2019年1回東京4日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともに、マイナス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス0秒9で変わりない。
 先週の木曜日に雨が降って、開幕週よりも含水率は高かったが、時計の出方としては変わらなかった。連対馬の脚質についても、開幕週と同様に目立った偏りは無く、東京らしく差しの届く馬場。芝の11鞍の内、中団・後方に位置していた馬が連対しなかったのは1鞍だけだった。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともに、マイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週はプラス0秒6に対して、先週はマイナス0秒6で対照的な数値になった。
 開幕週は乾いた良馬場だったが、先週は雨の影響が残って土日ともに稍重で、凍結防止剤の影響が残っていたとしても、時計が出やすくなった。日曜は土曜と比べれば、少し乾いたが、大きな変化はなく時計の出方は変わらなかった。なお、連対馬の脚質には目立った偏りはなかった。


  タイム分析
 2019/02/03 (日)  芝=-0.9  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 ミヤコローズ    牝3 未勝利 1:21.5 -1.7 --- -1.1 -0.6 A D 9.00
6R T1800 キスラー    牡3 新馬 1:50.1 +0.9 -0.7 +1.0 -0.8 SL C 11.38
7R T1800 アストラサンタン    牝4 500万下 1:48.1 +0.4 -1.0 +0.2 -0.8 C D 8.82
9R T2400 サトノジェネシス    牡3 ゆりかも500 2:25.9 -1.7 -1.1 -1.7 -1.1 A C 4.83
11R T1600 インディチャンプ    牡4 東京新聞G3 1:31.9 -1.1 --- -0.4 -0.7 B C 6.71
12R T1400 トゥザクラウン    牡5 1000万下 1:19.6 -2.1 --- -1.5 -0.6 A C 6.18
 2019/02/03 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 フローラルパーク    牝3 未勝利 1:25.9 -0.3 -0.1 +0.1 -0.5 C C 8.43
2R D2100 プレイングラン    牡3 未勝利 2:13.5 -0.6 --- +0.2 -0.8 C D 6.82
3R D1600 ロジシルキー    牝3 未勝利・牝 1:40.0 +0.5 --- +1.1 -0.6 E C 6.93
4R D1600 フィードバック    牡3 新馬 1:39.1 -0.7 --- -0.1 -0.6 C D 8.21
8R D1300 リュウノユキナ    牡4 1000万下 1:17.2 -0.7 -0.3 -0.5 -0.5 B C 8.94
10R D1400 スズカコーズライン    牡5 銀蹄SH1600 1:24.4 +0.9 -0.1 +1.3 -0.5 E C 7.43

東京3R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは、当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより1秒7速く、1400m対象の馬場差がマイナス0秒6になることを踏まえても、 -1.7-(-0.6)=-1.1 で基準より1秒1速い勝ちタイムだった。最内枠から逃げたロジタイムが直線に入って失速。変わって2番手にいた、コールザチューンが直線で抜け出して行くが、馬群の内からミヤコローズが伸びて来る。コールザチューンも食い下がったが、3/4馬身差でミヤコローズが抜け出して1着。2着コールザチューンから3馬身半離れて、ショーヒデキラ3着。
1着 ミヤコローズ 
 単勝1.9倍のミヤコローズが勝った。ミヤコローズは前走の直線で前が壁になって、まぁ何とか捌いたものの、残り100mで再度進路が狭くなった。まぁ普通に走れたら前走も2着はあったと思う。今回は内枠で競馬が難しいかと思われたが、すんなりインを回ってコールザチューンとの一騎打ちを制して快勝。祖母はロゼカラー。その母ローザネイを曽祖母とする、いわゆる薔薇一族。数多くの重賞を制している。この馬自身の兄弟には活躍馬はいないが、未勝利勝ちでこの時計うを出せるんですから、魅力ある。すぐに上のクラスで勝ち負けできるかまでは、何とも言えないが、今後には結構注目したいなと思う。
2着 コールザチューン 
 2着コールザチューンは近親にフェブラリーSの勝ち馬、グレープブランデーなどがいる良血。まぁ次走すぐに勝てそう。大きく狙ってみたいと思う。
東京6R 3歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1000m通過1分2秒0。1200m通過が1分14秒7のスローだった。上がり600mだけの、上がりレースという感じのレースになってしまった。ペース補正マイナス0秒7がついたが、補正しきれずタイムランクSL。
1着 キスラー 
 勝ったキスラーは2017年の1歳馬セレクトセールで2億1060万の値がついた、ディープインパクト産駒。超スローペースにも関わらず、4コーナー12番手から差し切り。この馬と3着ベルレガッタには注目したい。
3着 ベルレガッタ 
 勝ったキスラーは2017年の1歳馬セレクトセールで2億1060万の値がついた、ディープインパクト産駒。超スローペースにも関わらず、4コーナー12番手から差し切り。この馬と3着ベルレガッタには注目したい。
東京8R 4歳上1000万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。2.リュウノユキナが先手を取って直線に入る。6.ミッキーワイルドが外から並んで来ると、リュウノユキナがもうひと伸びして突き放して3馬身差をつけて逃げ切った。ミッキーワイルドが2番手に上がり、7.シアーラインが3着。前めの馬で決着した。
1着 リュウノユキナ 
 リュウノユキナはJRAに転入してからでは初勝利。リュウノユキナはJRAでは初めてのダートで、好スタートから逃げ切った。道営で2勝して、2歳時には札幌芝のすずらん賞を勝っている。その後は道営所属のまま中央の芝を使っていたが、結果は出ず、昨年11月に中央へ転厩。芝を2戦した後、久々のダート。しかも中央初ダートだった。好スタートを切ると、楽に先手を取って逃げて、直線入り口では、外に併せて来た1番人気ミッキーワイルドの方が手応え良さそうだったが、いざ追い出されると、逆にミッキーワイルドを引き離して行って3馬身差でゴール。今回は体重26キロ増だったが、体重増、むしろプラスに働いたかのように強いレースを見せた。このレースができるなら、上のクラスでも面白いのではないだろうか。
2着 ミッキーワイルド 
 2着ミッキーワイルドはちょっと伏兵にしてやられた感じにはなったが、離されながらも後続の追い込みは封じている。次は期待できるだろう。
東京9R ゆりかもめ賞 タイムA
 基準より1秒7速い勝ちタイムだった。逃げたマコトジュズマルが直線半ば辺りまでは先頭にいたが、外からサトノジェネシスが迫って来る。そしてサトノジェネシスが抜け出し、差をグングン広げて1着。その後にキタサンバルカンが2番手に上がり、内で踏ん張ったサンアップルトン3着。
1着 サトノジェネシス 勝ち馬注目
 サトノダイヤモンドの全弟サトノジェネシスが勝った。サトノジェネシスが2ヶ月半ぶりのレースを3馬身差で快勝。楽勝した。クラシック戦線に力強く名乗りを上げたと言えるだろう。2016年のセレクトセールで3億240万という値段がついた話題の良血。新馬戦こそスローになって、位置取りの差で3着と敗れたが、前走は完勝。徐々に前向きになって、切れ味が増してきた印象。今回は道中から素直に好位へ上がって行きましたし、追われると一気にトップギアに上げて、後続を突き離した。ペース補正が1秒1入ったとは言え、完全タイム差マイナス1秒7は優秀で、兄と比べるのはまぁちょっとまだ早いと思うが、このまま成長すれば期待はかなり膨らむ。次走はいよいよ重賞へ挑戦ということになるだろう。もし勝てば一気にクラシックの主役に躍り出ると思う。楽しみにしたい。
2着 キタサンバルカン 
 2着以下は3馬身以上離された。2着キタサンバルカンは、このクラスならいずれ勝てるだろう。すぐにとまでは言えないかもしれない。
3着 サンアップルトン 
 3着サンアップルトンだが、好調の中野栄治厩舎。未勝利6番人気で勝って、今回10番人気で3着と穴を開けた。今後もこの厩舎、注意が必要ではないだろうか。
7着 ハギノアップロード 
 それから7着に敗れたハギノアップロードは、スタートで少し後手を踏んで、後方からになった。直線で進路がない場面がありましたし、この馬には上がりが速すぎた。次走の巻き返しに注意したい。
東京10R 銀蹄S タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
東京11R 東京新聞杯 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。メンバーランクはCだった。まずはスタート、このスタートで1番人気インディチャンプが遅れる。一方ショウナンアンセムが外から先手を取って行って直線へ。しかし、直線に入って先行勢は失速する。内めから間を割って、インディチャンプが抜け出して1着。その後、内のサトノアレス、そして外のレッドオルガの2着争いとなるが、外のレッドオルガが2着を確保。しかし、勝ったのはインディチャンプ。
1着 インディチャンプ 
 インディチャンプはこれで3連勝。スタートで立ち遅れたが、すぐに巻き返して中団をキープ。道中タワーオブロンドンをマークして、直線内から抜け出す時の切れ味が一級品だった。最近は外からの競馬が多かったが、馬群にいても問題ないことを証明したのは大きいと思う。間違いなくG1級だと思うので、順調なら安田記念楽しみ。
1着 インディチャンプ 通信簿
 1番人気1着。出遅れたが、その後は危なげなかった。抜け出してからソラを使うのは相変わらずで、課題は残るが、まだ伸びる余地がある。
2着 レッドオルガ 
 そして2着がレッドオルガ、3着サトノアレスだった。レッドオルガは左回りは安定して走る。この馬、エリモピクシーの血統。古馬になっても落ちないのが素晴らしい。重賞制覇も近いのではないだろうか。
3着 サトノアレス 
 そして2着がレッドオルガ、3着サトノアレスだった。それからサトノアレスは府中のマイル、よく走る。朝日杯フューチュリティステークス以来重賞制覇ないが、そろそろだろうか。マイルから1800mの方が良いと思う。
5着 タワーオブロンドン 
 一方2番人気のタワーオブロンドンが5着、3番人気ロジクライは9着だった。タワーオブロンドンは有力馬では1番前に位置した。ペースが速くて展開面でやや不利だったかもしれない。10キロ増も多少堪えたのかもしれない。
9着 ロジクライ 
 一方2番人気のタワーオブロンドンが5着、3番人気ロジクライは9着だった。あとロジクライは前々で良さが生きる馬なので、このペースではちょっと持ち味が出せなかった。ゆったりと流れるレースなら、巻き返して来るだろう。
東京12R 4歳上1000万下 タイムA
 基準より1秒5速い勝ちタイムだった。オルレアンローズが逃げて直線に入って行くが、2番手につけていたトゥザクラウンが迫って来る。そして、トゥザクラウンが抜け出して先頭に立ち、後続との差を広げて1着。その後メモリーコロネットが2番手にいたが、内を突いてオールザゴーが伸びて、ゴール前で2着に上がっている。
1着 トゥザクラウン 
 トゥザクラウンが5馬身差をつけて勝った。トゥザクラウンがレコード0秒1差の好タイム勝ち。完全タイム差マイナス1秒5で、2着に5馬身差ですから恐れ入った。トゥザクラウンはエリザベス女王杯勝ちがあるトゥザヴィクトリーの産駒。まぁ兄に弥生賞を勝って皐月賞・有馬記念2着トゥザワールド、それから日経賞や日経新春杯を勝ったトゥザグローリーなどがいる良血。これまで3勝はしていたが、条件戦で以外に勝ちあぐねて来た。前走でブリンカーをつけて、距離短縮して1400mに使ったところ3着と。今回も同じ条件で1000万下勝ちがある府中で使ったところ、この圧勝劇を見せてくれた。ブリンカー・1400m・東京競馬場、全てがこの馬にマッチした感があるが、それにしてもすごいレースぶりだった。この勝ち方ができるなら次走以降期待大。特に同じ東京1400mの晩春ステークスあたりに使ってきたら、頭から狙い撃ちしたい。
2着 オールザゴー 
 2着以下は離されたが、2着オールザゴー・3着メモリーコロネットはタイムランクB相当。この辺りまで狙いは立ちそう。
3着 メモリーコロネット 
 2着以下は離されたが、2着オールザゴー・3着メモリーコロネットはタイムランクB相当。この辺りまで狙いは立ちそう。

  馬券Summary
小倉で狙いたい『前走中京で先行した馬』
 これ毎年このコーナーで取り上げている。2018年4回中京3日目から6日目まで、それから2019年今年の1回中京5日目・6日目の芝だが、差し・追い込みがかなり決まった。言い換えれば、前行った馬には厳しかったと思う。これらの6日間で4コーナー3番手以内にいて、失速した馬。これを小倉芝で狙いたいという趣旨。
小倉で狙いたい『前走中京で先行した馬』
 今週の特別登録がある馬では、小倉城特別でサンライズサーカス。それから巌流島特別でスリーケープマンボ・ボスキャットグレイ・マイネルアムニス。これだけいる。まぁ出馬ラッシュで、すごい頭数登録しているので、出れるかどうかわからないが、平場も含めてぜひ追いかけてください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26