2019年2回函館4日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。遡って8日間の芝の馬場差を確認しておくと、前の開催2週目・3週目は雨の影響で時計の出方が安定しなかった。しかし、この開催に入って水準かやや速いレベルになっている。
 金曜・土曜に雨が降って、良馬場とは言え、乾ききったコンディションだった訳ではないが、福島・中京のように雨の影響を強く受ける事はなかった。さらに先週からBコースに替わって、この開催1週目よりも時計が出やすくなった。連対馬は見ると、差し馬が優勢だが、逃げ・先行馬が粘っていない訳ではない。前へ行った馬も踏ん張っており、日曜の勝ち馬の内、4頭は逃げ・先行だった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒2への変動、日曜がマイナス1秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響で稍重や重馬場発表のレースはもちろん、良馬場でも時計の出やすいレベルになっている。
 雨の影響が残って土曜は重馬場でスタート。途中稍重に変更された。馬場差も午前はマイナス1秒4、午後はマイナス1秒2でいくらか水準方向に動いたが、それでも速い時計の出るコンディションだった。日曜は終日稍重で、土曜よりもさらに水準方向に動いたが、大きな違いはなく、脚抜きの良いコンディションだった。連対馬については、1週目と比べれば逃げ・先行が多くなっている。ただ、有利な脚質の傾向が明確に出現したということではないだろう。


  タイム分析
 2019/07/14 (日)  芝=-0.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 ショウナンバニラ    牝3 未勝利・牝 1:10.0 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D --
4R T2000 ブルーノバローズ    牡3 未勝利 2:03.2 +1.0 -0.4 +0.8 -0.2 D C --
5R T1800 サトノゴールド    牡2 新馬 1:54.1 +3.5 -1.2 +2.5 -0.2 SL D --
7R T2000 コパカティ    牝3 1勝クラス・牝 2:01.9 +0.7 --- +0.9 -0.2 E C --
9R T1200 サンノゼテソーロ    牡3 下北半島(1勝) 1:09.3 -0.1 --- ±0 -0.1 C C --
10R T2600 ポンデザール    牝4 北海H(2勝) 2:41.7 +1.1 -0.5 +0.9 -0.3 D D --
11R T2000 マイスタイル    牡5 函館記念HG3 1:59.6 +0.5 --- +0.7 -0.2 D D --
 2019/07/14 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1000 グッドブリッジ    牡2 未勝利 0:59.7 -0.7 --- -0.1 -0.6 C D --
2R D1700 グッドヘルスバイオ    牡3 未勝利 1:46.5 -1.1 --- ±0 -1.1 C D --
6R D1700 ボルンカズマ    牡3 未勝利 1:46.3 -1.3 --- -0.2 -1.1 C D --
8R D1700 シンコーマーチャン    牡5 1勝クラス 1:46.3 -0.1 --- +1.0 -1.1 E D --
12R D1700 リワードアンヴァル    牡3 渡島特別(2勝) 1:44.5 -1.1 --- ±0 -1.1 C D --

函館3R 3歳未勝利・牝 注目
 タイムランクCの中で不利を受けた馬のいる2鞍を取り上げる。結果は函館1200mで珍しい大外の2頭の直線一気。ただし、完全タイム差はギリギリCランク。
1着 ショウナンバニラ 
 1着馬ショウナンバニラは特に恵まれた感があった。内の馬たちが上手く捌けなかったために、恵まれたと。ちょっと言っては言い過ぎだろうか。
2着 インディゴブルー 
 なお2着馬インディゴブルーはこれまで前に行っていた馬で、後方からもレースができたことは大きいと思う。
9着 ディノーラ 
 1番人気に支持された9着ディノーラだが、これね、まぁスタートもあまり良くなかったが、4コーナー手前から前が全く開かなかった。直線はまぁほぼ何もできないまま、後方に敗れ去ってしまった。外のフレンチチェリーも前が詰まったために、外にも出せずという事で、この後はちょっと何もできなかった。ここまでの戦歴から能力は間違いなくあるだけに、勿体ない敗戦だった。ペースがもう少し速くなれば、アッサリ勝てるかもしれないが、その場合は思い切って外に出すとか、マクり気味に進出するなどの手段が必要になってくるかもしれない。期待した。
9着 ディノーラ 解説推奨
 先ほどもお伝えしたが、4コーナー手前からもう全く前が開かなかった。ちょっとゲートもあまり上手い馬ではない。本当に直線ほぼ、この後だが、前を狙ったが何も前が壁のままで、しかも外の馬もちょっと不利を受けて、動けないというところ。これはちょっとどんな騎手でもどうしようもない。最後まで結局レースにならなかったという事。次走狙いたい。
函館5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1000m1分6秒7の超スロー。
1着 サトノゴールド 
 残り800mから速くなったが、ゴールドシップ産駒サトノゴールドがきっちり差し切った。ゴールドシップ産駒としては初勝利。楽しみ。
函館6R 3歳未勝利 注目
 タイムランクCの3歳未勝利戦から2鞍を取り上げる。ブリンカー装着2戦目のボルンカズマが4馬身差で逃げ切った。番組注目馬のカーブドシールが3コーナー手前で上がって行って、ボルンカズマを追い掛けたが、勝ち馬が思いの外強く、また2番手が2番人気クラウドスケープとの競り合いになったために、お互いに引けなくなって苦しくなってしまった。最後は後ろにいたシュロスが2着に上がって、カーブドシールは3着に敗れてしまった。
1着 ボルンカズマ 
 勝ったボルンカズマはブリンカー2戦目で逃げて、これまでにない粘り腰を見せた。ジャスタウェイ産駒が逃げた時の勝率は33.3%・連対率41.7%。単勝回収率なんと230%ある。ジャスタウェイ産駒の逃げには、今後も注意したいと思う。
3着 カーブドシール 
 カーブドシールの敗因は4月以降5戦目で疲れが出たというところだろうか。ただ、詰めの甘さはぬぐえない。
函館7R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
函館8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
函館11R 函館記念 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにDだった。マイスタイルが先手を取ったが、2番手のマイネルファンロンが迫って行く。1000m通過59秒8で、2000mのゴールが1分59秒6。もう電波時計みたいに正確な平均ペースでの逃げ切り。例年の函館記念はもう少し逃げ馬が落とすために、スローになって残り800mぐらいから速くなるレースが多いが、今回は見た目には大逃げに見えても平均ペースで、ここが勝敗を分けた。
1着 マイスタイル 
 マイスタイルが逃げ切って重賞初制覇。昨年函館で連勝した時も逃げ切り。今回は逃げ馬不在で、騎手も初めから狙っていたのだろう。後方が離れようと意に介さず、迷いなく平均ペースで逃げた。直線でマイネルファンロンが来た時も、一度溜めてからぶっ放して押し切った。完璧な好騎乗。ベテラン田中勝春騎手の面目躍如だったと言えるだろう。もちろん一度使って馬体も絞れ、馬も良くなっていたのは見逃せない。
2着 マイネルファンロン 
 惜しい2着がマイネルファンロン、巴賞12着からの変わり身を見せた。この馬も洋芝実績がありますし、何より平均ペースは望むところだった。マイスタイルをやや離れ気味に追走して、早めから並びかけたが、相手がちょっとだけ上だったと。ただ、まだ4歳馬ですから、さらに強くなる可能性は十分あると思う。
3着 ステイフーリッシュ 
 毎年北海道開催を盛り上げてくれる矢作厩舎が函館に2頭出しで3着・4着だった。3着ステイフーリッシュは早め早めの追走で見せ場十分だったが、最後に57..5キロが堪えたか。中山金杯を56キロで2着でしたし、やや斤量を見込まれた感が否めない。
4着 ドレッドノータス 
 4着ドレッドノータスは人気はなかったが、力のあるところを見せてくれた。前に行って粘る脚質も今回の流れには向いたと言えると思う。
6着 レッドローゼス 
 あと2番人気6着のレッドローゼスだが、どちらかと言うと瞬発力のあるタイプで、今回のようなペースは向かなかった。福島民報杯を勝ってハンデが56キロになったのも、最後に堪えたのではないだろうか。
6着 レッドローゼス 通信簿
 2番人気6着だった。このところの充実ぶりから思ったより売れた。好位の内で折り合って、4コーナー手前から外、理想の立ち回りが出来て伸びないのは、距離が少し長いから。前走のように、展開に恵まれないと辛く、現状は1800mの馬。

  馬券Summary
7月14日は特殊な芝。中京は内、福島は外
 同じ芝の道悪でもこれだけ違うという典型的な1日だった。福島と中京が同じように開催3週目で、AコースからBコースに替わったのも同じ。しかし福島の先週の日曜は、まず福島はインが悪くなって、もう本当の外伸び。差し馬がジャンジャンやって来た。これはスパークオブライフの勝ったレースだが、3コーナーマクりを打って、内で1番人気のグロリアーナ、あれが普通は勝つような競馬だと思うが、これが4着に負けてしまった。対して、中京の方だが、こちらはもうインが良く、前残りから内からの差しとなった。基本的には内枠の先行馬が良かった。これはエスポワールが先行して、強い競馬を見せたが、もう外の馬、届きそうで全く届かない。結局、内にいた馬が2着・3着と。これも、逃げ(赤)・先行(オレンジ)みたいなのが、うわーっとありまして、基本的には中京は内、福島は外だったというのを、是非覚えていただきたいと思う。こういう特殊な日は標語か何かにして覚えておくと良いと思うが、例えば、この日に福島芝で逃げて失速した馬、中京芝で差して届かなかった馬は次走買う。それだけで穴馬券が取れるのではないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26