2019年3回中山1日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒1への変動、日曜がマイナス0秒2だった。連続開催ですので、まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響度によって、時計の出方が異なる。前の開催3日目・7日目・8日目は速い時計の出るレベル。一方、前の開催4日目は、時計が掛かっていた。
 この中間、雨は降らなかったが、土曜朝10時頃から昼過ぎまで断続的に細かい雨が降り続いた。この日は冬並みに寒くて、余計に表面が湿って、水分を吸収した模様。Aコース5週目、ただでさえ先々週より時計の出方は鈍くなっていたが、雨の影響でより標準方向へ傾いた。土曜の馬場差は変動。レースを追うごとに掛かって行った。ただ、それでも大きく時計を要するところまでは行っていない。日曜は晴天になった。気温も上がったが、馬場差は土曜午前のものには戻らなかった。芝の9鞍中4鞍が逃げ切り勝ちだが、内3鞍は補正の入ったスロー。普通の流れなら差し馬も届いていた。残り3週はBコースが使用される。コースが変わって、気温の上昇で芝の生育が進めば、時計の出方は速まって行く事だと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2からプラスマイナスゼロへの変動、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておく。まず1800mは前の開催3日目以降は大きく時計を要することはないが、良馬場では基本的に少し時計の掛かるレベル。1200mについては、全てマイナスの数値だが、良馬場では基本的に水準に近いレベル。
 芝同様に、土曜は雨の影響を受けた。中・長距離は前開催7日目、つまり先々週土曜の良馬場時と同じプラスの数値で始まって、中盤の6Rにプラス0秒1。12R時にはプラスマイナスゼロと、大きな動きではないが、速まって行った。1200mも同じだが、こちらは最初から速い時計の出る馬場。後半は高速寄りにシフトして行った。脚質的には、好位勢が割と踏ん張っている。日曜は天候が良くて、気温が上昇して乾きが進行した。表面が白さを増して、砂煙も立ち上っていた。1800m・1200mともに土曜は朝の段階よりも、時計を要していた。一転して後ろの決着が多くなった。


  タイム分析
 2019/03/23 (土)  芝=-0.5 → -0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 スイートセント    牝3 未勝利 1:35.7 -0.2 --- +0.2 -0.4 C D 5.62
5R T1800 アルママ    牡3 未勝利 1:50.7 +1.0 -0.3 +1.1 -0.4 E D 6.80
9R T2000 エアジーン    牝3 ミモザ賞500 2:02.1 +0.1 --- +0.3 -0.2 C C 8.78
11R T2500 メイショウテッコン    牡4 日経賞G2 2:34.2 +1.3 -0.5 +0.9 -0.1 D C 8.00
 2019/03/23 (土)  ダ=+0.2 → ±0 / 1200m=-0.5 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ペイシャキュウ    牝3 未勝利・牝 1:56.6 +0.9 --- +0.7 +0.2 D D 8.21
2R D1200 アミュリオン    牡3 未勝利 1:12.8 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 9.80
3R D1800 アイヅリュウコ    牡3 未勝利 1:56.4 +0.7 --- +0.5 +0.2 D D 6.71
6R D1800 ハヤヤッコ    牡3 500万下 1:54.3 -0.4 --- -0.5 +0.1 B C 7.33
7R D1200 ジェットコルサ    牡7 500万下 1:11.2 -0.7 --- ±0 -0.7 C D 7.87
10R D1200 アシャカダイキ    牝5 春風S1600 1:10.6 -0.1 --- +0.7 -0.8 D D 8.75
12R D2400 オメガドラクロワ    牡5 1000万下 2:37.6 +2.6 -0.9 +1.7 ±0 E D 8.78

中山5R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山6R 3歳500万下 タイムB
 このレースの勝ちタイムは基準タイムより0秒4速いモノだった。1800m対象の馬場差がプラス0秒1だった事を踏まえると、 -0.4-(+0.1)=-0.5 で基準より0秒5速い勝ちタイムだった。白毛馬ハヤヤッコがダートに転じて4走目で勝ち上がった。
1着 ハヤヤッコ 
 ハヤヤッコの前走2着は4コーナーの不利が影響した。今回はスムーズに外めを追走して、直線は余裕を持って逃げ馬を交わして3馬身半差。強かったと思う。ユキチャンとブチコ、シロニイの甥にあたる白毛一族だが、この血統にしては気性が素直で、どんな競馬でもできる。番組にもよるが、オープンのダート戦でも相手なりに走れそうな、そんな1頭だと考える。
2着 ゴルトマイスター 
 2着以下は3馬身半以上離された。2着のゴルトマイスター、ハヤヤッコに0秒1及ばなかったのが前走の3着。今回は0秒6差と、着差が大きくなった。まずこれはスタートの出遅れが要因。まず発馬を決めることだが、大きな馬体を持て余している面もあって、現状能力だけで走っている。そんな印象がある。500万下なら力は断然上だが、常に人気だけに印とか扱いが難しいタイプ。
3着 ハヤブサナンデクン 
 3着のハヤブサナンデクン、昨年末の新馬戦は楽勝だった。ただ、タイムランクはEだった。それ以来3ヶ月半ぶりの実戦で、12キロ増の馬体にも余裕があった。スローに近い逃げから、差して来て4着のカナシバリに肉薄されたのはちょっと物足りない。そんな気もするが、Cランクにランク自体は上げていて、叩いた次走はガラッと変わって来そうな、そんな雰囲気がある。
中山7R 4歳上500万下 
1着 ジェットコルサ 解説危険
 今回が3ヶ月半ぶりで1着。4コーナー5番手から抜けて、2着に0秒2差と勝ち方が強かったですし、完全タイム差はプラスマイナスゼロでも勝ち時計のダート1200m1分11秒2は10Rの1600万下に0秒6差。見た目優秀に映る。まぁ1000万下なら人気になる可能性も低くないと思う。ただ、以前半年ぶりを2着した次走が9着。5ヶ月ぶりを2着して次走3着など、私には久々が狙い目であって、使い減りするタイプという印象がある。まして昇級と来ては次走は静観するのが賢明と判断した。
中山11R 日経賞 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。スタートでアクションスター・ブラックバゴらが遅れる。一方先手を取ったのは内枠のメイショウテッコンだった。メイショウテッコンも必ずしもロケットスタートではないが、すぐハナを切って4コーナー。エタリオウがこれを懸命に追う。直線は交わせるのかなといったシーンがあったが、ここから武豊の追い出しで、メイショウテッコンしぶとい。3着は内から青い帽子のサクラアンプルールが伸びて来る。その外からハッピーグリン。ルックトゥワイスは4コーナーの位置では届かなかった。
1着 メイショウテッコン 
 メイショウテッコンが逃げ切った重賞2勝目となった。1枠1番からハナを切って、序盤はスロー。残り1000mからエタリオウが2番手まで順位を上げて、ここから11秒台が800m続いた。このペースアップにも動じず、ラストは突き離して完勝だった。出遅れて途中から一気にスパートして失速した、前走の日経新春杯がガス抜きになって、状態が上がっていたんだと思う。天皇賞・春でも行ききれば怖いと思うが、武豊騎手が連続して乗れるかどうかわからない。ユーキャンスマイルがいるので。また距離も少し長い気もしている。
2着 エタリオウ 
 その後1番人気のエタリオウが2着、サクラアンプルールは昨年と同じく3着だった。2着エタリオウは、これで7回目の2着。菊花賞のハナ差惜敗に加えて、G2で2着が3回ですから、最強の1勝馬と呼ばれるのも最もだと思う。ただ、今回は相手に展開上のアドバンテージがあったとは言え、0秒2離された点に不満も残る。休養明けでもあり、京都の3200mに変われば、一変してくると思うが、2着以内が安泰とまでは言えない気もしている。
3着 サクラアンプルール 
 その後1番人気のエタリオウが2着、サクラアンプルールは昨年と同じく3着だった。3着がサクラアンプルール。内の好位直後で脚を溜めて、直線も最内だった。全くロスのない騎乗だった。2年連続の3着だったが、今年の場合、上位2頭とは底力の差が大きかったと思う。
5着 ゴーフォザサミット 
 5着のゴーフォザサミット、スローの3番手から流れ込んだだけと言った内容だが、18キロ増の馬体には余裕があった。調教の動きは、休養の前よりも良くて、絞れて来れば変わってくると思う。
6着 ルックトゥワイス 
 それから6着のルックトゥワイス、脚質的に今回は展開が向かなかった。その一言だが、戸崎騎手は走りのリズムがいつもと違うと、コメントしていた。少し体調面にも原因があった。そんな気もしている。
中山12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
中山内回り、1800mの馬、2000mの馬
 連続開催の中山、先週から後半に入った。前半の開催を見ていて、1つ気がついたことがある。月並みではあるが、同じ中山内回りでも芝でも1800mと2000mでは微妙に質が異なる点。3/9に行われた中山牝馬ステークスで、1番人気のノームコアは7着に敗れた。道中は後方を進んで、直線内を突いたが、馬群が密集して脚を余した。なぜこうなったかと言うと、1800mは1コーナーまでの距離が短くて、前目の位置につけられなかったから。同じ内回りでも2000mの昨秋の紫苑ステークスでは、1コーナーまでの距離が長いために、好位につけることができて楽勝している。中山巧者でも、ベストは2000mであって、1800mでは危険な人気馬だった。まぁ考えてみれば、出遅れた愛知杯で2着したのも、2000mだから届いた。その公算が高かったと思う。
 その翌週のフラワーカップでは、1番人気のエールヴォアが0秒4差の2着。逃げたコントラチェックの影を踏めずにゴール前で3着馬をハナ差交わして2着に上がるのがやっとだった。楽勝した前走のエリカ賞の阪神2000mとでは、4コーナーでの反応が違いすぎた。これもベストは2000mだった可能性が高い。昨年10月に1800mの2歳未勝利戦を圧勝してるが、あれは阪神外回り。中山の内回り1800mは忙しかったんだと思う。
 差し馬だけではない。逃げタイプのオスカールビーは、1800mの富里特別で失速して5着。しかし、次走2000mの平場戦でアタマ差2着に粘っている。ペースや相手関係もあるとは言っても、1800mはコーナーまでの距離が短く、ハナに行ききるまでに脚を使ってしまう。また、他馬の出方も速くなる。それが2000mではコーナーまでの距離があるので、前半のスピードの乗りが良くて、余裕を持って逃げのパターンに持ち込める。そんな気がする。
 あとウインプライトは1800mでも2000mでも勝っているが、どちらかと言うと、1800mがベストだと思う。中でも、中山のこの距離では3つの重賞を制している。ただ、今年の中山記念はG1馬が5頭。格下感が否めないで、5番人気で止まっていた。キーポイントは昨年56キロで2着だった2000mの中山金杯を、今年は58キロのトップハンデで勝ちきったこと。それだけ昨年より力をつけていて、十八番の距離なら・条件なら相手強化でも頭から狙って行けた。
 中山の場合、器用な馬は1800mがベストの馬でも、2000mをこなしてしまうケースが多い。ただ、不器用なタイプの馬には2000mから1800mへの200mの短縮が影響しやすくなっている。パフォーマンス上の派手さに騙されないで、よくその馬の特性を見極める。それが重要だと思っている。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-