2019年1回阪神6日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6からマイナス0秒1への変動だった。遡って6日間の馬場差を確認しておく。週単位で見れば、水準に近づいており、先週日曜は雨の影響で1日の中でも時計が掛かっていた。
 土曜は良馬場だったが、部分的に水分が多い馬場で、開催進行に伴う芝の傷みと合わせて、2週目より時計が掛かるようになった。日曜は午前中に小雨が降り、さらに午後にはもっと強い雨が降って、馬場差は変動。後半ほど時計が掛かるようになったが、中山4日目のような雨と馬場ではなく、それほどダメージは受けていないように見えた。今週は良馬場ならマイナス0秒5から0秒6ぐらいの馬場差だろうと推測できる。次の2回開催の1週目までAコースが使用されるが、内側がそれほど傷んではいないので、極端な外差し馬場には変化しないような印象。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7からマイナス0秒4への変動、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒9への変動だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、4日目以降は変動となっている。この中で変動幅が最も大きかったのが、先週の日曜だった。
 木曜までに降った雨の影響で、土曜は1日を通して稍重。ただし、前半は重馬場に近くて、そこから徐々に乾いているので、馬場差は変動になった。後半ほど時計が掛かるようになったという事。日曜も1日を通して稍重だが、午前中に小雨、さらに午後には雨が降ったので、こちらも変動。土曜とは逆で、後半ほど速い時計が出るようになった。極端に前残り傾向でもなく、差し馬の好走が多いでもなく、それが1日の間に変化するということもなかった。


  タイム分析
 2019/03/10 (日)  芝=-0.6 → -0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 マイエンフェルト    牝3 未勝利 1:22.5 -0.4 -0.1 -0.1 -0.4 C C 7.63
5R T1800 カリボール    牡3 未勝利 1:48.0 -0.2 --- +0.3 -0.5 C C 10.17
7R T1600 ミッキーブリランテ    牡3 500万下 1:35.4 +0.5 -0.9 ±0 -0.4 C C 4.63
9R T2400 プリンスオブペスカ    牡5 淡路特H1000 2:26.7 +0.3 -0.3 +0.4 -0.4 C D 4.75
11R T1400 ノーワン 牝3 フィリーG2 1:22.0 +0.4 --- +0.5 -0.1 D C 4.75
プールヴィル 牝3
 2019/03/10 (日)  ダ=-0.2 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ブロードハースト    牝3 未勝利・牝 1:56.9 +2.3 --- +2.5 -0.2 E D 7.30
2R D1200 モズカプリッチョ    牡3 未勝利 1:12.7 -0.6 --- -0.4 -0.2 B D 7.69
3R D1800 グリッサード    牡3 未勝利 1:54.7 +0.1 --- +0.5 -0.4 D D 8.00
6R D1200 アヴァンティスト    牡3 500万下 1:12.2 -0.4 --- -0.1 -0.3 C C 6.38
8R D1800 クアトレフォイル    牡4 500万下 1:53.5 +0.4 --- +0.9 -0.5 E C 6.25
10R D2000 ジョーダンキング    牡6 甲南SH1600 2:04.2 -0.5 --- +0.3 -0.8 C D 10.08
12R D1200 メイショウアリソン    牡5 1000万下 1:11.2 -0.5 --- +0.1 -0.6 C C 5.93

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より2秒5遅い勝ちタイムだった。
阪神2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。上位人気での決着だった。600m36秒1というゆったりとしたペースで逃げたシーシャープとこれを2番手で追走したモズカプリッチョの2頭が、直線でマッチレースとなる。
1着 モズカプリッチョ 
 ギリギリでモズカプリッチョが差したが、残念ながらゴールの瞬間に骨折してしてしまった。
2着 シーシャープ 番組注目馬
 2着のシーシャープはゆったりとしたペースで逃げていたとは言え、しぶとく粘っており、Bランクのレースでハナ差なら次走も有力。オルフェーヴル産駒がダートの1200m使うようになって安定するとはなかなか考え深いと言うか、想像できなかったが、母も姉もダートの短距離が得意だった。レースぶりからしてもダート1200mが一番合っている。
阪神4R 3歳未勝利 
8着 エクレアスピード 通信簿
 1番人気8着だった。出遅れたが、前走も出遅れていて、まぁそこはあまり言い訳にはならないが、直線に入って追い出すと伸びかけて、伸びて来そうだなと思ったら、途中でピタッと止まった。あれは休み明けが影響したとしか思えないので、次は改めて私は注目したいと思う。
阪神5R 3歳未勝利 注目
 3着だったミヤビパーフェクトについて。
3着 ミヤビパーフェクト 
 この前に3コーナー辺りで口向きの悪さを出したりしつつも、外枠からゆったりと運んで、良い感じで直線に入ったが、いざ追い出すと内にもたれてしまって、ソレを修正するために外側の手綱を引いて、そして追うとまた内にもたれという繰り返しで、結果的にずーっとフラフラしていた。しかも、外に立て直そうとしている時に、外からガラチコが交わして行ったので、もう思いっきり外に誘導する訳にはいかなくなって、この辺りからは流す感じのゴールになってしまった。実は、小倉でのデビュー戦でも直線でかなり内に刺さっていて、これが気性から来るモノだと厄介だが、そうでなければ左回りで大きく前進する可能性がありますし、真っ直ぐ走れるようになれば勝ち上がって行けそう。
阪神7R 3歳500万下 注目
 勝ったミッキーブリランテについて。
1着 ミッキーブリランテ 勝ち馬注目
 直線ではさぁどこを割りましょうかという楽な手応えで、そして進路が出来ると一気に抜け出すが、先頭に立つとフワフワしている。そのため着差はつかなかったですし、余裕のある勝ちっぷりにも見えないが、1勝目を挙げた時も先頭に立つとフワフワしていた。3着だったシンザン記念では、もし先頭に立ちかけたところで急に勢いがなくなっていた。要するに、ソラを使うというやつだが、こういうタイプは相手が強くなっても相手なりに走る。既にシンザン記念3着がある馬に、オープンでも上位可能とわざわざ言うのも変だが、今回の余裕のなさそうな勝ち方を見て、重賞では足りないと、そういう風に思わない方が良い。
阪神8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神11R フィリーズレビュー 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクがCだった。スタートでキュールエサクラらが遅れた。一方、アスタールビーが先手を取って4コーナーに差し掛かる。まぁ桜花賞の優先出走権がかかっていて、1200mがベストの馬も参戦も多いこのレースはハイペースになるのが普通。今年も遅くはないが、稍重で600m34秒9というのは、速くはない。折り合いに苦労している馬もいた。流れが速くはないので、直線に入っても先行馬同士の争いが続いていて、イベリスが先頭に一瞬立つが、最内から突っ込んで来たノーワンが一気に抜ける。その後、先行馬の後ろから外に出したプールヴィルが伸びて1着は同着。イベリスに競り勝ったジュランビルが3着に入った。
1着 ノーワン 
 ノーワンにはちょっとビックリしたが、一か八かのイン突きで、詰まったり狭くなったりしなかった。このレース、何となく雰囲気で人気が形成されていたが、結局人気ほど能力差はなかったという事だと思う。そうは言っても、桜花賞では苦しいような気がするが、こういう風に連勝している時のハーツクライ産駒というのは、簡単にクラスの壁を破るので、また人気が無いようだと一発あるかもしれない。
1着 プールヴィル 
 プールヴィルは阪神ジュベナイルフィリーズ組の最先着馬だった。ここでは力が上だった。かなり苦しい体勢から同着に持ち込んでいて、勝負強さもある模様。桜花賞でも上位候補となる。
3着 ジュランビル 
 そして3着争いはジュランビルが先着し、ここまで3頭が桜花賞への優先出走権を得た。3着のジュランビルはズーッと外を回って、直線では一端前に出たイベリスを最後に差した。1400mまでしか経験していないので、初距離となる桜花賞では楽ではないと思うが、レース内容に安定感がある。
4着 イベリス 
 4着のイベリスは前半かなり行きたがっていた。最後に失速したのはその影響でしょうし、そもそも距離も長いのだと思う。1200mで改めて注目。
7着 アウィルアウェイ 
 一方1番人気アウィルアウェイは7着だった。ちょっと個人的な感想に近いが、アウィルアウェイはあまり強くない組み合わせで連勝して、2着だった京王杯2歳Sはもう、馬の強さがわからなくなるような、歴史的な超スロー。今回、前半に少し行きたがってはいたが、多頭数の重賞で、普通の流れになるとこんなモノなんじゃないかなと思う。

  馬券Summary
冬の京都芝のその後
 今年1月・2月の京都芝は京都の芝としては異例なほど重くて、時計が掛かっていたという事は、その開催中に何度も触れた。では、その重い京都の芝で走った馬のその後はどうなっているかだが、
冬の京都芝のその後
まず今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走も京都芝の同じクラスに出走した場合。まぁコレ当たり前の話だが、2着馬の成績が抜けて良くて、次は3着馬。4着馬・5着馬はあまり良くない。続いて今年1月・2月の京都で2着から5着だった馬が、次走で他の競馬場の芝の同クラスに出走した場合。これ特に3着以内率を比べると、前走2着・3着でも、前走4着・5着でも大して変わらない。これ人気を考慮すれば前走2・3着よりも、前走4・5着を買うべきというレベルで、実際に前走4着馬・5着馬の複勝回収率はどちらも100%を超えている。先週のレースから象徴的な例を挙げると、土曜阪神4R。前走2月の京都芝で5着だったヒーリングマインドが勝って、前走2月の京都芝で2着だったサンライズアキレスは5着。また、このレースの2着カズマークセンは、2月の京都の芝でサンライズアキレスに0秒3離されていた、ディープインパクト産駒だった。今年冬の京都芝で、ディープインパクト産駒が苦戦。特に体重の軽い牝馬が苦戦していると話を1月にしたが、最終的にはもう2回歳で12勝した。しかし、馬場が合わないのに、能力だけで上位に来ていたというケースも多くて、今年1月・2月の京都芝で3着以内だったディープインパクト産駒が、次走で他のコースの芝の同クラスに出走した場合は、2勝2着3回3着5回。12回走って4着以下が2回しかなく、極めて好走確率が高い。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26