2019年2回中山1日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒5だった。
 1月のCコースからAコースに移って、さらに週末もともと雨予報が出ていたが、そのため散水を控えたら雨が降らなくて、もうかなり乾いたコンディションになった。これら二つの要因によって、1月と比べると一気に高速化したが、エアレーション作業の効果なのか内側有利という馬場ではなかった。次の3回中山の1週目まで5週連続でAコースが使用されるが、例年Aコースが続いても、極端に時計が掛かるようにはなっていない。ただ、2回中山の開幕週がここまで高速馬場なのはかなり珍しいので、例年のような推移にはならないかもしれない。今週は散水を行って、先週より結構時計が掛かる可能性もある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒7。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。
 土日とも朝の含水率が約2%とかなり乾燥していて、1月開催と変わらず時計の掛かる馬場コンディションだった。少しでも前半のペースが速くなると上がりが掛かって、その結果として差し馬が上位に来ることも多かった。もう馬場が凍結する心配はない季節なので、今週以降はもう少し含水率を高めにして管理すると思われる。なので、先週の傾向がそのまま続くと思い込まない方が良いと思う。


  タイム分析
 2019/02/23 (土)  芝=-1.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 サトノフォース    牡3 未勝利 1:47.4 -2.3 --- -0.9 -1.4 A C 7.08
6R T2000 パラダイスリーフ    牡3 新馬 2:03.4 +0.2 -0.3 +1.4 -1.5 E C 10.75
9R T2200 アドマイヤスコール    牡3 水仙賞500 2:12.5 -2.4 --- -0.7 -1.7 B C 5.78
10R T1800 ジナンボー    牡4 富里特H1000 1:47.2 -0.7 -0.3 +0.4 -1.4 D D 7.07
11R T1200 エメラルエナジー    牡7 アクアH1600 1:08.1 -0.3 --- +0.6 -0.9 D D 7.83
 2019/02/23 (土)  ダ=+0.6 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ディレット    牝3 未勝利・牝 1:12.8 -0.1 --- +0.3 -0.4 D D 10.88
2R D1800 ブリッツェンシチー    牡3 未勝利 1:57.5 +1.8 --- +1.2 +0.6 E C 7.47
3R D1200 スマートマルシェ    牝3 未勝利 1:12.1 -0.8 --- -0.4 -0.4 B D 6.43
4R D1200 ジャパンスウェプト    牡3 500万下 1:11.7 -0.5 --- -0.1 -0.4 C C 7.64
7R D1200 サリネロ    牝5 500万下 1:12.1 +0.2 --- +0.6 -0.4 D D 8.17
12R D1800 マイネルユキツバキ    牡4 1000万下 1:53.5 +0.3 --- -0.3 +0.6 C C 5.25

中山1R 3歳未勝利・牝 注目
 5着だったチャンダナについて。
5着 チャンダナ 
 まずスタート直後にちょっと躓いて、これを立て直すために気合をつけて、ガッガッガと押すが、そうすると馬が行く気になっている。そこで先行争いから引いたので、今度は抑えるのに苦労して、前半はズーッと折り合いを欠いて、このままちょっと前の方に上がって行きそうになる。前半にこれだけチグハグになると、直線で伸びないと言うか、伸びるはずがないが、直線でも一応ステッキで叩いてはいるが、そんなガンガン追っている感じでは無い。まぁ最終的に5着になるが、5着とは言え0秒8も離されてしまっているが、まぁ全く参考外と言える一戦。この馬のスピードに任せて普通に先行すれば巻き返せると思う。
中山2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。11.スマートマルシェが逃げて、2番手に12.シゲルアパライトが続き、そのまま直線に入った。スマートマルシェは先頭キープしたまま1着。一方、シゲルアパライトはやや離され、その内から2.コウユークロガヨカが2番手に上がる。外からは14.シダクティブノンコが伸び、シゲルアパライトにアタマ差先着して3着になった。
1着 スマートマルシェ 
 スマートマルシェが2走目の今回は逃げ切った。スマートマルシェが好スタートから、最後は突き放して逃げ切った。2着だったデビュー戦は手応えほど直線で伸びなかったが、今回は最後にしっかり伸びた。まぁ同じだけ走れば500万で通用するという程のタイムではないが、最後の乗り方と余力からすると、タイム短縮は可能だろう。
2着 コウユークロガヨカ 
 2着のコウユークロガヨカは前半もたもたしていたが、途中から行きっぷりが良くなって、ゴールの時点でもまだ余力がありそうだった。これで連続で2着だが、完全タイム差という観点からはかなり前進していて、1戦毎ごとに進化している。次走も好勝負になりそう。
3着 シダクティブノンコ 
 3着のシダクティブノンコは1800mからの距離短縮でも先行できましたし、これまでとは粘りが違った。短距離向きという事だろう。次走も1200mなら上位争いできる。
4着 シゲルアパライト 
 4着のシゲルアパライトは勝ち馬に着いて行って、突き放されたところから失速して4着まで落ちたが、まぁ勝ちに行ってのモノで、内容は悪くないと思う。
中山5R 3歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは、当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより2秒3も速く、1800m対象の馬場差がマイナス1秒4になることを踏まえても、 -2.3-(-1.4)=-0.9 で基準よい0秒9速い勝ちタイムだった。4コーナーから直線に入って行く辺り、ライル・サトノフォースが併せて上がって行く。そして外のサトノフォースが抜け出し、3馬身差をつけて1着。2着ライルから2馬身離れて、3着争いは接戦となり、ナミブがココリアッピア・ブラッドストーンに先着。
1着 サトノフォース 勝ち馬注目
 サトノフォースが前走の7着から変わり身を見せた。サトノフォースは出脚が鈍く、前に行けなかったが、4コーナーで追い上げて直線でもしっかり伸びた。まだコーナーでふらついてはいるが、過去の2戦は4コーナーでもまともに外へ膨らんでいたことを思えば、大分コーナリングも上達していますし、まだ良化の余地を残しているとも言える。ディープインパクト産駒にしてはスパッと切れる感じではないので、東京や京都ではどうなるのか未知だが、中山の500万ならすぐに上位を争えるだろう。
2着 ライル 
 2着のライルはデビュー戦とは違ってスタートが早く、すんなり前につけられた。直線でも止まっていないが、勝ち馬が強すぎたということ。3馬身差でもBランクに相当するタイムであり、次走も有力。
5着 ブラッドストーン 
 その他では5着のブラッドストーンをチェックしておきたい。直線入り口で前に馬が広がっていて、最内を狙ったが詰まってしばらく追えなかった。
中山6R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中山9R 水仙賞 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。クリスタルバローズが逃げて、さほどペースが緩まずに4コーナーに入って行く。直線に入って、ダディーズマインド・リオンリオン、さらにその外からアドマイヤスコール・サンアップルトンが上がって行く。そして、外の2頭が力強く伸びて、1番人気のアドマイヤスコールが抜け出して1着。サンアップルトン2着、内のリオンリオン3着だった。
1着 アドマイヤスコール 勝ち馬注目
 アドマイヤスコールが1番人気に応えた。アドマイヤスコールはずーっとフラフラとしていて、直線で抜け出してからもフワフワとしていたが、ペースが緩まなかった2200mでこんな走りをしていて勝つ訳ですから、スタミナが豊富で能力が高い。相手なりに走れそうなので、長めの距離なら重賞でも差は小さいはず。
2着 サンアップルトン 
 2着のサンアップルトンは意識して下げた訳ではなく、ペースが速くて前へ行けなかったが、タイミング良く動けた。気を抜いている勝ち馬と最後まで同じ脚色だったので、まぁ内容は完敗だが、長く良い脚を使っている。次走も上位候補となる。
3着 リオンリオン 
 3着のリオンリオンはバテてはいないが、ジリ脚。こういうタイプは中山2200mが合うが、それで3着ですから、現状では組み合わせに恵まれないと厳しそうだが、成長を期待できる血統でもあるので、夏以降に本格化するかもしれない。
5着 ボスジラ 
 5着のボスジラは、直線で外に出すとようやく伸びて来た。どうも馬群が苦手なのではないかと思えるが、このタイプは広いコースの少頭数だと、突然強さを見せたりするので、東京の少頭数などに巡り合った注意したいところ。

  馬券Summary
中山記念今昔物語
 今年中山記念、ウインブライトが勝って連覇になったが、中山記念は昔有名なリピーターレースで、2005年から2009年にかけては5年連続で、過去に中山記念で3着以内があった馬が勝った。なぜ中山記念がかつてリピーターレースだったかと言うと、直接つながるG1が無かったためだろう。春の天皇賞へのステップレースは阪神大賞典・日経賞、それと大阪杯が普通で、天皇賞を目指して中山記念に出走するという馬は極めて少なかった。ということで、当時の中山記念は、そこにある高額賞金の重賞であって、従ってG1ではちょっと足りないような馬が何度も好走していた。その傾向が変わったきっかけが、2011年にヴィクトワールピサが中山記念を勝って続くドバイワールドカップを勝った時から。2014年以降は毎年次走が海外のG1という馬が出走している。つまり、G1を目指して中山記念をステップレースに選ぶケースが増えた。
この中山記念そのものの時期とか条件は変わっていないが、ドバイや香港に向けてのステップレースに適したレースであるという発見をされてしまったので、以前とは位置づけや性格が変わった。今どき中山記念はリピーターレースと言っている人はほとんど見ないが、あるレースの時期や条件が変わっていなくても、その周辺のレースが変わったりすると、傾向が変わることがあるので重賞の過去の傾向を重視するような人は注意した方が良いと思う。
 海外G1を目指す馬が出走するようになったからと言って、彼ら・彼女らがいつも好走する訳ではない。今年の中山記念にはドバイを目指すディアドラとスワーヴリチャードが出走したが、1番人気と4番人気で6着と4着。ただ、これは珍しいことではない。ヴィブロスだが、一昨年は中山記念5着でドバイターフ1着。昨年は中山記念8着でドバイターフ2着だった。海外遠征を控えた馬は、走行ムードもあって人気になりがちだが、そこは冷静に見極めたいところ。ちなみにディアドラは、昨年京都記念6着からドバイターフに向かって3着だった。今年も中山記念はあくまでステップレースだったと思われるので、ドバイなら狙えると思う。スワーヴリチャードはもう中山が苦手なことは有名なので、まぁ仕方ない結果で、左回りで直線が長いドバイでは期待できるのではないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26