2019年2回函館2日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。連続開催ですので、ここまで8日間の芝の馬場差を確認しておくと、雨の影響度によって時計の出方が異なる。ただ、1回函館前半と比較すると、時計は掛かってきている。
 確かに良馬場ではあったが、週半ば全く雨が降らなかった訳ではなかった。その上Aコース使用4週目で、時計の出方としては水準レベル。ただ、今週からBコースに変わるので、マイナス方向に戻るかもしれない。連対馬の脚質には目立った偏りはなかった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、馬場発表に関わらず、速い時計の出るレベルで、最も水準寄りでもマイナス0秒9。
 ダートも土日ともに良馬場だったが、それを考えればやはり時計の出やすいコンディション。上位馬を見ると、勝ち馬については逃げ・先行が優勢だったが、差し馬も届いていない訳ではない。


  タイム分析
 2019/07/07 (日)  芝=±0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 メイショウナパワン    牡2 未勝利 1:10.6 +0.1 --- +0.1 ±0 C D (5.00)
4R T1800 ナックゼウス    牡3 未勝利 1:49.7 +0.3 --- +0.3 ±0 C D 6.43
5R T1800 オーソリティ    牡2 新馬 1:54.9 +4.3 -1.2 +3.1 ±0 SL D 5.80
7R T1200 ハイヤーアプシス    牝5 1勝クラス・牝 1:09.3 -0.1 --- -0.1 ±0 C D 8.50
8R T2000 セントレオナード    牡3 1勝クラス 2:02.2 +1.0 -0.4 +0.6 ±0 D D 5.29
10R T1200 デルマキセキ    牝4 立待岬特(1勝) 1:09.5 +0.1 --- +0.1 ±0 C D 8.75
12R T1800 リンディーホップ    牝4 かもめ島(2勝) 1:49.0 +1.2 -0.4 +0.8 ±0 D D 6.50
 2019/07/07 (日)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 テイエムメロディー    牝3 未勝利 0:59.9 ±0 --- +0.5 -0.5 D D 7.50
3R D1700 ハッシュゴーゴー    牝3 未勝利 1:47.9 +0.3 --- +1.2 -0.9 E D 4.60
6R D1700 マイネルストラトス    牡5 1勝クラス 1:45.2 -1.2 --- -0.3 -0.9 C D 6.00
9R D1000 スリーランディア    牝5 2勝クラス 0:58.9 +0.3 --- +0.8 -0.5 E D 8.14
11R D1700 リアンヴェリテ    牡5 マリーンH 1:43.3 -0.9 --- ±0 -0.9 C D 8.20

函館3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
函館5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1000m通過が1分5秒9の超スロー。上がり600mだけの勝負となってしまい、補正しきれずタイムランクSLとなった。
1着 オーソリティ 
 勝ち馬オーソリティは母の母がシーザリオですから、エピファネイアやサートゥルナーリアの近親になる。デビュー戦から素質は見せた。
函館6R 3歳以上1勝クラス 注目
 完全タイム差はマイナス0秒3で、あと0秒1速ければBランクだった。
1着 マイネルストラトス 
 逃げると思われていた2番人気オメガレインボーが出遅れ。左右の馬に挟まれて、後方からになってしまった。これでチャンスを得たのがブラックカード。3コーナー手前から、もう先頭に立つと一気にスパート。直線では2番手を離したが、ここへ来たのが1番人気マイネルストラトス。直線では2番手に上がって、残り100mでブラックカードを捕らえると、ゴールでは3馬身差をつけていた。いきなりは難しいかもしれないが、上のクラスでも十分通用しそう。
2着 ブラックカード 
 2着以下は差をつけられていますし、ブラックカードも逃げ馬の出遅れという有利な材料があった。次走は狙いづらい。
7着 オメガレインボー 
 あえて狙うとするなら、今回出遅れた7着オメガレインボーだろう。次走は人気が無ければ無いほど、狙い目がある。
函館9R 3歳以上2勝クラス タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ダート短距離、両雄並び立たず
 ちょっと格好良いタイトルにしてしまったが、夏競馬に入って函館・福島・中京の全レースにおいて、1・2着が1番人気と2番人気で決まったレース、どのくらいあるかということだが、6月中の函館6日間と福島・中京各2日間、計120レースの内、なんと24レースある。ちょうど1/5の確率。1番人気・2番人気で決まったレース。これは僕はこんなにあるとは思わなかったが、しかしこれを1200m以下のダート短距離戦、実は15レースあったが、これに限って見ると、どうか。なんと6/22ヤマメの勝った函館6Rダート1000mの新馬戦だけ。僅か1レース。確率が急に1/15に下がってしまう。全体だと1/5なので、ダート短距離だと1/15になる。どうしてそうなるか、これは色々考えたが、先ほどタイム分析でも取り上げた、アカネサスが勝った先週の土曜函館9Rの1000m戦、ここにこの理由が凝縮してるように思えた。
どう見ても能力はノボシュンシュンとアカネサスが抜けていた。この2頭に馬連もかなり被っていたが、まぁ当然これら2頭の力は拮抗していて、しかもいずれも前に行く馬だった。そうなるとどうしてもお互いがお互いを意識するので、そしてどちらも相手を負かしに行きたい訳で、結果はアカネサスが勝って、ノボシュンシュンが大敗と。こういうケースがやっぱり、結構多いんじゃないかなと。自分の馬券とかも考えても思った。 やっぱりそろそろね我々は、そろそろと言うか、もう既にそうされている方も多いかもしれないが、そろそろ我々はダート短距離の馬券を考え直さないきゃいけないんじゃないかと思う。ダート短距離は強い馬2頭では決まらない。これを頭の片隅に入れると入れないではだいぶ違うのかなと。そういう風に思った。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26