2019年3回中京6日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7からマイナス0秒5への変動、日曜がプラス0秒9だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、良馬場の日はなく、馬場差も変動の日が多くなっており、時計の出方は安定しない。
 土曜は雨の影響が残って稍重でスタート。後半雨が降って、大きく時計を要する程ではないものの、前半と比べ、やや時計が掛かった。土曜夜からの雨で日曜は時計を要する馬場。不良から重へ変更されたが、馬場差は1日を通した数値。脚質面では、日曜は前めにつけた馬が優勢である事は明白。土曜は後ほど、具体的にレースを取り上げて挙げる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒9からマイナス2秒2への変動、日曜がマイナス3秒9だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、ほとんどがマイナス2秒台。さらに先週日曜はマイナス3秒9と相当な高速馬場だった。
 土曜についてはマイナス1秒9でスタートし、後半は雨が降ってさらに時計が出やすくなった。そして日曜はマイナス3秒9。ちょうど1年前、昨年のこの開催の4日目にマイナス3秒2という馬場差があったが、それを上回る超高速馬場だった。そもそもこの開催は、良馬場の日が無く、脚抜きの良いコンディションになっていることが、高速馬場の要因ではある。実際、1回・2回はここまでの高速馬場ではなく、プラスの数値の日もあった。ただ乾いた良馬場でも、例えばマイナス1秒台の日が続くような状況になれば、基準タイムを見直すタイミングかもしれない。上位馬については、勝ち馬は前に位置した馬が優勢で、特に超高速馬場の日曜は4鞍中逃げ馬が3勝。流石にここまで速くなると、特殊なコンディションになり、差しが効かなかった。


  タイム分析
 2019/07/14 (日)  芝=+0.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1400 アサケエース    牡2 未勝利 1:23.7 +0.9 --- +0.3 +0.6 D D --
2R T2000 トレミエール    牝3 未勝利・牝 2:05.9 +3.9 -0.8 +2.2 +0.9 SL D --
4R T1600 ベストクィーン    牝3 未勝利 1:36.4 +0.8 --- +0.1 +0.7 C C --
5R T1400 クリアサウンド    牝2 新馬・牝 1:23.7 +0.7 --- +0.1 +0.6 C C --
6R T1200 ダンツウィザード    牡2 新馬 1:11.4 +1.1 -0.3 +0.3 +0.5 D C --
9R T2000 ヒンドゥタイムズ    牡3 タイラン(1勝) 2:03.2 +2.2 -0.8 +0.5 +0.9 D C --
10R T1200 フェルトベルク    牝5 フィリピ(2勝) 1:08.4 -0.3 --- -0.8 +0.5 A D --
12R T2000 エスポワール    牝3 シンガポ(2勝) 2:00.8 +0.5 --- -0.4 +0.9 B C --
 2019/07/14 (日)  ダ=-3.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1800 レシプロケイト    牡3 未勝利 1:51.2 -3.6 --- +0.3 -3.9 C D --
7R D1800 グレースゼット    牝3 1勝クラス・牝 1:49.3 -4.3 --- -0.4 -3.9 B D --
8R D1900 ロードリバーサル    牡3 1勝クラス 1:55.9 -4.6 --- -0.5 -4.1 B C --
11R D1800 スマハマ    牡4 名鉄杯(L) 1:47.6 -3.8 --- +0.1 -3.9 C C --

中京2R 3歳未勝利・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中京7R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。グレースゼットが勝ってダート1800mで連勝。グレースゼットが平均ペースで逃げ切り。4コーナー手前から2番手を引き離し始め、直線半ばで完全に突き放した。戦前はタニノマイカがハナかなと思われていたが、内枠のグレースゼットが先手を主張すると、タニノマイカは2番手で折り合った。最後は結局、前の馬たちの行ったっきり。内の3番手にいた1番人気メモリーコバルトがインから上がって2着に入ったというだけだった。前の3頭の力が少し上だった。
1着 グレースゼット 
 勝ったグレースゼットは前走の未勝利戦・今回と連勝。前走は11番人気と全くの人気薄だったが、まぁ逃げ切った事で自信をつけたのか、今回は楽勝だった。やや年の離れた半兄にガーネットSを勝ったタイセイアトムがいる血統。他の兄弟はほとんど走っていないが、この勝ち方なら上のクラスでも通用しておかしくない。
2着 メモリーコバルト 
 2着以降はタイム的な価値は無いが、牝馬同士なら2着メモリーコバルト・3着タニノマイカは勝ち負けになるのではないだろうか。
3着 タニノマイカ 
 2着以降はタイム的な価値は無いが、牝馬同士なら2着メモリーコバルト・3着タニノマイカは勝ち負けになるのではないだろうか。
中京8R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ロードリバーサルが逃げ切って、ダート1900mのレコードを更新した。レコードと言うだけでなく、Bランクですから相応の評価はするとしても、1800mの馬場差がマイナス3秒9という超高速馬場なら、1勝クラスでレコードになっても当然。
1着 ロードリバーサル 
 勝ったロードリバーサルは逃げ切り。その日の中京ダートは4鞍中3鞍が逃げ切りで、3着までに入った馬の全てが4コーナーで4番手以内にいた。典型的な前残り馬場であり、前で押し切った馬の評価はやや低めで間違いないと思う。このレースも残り400mで3番手以内の馬たちが、4着以下を大きく離してしまった。ロードリバーサルの勝因はやはり逃げた事ですから、まあちょっとどうしても評価しづらい。
2着 ウラノメトリア 番組注目馬
 むしろ次走狙ってみたいのは2着のウラノメトリア。向正面で中団にいたが、3コーナー手前からスパートして3コーナー過ぎに内に入って、インを上がって行って、直線では3番手に上がって行った。前有利の馬場で、こういう芸当ができたのは評価したい。
中京10R フィリピンT タイムA
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。内から4.ウィズが先頭に立って4コーナーを回って行く。しかし、直線に入って一杯。代わって2.フェルトベルクが上がって行く。それに7.サヤカチャンが迫るものの、フェルトベルクがクビ差で凌いで1着。その後、後続が接近し3着争いは際どくなったが、内の1.コウエイダリアが踏ん張って先着した。
 上位馬を再び狙えるかと言うと、全く同じ条件でない限りはちょっと狙いにくいかなという気がしている。
1着 フェルトベルク 
 フェルトベルクが距離短縮で変わり身を示した。先ほども述べたように、日曜は前へ行った馬が粘っていた事もあって、前の2頭は無理にでも行こうという姿勢を見せた。この馬場にしては前半600m33秒5は速い。4コーナーではミカエルシチーが一杯になって、ウィズが先頭に立ったが、そこへ3番手にいたフェルトベルクと4番手のサヤカチャンが襲いかかり、結局はこの2頭の競り合いとなった。
 勝ったフェルトベルクはスタート後行きかけたが、ハナに立てないと見るや3番手に抑えたのが正解だった。前の2頭がつぶし合いを演じたため、3番手が絶好のポジションになった。また、芝では初めて1200mに使ったが、それも良いチョイスだったと言えるだろう。距離短縮で先行した事が、このタイムの要因と言えそう。
2着 サヤカチャン 
 フェルトベルクが距離短縮で変わり身を示した。先ほども述べたように、日曜は前へ行った馬が粘っていた事もあって、前の2頭は無理にでも行こうという姿勢を見せた。この馬場にしては前半600m33秒5は速い。4コーナーではミカエルシチーが一杯になって、ウィズが先頭に立ったが、そこへ3番手にいたフェルトベルクと4番手のサヤカチャンが襲いかかり、結局はこの2頭の競り合いとなった。
 2着以下は下位人気の馬が続いた。2着は7番人気サヤカチャン。この馬が1200mで前へ行くのは、なかなか想像できなかったが、好スタートを切って、前の3頭に着いていった事が、好走できた要因だろう。タイムランクAで、確かに好タイムではあるが、個人的にはちょっと再現性に乏しいのではないかと思う。
中京11R 名鉄杯 注目
 ダート1800mの中央競馬レコードが更新されたが、実はタイムランクC。ただ、注目のリステッド競走ですので、触れておく。
1着 スマハマ 
 勝ったスマハマは逃げ切りで、レコードとは言え、前日のように高評価は出来ない。しかし向正面でマクって来たまくってきたジョーダンキングが馬体を合わせて競り合いに持ち込んだため、レースとしてはかなり厳しかったと言える。それでもなお、直線で引き離して逃げ込んだのは評価すべきだろう。3連勝でヒヤシンスSを制した強豪が復活の兆し。ここで勝って、賞金を上積みした意義も大きいと思う。このまま順調に行けば、いずれ重賞を取る器だろう。
2着 ジョーダンキング 
 2着ジョーダンキングは川田騎手の好騎乗。 前半のまま後ろにいては何もできなかったはずで、積極的にマクった事が、この好走を生んだと言える。
中京12R シンガポールターフクラブ賞 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 エスポワール 勝ち馬注目
 3歳牝馬エスポワールが勝って5戦3勝。この日の馬場を考えると、新馬戦で逃げたことがあるとは言え、ここ3戦後方からの差しで好走している1番人気エスポワールは危ないんじゃないか、そう考えても何ら不思議はなかったと思われる。この馬を外して高配当を狙った競馬ファン多かったんじゃないだろうか。かく言う私もその1人だが、エスポワールはそういう穴党の期待を裏切って好スタートを切って2番手につけた。その瞬間に多くの穴党がため息をついのではないかと思う。結果的にはブラックジェイドと向正面でマクったドンアルゴスが逃げ争いを演じ、馬なりで3番手を追走したエスポワールが一気に抜け出して圧勝。4番手を進んだ2番人気コーカスが順当に2着に入った。
 勝ったエスポワールは明らかにこのクラスでは力が違った。しかも前に行けるという新しい面も見せての快勝で、当然上のクラスでも通用するだろう。すぐに3勝クラスを勝って、一気にオープン入りする可能性も高いと見る。
2着 コーカス 
 2着コーカスは次走も好走はするだろうが、確勝とまでは行かない。
3着 スズカフューラー 
 むしろ不利な後方から、馬群を縫うように突っ込んで来た3着スズカフューラーを次走は狙ってみたい。

  馬券Summary
7月14日は特殊な芝。中京は内、福島は外
 同じ芝の道悪でもこれだけ違うという典型的な1日だった。福島と中京が同じように開催3週目で、AコースからBコースに替わったのも同じ。しかし福島の先週の日曜は、まず福島はインが悪くなって、もう本当の外伸び。差し馬がジャンジャンやって来た。これはスパークオブライフの勝ったレースだが、3コーナーマクりを打って、内で1番人気のグロリアーナ、あれが普通は勝つような競馬だと思うが、これが4着に負けてしまった。対して、中京の方だが、こちらはもうインが良く、前残りから内からの差しとなった。基本的には内枠の先行馬が良かった。これはエスポワールが先行して、強い競馬を見せたが、もう外の馬、届きそうで全く届かない。結局、内にいた馬が2着・3着と。これも、逃げ(赤)・先行(オレンジ)みたいなのが、うわーっとありまして、基本的には中京は内、福島は外だったというのを、是非覚えていただきたいと思う。こういう特殊な日は標語か何かにして覚えておくと良いと思うが、例えば、この日に福島芝で逃げて失速した馬、中京芝で差して届かなかった馬は次走買う。それだけで穴馬券が取れるのではないかと思う。
解説者:市丸博司(パソコン競馬ライター)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-