2019年4回東京2日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス2秒0、日曜がマイナス1秒9だった。
 金曜の雨の影響が残って、良馬場とは言え乾いたコンディションではなかったが、まぁ速い時計の出る馬場だった。脚質面でも偏りはなかった。枠順やコース取りに関係なく、東京らしく多彩な脚質の馬が上位に来ていた。4回東京は2週目となる今週が3日間開催で、トータル9日間の開催で3週目まではAコースが使用される。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒0への変動、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒2への変動だった。
 雨の影響が残って、土曜の朝は重馬場でスタート。実際、脚抜きの良い馬場で速い時計の出るコンディションだった。後半は乾いて馬場差は水準方向へ動いたが、それでもマイナス1秒台で推移した。日曜は土曜よりも乾いて、さらに水準方向へ動いて、水準レベルに近づいて行った。ただ、馬場差の変動はあったものの、脚質の偏りは少なく、東京らしい脚質不問の地力勝負が多かった。それでも人気通りに決まった訳ではない点に注意が必要。そのせいか、どうもレベルの高いレースが少なくなってしまった。


  タイム分析
 2019/10/06 (日)  芝=-1.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ヴァルナ 牡2 未勝利 1:36.4 +0.4 -0.5 +1.4 -1.5 SL D 9.20
4R T1400 バトルカグヤ 牝2 新馬 1:24.4 +0.9 -0.5 +1.7 -1.3 SL D 9.44
5R T2000 サクラトゥジュール 牡2 新馬 2:05.3 +2.6 -1.5 +3.0 -1.9 SL C 8.30
8R T1600 モズダディー 牡4 2勝クラス 1:33.5 -0.7 -0.3 +0.5 -1.5 D C 5.43
9R T2400 アフリカンゴールド セ4 六社SH(3勝) 2:25.8 +0.3 -0.9 +1.7 -2.3 SL C 7.29
11R T1800 ダノンキングリー 牡3 毎日王冠G2 1:44.4 -1.2 --- +0.5 -1.7 D B 7.20
 2019/10/06 (日)  ダ=-0.6 → -0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 ホットミスト 牝2 未勝利 1:39.0 -0.6 --- ±0 -0.6 C D 9.00
2R D1400 スズカコーズマンボ 牡2 未勝利 1:27.1 +0.8 --- +1.3 -0.5 E D 7.64
6R D1600 ネオブレイブ 牡3 1勝クラス 1:38.9 +0.9 --- +1.3 -0.4 E D 6.33
7R D1300 デュアルマンデート 牡4 1勝クラス 1:19.1 +0.6 --- +0.8 -0.2 E E 7.92
10R D1400 アディラート 牡5 グリーン(L) 1:23.4 +0.4 --- +0.6 -0.2 D D 7.60
12R D1600 バトルスピリッツ セ5 2勝クラス 1:37.8 +0.6 --- +0.8 -0.2 D D 10.40

東京2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
東京3R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京4R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京6R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
東京7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
東京9R 六社S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 アフリカンゴールド 
 勝ったアフリカンゴールド、最近は逃げ馬を特定しづらいレースが多くて、このレースもそうで、案の定SLランクになった。従って、この馬のように好位で流れに乗っていけるタイプが非常に有利。上手く折り合いをつけたという事で、この馬に軍配が上がったが、素質的にここまでは通過できる器ですから、次走が試金石になると思う。
2着 トラストケンシン 
 2着トラストケンシンは勝ち馬と同じ位置にいたが、こちらは4コーナーでもたついてしまって、ちょっと追い出しが遅れてしまった。ただ、真っ直ぐ走れる左回りは合っている。急速なペースアップに対応できなかっただけ。
3着 ミスマンマミーア 
 3着のミスマンマミーアは、決め打ちして後方から大外一気。これはこの馬の戦法ですから仕方ないが、不向きな展開の中よく伸びて、クラス通用の能力は示した。
4着 ロサグラウカ 
 4着のロサグラウカは上手く先行力を活かしきったと思う。まぁ放牧を挟んで体調が整ったようですから、今期はもう少し頑張れると思う。
5着 バレリオ 
 5着のバレリオ、内から一瞬伸びかかって止まってしまった。1頭になってフワッとしたと津村騎手はコメントしている。ただ、力が通用する事は示したんじゃないだろうか。
10着 オジュウチョウサン 
 秋最初のレースとして注目されたオジュウチョウサン、1番人気だったが10着だった。昨年の有馬記念とは全く異質のレースですから、上がり45秒7-33秒9、この速い上がりにこの馬が対処できるというのはちょっと無理ですし、瞬発力で見劣ったというのは、これはやむを得ないと思う。
東京10R グリーンチャンネルC 注目
1着 アディラート 
 勝ったアディラート、この馬戦績通りダート1400mがベスト。1200mでは忙しくて、まぁ1600mでは長いというタイプ。砂を被らない外枠というのは、この馬にはかえって好都合で、ハイペースを先行して押し切る強い内容だった。
2着 ショーム 
 2着のショームは、折り合い重視で乗らざるを得ないので、どうしてもあの位置取りになってしまうが、おあつらえ向きの展開で内を捌いて一気に伸びて来た。それにしてもこの馬、前に取り付く脚の速さが非常に速い。
3着 ワンダーリーデル 
 そして3着以下はショームから3馬身以上離された。まず2番人気のワンダーリーデル3着だった。ここまで離されれるとは思わなかったが、1400mのハイペースで脚が溜まらなかったと見るべきだろう。今なら1600mの方がレースはしやすそう。
4着 ベストマッチョ 
 4着のベストマッチョはハイペースを先行して粘ったのですから、これは中身の濃い4着。恐らくダート1400mだけを使って行けば安定して走れると思うが、1200mではダメ。
5着 デュープロセス 
 それから1番人気のデュープロセス5着だった。体は増えていたが、太め感のない仕上がりだった。思っていたポジションよりも後ろになっていたが、1400mでこのペースだとあの位置になってしまう感じがした。ちょっと脚も溜まっていなかった感じで、叩いた次走は巻き返せるのではないだろうか。
12着 イーグルバローズ 
 あと3番人気のイーグルバローズは12着だった。こんなに負ける馬ではありませんから、今回は体調が整っていなかったと見て良いと思う。
東京11R 毎日王冠 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはBだった。スタートが揃わずに、特にダノンキングリーが遅れて最後方。アエロリットが先手を取って行く。ほぼアエロリット、予想通りの展開で、前半の1000mが58秒5だった。馬場・ラップを考えると、これはかなり緩やかな流れで、アエロリットと2番手のインディチャンプの2頭の先行決着になるような、そういう流れだったと見て良いと思う。しかし、1頭だけ瞬発力が秀でた馬がいたと。これがまぁ勝ったダノンキングリーで、鮮やかだったと思う。
1着 ダノンキングリー 
 3歳馬ダノンキングリーが鮮やかに差し切った。出遅れについては、ゲートの体勢が悪かったからだが、私は皐月賞とダービーで、結構きつい競馬をしていますので、今回外枠で引っかかるリスクがあったと思う。ですからむしろ出遅れというのは、私自身は良かったと思っている。あの位置にいても、この馬は絶対切れるという確信もありましたし、一度はこういうレースをして欲しかった。ですからいかにもディープインパクト産駒らしい、レースをして今後に非常に視界が広げる良いレースだったと思う。
2着 アエロリット 
 その後2着がアエロリット、3着にインディチャンプ、4着はペルシアンナイト。ここまで人気通りの決着だった。2着のアエロリットは昨年より前半のペースはちょっと速いが、速い分後半で自分自身のラップが減速していますのえd、まぁまぁ帳尻の合った逃げで、昨年とほぼ同等の走りはできたと評価している。まぁインディチャンプを差し返した、この二枚腰がこの馬のセールスポイント。
3着 インディチャンプ 
 その後2着がアエロリット、3着にインディチャンプ、4着はペルシアンナイト。ここまで人気通りの決着だった。3着のインディチャンプは序盤でちょっと力んでしまった。しかし以前に比べると、この力みは許容範囲だったような気がする。しかし、差し返したのがアエロリットの強さだとしても、やはりあの体勢から追い負けたのはちょっと物足りない。距離が長いという事も考えられる。
4着 ペルシアンナイト 
 その後2着がアエロリット、3着にインディチャンプ、4着はペルシアンナイト。ここまで人気通りの決着だった。それから4着のペルシアンナイトはある程度の位置で流れに乗せた割には、案外脚を使えなかった。この馬はもうなんか1800m・2000mだと以前ほどの脚は使えないという感じがある。ひょっとしたらもう1600m限定かもしれない。
5着 ランフォザローゼス 
 5着のランフォザローゼス、今回ブリンカーを付けて来て、集中力が高まった。元々はハイレベルのダービー7着馬で、青葉賞の2着馬ですから、これぐらい走ってもらわないと困る。

  馬券Summary
GⅢのハンデ戦における 4歳馬の活躍
 この夏から秋に行われたG3のハンデ戦の特徴の1つとして、今年に入って3勝クラスを勝った4歳馬の活躍が挙げられる。9月の3つのレースを挙げてみる。
GⅢのハンデ戦における 4歳馬の活躍
 4回阪神ダート2000mのシリウスSを制したロードゴラッソだが、2月に3勝クラスを勝って、次走マーチSは6着。クラス編成が3歳基準になった6月以降、シリウスSは初めてのハンデ戦だった。この馬は昨年までなら6月時点で3勝クラスに降級していた馬。
また、京成杯AHを勝ったトロワゼトワル、新潟記念2着のジナンボーは6月に3勝クラスを勝って、トロワゼトワルは7月に勝って、昇級戦の重賞で1着・2着だった訳だが、どちらも昨年までならクラス再編成の時点では2勝クラスに降級していた訳です。何を言いたいかと言うと、昨年まで降級で遠回りしていた4歳の素質馬が、降級制度の廃止によってショートカットして重賞挑戦の道が開けたという事。条件上がりのために、ハンデに恵まれるG3での好走の可能性が非常に高くなったと思われる。新潟記念を例に取ると、菊花賞・春の天皇賞へ駒を進めたユーキャンスマイルは、その実績から57キロだったが、条件上がりのジナンボーは54キロだった。しかし、そもそもジナンボーは挫跖でクラシックを棒に振っただけで、この4歳馬2頭のポテンシャルの差というのは、本当にあったのかどうかという所。それなのに、3キロもハンデ差がついていた。京成杯AHを勝った、トロワゼトワルは条件上がりの牝馬で52キロだったが、クラシックの前哨戦でも人気になっていた素質馬。まあ秋になると、3歳馬の評価も目覚ましいですから、そういった点で比較が難しくなって来るが、昨年までならは6月に降級していた4歳の素質馬が、3勝クラスを勝ってすぐにG3のハンデ戦で狙えるという事は言えると思う。これはG3ではなく、G2だが、先週の京都大賞典で3着に入ったシルヴァンシャー、これなんかも同じ。ですからいきなりG2で好走するという馬もいるという事。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-