2019年2回京都2日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒4だった。京都は連続開催だったので、遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの馬場差だが、先週は1回開催の最終週と比較すれば、水準寄りの数値になった。
 プラスの馬場差が続いて、時計の掛かるレベルではあったが、先週はBコースに変わって最初の週で、2週前よりも時計は出やすくなった。連対馬については、土曜は目立った偏りはないものの、逃げ・先行馬の勝利は無く、日曜は差し馬が優勢になった。なお、この開催は全てBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒9だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、年明け最初の週は水準レベルだったが、その後は全てプラスの数値で特に先週は最も大きな数値となった。
 先週は開催日まで雨が降らず、乾いたコンディションで今年に入って最も時計が掛かっていた。雪の降る時間帯もあったが、時計の出方は変わらなかった。連対馬の脚質については、逃げ・先行馬が明らかに優勢。追い込み馬の連対はなく、中団が5頭と京都ダートらしく前めに位置した馬がに粘っていた。


  タイム分析
 2019/01/27 (日)  芝=+0.4  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2200 ニューポート    牡3 未勝利 2:15.5 ±0 --- -0.4 +0.4 B C 5.38
6R T1800 ユニコーンライオン    牡3 新馬 1:50.1 +1.1 -0.6 +0.1 +0.4 C C 6.88
9R T1200 エイティーンガール    牝3 若菜賞500 1:09.4 ±0 --- -0.2 +0.2 C D 6.70
10R T1800 ボールライトニング    牡6 飛鳥S1600 1:48.0 +2.0 -0.5 +1.1 +0.4 SL D 6.14
11R T1200 ダノンスマッシュ    牡4 シルクロHG3 1:08.3 +0.4 --- +0.2 +0.2 C C 7.94
 2019/01/27 (日)  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 シルバークレイン    牝3 未勝利・牝 1:14.7 +1.7 --- +1.1 +0.6 E D 9.00
2R D1800 ハイオソラール    牡3 未勝利 1:55.7 +1.4 --- +0.5 +0.9 D D 6.50
3R D1400 オウケンドーン    牡3 未勝利 1:26.9 +1.0 --- +0.3 +0.7 D D 8.00
4R D1800 キンゲン    牡3 500万下 1:53.9 +0.5 --- -0.4 +0.9 B C 5.00
7R D1200 メイショウジーク    牡5 500万下 1:12.5 +0.6 --- ±0 +0.6 C D 7.46
8R D1800 ヒストリーメイカー    牡5 500万下 1:54.1 +1.5 --- +0.6 +0.9 D D 5.30
12R D1400 ヌーディーカラー    牡4 1000万下 1:25.3 +1.5 --- +0.8 +0.7 E D 10.13

京都1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都4R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。逃げていたアナスタシオが直線に入って失速。変わって2番にいたショウナンパンサーが先頭に立って行く。しかし、その外からキンゲンが差を詰めて来る。ゴール前は2頭の争いとなり、キンゲンがクビ差で競り勝って1着。2着ショウナンパンサーから4馬身離されて、サトノクライム3着。
1着 キンゲン 
 1/6のレースで競走除外となったキンゲンだったが、2勝目を挙げた。キンゲンはこのクラスでは一枚上の実力馬。ショウナンパンサーが早め抜け出しから逃げ込もうとしたところを強引に差して勝ち切った。馬場差を考えれば、勝ちタイム優秀。3歳ダートのオープンは強者揃いなので、すぐに通用は厳しいかもしれないが、揉まれて少しずつ強くなれば、いずれ通用する可能性あるがあるだろう。
2着 ショウナンパンサー 
 2着ショウナンパンサーは人気薄だったが、未勝利勝ちは楽勝でしたし、前走も昇級初戦としては健闘した。次走すぐではなくても、いずれ勝ち上がれるだろう。
5着 カフジストーム 
 あと5着カフジストームだが、道中抜群の手応えだったが、直線で失速している。ここまで4走1800mを使っているが、1400mで活躍したカフジテイクの半弟ですし、距離短縮という手もあるかもしれない。
京都5R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。2番手を進んでいた7.ヴィントが4コーナーを回っていくあたりで先頭に立った。その内を突いて、8.ギルマ。外からは6.ニューポートが接近して来る。そしてゴールではヴィント・ニューポートの争いになり、ニューポートでハナ差で1着。その後、1馬身差でギルマが3着だった。
1着 ニューポート 
 ここまで4走すべて掲示板に載っていたニューポートが、今回は競り勝った。残り600mで一旦馬群が固まって、横一線の上がり勝負を制したニューポートは、ワンテンポ遅れて追い出して、内のヴィントを目標に差し切った。ロードカナロア産駒だが、むしろ距離が伸びてから良さが出ている。すぐに上のクラスで通用するとまでは言いにくいが、いずれは勝ち上がりそうな決め脚を持っている。
2着 ヴィント 
 そして2着ヴィントは、勝ち馬と同タイムの接戦だった。上位3頭はいずれも前走2着。まぁ実力伯仲で最後は2頭の一騎打ちとなっている。2着ヴィントは距離延長・後方待機策から一転して前で進めて好走した。
3着 ギルマ 
 3着ギルマだが、金鯱賞2着パドルウィールの半弟。これで6走して5度3着以内と堅実さを持っている。このくらいの距離は合っていそうで、まぁすぐとまでは言えないが、いずれ勝ち上がるのではないだろうか。
京都7R 4歳上500万下 注目
 タイムランクCだが、ペース面で特徴のあるレースだったので、取り上げる。前半アカツキジョーが逃げたが、同じ逃げタイプのノボベイビーが競り掛けず2番手で我慢した。これが奏功して何と前半600m35秒8。ダート1200mとしては遅いペースになった。
2着 ノボベイビー 
 休み明け3戦目で体調がアップしていたのもあるだろうが、このペースならノボベイビーも粘れる。結局力が上のメイショウジークにこそ差された、後続を完封して2着に粘っている。今後もノボベイビーがこういうレースをできそうなメンバー構成であれば、再び狙えるだろう。しかし、速い馬が揃っているレースであれば、まぁ惨敗とかも考えておいた方が良いかもしれない。
3着 ホイールバーニング 
 テンが速そうなレースで狙いが立つのは3着ホイールバーニング・4着のホープフルスターではないだろうか。
4着 ホープフルスター 
 テンが速そうなレースで狙いが立つのは3着ホイールバーニング・4着のホープフルスターではないだろうか。
京都9R 若菜賞 注目
 タイムランクCだが、このレースも完全タイム差はマイナス0秒2。Bに近いタイムなので取り上げる。
1着 エイティーンガール 
 勝ったエイティーンガールは、オープンでも楽しめそうだが、距離には限界があるんじゃないだろうか。桜花賞のトライアルに出てくるかもしれないが、ちょっと厳しいのかなと思っている。
2着 タマモメイトウ 
 2着したタマモメイトウは前走で、直線前がズラリと壁になって脚を余しての0秒2差5着だった。今回狙いだと思っていたが、4コーナーで勝ち馬に外に振られながら、直線一気に差して来て2着。非常に惜しいレースだった。次走も1200mなら狙えるだろう。
6着 マイネルアプラウス 
 あと6着マイネルアプラウスは直線で上手く前が開かなかった。距離短縮はプラスに働いたようで、この距離なら次走以降狙ってみたい。
京都10R 飛鳥S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。この日曜10Rは7頭立てで、各馬出方を伺うようなスローと、補正しきれずSLとなった。最終的には上がりの速い順にゴールしていて、レベル的には、それほど高いとは言えない。
京都11R シルクロードS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。スタートでキングハート・エスティタートらが遅れた。そしてセイウンコウセイが逃げ、4コーナーに差し掛かる。前半600m33秒3は、過去10年と比べても1番速いタイム。離して逃げたセイウンコウセイや2番手のラブカンプーを始め、先行各馬は全て馬群に沈んだ。直線早めに進出した馬たちも厳しくなって、内でジッと好機をうかがっていたダノンスマッシュが、ワンテンポ遅れて追い出して快勝した。
1着 ダノンスマッシュ 
 ダノンスマッシュが直線で抜け出し、京都芝1200mの重賞を連勝した。先行各馬の直後、5番手のインでじっとしていて、直線入り口で外へ出して、一呼吸置いて追い出す完璧な騎乗だった。ハンデをモノともしない強さ。ファインニードルが引退した今、これで短距離界のエースの座についに就いたと言えるのかもしれない。
2着 エスティタート 
 2着に11番人気エスティタート・3着が12番人気ティーハーフと人気薄の2馬が続いた。2着エスティタートは軽ハンデがモノを言ったのは事実だが、4コーナー大外からよく頑張った。1200mに短縮後はきっちり走っている。
3着 ティーハーフ 
 2着に11番人気エスティタート・3着が12番人気ティーハーフと人気薄の2馬が続いた。それからティーハーフは9歳。オープン特別では59キロでも3着。57キロでも今回ここまでやりましたから、まぁ頭が下がる。まだまだやれるんじゃないだろうか。
4着 アンヴァル 
 4着アンヴァルは直線少し窮屈になる場面があったのが堪えた。京都は走る。
9着 リョーノテソーロ 
 9着リョーノテソーロだが、前走もちょっと直線で進路がなくなったが、今回も直線で進路が無くて、何も出来なかった。バラけた後は伸びてるだけに、次走狙いだろうか。
9着 リョーノテソーロ 解説推奨
 前走淀短距離Sで前が開かずに6着。そして今回も、再三にわたって直線進路が開かず、ちょっと何もできなかった。ここ2走を見ると、能力上位はもう明らかなんですよね。なので、1200mならどこでも狙いたいが、特に外枠を引いた時は目一杯突っ込んでみたい。
京都12R 4歳上500万下 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ダート短距離・前回1枠→今回8枠
 ダート短距離は内枠で結果を出せずに外枠で変身する馬が実は多い。
ダート短距離・前回1枠→今回8枠
 先々週の終了時点から過去1年で、ダート1200m以下で前走1枠だった馬が今回8枠を引いた時の成績を調べてみた。意外に凄いんですよね。81回出走して8勝2着9回3着8回4着以下56回。連対率21%・3着内率30.9%も凄いが、単勝回収率が118%。複勝回収率は何と158%。やっぱり内で不利を受けたり、能力発揮できない馬、結構いるんですよね。ダート短距離の場合。外を引いて、ちょっと変身するという馬を狙おうということ。この数字は何も条件を加えずに出した結果ですから、1枠で敗退した馬が人気薄で8枠で穴を開ける例がかなりある事がわかった。さらに細かく見て行って、外枠だと走る馬とかをあえて狙って行くとさらに楽しいんじゃないかなという風に思っている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26