2019年1回新潟8日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにプラス0秒1。直線1000mは土日ともにマイナス0秒1だった。遡って8日間の芝の馬場差を確認しておくと、開催初日は雨の影響で時計が掛かったが、2日目以降は水準に近いレベルで推移していた。直線1000mは2日目以降マイナス0秒2かマイナス0秒1で、ほとんど変わらなかった。
 2日目以降大きな動きはなかった。6日目以降はプラスゾーンだが、いずれもプラス0秒1でほぼ水準とみなして良いレベルだった。あと連対馬の脚質を見ると、ほとんどは中団に位置していた。直線は外に出される馬が多くて、後方にいた馬はさらに外を回ることになるので、さすがにコースロスがあったと思う。結果的に差して来る馬でも、後方は少なくて中団が多かったと推察される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにプラス0秒3。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、1週目特に初日は雨の影響で、脚抜きの良いコンディションだったが、2週目以降はほとんど変わらなかった。1800mはやや時計が掛かり、1200mはマイナスゾーンだが、水準に近いレベルだった。
 ダートは3日目以降の馬場差がほとんど変わりなくて、時計の出方は安定していた。あと連対馬の脚質についても、大きな偏りはなかった。


  タイム分析
 2019/05/19 (日)  芝=+0.1 / 直線=-0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ペイシャドリーム    牝3 未勝利 1:09.4 -0.3 --- -0.4 +0.1 B C 9.09
5R T2000 ネガイ    牝3 未勝利・牝 2:03.5 +1.8 -0.7 +1.0 +0.1 E D 8.25
8R T1600 ソールライト    牡4 500万下 1:35.2 +1.3 -1.0 +0.2 +0.1 C C 6.92
10R T2400 ポンデザール    牝4 荒川峡特500 2:29.0 +2.5 -0.9 +1.5 +0.1 E D 5.50
11R T1000 ライオンボス    牡4 韋駄天SH 0:53.9 -0.3 --- -0.2 -0.1 C D 7.54
12R T1800 ルナステラ    牝4 石打特別500 1:46.9 +0.4 -0.6 -0.3 +0.1 C C 5.83
 2019/05/19 (日)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1200 ファムファタル    牝3 未勝利・牝 1:12.2 -0.5 --- -0.4 -0.1 B D 8.33
3R D1800 トゥルボー    牡3 未勝利 1:56.0 +2.0 --- +1.7 +0.3 E D 8.50
6R D1200 アシャカマキシン    牡3 未勝利・若 1:12.1 -0.6 --- -0.5 -0.1 B D 9.57
7R D1800 シゲルポインター    牡5 500万下 1:52.8 ±0 --- -0.3 +0.3 C D 5.75
9R D1200 サンタナブルー    牡7 500万下 1:11.9 ±0 --- +0.1 -0.1 C C 7.73

新潟1R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ペイシャドリームは芝1200mに転じて3走目での勝ち上がりとなっている。16頭中前走で連対した馬は2頭だが、掲示板に載っていた馬は10頭いて、それらのほとんどは芝1200mだったので、新潟最終週の芝1200mに集まって来た印象がある。メンバーランクはCと水準レベルであるものの、まぁそれなりに揃った1戦と見るべきだろう。
1着 ペイシャドリーム 
 1着ペイシャドリーム、芝1200m出走するようになって、レースぶりが安定して来た。今回この距離では、初めての逃げの手に出たが、前半600mが後半600mよりも0秒2遅かったとは言え、直線並びかけられてから突き放したあたりはまだ余裕があった。
2着 エンジェルカナ 
 そして2着エンジェルカナ・3着トミケンルーアが同タイムだった。ただ、3着トミケンルーアの方が負担重量が5キロ重くて、上がり600mは最速だった。この2頭ではトミケンルーアの方を評価したいと思う。
3着 トミケンルーア 
 そして2着エンジェルカナ・3着トミケンルーアが同タイムだった。ただ、3着トミケンルーアの方が負担重量が5キロ重くて、上がり600mは最速だった。この2頭ではトミケンルーアの方を評価したいと思う。
新潟2R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ファムファタル 
 上位入線を続けながら、なかなか勝てなかったファムファタルが12戦目で勝ち上がった。ファムファタルはここまでの11戦の内、芝でも2着2回3着1回と堅実だったが、ダート1200mに転じて3着・2着と来て今回は1着だった。今回のメンバーでは上位で、前2走のように逃げることはしなかったが、直線ねじ伏せるような形で勝利になった。
2着 セイドアモール 
 あと2着セイドアモールは前走もファムファタルと同じレースに出走して、7馬身離された3着だったことを考えれば、今回の0秒1差はシンプルに良化と見て良いと思う。
3着 ルンルンバニラ 
 あと3着のルンルンバニラは、今回がデビュー戦だった。スタートは遅めだったが、それでも内から二の脚で好位に上がって、直線追い上げていた。1度使った分の上積みは見込めると思う。
新潟3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
新潟5R 3歳未勝利 タイムE
 基準よりも1秒0遅い勝ちタイムだった。
新潟6R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 アシャカマキシン 
 アシャカマキシンが2着以下に9馬身以上の差をつけて逃げ切った。アシャカマキシンは昨年暮れのデビュー戦以来5ヶ月ぶりの実戦だったが、きっちりと仕上がっていた。外枠でもスピードの違いで先手を取って、直線に入ってもまだ余力があった。後続との差を広げて圧勝という内容だった。未勝利クラスでは力が違ったとしか言いようがない。スムーズに今後逃げることができなかった際にどうかなど、未知の面はあるが、休み明けでこの勝ち方ですから、昇級しても注意はしておきたいと思う。当然のことながら、Bランクの対象はこの勝ち馬だけ。
新潟10R 荒川峡特別 タイムE
 基準よりも1秒5遅い勝ちタイムだった。
新潟11R 韋駄天S 注目
1着 ライオンボス 勝ち馬注目
 1着のライオンボスがとにかく強かった。前走15番人気とブービー人気ながら、初めての直線1000mでタイムランクBをマークして、強い勝ち方をしたライオンボスが、今回は外枠に入ったこともあるが、格上挑戦ながら単勝2.0倍の1番人気に支持されていた。結果はもうその期待通りの内容で、前半から先手を取って、そのまま押し切った。これは、夏のアイビスサマーダッシュに出てきても上位候補になるんじゃないかなと思う。
新潟12R 石打特別 
4着 ソシアルクラブ 通信簿
 2番人気4着だった。こちらは3着から離された4着。追って伸びなかったのは、もうほぼ前回と同じ状況だった。どうも最後の直線に向くと走りのバランスが悪くなっている。まだ血統に体がついて来ていない感じなので、本格化するにはもう少し時間が掛かる雰囲気はあった。

  馬券Summary
初めての経験
 意味深な感じだが、もうね私も競馬記者になって24年ほど。多分、24年ぐらいになると思うが、先週の京都は過去を振り返っても、記憶にないぐらいの強風に見舞われた。まず、阪神を引き合いに出して話をすると、阪神の場合は六甲山から吹き下ろす風が強くて、そもそも強風になるケースは多い。ただ、その吹き下ろしの風はいつも同じ方向で、1コーナーから4コーナーに向けて吹く。すなわち、最後の直線は、馬にとっては向かい風になる状況。しかも断続的に吹き続けるので、傾向的にはわかりやすい風だと言えると思う。
当然、風の強さによっては馬場差にも影響を及ぼしことは、阪神は十分にある。
それと比べると、先週の京都はかなり特殊だった。ここからは風に吹かれてる映像ばっかりだが、結構スターターのジャケットがヒラヒラする感じで、基本、向正面からスタンドに向かって吹いているが、旗の揺れ方も凄い。数秒間風が止んだかと思ったら、もう1回吹いたりとかして、所謂上空に風が舞っているような感じの吹き方だった。
結果、芝の馬場差は先週とほぼ同じで、脚質傾向も大きく変わらなかったという事になる。芝に関しては。
一方、ダートはプラスゾーンの馬場差になって、先々週と比べると少し時計が掛かって、若干差しも届いていた。ダートは少し変化があった点は注目ポイント。幸い、京都開催は今週、もう1週行われる。先週との違いを意識しつつ、慎重に馬場差を出して行きたい。特にオチはなく、単に強風だったという話。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26