2019年4回中山8日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜がマイナス1秒8だった。まずは遡って9日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を強く受けた5日目を除けば、マイナス2秒台かそれに近いレベルだった。
 中間の雨は火曜以降降らなかった。超高速決着の1週目から良馬場発表では週を追う毎に0秒3ずつ時計を要して行く経緯だが、それに歯止めがかかって、土曜の馬場差は先々週の土曜・日曜と同じ数値。日曜は土曜に使われた分0秒1掛かっていたが、それでもマイナス1秒8。高速馬場のまま開催を終了した。スプリンターズSのタワーオブロンドンのように、脚力に差があって、またペースが流れれば外の差しや追い込みも効くが、平均以下の流れでは前に行った組や内を通った組が俄然強みを発揮していた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒8。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒7だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響度合いで時計の出方は異なる。5日目はかなり速い時計の出るコンディションだった。
 中間ほとんど雨が降らなかった関係から、見た目も含水率も乾いたコンディションだが、土曜の中・長距離、特に1800mの7Rの勝ち時計は速かった。Aランクになっているように、勝ち馬は実際強かったが、それを踏まえても速い時計の出るレベル。日曜の1800mも速かったが、乾きが進んで、土曜よりは掛かっている。一方、土曜の1200mは向正面で向かい風となった影響が強くて、1800mのように時計の出やすいレベルではなかった。中山ダートは前半が下りとなる1200mの方が、1800mよりも時計が出やすいが、土曜日についてはこの風の影響で通常とは異なった。追い風の部分を2回走る1800mの方が、時計は出やすくなっていた。なお、連対馬の脚質を見ると1200mは逃げ・先行馬が強く、中・長距離は差し馬が強い傾向だったのは記憶しておきたいと思う。


  タイム分析
 2019/09/28 (土)  芝=-1.9  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T2000 アマゾーヌ 牝2 未勝利 2:00.1 -2.9 -0.6 -1.6 -1.9 A B 4.92
3R T1200 キャンディフロス 牝2 新馬 1:09.7 -0.6 --- +0.5 -1.1 D C 8.13
5R T1600 カインドリー 牝2 新馬・牝 1:35.7 -0.7 -0.6 +0.2 -1.5 C C 6.50
9R T1200 アルムブラスト 牡2 カンナS 1:08.8 -0.4 --- +0.7 -1.1 D D 6.75
10R T2000 ヒシヴィクトリー 牡4 茨城新聞(2勝) 1:59.3 -1.5 -0.3 +0.1 -1.9 C C 5.31
11R T1600 モアナ 牝5 秋風S(3勝) 1:32.9 -0.8 --- +0.7 -1.5 D C 8.27
 2019/09/28 (土)  ダ=-1.1 / 1200m=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ロジウインド 牡2 未勝利 1:13.0 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 5.83
6R D2400 イルジオーネ 牝3 1勝クラス 2:35.7 -0.2 --- +1.3 -1.5 E D 6.44
7R D1800 グログラン 牝4 1勝クラス・牝 1:51.9 -2.1 --- -1.0 -1.1 A D 6.42
8R D1200 ワディアルヒタン 牝3 1勝クラス 1:11.1 -0.8 --- -0.3 -0.5 B D 8.00
12R D1200 コカボムクイーン 牝4 2勝クラス 1:11.2 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 7.93

中山2R 2歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは当開催2歳未勝利クラスの基準タイムより2秒9速く、2000m対象の馬場差がマイナス1秒9だった事を踏まえても、 -2.9-(-1.9)=-1.0 さらにペース補正が0秒6入っており、 -1.0-0.6=-1.6 で基準より1秒6速い勝ちタイムだった。アマゾーヌが今回も先手を取ってスムーズに進んで、直線に入って行く。余力のあるアマゾーヌが後続とのリードを保って、そのまま逃げ切り勝ち。2馬身半離れた2着も2番手追走のアンティシペイトが粘り込み、そこから3馬身離れた3着争いではブリジャールが先着。
1着 アマゾーヌ 勝ち馬注目
 エピファネイア産駒、アマゾーヌが2000mに転じて2走目で逃げ切った。1着のアマゾーヌ、2週前に放送の馬券summaryでエピファネイアに触れた時に、今後は中距離前後で先行するタイプが多くなると言った記憶がある。こうして早くも結果が出てくれて満足している。2000mで前半1000mが1分1秒0。後半が59秒1。ゆっくり入ってはいるが、後半になってもフォームが全くブレないで、ラスト3ハロンは全て11秒台。牡馬相手、それもメンバーランクBの中での2馬身半差はかなり強かった。牝馬戦線はこれから1600mが中心になって行くが、その対応力もありそう。ゆくゆくはフラワーCとかフローラS辺りで有力な存在になって来そう。
2着 アンティシペイト 番組注目馬
 2着以下は2馬身半以上離された。2着のアンティシペイト、ルーラーシップ産駒の牡馬。4コーナーでは手応えが一息に映ったが、それでいて勝ち馬に大きく離されないで、3着馬には3馬身差をつけていて、この馬も楽勝にAランク相当だった。現状少しワンペースな面はあるが、血統に相応しい、ふさわしい持続力は披露した。新馬戦2着に続いて相手が悪かったという事。すぐに勝てると思う。
3着 ブリジャール 
 それから3着のブリジャール、芝2000mで2戦して2着と3着。今回は新馬戦の時計を1秒3短縮してBランク相当。東京向きなので、勝つのに時間は掛からないと思う。
4着 ウインランウェイ 
 ただ、4着のウインランウェイ、5着アピテソーロ、6着リトルマンマミーアもBランクに入るが、これらは内枠を引いていた。一応様子を見ておきたいと思う。
5着 アピテソーロ 
 ただ、4着のウインランウェイ、5着アピテソーロ、6着リトルマンマミーアもBランクに入るが、これらは内枠を引いていた。一応様子を見ておきたいと思う。
6着 リトルマンマミーア 
 ただ、4着のウインランウェイ、5着アピテソーロ、6着リトルマンマミーアもBランクに入るが、これらは内枠を引いていた。一応様子を見ておきたいと思う。
7着 ナスノフォルテ 
 番組注目馬になっていたナスノフォルテは7着だった。その番組注目馬7着ナスノフォルテ、期待に応えられなかったが、この馬までがBランク扱い。器用さの差が出た形で、札幌の洋芝とは勝手が違った。それでも上がり600mは最速だった。これも東京で変わってくるだろう。
中山6R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山7R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった昇級戦の9.スースーが今回も先手を取って直線に入るが、外から11.グログランが上がって来る。そしてグログランの勢いは衰えず、後続との差を広げて1着。後方から追い上げた1.バンブトンハートが5馬身離されながらも2着に入った。さらに3馬身遅れて、3着は12番人気の2.ドゥエルメスだった。
1着 グログラン 勝ち馬注目
 7番人気のグログランが5馬身差で圧勝した。その1着グログラン、ハイペースで展開がハマった事もあるが、4コーナー手前からの勢いは抜群だった。これまでに無い弾け方だったと思う。急に強くなった理由は不明だが、ゴールドアリュール産駒のダート巧者にはたまに見られるパターンでもある。1度覚醒したらトントン拍子のケースも多い。とりあえず2勝クラスも通用、またそこの結果次第ではさらに上でやれる可能性もある。
2着 バンブトンハート 
 2着以下は5馬身以上離された。2着バンブトンハート、6月の東京戦は枠順出走前に発表前に出走取り消し。その前5月の東京でマッスルビーチの0秒3差2着。そのマッスルビーチが今開催阪神1週目に2勝クラスを勝った事を考えると、今回勝ち馬には離されたとは言っても、他の馬との比較では力が上で、展開も向いた。東京は直線で手前を変えないらしいが、それでも実績がある。順当に順番と見て良いのではないだろうか。
3着 ドゥエルメス 
 3着ドゥエルメスは内々をロス無く運んで脚を溜めていた。
4着 ププッピドゥ 
 また、好位を進んで4着のププッピドゥにも3戦目のキャリアを考慮すれば上々。このクラスは近いうちに勝てそう。
5着 スースー 
 ただ、ドゥエルメスより強調したいのは、1000m通過1分0秒7のハイペースで逃げて5着のスースー。東京1600mは距離短縮でスピードを活かせますし、前走福島1700mで圧勝した事を考えれば、11月の3回福島開催も計算できる存在。
中山8R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。まずスタート、4.シキシマ・8.ホウオウモントレー、13.スマートアムールが遅れた。対して12.ワディアルヒタンが反応良くゲートを出て、先手を取り、そのまま直線に入る。2番手にいた3.キョウエイガウディは失速し、変わって6.メールデゾレが上がって来るが、ワディアルヒタンのスピードは鈍らず、3馬身半差で1着。2着にメールデゾレ、3着には追い込んだホウオウモントレーが入った。
1着 ワディアルヒタン 
 3ヶ月ぶりだった9.ワディアルヒタンは休養前とはレースぶりが一変した。1着ワディアルヒタン、未勝利戦を勝った後2桁着順が2回続いていた。どちらも先行して失速した格好だが、2戦ともに前半600mは33秒台。今回はロケットスタート、ダートに入った段階で1馬身半のリードを取って、600m34秒5と余裕の逃げが打てた。これが1番の勝因。元々調教は動く馬で、この中間は坂路から新設のウッドへと、調教法を変えていた。中身が出来たことも要因と言える。ただ、ギリギリのBランクで、昇級すればペースもキツくなるだろう。
2着 メールデゾレ 
 2着以下は3馬身半以上離された。2着のメールデゾレ、0秒6差で完全タイム差はプラス0秒3。D寄りのCランクに相当する。4コーナーで上手く外へ出して、前を追ったが、離された。3月にはBランク相当でハルサカエにハナ差2着。ナスノダケに0秒1差3着がある。秋は前走が4着、今回と完全タイム差がプラスで内容が落ちているのが気になる。この後新潟や福島を含めて、メンバーに恵まれる鞍も多くなりそうなので、一概に危険とは言わないが、メンバー次第では評価を落としたい。

  馬券Summary
美浦トレセン・新ウッドチップコースの効果
 夏のローカル開催の期間、移設・改修が行われていた美浦のウッドチップコースが、4回中山開幕週の9/3火曜から使用されるようになった。夏の間、これまでウッドで追い切られた馬たちは、坂路はもとよりポリトラックコース・芝・ダートの北Cコースなどに振り分けられて追い切っていた訳で、調教師を始め、厩舎関係者からは不満の声も多かった。今回は秋の中山開催3週目終了までの追い切りの結果から、新ウッドチップコースの効果がどう出たかを簡単に探ってみたいと思う。
美浦トレセン・新ウッドチップコースの効果
 夏開催の期間は圧倒的に坂路で追い切られる馬が多かった。それがウッドの改修に伴って、ウッドと坂路はほぼ同数を占めるようになった。以前に戻ったと見て良いだろう。そして4回中山3週目までの結果では、ウッドで追い切られた馬の勝ち鞍が坂路の勝ち馬に、ほぼダブルスコアの差をつけていた。2着・3着の数は、坂路が上回るが、総合的な勝率・連対率・3着内率は、全てウッドで追い切られた馬たちが坂路を上回っている。ちなみに、栗東で追い切られて、中山に出走した関西馬の成績も付記したが、これと比較しても勝率・連対率では美浦ウッド組の数字が、栗東組を上回っている。
 もちろんウッドと坂路の併用馬も多い訳で、中間は坂路で調教に乗って、追い切りだけウッドとか、その逆もある。一概にウッド調教馬が坂路とは言えないが、新ウッドコースを使う事によって、調教内容が向上。関西馬に劣らない負荷を掛けられるのは、確かではないだろうか。従来のウッドは、美浦の内から2番目、Bコースだった。小回りで1週がおよそ1600m。それが一番外に設置されたDコースとなって、1週がおよそ2000m。広いので、日によっては左回りの調教も可能になった。また、以前と同様に5Fから時計を出す馬が多いが、1ハロン長い6Fから計時する馬もボツボツとですが、出てきている。広いから長めの調教ができるという利点もある。さらに気象がカリカリした神経質な馬、こういったタイプは小回りよりも広いコースで追い切る事で、精神的にゆとりが出ると思う。個人的にはこの効果が大きいと考えている。
解説者:長谷川仁志(馬サブロー専属評論家)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-