2019年2回小倉12日目

開催一覧
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜は設定不能だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒台になることはなく、開催が進むにつれ時計が掛かって行った。
 月曜から金曜の朝まで毎日雨が降っていて、土曜の早朝は重だった。レースは4Rまで稍重、5R以降は良で行われたが、馬場差は変動ではなく、10日目の後半と同じだった。日曜は早朝からずっと雨が降り、完全な道悪競馬となった。馬場差は設定不能としたが、どういうことかと言うと、先週の日曜のあの馬場で、タイムの優劣を決めてもあまり意味はないと。そういう意味だと捉えてください。土曜の前半は内も伸びたが、土曜の後半は外が優勢。日曜の前半も外が伸びていたが、日曜の中盤ですね、この辺は外も傷んだのか内も来るようになって、その後日曜の後半はまた外が伸びるという、目まぐるしく変化するトラックバイアスになっていた。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス1秒4だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響度によって時計の出方が異なり、大まかに見ると、開催前半は水準レベル、後半は雨の影響で時計が出やすくなった。
 月曜から金曜の朝まで毎日雨は降り、土曜は8Rまでが重で、12Rは稍重だった。徐々に乾いて行ったので馬場差は変動で、後半ほど時計が掛かるようになっているが、まぁそれでも1日を通して脚抜きの良い馬場だったという事。日曜は早朝からずっと雨が降っていたが、1Rの時点で既に水が浮いていて、それ以上雨が降ってもあまり変わらないという感じの馬場だった。さらに昼前からは小雨になって、水分が下から抜ける分だけ上から補充されているような状況。そのため馬場差は変動でなく、1日を通して高速馬場だったが、水が浮いていたのでマイナス2秒クラスの超高速馬場ではなかった。


  タイム分析
 2019/09/01 (日)  芝=設定不可  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 エグレムニ    牡2 未勝利 1:10.9 +1.4 --- --- --- - C 7.33
4R T1200 アルバリズム    牝3 未勝利 1:10.6 +1.5 --- --- --- - D (4.00)
5R T1800 ヴェルトライゼンデ    牡2 新馬 1:51.6 +2.6 --- --- --- - C 5.00
6R T2000 イルマタル    牝3 未勝利 2:03.8 +3.0 --- --- --- - C --
8R T1200 ブリッツアウェイ    牝3 1勝クラス・牝 1:10.3 +1.8 --- --- --- - D 8.90
9R T1800 ミヤビパーフェクト    セ3 若戸大橋(1勝) 1:49.3 +2.2 -0.3 --- --- - C 6.80
11R T1200 マイネルグリット    牡2 小倉2歳G3 1:10.5 +1.9 --- --- --- - C --
12R T2600 バイマイサイド    牡4 1勝クラス 2:44.0 +4.2 -0.4 --- --- - D 7.86
 2019/09/01 (日)  ダ=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 キメラヴェリテ    牡2 未勝利 1:47.9 +0.5 --- +1.9 -1.4 E D 7.00
3R D1700 ザプラウドワンズ    牡3 未勝利 1:46.1 -0.2 --- +1.2 -1.4 E C --
7R D1700 ヒロノセンキン    セ3 1勝クラス 1:44.2 -1.0 --- +0.4 -1.4 D C 6.67
10R D1700 ゴールドラグーン    牡3 西日本ス(2勝) 1:43.8 -0.6 --- +0.8 -1.4 D C --

小倉1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
小倉3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
6着 ニホンピロハビアー 通信簿
 2番人気6着だった。スタートから仕掛けていたが、前に行けず。しかもずっと余裕がなかった。馬場が合わなかった可能性もあるが、使い詰めになった影響もありそう。繰り返すが、きつい日程になってしまう夏後半の3歳未勝利戦はちょっと難しい。
小倉6R 3歳未勝利 
15着 シャイニームーン 通信簿
 3番人気で15着だった。こちらは、間隔が空いてるのに体重が減っていた。恐らく馬体回復を待っていたけど戻りきらずに、もう最終週なのでやむを得ず使ったという感じだと思うが、まぁそれでこういう結果になってしまった。
小倉7R 3歳以上1勝クラス 注目
 3着だったノーチラスについて。
3着 ノーチラス 
 直線で前の緑の帽子、12.ロイヤルパールスを外から抜きたいが、内にもたれているのでなかなか目一杯に追えず、ゆっくりとロイヤルパールスを抜いてからようやく本格的にスパートして伸びてはいるが、間に合わなかった。これ結構脚を余しているはずで、クラスに目処は立ったと言える。オルフェーヴル産駒なので1回好走しても次にまた好走する確率は高くないと思うが、今回の3着は能力を全て発揮したモノではないので、続けて好走する確率は上がるかなと思う。
小倉8R 3歳以上1勝クラス・牝 注目
 4着だったロナについて。
4着 ロナ 
 前半が下り坂の小倉芝1200mとは言え、日曜の馬場で前半600m33秒6は速く、逃げて4着に粘ったことには価値があると思う。勝ったブリッツアウェイは4コーナーで2番手ではあったが、600m通過時点では前と結構離れていて、自身の600m通過は34秒0。ロナとは大分事情が異なる。ロナはブリンカー着用2戦目だったが、初ブリンカーだった前走はハイペースの先行で快勝。ブリンカー効果がかなりあるようで、重馬場でのハイペースの逃げてもなかなか止まらなかった。まぁ普通のペースで先行すれば、このクラスを勝てるだけの能力がありますし、恐らく直線に坂があっても苦にしないと思う。
小倉9R 若戸大橋特別 注目
 勝ったミヤビパーフェクトについて。
1着 ミヤビパーフェクト 
 タイムラインEの未勝利戦を勝っての昇級戦だったが、楽勝した。その原因はかなり悪化した馬場だと思われる。まぁ直線では1頭だけ何かフットワークが違う感じで、スイスイ走っていた。大分年上のお兄さんだが、兄のミヤビランベリはドロドロの不良馬場で2分39秒も掛かった目黒記念を5馬身差で圧勝するなど、かなり有名な道悪巧者だったが、こちらも相当な道悪巧者と思われる。良馬場の2勝クラスでは苦戦するだろうと予想するが、どこかで道悪になれば一転する可能性がある。それからミヤビランベリの弟で、なおかつ父がルーラーシップだとかなり晩成という可能性もあるルーラーシップ産駒は本格化すると速い時計の決着や速い上がりのレースを苦にしなくなるので、いずれは良馬場でも上のクラスで好走するようになるかもしれない。
小倉11R 小倉2歳S 重賞
 タイムランクはなく、メンバーランクはCだった。スタートでラウダシオン・トリプルエースと上位人気の2頭が遅れた。一方、先手を取ったのはテーオーマルクスで、4コーナーでやや外に出されて行く。600m通過33秒7は、例年の小倉2歳Sであれば遅いと言えるぐらいのペースだが、今年の馬場だとハイペース。前に行った馬の多くが苦しくなった。外から押し上げて直線入り口では3番手くらいになっていたマイネルグリットが先頭に立ったところで、内から伸びてきたトリプルエースと併せ馬になったが、マイネルグリットが競り勝った。そして3着は1番外から伸びて来たラウダシオンだった。
1着 マイネルグリット 
 マイネルグリットが勝ってこれで3戦3勝。マイネルグリットがタイムランクEだったフェニックス賞ぐらいの内容では全然足りないと思って、思い切ってと言うか、恥ずかしながら無印にしてしまったが、強い勝ち方だった。ただし、重馬場の新馬戦を勝っているように、道悪はかなり美味いはずで、良馬場の重賞ではまだ信用ならないような気がする。
2着 トリプルエース 
 そして2着は内から追い上げたトリプルエース、外から追い上げたラウダシオンが3着だった。まず2着のトリプルエースはスタート直後に両サイドから挟まれてズルっと下がってしまって、体勢を立て直すのに少し時間が掛かった。想定していたよりも後ろの位置になったとは言え、結果的に流れは向いているが、1200mのレースでスタート直後にロスがあってクビ差の負けですから、何とも勿体ない。まぁ能力の高さは見せたので、今後の活躍を期待できると思う。
3着 ラウダシオン 
 そして2着は内から追い上げたトリプルエース、外から追い上げたラウダシオンが3着だった。3着のラウダシオンは外からよく伸びたが、小倉1200mは少し忙しいんだと思う。かと言って1600mを超えて良さが出るという血統でもないが、1400mは合うという感触がある。
5着 カイルアコナ 
 1番人気のカイルアコナは5着だが、ハイペースの先行になったし、恐らく馬場の影響なのか直線ではちょっとフラフラしていた。まぁ良馬場での巻き返しを期待できると思う。

  馬券Summary
古馬との初対戦はむしろ有利
 降級制度が廃止されて、夏の1勝クラス・2勝クラスがどのような傾向になったのかシリーズ第3回。前回に続いて1勝クラスを取り上げる。今回は1勝クラスにおける昇級初戦ではない3歳馬についてだが、前回や前々回と同じく集計期間は今年の6/1から8/11までとしている。その後もう3週経過しているが、集計期間を統一するということ。それから、降級制度の廃止は夏の特に前半戦に大きく影響していると思われるので、あえて早めに期間を切ったという理由もある。まず、過去2回をちょっとまとめておくと、1つ目は「2勝クラスでは昇級初戦の3歳馬が好成績を残している。なおかつ1勝クラス、あるいは500万下を勝った時のタイムランクの信頼度が高く、さらにCランクで勝った馬でも昇級初戦で好走する事が多い」という事だった。
そして1勝クラスだが、こちらは「昇級初戦の3歳馬はそれほど好成績ではなく、特に夏になってから好タイムで勝った馬の成績が良くない」という事だった。
古馬との初対戦はむしろ有利
 さて本題に戻るが、2勝クラスでは前走でオープンに出走していた3歳馬よりも、昇級初戦の3歳馬の方が実は好成績だったが、1勝クラスでは前走でオープンに出走していた3歳馬を嫌うべきではない。前走、オープンで9着以内なら連対率は5割を超えていますし、前走10着以下でも昇級初戦の3歳馬よりは成績が良い。
古馬との初対戦はむしろ有利
 次に前走も1勝クラスあるいは500万下だった3歳馬について。前走が2歳・3歳限定の500万下だった馬と、前走も3歳以上の1勝クラスだった馬に分類してみたが、ここからわかることは古馬との初対戦というのは、全然不利じゃないという事。狙うべきはむしろ古馬と初対戦の3歳馬であって、特に3歳限定の500万下で6着以下に負けていた馬は、期待値や回収率が高い。降級制度が廃止されて、古馬との初対戦でどうかといった類の厩舎コメントは流石にかなり減ったが、まだ時々出て来る。トップクラス同士なら、夏の時点では3歳馬が古馬に対して劣勢である事は明白だが、夏の1勝クラスや2勝クラスでは3歳馬と4歳以上では在籍クラスにギャップがある。どういう事かと言うと、5月の時点の3歳500万下ってオープンの一歩手前。もう1個勝てばオープン。一方、4歳以上の5月の時点の500万下・1勝クラスというのは、最下級条件。2勝クラスに関して言えば、2勝していれば3歳馬はオープンですから。それが2勝クラス。去年までは降級でバランスが取られていたけれども、それが廃止されて完全に、能力と在籍クラスにギャップができている。そのギャップが今年からより大きくなった訳ですから、下級条件では4歳以上の方がむしろ、3歳との初対戦でどうかと心配される立場になったとのだ思う。

 秋競馬に向けて、ここ3回で取り上げたのは、あくまで夏競馬のしかも前半の傾向だという事。夏の間に勝ち上がるべき3歳馬が勝ち上がった後の秋競馬では、夏競馬のように3歳馬が圧倒的に優位という傾向が続くとは限らないと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26