2019年1回函館5日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒6からプラス0秒2への変動だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週はマイナス1秒台だったが、その後雨の影響を受けることが多く、3日目・4日目・6日目は変動だった。
 土曜については良馬場で、1週目ほどではないにしても時計の出やすいコンディションだった。日曜は雨の影響を受け、レース中も断続的に雨が降って、後半の方が時計が掛かっていた。連対馬については、大きな偏りはないものの、勝ち馬については前目に位置していた馬の方が多かった。函館は今週から2回開催に入るが、今週までは引き続きAコース。来週からの2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒4からマイナス1秒6への変動だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、ほとんどはマイナス1秒台で、良馬場だった初日・5日目でもマイナス1秒台。
 今の説明にもあったように、良馬場だった土曜でさえ、マイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだった。日曜は雨の影響で、さらに時計が出やすくなって行った。連対馬については、前めに位置した馬が多く、中団・追い込みは少なかった。


  タイム分析
 2019/06/29 (土)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 エンジェルカナ    牝3 未勝利・牝 1:09.3 -0.6 --- -0.1 -0.5 C C 7.42
4R T1800 ダンスロマネスク    牝3 未勝利 1:48.3 -1.1 --- -0.3 -0.8 C D 6.17
5R T1200 スマートカーリー    牝2 新馬 1:10.2 -0.5 --- ±0 -0.5 C D 7.00
8R T1200 スギノヴォルケーノ    牡3 1勝クラス 1:08.8 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 5.71
10R T1800 スワーヴノートン    牡5 恵山特別(1勝) 1:47.9 -0.6 --- +0.2 -0.8 C C 5.90
11R T1200 パラダイスガーデン    牝7 TVhH(3勝) 1:08.5 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 10.07
12R T2000 サウンドバーニング    牡7 洞爺湖特(2勝) 2:00.4 -0.1 --- +0.8 -0.9 D D 8.29
 2019/06/29 (土)  ダ=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 メイショウメイリン    牡3 未勝利 0:59.5 -0.4 --- +0.3 -0.7 D C 7.18
3R D1700 ジュリアヴィーナス    牝3 未勝利・牝 1:47.4 -0.2 --- +1.0 -1.2 E C 4.82
6R D1700 シンゼンストロング    牡3 未勝利 1:46.3 -1.3 --- -0.1 -1.2 C D 6.36
7R D1700 ブラックモリオン    牝3 1勝クラス・牝 1:45.9 -0.5 --- +0.7 -1.2 D D 8.83
9R D1700 ナムラカメタロー    牡3 1勝クラス 1:44.1 -2.3 --- -1.1 -1.2 A D 4.78

函館3R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
函館4R 3歳未勝利 注目
 完全タイム差はマイナス0秒3、あと0秒1速ければBランクだった。
1着 ダンスロマネスク 
 勝ったダンスロマネスクはデビュー戦6着の後、間隔を明け、前走はダートで7着。そこから中3週で芝に戻って逃げ切った。母ダンスファンタジアはフェアリーS勝ちで、祖母は桜花賞馬ダンスインザムード。曾祖母にダンシングキイにつながるという良血。6番人気だったが、先手を取ればちょっとモノが違うというレースぶりだったと言えるだろう。1番人気から3番人気の3頭が、2着から4着と追い掛けて来たが、1馬身3/4差をつける完勝だった。
2着 バイキングクラップ 
 そして1番人気のバイキングクラップが2着。G1馬ラキシス・サトノアラジンの半弟。まだ2戦目。父がディープインパクトからハーツクライに変わったが、兄弟全て勝ち上がっていますし、この馬も次走はほぼ勝てるのではないだろうか。
3着 クリッパークラス 
 3着クリッパークラスも2戦目で、外から鋭い伸びを見せており、ともに注目したい。
函館6R 3歳未勝利 注目
1着 シンゼンストロング 
 1・2着馬はどちらも前走函館初日に出走して、2着だった。で、中1週での参戦。1・2番人気だったが、1番人気カーブドシールが早めに先頭に立って、逃げ込みを図ると2番人気シンゼンストロングが3コーナーマクりを打って、追いすがるという展開。直線半ばからは完全にマッチレースになったが、最後はシンゼンストロングがクビ差で勝利。しかし、3着は7馬身離された。
2着 カーブドシール 番組注目馬
 2着カーブドシールは2走前に4コーナーで、大きな不利があって6着。前走はハナ差2着で、今回はクビ差2着。どちらも3着以下は大きく離していますので、次走は流石に勝てるだろう。大きく狙いたいと思う。
函館8R 3歳以上1勝クラス 注目
1着 スギノヴォルケーノ 
 1・2・3番人気の3頭が、後続を寄せ付けず1着から3着に入った。ただし、2番人気・1番人気・3番人気の順で、勝った2番人気のスギノヴォルケーノは3歳馬だった。これら3頭は、実は全て函館1週目からの中1週組。勝ったスギノヴォルケーノが前走未勝利勝ち。2着リーディングエッジは前走、未勝利ながら1勝クラスを勝ち、3着マイネルパッセが1勝クラス2着。
タイムランクを比較するとスギノヴォルケーノがC、リーディングエッジがD、マイネルパッセはD相当(1着馬はCだった)。つまり、タイムランクを見るだけで、3歳馬スギノヴォルケーノから古馬2頭への3連単が買えるはずではないだろうか。そう考えると、なんと2点買いで3連単1,870円はおいしい気がして来る。これに限らず、函館滞在組の前走タイムランク比較、これは今後使えると思いますので、是非使ってみてください。
2着 リーディングエッジ 
 1・2・3番人気の3頭が、後続を寄せ付けず1着から3着に入った。ただし、2番人気・1番人気・3番人気の順で、勝った2番人気のスギノヴォルケーノは3歳馬だった。これら3頭は、実は全て函館1週目からの中1週組。勝ったスギノヴォルケーノが前走未勝利勝ち。2着リーディングエッジは前走、未勝利ながら1勝クラスを勝ち、3着マイネルパッセが1勝クラス2着。
タイムランクを比較するとスギノヴォルケーノがC、リーディングエッジがD、マイネルパッセはD相当(1着馬はCだった)。つまり、タイムランクを見るだけで、3歳馬スギノヴォルケーノから古馬2頭への3連単が買えるはずではないだろうか。そう考えると、なんと2点買いで3連単1,870円はおいしい気がして来る。これに限らず、函館滞在組の前走タイムランク比較、これは今後使えると思いますので、是非使ってみてください。
3着 マイネルパッセ 
 1・2・3番人気の3頭が、後続を寄せ付けず1着から3着に入った。ただし、2番人気・1番人気・3番人気の順で、勝った2番人気のスギノヴォルケーノは3歳馬だった。これら3頭は、実は全て函館1週目からの中1週組。勝ったスギノヴォルケーノが前走未勝利勝ち。2着リーディングエッジは前走、未勝利ながら1勝クラスを勝ち、3着マイネルパッセが1勝クラス2着。
タイムランクを比較するとスギノヴォルケーノがC、リーディングエッジがD、マイネルパッセはD相当(1着馬はCだった)。つまり、タイムランクを見るだけで、3歳馬スギノヴォルケーノから古馬2頭への3連単が買えるはずではないだろうか。そう考えると、なんと2点買いで3連単1,870円はおいしい気がして来る。これに限らず、函館滞在組の前走タイムランク比較、これは今後使えると思いますので、是非使ってみてください。
函館9R 3歳以上1勝クラス タイムA
 基準より1秒1速い勝ちタイムだった。4.スマートセラヴィーが逃げていたが、4コーナーに差し掛かって2番手にいた8.ナムラカメタローが並び掛けて行く。そして直線に入ると、ナムラカメタローが抜け出しリードを広げて行った。それを追って6.ヨハンが上がって来るものの、3馬身半差でナムラカメタローが1着。2着がヨハン、その後5.サンライズナイトが3番手で入線した。ナムラカメタローはダートに転じて2走目、距離延長で勝ち上がった。前半から平均よりやや速いペースで入り、最後の200mこそ12秒8掛かったが、あとは全て12秒5以下のラップを踏んだ。流石に逃げたスマートセラヴィーは一杯になったが、2番手を進んだナムラカメタローは余裕十分。あっさり抜け出すと、2着に3馬身半差をつけて圧勝してしまった。1・2着馬は3歳馬だが、5・6番人気。ナムラカメタローはここまでダートは1戦して5着。2着馬ヨハンは出遅れて後方からというレースが多く、ここれほど前に行けるとは思われていなかったんでしょうね。他に2・3番人気の3歳馬もいたが、シンライ・スマートセラヴィー。人気のない方の3歳馬が好タイムで1・2着というのはちょっと、馬券的には難しかったのかもしれない。
1着 ナムラカメタロー 勝ち馬注目
 勝ったナムラカメタローは前走4ヶ月ぶりで、東京ダート1400mを使い5着。そこからの中1週だった。これほどの変身を予想するのは難しかっただろうか。いずれにせよ、このタイムで勝てるなら上のクラスでも十分通用すると言える。

  馬券Summary
3歳馬vs古馬
 やっぱり下級条件ほど、降級馬がいなくなったので、3歳馬が強いという印象はあるが、果たして本当はどうなのか。3歳以上1勝クラス・2勝クラスにおける6/1から6/23まで4週間分の年齢別成績を出してみた。
3歳馬vs古馬
1勝クラス・2勝クラスともに3歳馬優勢とは出た。ただし、まず1勝クラスの方は3歳馬の数も結構多いですから、3歳馬の中からどれを選ぶかが、やはり重要となってくる。また、3歳馬による上位独占というのは意外に少なくて、4歳馬・5歳馬も1頭は絡んでくるというケースが多い。ただし、6歳以上はほぼ無視で良いんじゃないかという結果になっている。
それから2勝クラスだが、もうこれは勝率・連対率・3着内率断然なので、狙いたいが、意外に3歳馬の絶対数が少ない。ですから、出てきたらともかく狙ってみたいが、相手は3歳同士というのは、そんなに居ないので、相手はやはり4歳馬・5歳馬。穴でこの2勝クラスの場合は、6歳以上の馬も穴をあける事がまぁまぁあるというデータが出ている。
なお、3勝クラスだが、期間中3歳馬は1頭も出走していない。3勝するような馬というのは、オープンか重賞を勝っていますから、3勝クラスには止まっていない。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26