2019年1回京都1日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 開幕週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒4だった。
 昨年11月の京都芝はBコースとCコースが使用され、最終日の馬場差はマイナス1秒0だった。今開催は7日間全てが昨年10月以来のAコースなので、前半はある程度は速い時計が出て、なおかつ内有利になるというのが例年のパターン。しかし、今年の開幕週は良馬場でも馬場差がプラスになった。土曜の朝に少量の雨は降ったことも少しは影響していると思われるが、昨年12月の気温が例年より高く、洋芝の生育状況が良かったことも影響しているんだと推測できる。皆様ご存知の通り、洋芝の丈が長ければ、時計は掛かる。そして、例年より時計が掛かっただけではなく、1回京都恒例とも言える内側がグリーンベルトになってる馬場にもなっていなかった。例年の1回京都の感覚で予想したり、馬券を買ったりしない方が良いと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。
 土曜の早朝に少量の雨が降ったが、それまでかなり乾燥が進んでいたこともあって、速い時計が出る状態にはならなかった。日曜は土曜よりは乾いて、少し時計が掛かるようになった。先週の勝ち馬14頭中9頭が4コーナー先頭だったが、京都のダートでは割と普通の現象で、先週がことさらに前残り傾向だった訳ではない。


  タイム分析
 2019/01/05 (土)  芝=+0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 シュリ    牡3 新馬 1:52.6 +3.6 -0.6 +2.6 +0.4 SL C 8.19
7R T2000 ナリタゴールド    セ7 500万下 2:02.0 +1.4 -0.4 +0.6 +0.4 D D 5.53
8R T2000 ロジャーバローズ    牡3 福寿草特500 2:02.4 +1.2 -0.3 +0.5 +0.4 D C 4.67
11R T1600 パクスアメリカーナ    牡4 京都金杯HG3 1:34.9 +2.2 --- +1.9 +0.3 E C 6.75
12R T1200 エンゲルヘン    牝5 1000万下 1:08.8 +0.1 --- -0.1 +0.2 C C 8.13
 2019/01/05 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ウォータースペース    牝3 未勝利・牝 1:54.7 +0.4 --- +0.5 -0.1 D D 4.46
2R D1800 アールジオール    牡3 未勝利 1:55.6 +1.3 -0.6 +0.8 -0.1 D D 6.71
3R D1400 シンゼンマックス    牡3 未勝利 1:25.6 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C 8.36
4R D1200 タイミングナウ    牡3 新馬 1:12.2 -1.0 --- -0.9 -0.1 A C 11.43
6R D1800 レジェンディスト    牝4 500万下・牝 1:53.6 +1.0 -0.3 +0.8 -0.1 D C 4.85
9R D1800 レッドアトゥ    牝5 1000万下 1:51.9 +0.1 --- +0.2 -0.1 C C 7.53
10R D1200 ヤマニンアンプリメ    牝5 門松S1600 1:11.2 +0.5 --- +0.6 -0.1 D C 8.18

京都4R 3歳新馬 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。タイミングナウが先手を取って、直線に入って行く。2番手にいたスクエアテーブルが並びかけようとするが、タイミングナウが突き放し、リードを広げて行く。ラストは抑えられながら4馬身差で1着。サトノギャロスが2着。そこから7馬身離れてスクエアテーブルが3着だった。
1着 タイミングナウ 勝ち馬注目
 1番人気タイミングナウが逃げ切った。タイミングナウはゲートからの追い切りで、とてつもなく速いラップを掲示していたが、昨年12月にはCWでの追い切りでカーブをまともに曲がれなかったりして、もうスピードは抜群だが、危なっかしいという評価。それが単勝2.7倍という微妙なオッズにも現れていたが、やはりスピードは抜群だった。で、追い切りと同じように4コーナーで外に行きそうな格好になっていたが、もう鞍上がひたすら慎重に安全運転。その結果、馬也で圧勝してしまった。能力はかなり高いけれども、危なっかしさもあるという扱いが難しい馬だが、とりあえず能力は500万でも明らかに上位。ただし、馬券をガツンと買ってしまうとひどい目に遭う可能性もあるかもしれない。
2着 サトノギャロス 番組注目馬
 そして2着サトノギャロスは普通の組み合わせなら、勝っているタイムで、なおかつ4番手とは言え、前と離れすぎていたこともあって、脚を余しているような内容。次走は有力。
3着 スクエアテーブル 
 そして3着スクエアテーブルは勝ち馬を追って行って失速したが、ペース自体はそれほど速くなかったので、Aランクの3着とは言え評価できないと思う。
京都5R 3歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。3着だったファナティックについて。
3着 ファナティック 
 1800mだが、これを600mずつに分けると36秒0-41秒0-35秒6で、途中でガクンとペースが遅くなってSLランクだった。そのため1着と2着は逃げた馬を2番手が勝っただけ。4着も3コーナー4番手だった馬と、完全な前残りの展開だったが、外から猛然と伸びて来た。4コーナーではもう実は、前を射程圏に入れていたが、この京都外回りの直角に曲がるような4コーナーで外に膨れて、前と離れてしまったのは痛かった。それからスタート直後に、気合をつけられながらも、なかなかダッシュががつかなかったということも含めて、全然レースがわかっていなかった感じだが、能力は高い。次走は期待できる。
3着 ファナティック 解説推奨
 スタートダッシュがつかず、4コーナーで外に膨れながらも、前残りの展開を差して来たという事はもうタイム分析で述べたが、兄や姉やあるいは姉の仔に晩成タイプが多くて、新馬勝ちは少ないけれども、2戦目に前進する馬が多い母系の出身であるという事も推奨ポイントになる。この初戦のレース内容を見れば、次は大きく前進しそうだなというのはわかる訳で、母系がどうのこうのと言うのはハッキリ言って後付けで持ってきただけだが、私の自信度を多少アップさせるために、それを調べて来た。
京都9R 4歳上1000万下 注目
 11着だったセイリスペクトについて。
11着 セイリスペクト 
 このレース、スタート直後からガンガン押して先行策を目論むが大変多く、1コーナーまでが短い京都ダート1800mで外枠から逃げるために、かなり脚を使っていましたし、単独先頭に立った時にはもう抑えが効かなくなっていた。向正面でも後ろを離して行って、1000m通過が59秒8。高速馬場ではないダート1800mでこのペースは厳しかった。さらに、直線入り口でマクって来た勝ち馬に一気に交わされるという、もう地獄のような展開だった。直線ではもう、ズルズル後退して行ったが、この展開とペースでは仕方ない。こういう徹底先行型は惨敗後に一変することは多いので、この11着だけで1000万では通用しないとは判断しない方が良いですし、楽に逃げられる組み合わせなら一変する可能性はかなりある。
京都11R 京都金杯 タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。タイムランクはE・メンバーランクはCだった。外からツーエムマイスターが先手を取って、4コーナーに差し掛かる。マイスタイルがハナにはこだわらないということで、予想通りツーエムマイスターの逃げ。緩いペースになったが、その分馬群がぎっしりと固まったままで、直線に入った。2番手アサクサゲンキが伸びを欠き、3番手マイスタイルがツーエムマイスターを交わして先頭。その後ろはごちゃごちゃとしていたが、外のパクスアメリカーナが伸びて来て、マイスタイルを競り落とした。パクスアメリカーナを追うように伸びてきたミエノサクシードが3着。
1着 パクスアメリカーナ 
 1番人気パクスアメリカーナが勝ち、重賞初制覇。パクスアメリカーナは何らかの理由で時計が掛かる方が良いので、1回京都初日には本命にはしにくいなぁと思って対抗に下げて、ほぼ単騎逃げが確定しているツーエムマイスターを狙ってしまった。通常の1回京都の初日の馬場ではなく、パクスアメリカーナ向きの力の必要な馬場になっていた。もちろん勝因はそれだけではないが、高速馬場や上がりの速いレースではでは信頼度は下がる。
2着 マイスタイル 
 そして2着がマイスタイル、3着がミエノサクシードだった。2着のマイスタイルは、2000mでも時計が掛かった方が良いタイプで、まぁ京都1600mでどうかと思ったが、パワーの必要な馬場だった事も幸いして好走した。この好走によって、この後マイル路線に向かうとは思わないが、高速馬場の1600mでは買えないと思う。
3着 ミエノサクシード 
 そして2着がマイスタイル、3着がミエノサクシードだった。3着ミエノサクシード・4着アドマイヤアルバは緩い流れをよく差し込んで来たが、これまたどちらも時計勝負は歓迎ではなく、馬場が合っていたのは確か。
4着 アドマイヤアルバ 
 3着ミエノサクシード・4着アドマイヤアルバは緩い流れをよく差し込んで来たが、これまたどちらも時計勝負は歓迎ではなく、馬場が合っていたのは確か。
7着 サラキア 
 まず2番人気で7着のサラキア、切れ味勝負の牝馬でこの馬場は合わなかったということもあるが、もう馬群が密集しているところを捌き伸びるタイプではなく、内枠が徒になった。で、この内枠の差し馬、たくさんいたが、これの敗因はだいたいサラキアと同じようなものだが、3番人気で8着のカツジはパワー優先の馬場だったニュージーランドトロフィーを勝っており、今回の馬場は不得手ではなかったはず。
8着 カツジ 
 この内枠の差し馬、たくさんいたが、これの敗因はだいたいサラキアと同じようなものだが、3番人気で8着のカツジはパワー優先の馬場だったニュージーランドトロフィーを勝っており、今回の馬場は不得手ではなかったはず。ただし、京都金杯が1600mになってから、何年経つのか、大分経っているが、前年のマイルチャンピオンシップで5着以内だった馬が直行で出走すると、勝った事がないという不思議なレース。これは知っておいた方が良い。

  馬券Summary
今さら?ヘニーヒューズ
 ヘニーヒューズ産駒の特徴や傾向、それも芝向きなのかダート向きなのかという点に触れるのも、まぁ今更感満載だが、まずは各種成績をご覧ください。
今さら?ヘニーヒューズ
 全体の成績を見れば一目瞭然でダート向き。そもそも出走回数が圧倒的にダートの方が多いので、これだけでは馬券の役に立たないが、次の新馬戦。芝でデビューする馬が多いことに注目。ヘニーヒューズ産駒のJRAでの初勝利は、外国産馬ヘニーハウンドで芝だった。JRA重賞の初勝利も、これま外国馬ヘニーハウンドで芝のファルコンステークス。そしてJRAのG1初勝利がこれまた外国産馬アジアエクスプレスの朝日杯フューチュリティステークスだった。このヘニーヒューズ自身が輸入される前の外国産馬や持ち込み馬が芝で走っていたというイメージが残っているのか、とりあえず芝でというデビューも少なくない。しかし、新馬戦に限ってもダートの方が成績は良い。ただし、芝の全体の成績と比べれば、芝の新馬戦の勝率は良い。一般論として、こういうダート向き種牡馬の産駒というのは、2歳時や3歳初期には芝でも好走することが多い。しかし、3歳の夏以降になると適正の違いが強く出るようになって、もう3歳7月以降の芝では全く買えないというレベルの成績になってしまう。じゃあ芝からダートに変わった時が狙い目かと言うと、これまた簡単ではなくて、芝からダートに変わった時に狙えると言えるのは、未勝利戦だけ。で、芝でデビューして勝てなかった馬がダートに変わったところで狙うというのが、今のところピンポイント狙いになる。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-