2019年3回福島6日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒2だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認しておく。1週目はマイナス1秒台の高速馬場だった。その後、開催が進むにつれて時計が掛かり、水準レベルに近づいた。ただ、最終週の先週はややマイナス方向に戻している。
 4日目までは開催日ごとに時計が掛かって、特に2週目はその傾向が目立った。ただ先週はBコースに変わった分、4日目と比較するといくらか時計は出やすくなった。あと連対馬の脚質を見ると、コースが変わったとは言え、最終週で馬場が荒れてきたのか、外を回った馬の上位進出が目についた。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4だった。開催6日間の馬場差を確認しておくと、プラス0秒3からプラス0秒6の間で推移しており、大きな動きはない。
 開催を通じて良馬場で乾いたコンディションだった。やや時計が掛かるレベルでほとんど変わらなかった。あと連対馬の脚質には目立った偏りはなかったが、早めに後続が動くと、差し馬が届く展開で、当然の事だがペースによる影響が大きかった。


  タイム分析
 2019/11/17 (日)  芝=-0.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
7R T1200 ファイブフォース 牝5 1勝クラス 1:10.4 +1.2 --- +1.3 -0.1 E D 8.60
8R T2600 ノーチカルチャート 牡3 1勝クラス 2:41.4 +0.7 --- +1.0 -0.3 E D 7.00
10R T2000 ダイワダグラス 牡3 高湯温泉(1勝) 2:01.2 +0.6 -0.6 +0.2 -0.2 C C 6.38
12R T1200 バーミーブリーズ 牝5 会津特別(2勝) 1:09.0 +0.2 --- +0.3 -0.1 D C 8.64
 2019/11/17 (日)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 ジャッジ 牡2 未勝利 1:49.1 +1.2 --- +0.8 +0.4 D C 7.38
2R D2400 ネコマヒカ 牡4 1勝クラス 2:35.2 +0.5 --- -0.1 +0.6 C D 7.13
3R D1700 プリカジュール 牝3 1勝クラス・牝 1:47.8 +1.8 --- +1.4 +0.4 E D 6.83
6R D1700 ファストフラッシュ 牡4 1勝クラス・若 1:47.2 +1.2 --- +0.8 +0.4 D D 6.00
9R D1150 シルバーストーン 牡5 1勝クラス 1:09.8 +1.3 --- +1.0 +0.3 E D 8.56
11R D1700 マイネルユキツバキ 牡4 福島民友(L) 1:45.4 +1.6 --- +1.2 +0.4 E D 8.45

福島3R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
福島7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
福島8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
福島9R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
4着 ミキノモンテカルロ 通信簿
 1番人気4着だった。まぁまさかここまで競り込まれると思わなかった。差し・追い込み決着の中での踏ん張りは立派だと思う。今回はもう展開が厳しかったということに尽きる。
福島11R 福島民友C タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
去年との違いは?
 東京の芝コースの話。先週Cコースに変わった影響もあって、連続開催の終盤にも関わらず、高速化した。ちなみに去年の5回東京5日目・6日目の馬場差はマイナス1秒8とマイナス1秒7だった。
去年との違いは?
今年は土日ともマイナス2秒2で、去年よりも高速馬場になっている。そして特徴的なのが脚質傾向。去年の5日目・6日目は逃げ馬が実は8連対もした。それに対して今年はわずか2連対だった。ですから、わかりやすく言えば去年の5回東京5日目・6日目よりも、今年はさらに高速馬場になっていて、しかも先行有利ではなく差し有利だという事。今週も雨の影響を受けない馬場コンディションなら、高速馬場が続きますから、しかも差し有利の傾向は大きく変わらないと思う。ちなみに、去年はアーモンドアイが2分20秒6という驚異のレコードタイムでジャパンカップを制した。2着に逃げたキセキが実は粘っていて、今年は少しメンバーが落ちるとは言われているが、ペースは速い遅いによるモノでレコードが出るかどうか何とも言えない部分はありますが、狙いとしては高速決着とか瞬発力勝負に強いタイプが狙いかなという気がする。その点を意識しつつ、後ほどまたジャパンカップの展望をやりますから、番組のことを考えてちょっと引っ張りたいと思う。その時にもう一度お話ししたいと思います。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-