2019年2回新潟11日目

開催一覧
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2からマイナス0秒5への変動、日曜がマイナス0秒4。直線1000mは土日ともにプラス0秒2だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、終盤2週はマイナス1秒台ではなく、雨の影響で変動になることが多くあった。それから直線1000mについては、終盤プラスの数値だった。
 火曜から金曜まで毎日雨が降ったが、新潟の芝は水はけが良いので、土曜は朝の時点で稍重だった。5R以降は良馬場に回復した。徐々に乾いたので、馬場差は変動だが9R以降は一定。日曜は土曜より乾いたものの、芝の傷みが進んで土曜の後半より時計が掛かるようになっていた。そして直線1000mは土日で同じ馬場差だが、日曜の方が芝は傷んでいたものの土曜の方が向かい風が強かったので、相殺されたということ。そして周回コースのレースでも、直線で傷んだ内を避ける馬が多く、こうなると直線1000mの内枠がかなり厳しい。土日とも7・8枠の馬しか3着以内に入らなかった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス0秒3への変動、日曜がマイナス0秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒7だった。開催後半の馬場差を確認しておくと、7日目以降全てマイナスゾーンで、雨の影響を受けることも多かったが、1800mはマイナス1秒台になることはなかった。1200mについてはここ2週、雨の影響でマイナス1秒0かそれに近いレベルだった。
 火曜から金曜まで毎日雨が降って、土曜の早朝は不良だった。レースは4Rまで重。6R以降は稍重で行われ、馬場差は変動だった。1800mも1200mも後半の方が、時計が掛かっているが、後半でもこの開催の中では速い時計が出る状態。日曜は土曜より乾いたが、まだ水分が多く、馬場差は土曜の後半とあまり変わらなかった。


  タイム分析
 2019/08/31 (土)  芝=-0.2 → -0.5 / 直線=+0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 マルターズディオサ    牝2 未勝利 1:34.3 -1.0 --- -0.8 -0.2 B C 7.50
3R T2000 サトノセシル    牝3 未勝利 2:02.1 +0.6 -0.7 +0.2 -0.3 C C (8.00)
5R T1800 ミッキーメテオ    牡2 新馬 1:49.2 +0.8 -0.8 +0.4 -0.4 D C 7.00
7R T1000 トモジャファイブ    牡3 未勝利 0:56.3 +0.5 --- +0.3 +0.2 D D (10.00)
9R T2000 パルティアーモ    牝3 糸魚川特(1勝) 1:59.7 -0.3 --- +0.2 -0.5 C C 6.50
10R T1200 ナランフレグ    牡3 飯豊特H(2勝) 1:08.7 +0.1 --- +0.4 -0.3 D C --
11R T1600 ロードマイウェイ    牡3 長岡S(3勝) 1:33.6 +0.9 -0.6 +0.7 -0.4 D C 4.00
 2019/08/31 (土)  ダ=-0.6 → -0.3 / 1200m=-1.0 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 マイネルアストリア    牡2 未勝利 1:55.6 +0.6 --- +1.2 -0.6 E D 5.50
4R D1800 トーホウボッカ    牡3 未勝利 1:54.0 +0.2 --- +0.7 -0.5 D D (10.00)
6R D1200 ラブオナヴィータ    牝2 新馬 1:13.7 +0.3 --- +1.3 -1.0 E C 7.25
8R D1800 レイナデルビエント    牝4 1勝クラス・牝 1:52.4 -0.4 --- -0.1 -0.3 C D 6.00
12R D1200 オールデン    牡5 1勝クラス 1:11.4 -0.5 --- +0.3 -0.8 D D 10.50

新潟1R 2歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは、当開催2歳未勝利クラスの基準タイムより1秒0速く、1600m対象の馬場差がマイナス0秒2だった事を踏まえても、 -1.0-(-0.2)=-0.8 で基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 マルターズディオサ 勝ち馬注目
 マルターズディオサが今回は後方からの追い込みだった。マルターズディオサは新馬戦では逃げて2着だったが、今回は出遅れてかなり後ろ。外回りの未勝利戦としてはペースが速かったので、差せたとも言えるが、直線で他の馬が避けている傷んだ内から伸びて来た。ただ、キズナ産駒が先週までの芝11勝中7勝が良馬場ではない。マルターズディオサも道悪や傷んだ芝を苦にしないので、内を通っても伸びたのだと考えられる。傷んだ内から伸びたこと自体を過大評価すべきではないと思うが、勝ちっぷりは鮮やかで、タイムも優秀。上のクラスでも上位可能だと思う。
2着 マイネルシスネロス 
 マイネルシスネロスは勝った馬が強すぎたというだけの2着。3着だった前走のような上がりの速い馬場や展開ではなかったことも幸いしたが、次走が中山だとすれば極端に速い上がりは要求されないので、有望だと思う。
3着 ハーモニーマゼラン 
 3着のハーモニーマゼランは他馬と接触したこともあるが、伸びきれなかった。新潟なら外回り1600mよりも内回り1400mが合うと思うが、こういうタイプはだいたい中山の1600mが合うので、次走が中山1600mなら圏内。ただし、東京の1600mだと割引が必要かもしれない。
4着 タイキスウォード 
 4着のタイキスウォードは手応え良く進んで直線でも伸びたが、最後は止まってしまった。1400m以下の方が良さそう。
5着 コウソクスピード 
 そして5着のコウソクスピードは速い流れを先行したので、0秒7差でも十分好内容だが、恐らく速い上がりが苦手な馬。イメージとしては中山1800mあたりがピッタリだと思う。
新潟2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
新潟3R 3歳未勝利 注目
 勝ったサトノセシルについて。
1着 サトノセシル 
 デビューが3歳の7月と遅くなって、ここがまだ2戦目だった。出遅れた挙げ句に引っかかったデビュー戦とは違って落ち着いたレース運びだったが、直線で追われると右に左にフラフラとしていた。そんな走りのまま、突き放していますし、最後の方がかなりストライドが伸びていて素質の高さを感じさせた。デビューが遅くなった上に、まだカイ食いが細いということなので、全く未完成と思われる。今のままですぐに上のクラスで通用するとは言えないが、成長余地がかなりあるので、ずっと先まで見据えてチェックリストには入れておきたい。
新潟6R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。6着だったエイシンバッカスについて。
6着 エイシンバッカス 
 ゲートの中で待たされた影響なのかスタートが遅くて、さらに芝の部分でダッシュがつかず、この後ダートに入ってからもしばらくは気合いをつけ通しになっていた。3コーナー手前でようやくスピードに乗って差を詰めて行ったが、4コーナーでかなり外を回りつつ、直線入り口でもまだ前とは差があるという絶望的な状況。そこから伸びて0秒6差なら、Eランクのレースとは言え、注目に値すると思う。今の時期のダートの2歳未勝利戦は、芝からの路線変更をしてくる馬も多く、相手関係が読めないので次走は狙い目とちょっと言いにくいが、Eランクのレースで0秒6差だったからと言って、軽視すべきではないと思う。
新潟7R 3歳未勝利 
9着 シャウエン 通信簿
 2番人気で9着だった。前走1勝クラスで3着だったという事で2番人気になったが、超低レベルの1勝クラスで3着に来ても未勝利戦で好走できる訳ではないという事。これ低レベルの2歳・3歳オープンで上位に来た馬が、自己条件で消えてしまうのと同じ構図だと思う。

  馬券Summary
古馬との初対戦はむしろ有利
 降級制度が廃止されて、夏の1勝クラス・2勝クラスがどのような傾向になったのかシリーズ第3回。前回に続いて1勝クラスを取り上げる。今回は1勝クラスにおける昇級初戦ではない3歳馬についてだが、前回や前々回と同じく集計期間は今年の6/1から8/11までとしている。その後もう3週経過しているが、集計期間を統一するということ。それから、降級制度の廃止は夏の特に前半戦に大きく影響していると思われるので、あえて早めに期間を切ったという理由もある。まず、過去2回をちょっとまとめておくと、1つ目は「2勝クラスでは昇級初戦の3歳馬が好成績を残している。なおかつ1勝クラス、あるいは500万下を勝った時のタイムランクの信頼度が高く、さらにCランクで勝った馬でも昇級初戦で好走する事が多い」という事だった。
そして1勝クラスだが、こちらは「昇級初戦の3歳馬はそれほど好成績ではなく、特に夏になってから好タイムで勝った馬の成績が良くない」という事だった。
古馬との初対戦はむしろ有利
 さて本題に戻るが、2勝クラスでは前走でオープンに出走していた3歳馬よりも、昇級初戦の3歳馬の方が実は好成績だったが、1勝クラスでは前走でオープンに出走していた3歳馬を嫌うべきではない。前走、オープンで9着以内なら連対率は5割を超えていますし、前走10着以下でも昇級初戦の3歳馬よりは成績が良い。
古馬との初対戦はむしろ有利
 次に前走も1勝クラスあるいは500万下だった3歳馬について。前走が2歳・3歳限定の500万下だった馬と、前走も3歳以上の1勝クラスだった馬に分類してみたが、ここからわかることは古馬との初対戦というのは、全然不利じゃないという事。狙うべきはむしろ古馬と初対戦の3歳馬であって、特に3歳限定の500万下で6着以下に負けていた馬は、期待値や回収率が高い。降級制度が廃止されて、古馬との初対戦でどうかといった類の厩舎コメントは流石にかなり減ったが、まだ時々出て来る。トップクラス同士なら、夏の時点では3歳馬が古馬に対して劣勢である事は明白だが、夏の1勝クラスや2勝クラスでは3歳馬と4歳以上では在籍クラスにギャップがある。どういう事かと言うと、5月の時点の3歳500万下ってオープンの一歩手前。もう1個勝てばオープン。一方、4歳以上の5月の時点の500万下・1勝クラスというのは、最下級条件。2勝クラスに関して言えば、2勝していれば3歳馬はオープンですから。それが2勝クラス。去年までは降級でバランスが取られていたけれども、それが廃止されて完全に、能力と在籍クラスにギャップができている。そのギャップが今年からより大きくなった訳ですから、下級条件では4歳以上の方がむしろ、3歳との初対戦でどうかと心配される立場になったとのだ思う。

 秋競馬に向けて、ここ3回で取り上げたのは、あくまで夏競馬のしかも前半の傾向だという事。夏の間に勝ち上がるべき3歳馬が勝ち上がった後の秋競馬では、夏競馬のように3歳馬が圧倒的に優位という傾向が続くとは限らないと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26