2019年4回京都2日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒3だった。
 先週の京都は火曜から金曜まで、大量ではないものの雨が降った。良馬場とは言え、乾ききったコンディションではなかった。それでも馬場差はマイナス1秒台。やはり速い時計の出るコンディションと見て良い。なお、連対馬の脚質には目立った偏りはなかったが、コース取りは開幕週らしく内を立ち回った馬の上位進出が目に付いた。この開催は全てAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。
 雨の影響が残って、土曜は終日稍重だった。水を含んだ馬場だったが、時計の出方としてはいくらか時計の出やすいというレベルだった。日曜は良馬場で土曜よりも乾いて、水準レベルだった。上位馬の脚質を見ると、勝ち馬は逃げ・先行が多かったが、連対馬に枠を広げると中団・追い込みも多く絡んでいた。


  タイム分析
 2019/10/06 (日)  芝=-1.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ラヴォアドゥース 牝2 未勝利 1:35.6 +0.1 -0.3 +0.8 -1.0 D B 7.44
5R T2000 ジャストナウ 牡2 新馬 2:01.2 -1.3 -0.3 -0.3 -1.3 C C 5.20
8R T1600 ルプリュフォール 牡3 1勝クラス 1:34.8 +0.3 -0.3 +1.0 -1.0 E C 6.46
9R T1800 カリボール 牡3 清滝特H(2勝) 1:47.3 +0.6 -0.7 +1.0 -1.1 SL D 8.25
11R T2400 ドレッドノータス セ6 京都大賞G2 2:23.5 -1.2 --- +0.4 -1.6 C C 9.00
12R T1200 エイティーンガール 牝3 2勝クラス 1:08.7 ±0 --- +0.8 -0.8 E D 7.92
 2019/10/06 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 フィニアル 牝2 未勝利 1:13.7 +0.7 --- +0.8 -0.1 E D 8.27
2R D1800 ダイメイコリーダ 牡2 未勝利 1:54.9 +0.4 --- +0.5 -0.1 D D 6.56
4R D1800 ダノンアレー 牡2 新馬 1:55.1 +0.3 --- +0.4 -0.1 D C 9.19
6R D1800 オーパスメーカー 牝3 1勝クラス・牝 1:53.9 +1.3 --- +1.4 -0.1 E D 7.71
7R D1400 トップウイナー 牡3 1勝クラス 1:24.3 -0.2 --- -0.1 -0.1 C D 6.91
10R D1200 デザートストーム 牡5 藤森S(3勝) 1:10.7 ±0 --- +0.1 -0.1 C D 8.15

京都1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
京都5R 2歳新馬 注目
 ペース補正が入った様に、比較的緩やかな流れでしたから、逃げ・先行馬と4コーナー最内を回った馬が上位を独占した。タイムランクはCになるが、完全タイム差はマイナス0秒3。あと0秒1速ければBランクだった。
1着 ジャストナウ 
 勝ったジャストナウは父はジャスタウェイ。調教が地味だったせいか10番人気だった。2番手の内で折り合って、先行有利の流れに乗ったとは言え、推定上がり600mはあの位置から最速。このペースで2馬身千切ったのも当然と言えるかもしれない。まぁ小回りコース向きのセンスと決め手が光った一戦だったと思う。
2着 シルバータイド 
 そして勝ち馬から2馬身差の2着が1番人気シルバータイドだった。シルバータイドは位置取りとコース取りの差はあったとは言え、ラストは突き放されている。508キロの大型馬ですから、叩いて反応も良くなってくるはず。
3着 ジューンミュゲ 
 3着のジューンミュゲは14番人気と勝ち馬より更に人気がなかった。ウッドチップコースの調教で動いていなかったが、芝の調教では動いていて、実践の芝向きだったという事ですね。ただ、ペースアップでもたついた辺り、まだ体はしっかりとしていない。
5着 サトノパシュート 
 そして3番人気サトノパシュートは5着だった。追い上げに見せ場を作ってポジションを上げたが、まだ自分から走る気になっていない。ディープインパクト産駒の高馬だが、気持ちも体もまだ良化途上と言えるだろう。
6着 ヒュッゲ 
 2番人気のヒュッゲは6着だった。ハーツクライ産駒の高馬だったが、見るべきものはなく、使った上がりも平凡だった。使いつつのタイプだと思う。
京都6R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
京都8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
京都9R 清滝特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都10R 藤森S 注目
1着 デザートストーム 勝ち馬注目
 勝ったデザートストーム、こちら今年の新潟2歳Sを勝ったウーマンズハートの半兄で、こちらは典型的なダートの短距離馬。出色の上がりで楽勝した2勝クラスに続いて、3勝クラスも推定上がり600m最速で連勝した。この馬の配合的特色だが、Machiavellianの2×4という強烈な近親交配で、こうした世代をまたいだちょっといびつなクロスを持つ馬というのは、爆発的な瞬発力を繰り出せる馬がいる。今後のダートの短距離界の新星誕生と言って良いと思う。
2着 テーオージーニアス 
 2着のテーオージーニアスは春の時点で3勝クラスを勝てるレベルに達していたが、前2走は1400mの距離が長かった模様。勝ち馬に次ぐ上がりで、3着には決定的な差がありますから、やはり1200mが合う。次走も上位候補。
3着 リュウノユキナ 
 上位2頭が後方からの追い込みだったのに対し、3着リュウノユキナは先行しての粘り込みだった。リュウノユキナは前走同様、2番手からでも上手に走れていたが、1200mの方が最後までしぶとく踏ん張れる。揉まれてどうかの不安はあるが、レースの幅は広がった。
4着 シャワーブーケ 
 4着のシャワーブーケは逃げて4着。中央での2勝が新潟と小倉ですから、良積のなかった中央場所で善戦できた自信は大きい。これは地力強化と受け止めている。
7着 バーニングペスカ 
 2番人気のバーニングペスカは7着だった。外枠でスムーズに先行できればまだしも、内枠でこの形だと追ってからの味に欠ける。ワンペースの先行馬ですから、3勝クラスで好走するのにはちょっと注文がつきそう。
京都11R 京都大賞典 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。ダンビュライトが今回は先手を取って4コーナーに差し掛かる。逃げ馬を特定できないレースだったが、まぁダンビュライトがレースを引っ張った。前半の1000m59秒7の平均ペースで、ラップの減速がなかったために凡戦にはならず、タイムランクCに収まったものの、4コーナー最内の馬が1着・2着・4着に入線した、ちょっと単調な先行有利のレースだったと思う。それで終いに目立つほど脚を使った馬もいなかったので、その辺ではちょっと物足りなさが残るレースだったと思う。
1着 ドレッドノータス 
 ドレッドノータスは昨年11月以来の勝利。重賞制覇は2歳時の京都2歳S以来でおよそ3年10ヶ月ぶり。ドレッドノータスはディアデラノビアの仔で良血だが、早い時期に去勢されてもなかなか軌道に乗って来なかった。ただ、近走は先行して安定していたレースが出来ていたので、今回自分のレースをしたら勝ったという感じで、何か恵まれた面は否定できないが、何しろ京都は走りますので、京都巧者ぶりを遺憾なく発揮したと思う。
2着 ダンビュライト 
 そして2着がダンビュライト、3着がシルヴァンシャーだった。ダンビュライトはこれはもう逃げた松若騎手のファインプレーですよね。まぁ元々地力のある馬ですし、いたずらにペースを落とさなかった事で、瞬発力勝負を回避できた。今の時代個性的な逃げ馬がいなくなりましたから、こうして逃げたらきちんとしたペース逃げるというのは、非常に大事な事だと思う。
3着 シルヴァンシャー 
 そして2着がダンビュライト、3着がシルヴァンシャーだった。3着のシルヴァンシャーは春に3勝クラスを勝って、昨年までなら降級していた4歳馬。今回休み明けでいきなりG2で通用する力を示した。ただ、メンバーランクCとは言え上位人気馬がかなり凡走したと、そこに助けられた面もあると思うが、次がハンデ戦なら狙って行ける。
4着 ノーブルマーズ 
 その上位人気馬は揃って馬券の圏外だった。4着のノーブルマーズは内枠で、4コーナー最内を回って来た分の4着で、特に強調するべきモノはないが、常に相手なりに走って大崩れはしない。
5着 エタリオウ 
 5着のエタリオウ、上がり600m推定は最速だが、先行して勝ったドレッドノータスが34秒9で、こちらは34秒8ですから、さほど脚を使ったとは思えない。不向きな展開とは言え、次走も過信禁物ではないだろうか。
6着 グローリーヴェイズ 
 問題は1番人気のグローリーヴェイズだが、ちょっとがっかりですね。確かに序盤少し力む場面はあった。しかし、その後はスムーズでしたし、ちょっと直線インでごちゃっとした場面があったにしても、ちょっと走れていない。本当にがっかりとしか言いようがない。
12着 エアウィンザー 
 それから12着のエアウィンザー、こちらは休み明けの分とちょっと2400mも長かったんじゃないかなという気がする。
京都12R 3歳以上2勝クラス タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
GⅢのハンデ戦における 4歳馬の活躍
 この夏から秋に行われたG3のハンデ戦の特徴の1つとして、今年に入って3勝クラスを勝った4歳馬の活躍が挙げられる。9月の3つのレースを挙げてみる。
GⅢのハンデ戦における 4歳馬の活躍
 4回阪神ダート2000mのシリウスSを制したロードゴラッソだが、2月に3勝クラスを勝って、次走マーチSは6着。クラス編成が3歳基準になった6月以降、シリウスSは初めてのハンデ戦だった。この馬は昨年までなら6月時点で3勝クラスに降級していた馬。
また、京成杯AHを勝ったトロワゼトワル、新潟記念2着のジナンボーは6月に3勝クラスを勝って、トロワゼトワルは7月に勝って、昇級戦の重賞で1着・2着だった訳だが、どちらも昨年までならクラス再編成の時点では2勝クラスに降級していた訳です。何を言いたいかと言うと、昨年まで降級で遠回りしていた4歳の素質馬が、降級制度の廃止によってショートカットして重賞挑戦の道が開けたという事。条件上がりのために、ハンデに恵まれるG3での好走の可能性が非常に高くなったと思われる。新潟記念を例に取ると、菊花賞・春の天皇賞へ駒を進めたユーキャンスマイルは、その実績から57キロだったが、条件上がりのジナンボーは54キロだった。しかし、そもそもジナンボーは挫跖でクラシックを棒に振っただけで、この4歳馬2頭のポテンシャルの差というのは、本当にあったのかどうかという所。それなのに、3キロもハンデ差がついていた。京成杯AHを勝った、トロワゼトワルは条件上がりの牝馬で52キロだったが、クラシックの前哨戦でも人気になっていた素質馬。まあ秋になると、3歳馬の評価も目覚ましいですから、そういった点で比較が難しくなって来るが、昨年までならは6月に降級していた4歳の素質馬が、3勝クラスを勝ってすぐにG3のハンデ戦で狙えるという事は言えると思う。これはG3ではなく、G2だが、先週の京都大賞典で3着に入ったシルヴァンシャー、これなんかも同じ。ですからいきなりG2で好走するという馬もいるという事。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-