2019年1回阪神7日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒8だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、5日目までは速めの時計が出るコンディションだったが、6日目は雨の影響で時計が掛かって行き、先週は土日ともにプラスの数値だった。
 金曜の夜から土曜の朝にかけて雨が降り、土曜は稍重だった。それほど含水率は高くなかったが、6日目よりも結構時計が掛かるようになった。6日目に雨の中でレースは行われ、見た目以上に芝がダメージを受けている模様。日曜はレース中に小雨が降っていた時間帯もあって稍重のまま。芝の傷みが進んで、少しだけ時計が掛かるようになった。今週までAコースが使用されるので、傷んだ部分がカバーされることはない。完全に乾いた馬場なら、馬場差は水準に近づくはずだが、速い時計が出るようにはなりそうもない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒4だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値。ただ終日良馬場だったのは、2日目だけで3日目以降は全て稍重発表だったが、マイナス1秒台の馬場差になった日はない。
 金曜の夜から土曜の朝にかけて雨が降り、日曜は日中に時折小雨降っていたので、土日ともに稍重だった。馬場差も土日とも同じだった。


  タイム分析
 2019/03/16 (土)  芝=+0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1800 ラシェーラ    牝3 未勝利・牝 1:49.6 +1.4 --- +0.9 +0.5 E C 8.81
5R T2000 トーセンスカイ    牡3 未勝利 2:03.3 +1.1 --- +0.6 +0.5 D D 6.27
6R T1200 セプタリアン    牡3 500万下 1:10.4 +0.9 -0.2 +0.4 +0.3 D C 7.75
9R T1800 ワイプティアーズ    牡4 須磨特別1000 1:47.3 +0.9 --- +0.4 +0.5 D D 6.33
11R T2000 ヴェロックス    牡3 若葉S 2:02.1 +1.6 -0.4 +0.7 +0.5 D C 6.00
 2019/03/16 (土)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 レディマドンナ    牝3 未勝利 1:54.9 +0.3 -0.8 -0.1 -0.4 C D 6.30
2R D1400 タゴム    牡3 未勝利 1:26.6 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D 9.50
3R D1800 キャノンバローズ    牡3 新馬 1:56.6 +1.7 --- +2.1 -0.4 E D 10.62
7R D1800 ワタシノロザリオ    牝5 500万下・牝 1:53.0 -0.1 --- +0.3 -0.4 C D 5.89
8R D1400 カミノコ    牡4 500万下 1:25.2 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 8.58
10R D1200 ヒロシゲゴールド    牡4 なにわS1600 1:10.4 -0.7 --- -0.4 -0.3 B C 8.60
12R D2000 エルリストン    セ6 1000万下 2:05.7 +0.1 -0.6 -0.1 -0.4 C C 8.00

阪神2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。3着のマサノバルサーについて。
3着 マサノバルサー 
 ダート短距離の内枠で出遅れるという最悪のパターンだったが、直線でよく伸びて来た。出遅れて直線に入るまでは後方待機。そして直線だけで伸びて来たというパターンだと、過大評価は禁物だが、4コーナーで外を回ってステッキを入れながら上って行こうとして、しかし外を回っているので、あまり差を詰められないという状況に陥ってから伸びて来て居る。なおかつ、直線でもしばらく内にもたれるのを肩ムチで修正していて、目一杯に追えていない。ラスト150mぐらいの伸びは目立つもので、脚を余した印象さえある。何しろEランクのレースなので、次は勝てるとは言えないが、そのうち勝ち上がれそう。
阪神3R 3歳新馬 タイムE
 基準より2秒1遅い勝ちタイムだった。3着のワンダータジャムについて。
3着 ワンダータジャム 
 馬体が太めでして、スタートは互角に出たが、ダッシュがつかず前半は後方に置かれてしまう。その後3コーナー手前から、外を回って上がって行くが、ここで既にステッキが入っていた。そのままズーッと外をマクって行って、ここでかなり脚を使っているが、直線でもバテることなく、最後までしっかり走っていた。これまた先ほどと同じように、Eランクのレースなので、次は勝てるとは言えないが、晩成タイプが多いエンパイアメーカー産駒で、仕上がり途上でのデビューだっただけに、使っての上積みは大きいはず。3着でもEランクだからという理由で、評価を下げるべきではないと思う。
阪神4R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神10R なにわS タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ヒロシゲゴールド 勝ち馬注目
 ヒロシゲゴールドが逃げ切って、ダート1200mで3連勝。ブリンカー着用で一変したヒロシゲゴールドが怒濤の3連勝。今回も全く危なげのない逃げ切りだった。ダート短距離の逃げ馬というのは、大体どこかでクラスの壁に当たるモノだが、タイムの優秀さと勝ちっぷりの良さからすると、いきなりオープンで通用しても不思議はない。
2着 ニホンピロタイド 番組注目馬
 2着以下は2馬身以上離された。ヒロシゲゴールドが逃げ切ると、2着・3着には差し馬が来るのがお約束のパターンだが、2着のニホンピロタイドは展開に恵まれたという感じはしない。1400mの1000万勝ちはEランクで、今回が実は初めての1200mだったが、むしろ1200m向きなのだろう。今回は休み明けで太めでもあったので、使っての上積みもあるはず。ならば次走も上位候補。
3着 テーオージーニアス 
 3着のテーオージーニアスは直線で伸びているが、ニホンピロタイドには完全に競り負けている。ただし、昇級戦で今までよりも前に行っているので、内容は悪くないと思う。
4着 ロードエース 
 そして4着のロードエースは最初にヒロシゲゴールドと先行争いをしていて、そのまま離されずに着いて行ったが、直線で突き放されると力尽きた。ただ、ヒロシゲゴールドの連勝中に2番手でついて行った馬は、みんな同じように力尽きているので、これは仕方のない結果だと思う。500万下で2番手追走から5着まで落ちてしまったメイショウジーク、これが次走で勝っているように、ロードエースも次走で見直せると思う。
阪神11R 若葉S 注目
 皐月賞トライアルですから触れておく。
1着 ヴェロックス 勝ち馬注目
 まず勝ったヴェロックスは番組注目馬だったが、まぁ期待通りの走りで楽勝だった。現状、サートゥルナーリアがちょっと抜けた存在で、他は団子状態という勢力図。なおかつ、サートゥルナーリアが休み明けで出てくる皐月賞ではチャンスがあるはず。これまで状態が一息だった時とか、レースで不利を受けた時にしか負けていない。
2着 ワールドプレミア 
 2着のワールドプレミアは思った通り、内回りのコーナー4つのコースは合わなかったが、力で伸びて来た。ただし、皐月賞は多頭数の内回りなので、さらにこの馬にとって条件は悪くなる。

  馬券Summary
デビューが遅くなった馬の2戦目
 3月になると、3歳未勝利戦で初出走馬が上位に来るケースが増えて来る。そういう馬は2戦目で人気になりやすいが、どの程度の信頼性があるのかというテーマ。それを検証するために、2014年以降の3月に未勝利戦でデビューして、初出走ながら5着以内に入った馬、これが次走の未勝利戦でどのような成績を残しているのかを調べた。なぜ2014年以降の3月を集計するかというと、2014年以降は3月に未勝利戦でデビューする馬が一気に増えるざるを得ない、そういう番組なっているため。具体的には芝の新馬戦が2回中山と1回阪神の1週目に行われる2000mが最後で、ダート短距離の新馬戦もこの開催の2週目が最後という現行の番組は2014年以降は続いているということ。
その後は新馬戦がダート1800mだけになるので、未勝利戦でデビューする馬が一気に増えますし、そこでいきなり上位に来る馬も増えるということ。また、5着以内で区切る理由は、5着以内に入れば中3週以内なら優先出走権があって、出走間隔を選べるから。
デビューが遅くなった馬の2戦目
さて、ようやく本題に入るが、2戦目の信頼度はデビュー戦からの間隔が鍵となっている。まず、中1週で臨んだ馬は勝っていない。中2週・中3週、そしてその後の中4週から8週と間隔が開く程、勝率も連対率も高くなっていく。中9週以上になると、休み明けのようなモノなので少し下がるが、それでも中1週で臨むよりはマシという成績になっている。デビュー戦が3歳の3月になるということは、成長が遅いとか体質が弱いとか、デビュー前に故障したなど、何らかのネガティブ要素があることが大半。そういう馬がデビュー戦で好走すると、反動が出やすい。それが中1週での成績の悪さにつながっていると思われる。
デビューが遅くなった馬の2戦目
 3月になると番組の都合によって未勝利戦でデビューする馬が増えるので、3月を集計したが、1月や2月でも事情はあまり変わらない。今年1月・2月の新馬戦の除外ラッシュが例年以上に激しかったので、もうその時点で未勝利戦でデビューしてしまう馬が結構多かったが、そこで5着以内に入って中1週で2戦目に臨んだ馬が今年3頭いて、全て4着以下だった。3頭中2頭は2戦目に1番人気になっていて、これは人気馬を消す手段としてはかなり有効だと思う。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-