 6.38
11R T2000 マイラプソディ 牡2 京都2歳G3 2:01.5 +0.7 --- +0.8 -0.1 D C 5.78
12R T1600 クリアザトラック 牡5 2勝クラス 1:35.4 +1.5 -0.5 +1.1 -0.1 SL D 9.18
 2019/11/23 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 レディオマジック 牡2 未勝利 1:12.2 -0.8 --- -0.3 -0.5 B D 9.93
4R D1800 サトノラファール 牡2 新馬 1:54.1 -0.7 --- ±0 -0.7 C C 8.58
6R D1800 モズエロイコ 牡3 1勝クラス 1:52.3 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D 7.43
8R D1400 スマートアルタイル 牡4 2勝クラス 1:23.8 ±0 --- +0.5 -0.5 D D 8.53
10R D1800 テーオーフォース 牡4 花園SH(3勝) 1:51.1 +0.1 --- +0.8 -0.7 D D 6.50

京都1R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。レディオマジックがダート1200mに転じて2走目で勝ち上がった。タイムランク的にはギリギリのB。2着馬を7馬身千切った勝ち馬のみがBランクの対象。
 3着以下は上位2頭から離されすぎた。次走以降もよほど恵まれない限り、厳しいと思う。
1着 レディオマジック 
 勝ったレディオマジックは逃げる形で圧勝だった。前走は2番手からの競馬を試みて、タイムランクCのレースで2着だった。そして今回は時計を詰めて来た。どうやらハナに立った方が良さそうで、昇級しても逃げられる組み合わせなら勝負になる。
2着 サンライト 
 そして2着サンライトは初めてのダート戦だったが、そつなく対応してよく粘った。3着馬には4馬身の差をつけていますし、あと次走砂をかぶった際にどうなるかの不安はあるが、力だけなら通用する。
京都2R 2歳未勝利・牝 
4着 グレースオブナイル 通信簿
 5番人気4着だった。ちょっと悔しかった。若干捌けなかった感じ。まともなら3着あった可能性はあると思いますし、この馬かみ合えばやれると思うので、引き続き馬券的には狙ってみたいと思う。
京都3R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。チェスナットドレスはレース毎に着差を詰め、4走目で勝ち上がった。前走着順の良い馬が多くて、メンバーランクもBだった。注目していたレースだったが、実際勝ち時計も速かった。
1着 チェスナットドレス 
 勝ったチェスナットドレスは2・3番手で脚を溜めて、最後の直線に向くと逃げ馬を交わして後続も突き放した。前走はタイムランクCのレースで、0秒1差の3着で、今回はBランクの時計を記録した事に加えて、強いメンバー相手に勝ち切った点は評価できる。レースぶりも安定してきたので、昇級しても大きく崩れる事は無い。
2着 ファルコニア 番組注目馬
 そして2馬身半差の2着が1番人気ファルコニアだった。2着のファルコニアは馬也のままでハナに立って、その後も折り合っているように見えた。結局勝ち馬には交わされたが、3着馬には4馬身もの差をつけましたし、初勝利は近い。
3着 ウェイトゥザトップ 
 3着ウェイトゥザトップはデビュー戦同様ファルコニアには突き放された。堅実だが、もう少し決め手が欲しいと思う。
8着 シュルシャガナ 
 3番人気のシュルシャガナはデビュー戦の内容が良かったので注目していたが、今回は8着に敗れた。引っかかっていましたし、ゴールドシップ産駒ですから、多少気難しい面があるのかもしれない。
京都7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都8R 3歳以上2勝クラス 注目
 ラップ以上に先行争いが激しくて差し馬向きの流れになったレース。スムーズに捌けなかった馬もいた。
1着 スマートアルタイル 
 勝ったスマートアルタイルは後方で末脚を温存して、3・4コーナー中間から無理することなくポジション上げて、直線向くと一気に抜け出した。確かに展開はハマったが、勝ちっぷりは鮮やかだった。このように作戦が決まっているタイプは、昇級しても展開がかみ合えば上位に来る事はまぁまぁありますから、次走も注意が必要。
2着 ソリストサンダー 
 2着ソリストサンダーは勝負所で動くに動けないポジションに入ってしまって、逆の見方をすればそこで足が溜まった印象もある。いずれにしろ、まともなら勝ち馬との差は詰まっていた可能性は高く、次走も警戒が必要。
3着 タガノプレトリア 
 3着タガノプレトリアは後のコーナーで詳しく紹介したいと思う。
3着 タガノプレトリア 解説推奨
 レースの前半600mは34秒7なので、これだけを見るとさほど速くないように感じるが、序盤から先行馬が競り合う形になって、ラップ以上に先行馬には厳しい展開になった。そんな中、好位のインを追走して少し追い出しを待たされる感じになりながらも、一瞬は先頭に立つ場面を作った。その後もラストまでしぶとく脚を使った。先行馬が総崩れになって、最後方にいたスマートアルタイルが一気に突き抜ける競馬でしたから、他も差し馬ばかりが上位を占める中、好位追走のこの馬は最も強い競馬をしている。これでまぁ2着・3着なので、次走も人気になるとは思うが、軸馬としての信頼度は高いと見て、この馬を注目馬に選んだ。
4着 グトルフォス 
 そして4着グトルフォスは勝負所で脚を使った分、伸び切れなかった。それでも現級には目処の立つ内容だった。
5着 シアワセデス 
 そして5着シアワセデスもソリストサンダーと同様、裁きに手間取った。展開がかみ合えば通用する力はある。
京都11R 京都2歳S 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。ロールオブサンダーが逃げて4コーナーに差し掛かる。2歳の中距離重賞にしては、そこそこ流れる競馬で、最後はバテ比べの持久力戦みたいな形になった。ですから、内容的には割とタフな馬に有利な競馬にはなったと思う。この辺り、結構マイラプソディが加速がついて伸びて来て、ミヤマザクラもしぶとく粘るが、結果的にはミヤマザクラが失速するような形になって、マイラプソディが力ずくでねじ伏せる結果になった。
1着 マイラプソディ 
 マイラプソディが外から抜け出し、これで無傷の3連勝。何かこう勝負所での反応が悪くて、あれあれ?という感じのところから加速がついて伸びて来た。確かに強いのは強かったが、ずっと頭数が少ないところで戦ってきてるので、多頭数になったりとかした時に、ちょっと不安がありますから、次走上位候補という意味ではあえて今回で選ばなかった。
2着 ミヤマザクラ 
 そして2着はメンバー中唯一の牝馬ミヤマザクラ、3着がロールオブサンダーで人気馬が上位を占めた。ミヤマザクラは牝馬ですから、これ粘っていますし、よく頑張っていると思う。ただ、勝った馬が強かっただけで、この馬もっと距離があっても良いかなと言う気はした。
2着 ミヤマザクラ 通信簿
 2番人気2着だった。実質2頭立てのような組み合わせで、完敗の2着だから私が不甲斐ないが、最低限の結果ではある。
3着 ロールオブサンダー 
 そして2着はメンバー中唯一の牝馬ミヤマザクラ、3着がロールオブサンダーで人気馬が上位を占めた。あと3着ロールオブサンダーはそこそこのペースで前に行って、本当によく粘っている。しぶとく脚を支えるタイプですし、こちらも長めの距離の持久力戦が合っているタイプだと思う。
6着 ヒシタイザン 
 6着ヒシタイザン、左に張る感じで何かコーナーコーナーでのロスが結構大きかった感じ。その辺りが解消して来ないと厳しいかなという印象を持った。
9着 ヴァルナ 
 そして9着ヴァルナ、これはやっぱり距離が長かったのだろう。前回1400mで今回いきなり2000mで、道中引っかかっていましたし、折り合いつけるには短距離の方が合っているような気がした。
京都12R 3歳以上2勝クラス  タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。

  馬券Summary
夏から秋の2歳戦を振り返る
 ジャパンカップが終わって、今週からは年末開催。5回中山・5回阪神では2歳G1が行われますし、ここまでの2歳戦で目立ったレース・馬、また今後注目したい馬を挙げておきたい。牝馬牡馬からそれぞれ強調したいレース・馬を挙げていく事にする。

牝馬
 まず強調したいレースを2鞍取り上げておく。8/25 2回新潟10日目のG3新潟2歳S。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはDでメンバーランクはCだったが、タイムについてはペース補正が0秒8入ってるようにSLランクでは無かったとは言え、ペースが緩かった事も影響した。勝ったのはウーマンズハート、レースは中盤のラップが遅くて、時計は平凡だが、もうここら辺りの上がりはかなり速いラップで進んでいる。これ見てわかる通りに、内に内にちょっと刺さって行く。それでも構わずグイグイグイグイ伸びてくるような形で、ハーツクライ産駒だが、ハーツクライ産駒はどちらかというと奥手のイメージがあったが、この馬早期から活躍していますし、切れ味も相当ですから、かなり出世見込める馬だと思う。

 2レース目は10/26、4回東京8日目の牝馬限定のG3、アルテミスS。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 ペース補正が0秒6入って、タイムランクはCだった。結構やっぱりペース補正が入ってるぐらいですから、ペース自体はかなり遅かった。ですから、まぁこういう競馬になるとどちらかと言うと、内を立ち回った馬が有利なのだろうが、この馬はもう外々を問題なく走って、ここからの加速もやっぱり速い。抜け出してから最後ジョッキーが手綱を抑える余裕もあった。道中、折り合いを欠いてとかして、まだまだ口向きの悪いところはあるが、力づくでねじ伏せる内容。ウーマンズハートもリアアメリアも、現段階ではただ2頭とも走るのが速いというだけの感じはするが、これで競馬をいろいろ覚えて来れば、もっともっと出世してくる馬になると思う。

 ここまではレースのレベルが高いと判断した2鞍を紹介したが、ここからは秋開催の新馬戦を勝って、今後の活躍が期待できる牝馬を2頭紹介したい。

 まず10/27の4回東京9日目4R芝1400mで行われた、牝馬限定の2歳新馬戦を勝ったアカノニジュウイチという馬。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはCだった。ラストの400mは実は11秒0-11秒1で駆けている。ですから、確かにペースは遅かったが、まとめて差し切った内容はほんと凄い。この辺りも追い出しギリギリまで我慢している。ジョッキーもハミを掛け替えるような形で、ちょっと動かすような形で一気に伸びて来た。見てわかる通り、フットワークが非常にダイナミック。力強さもあって、伸びもあってという内容なので、距離が伸びても対応できると思う。次走はもう少し先になりそうな感じだが、成長力も含めて楽しみな1頭。

 もう1頭の牝馬は11/3 5回東京2日目の5R、芝2000mの2歳新馬戦を勝ったスカイグルーヴ。ペース補正が0秒9入ってタイムランクはCだった。これはまぁ、以前私が紹介したが、ほんと無理せずハナに立って、このまま5馬身差つける。全く最後まで追う所も無かった。レースのラスト600mは11秒8-11秒2-11秒1。これもフットワークは只者ではない。一歩一歩のこの前に進むスピードが他の馬とは違う感じなので、こちらもしばらくレース間隔を空けて、恐らく年明け以降に出てくると思う。もうキャリアが浅くてもすごい競馬ぶりはスムーズですし、楽しみな1頭。

牡馬
 まず10/5 4回東京初日G3サウジアラビアロイヤルカップ。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはAでメンバーランクはCだった。前半の800mが47秒2で後半が45秒5で、分かりやすくスローペースだった。でもAランクになったというのは、上がりの速さでタイム全体を押し上げてるという事になる。ここからもう1回交わされそうになるが、差し返して、勝ち切る。この内容はすごく強かったと思う。マイルがベストだとは思うが、距離的にも融通利きますし、調教の感じから右回りも大丈夫そう。朝日杯にムーア騎手でチャレンジするという事なので、2着クラヴァシュドールも阪神ジュベナイルフィリーズに登録していて、ジュベナイルフィリーズの走りで今度サリオスの評価もまた変わってくるという感じがする。

 やはり先週11/16 5回東京5日目11RG3の東京スポーツ杯2歳ステークス、これは取り上げておかないといけない。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはA・メンバーランクはCだった。これはもう文句の言いようがない。見たとおり強い。ほんともう折り合いがついて、追ってからの反応も早いですし、その反応早くて行き脚ついた脚を最後まで持続できるという事で、とにかく現時点では文句のつけようがない。多分、ホープフルステークス次走出てくるとは思うんが、有力馬の1頭ですし、番組注目馬にしたぐらいですから、勝つ確率は極めて高いと思う。

 牝馬と同じく、レース全体のレベルと言うよりも、個々の馬として注目した2頭を挙げておきたいと思う。

 まず11/9 5回京都3日目11RG2のデイリー杯2歳Sで4着だったトリプルエース。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 このレースは勝ったレッドベルジュールのタイムランクがDで、そこから0秒4差の4着だった。こちらは将来性と言うよりか、単純に朝日杯の穴馬として挙げておきたい。ここらでちょっと加速つきそうな所で若干前をカットされる。そこからもう一度行き脚つくのに時間が掛かって、なかなかエンジン掛からず、このまま伸びないのかなと思ったところから、ちょろちょろっと伸びて来て、最後の伸び脚は前の馬の中でもむしろ良い方の部類。何となく阪神の外回りの1600mのタフな馬場コンディションが合いそうな印象があるので、あくまでも朝日杯の穴馬、3着以内に来てくれたら嬉しいなという事で取り上げた。

 デイリー杯2歳ステークスと同じく11/9京都から、4Rの2歳未勝利戦を勝ったシルヴェリオ。
夏から秋の2歳戦を振り返る
 タイムランクはAでメンバーランクはCだった。速いラップで運んで、そのままラストまで脚色乱れないという、近代競馬の結晶のようなレースぶりをした。それぐらい元々期待していた馬が、ようやく体に身が入って来て勝てるようになって来た。正攻法の競馬で勝ち切った点は評価できる。この馬もハーツクライ産駒なんですよね、1度こう上昇ムードに乗ると、そこから勢いついて頂点まで上り詰める可能性があるのがハーツクライ産駒なので、この馬はやはりそこに当てはまっている感じがするので、奥手は奥手だと思うが、これからの成長次第では十分クラシックでも通用すると思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-