2019年1回東京3日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともに、マイナス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス0秒9で変わりない。
 先週の木曜日に雨が降って、開幕週よりも含水率は高かったが、時計の出方としては変わらなかった。連対馬の脚質についても、開幕週と同様に目立った偏りは無く、東京らしく差しの届く馬場。芝の11鞍の内、中団・後方に位置していた馬が連対しなかったのは1鞍だけだった。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともに、マイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週はプラス0秒6に対して、先週はマイナス0秒6で対照的な数値になった。
 開幕週は乾いた良馬場だったが、先週は雨の影響が残って土日ともに稍重で、凍結防止剤の影響が残っていたとしても、時計が出やすくなった。日曜は土曜と比べれば、少し乾いたが、大きな変化はなく時計の出方は変わらなかった。なお、連対馬の脚質には目立った偏りはなかった。


  タイム分析
 2019/02/02 (土)  芝=-0.9  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 マルーンベルズ    牝3 未勝利・牝 1:48.7 -0.2 -0.7 -0.1 -0.8 C D 9.38
6R T2400 ミライオー    牡3 未勝利 2:27.4 -1.2 -0.8 -0.9 -1.1 B C 8.55
9R T1400 ココフィーユ    牝3 春菜賞500 1:21.9 -0.6 -0.3 -0.3 -0.6 B D 8.33
10R T2400 ナムラドノヴァン    牡4 箱根特H1000 2:27.6 +1.4 -1.2 +1.3 -1.1 SL C 5.67
11R T1600 エントシャイデン    牡4 節分S1600 1:33.7 +0.1 -0.3 +0.5 -0.7 D C 4.57
 2019/02/02 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1300 アイアムハヤスギル    牡3 未勝利 1:20.1 +0.6 -0.1 +1.0 -0.5 E D 8.00
2R D1400 タマモジャイブ    牝3 新馬 1:27.4 +1.0 --- +1.5 -0.5 E D 9.50
3R D1600 マックスアン    牡3 未勝利 1:38.9 -0.6 --- ±0 -0.6 C C 7.08
4R D1400 デュープロセス    牡3 500万下 1:24.3 -1.1 --- -0.6 -0.5 B C 8.09
7R D1400 カタナ    牡4 500万下 1:24.8 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 8.53
8R D1600 ミッキーボニータ    牡4 500万下 1:37.3 -0.7 --- -0.1 -0.6 C D 9.00
12R D1600 ショーム    牡4 1000万下 1:36.0 -1.2 --- -0.6 -0.6 B C 8.38

東京1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
東京4R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。1.デュープロセス・9.セイウンコービーが合わせるように直線へ入って行く。セイウンコービーの勢いがなくなり、デュープロセスが先頭で粘っているところに6.ボストンテソーロが迫って来た。しかし、デュープロセスは抜かせずハナ差で押し切った。2着ボストンテソーロから2馬身差の3着が4.パイロテクニクスだった。
1着 デュープロセス 
 デュープロセスがダート1400mで連勝した。単勝1.7倍の1番人気デュープロセスだが、1番枠から先行して直線で抜け出すと、外から併せて来たボストンテソーロに抜かせず押し切った。デュープロセスだが、新馬でケイアイターコイズのクビ差2着。そのケイアイターコイズは先々週、中京はこべら賞をタイムランクAで勝った。前走の未勝利は2着に6馬身差をつけて圧勝している。今回も楽勝かと思われたが、過去2走と違って、今回は最内枠。外から被せようとする馬もいて、気を遣いながら前へ行くレースとなった分、厳しかったのかもしれない。しかし、それでもタイムランクBでの好タイム勝ち。オープンでもこのぐらいの距離なら、十分でやってくれそう。
1着 デュープロセス 通信簿
 1番人気1着だった。追い出しを待った割には差をつけられなかったが、前半に脚を使った影響はあったはず。並んでからの勝負強さは見せている。
2着 ボストンテソーロ 
 2着ボストンテソーロは勝ち馬と同タイム。当然次走は勝ち負けだろう。距離延長も克服しており、大きく期待したいところ。
6着 スマートセラヴィー 
 6着スマートセラヴィーは1400mでは終いが甘くなってしまう。現状は1200mの方がレースはしやすいのかもしれない。
東京6R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。早めにハナに立ったエンシュラウドが直線に入っても先頭で、差を詰めて来たホウオウビクトリーを振り切って粘っている。しかし、ゴールが近づいて外からミライオー・ポベーダテソーロが追い上げて来る。そしてミライオーがクビ差で1着、2着エンシュラウド、3着にポベーダテソーロ。
1着 ミライオー 
 ミライオーが前走11着から一変。400m通過から1800m通過までの間、ずっと12秒台のラップを刻んで、上がり600mは34秒8と瞬発力比べとなった。勝ったミライオーは後方から外を回って徐々に進出し、ジリジリと伸びて差し切った。近親にトーセンジョーダンがいる社台グループゆかりの血統。中山2戦ではもう一つだったが、広い東京に変わって勝った。まだまだ未知数で、上のクラスでどうかは何とも言えないが、長距離で良い脚が長続きするところは示したと言えるだろう。今後の成長に期待したい。
2着 エンシュラウド 
 このレースは上位3頭、クビ・クビ差の接戦だった。2着エンシュラウドは外国産馬で、日本では菊花賞3着・札幌日経オープンを勝っているバンデを出しているAuthorized産駒。AuthorizedはMontjeuの仔でエプソムダービー馬。ヨーロッパのタフな芝を得意とする。今回も長距離で先行して粘り込もうとしたが、最後の最後に交わされてしまった。Sadler's WellsやMontjeuの血統は、日本ではなかなか大成しない傾向にある。ただ、まぁこの馬はタイム差なしの2着2回と未勝利はいつでも勝てそう。順調に成長していずれ長距離で大きなところを目指して欲しいと思う。
東京9R 春菜賞 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。マーマレードガール・ナーゲルリングち内枠の馬が前へ行って、直線に入って行ったが、その外からココフィーユが並んで交わして行く。後続は外からチビラーサン、さらに外からスイープセレリタスが追い上げて、前に迫って行く。しかし、先に抜け出したココフィーユが並ばせずに1着。半馬身差チビラーサンが2着入線。
1着 ココフィーユ 
 ココフィーユは3走前の重賞で4着。それ以外の4走は全て連対と堅実。ココフィーユ、2番人気だったが、このクラスはすぐにでも勝てる実績馬。今回はスタートを決めて、スンナリ3番手を奪取すると、アッサリ抜け出して勝った。1番人気スイープセレリタスがスタートで少し出遅れて、直線で馬群を捌くのに苦労したのにもちょっと恵まれた感じもあったが、着差以上の勝ち方だったと思う。ココフィーユは2016年のセレクトセールでなんと864万円だった。近親には桜花賞3着カタマチボタンなど、活躍馬が結構いるにも関わらず、このお値段だった。ロードカナロア産駒のデビュー前で、ちょっと評価が難しかったというのもあるかもしれないが、かなりお買い得ではなかっただろうか。関係者に先見の明があったということだろう。今後どこまで出世するか注目したい。
3着 スイープセレリタス 番組注目馬
 1番人気3着スイープセレリタスだが、前走でダノンチェイサーの同タイム3着。今回はまぁスタートのミスと、直線の不利が重なった。次走はまぁほぼ勝てるだろう。
東京10R 箱根特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京12R 4歳上1000万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。最内枠からレッドエレノアが先手を取って直線に入ったが、2番手にいた8.ブライトリビングが並んで来る。そしてブライトリビングが先頭に立ち、外から14.アームズレングスが上がって来るが、間を割って3.ショームも迫って来た。そしてゴールではショームが抜け出して1着。外のアームズレングスがハナ差で2着だった。
1着 ショーム 
 番組注目馬ショームが勝った。今回4ヶ月半ぶりの実戦で体重22kg増だが、体型を踏まえると、それほど太くはなかった。内に包まれてヒヤッとしたが、ラストで挽回したのは能力の違いだろう。上積みも期待できますし、まぁオープンまでは行けると思っている器ですので、次も行けるのではないだろうか。
2着 アームズレングス 
 2着アームズレングスだが、これは東京コース巧者。東京だと走りっぷりが違う。今後も府中を中心に、左回りで積極的に狙いたい。

  馬券Summary
小倉で狙いたい『前走中京で先行した馬』
 これ毎年このコーナーで取り上げている。2018年4回中京3日目から6日目まで、それから2019年今年の1回中京5日目・6日目の芝だが、差し・追い込みがかなり決まった。言い換えれば、前行った馬には厳しかったと思う。これらの6日間で4コーナー3番手以内にいて、失速した馬。これを小倉芝で狙いたいという趣旨。
小倉で狙いたい『前走中京で先行した馬』
 今週の特別登録がある馬では、小倉城特別でサンライズサーカス。それから巌流島特別でスリーケープマンボ・ボスキャットグレイ・マイネルアムニス。これだけいる。まぁ出馬ラッシュで、すごい頭数登録しているので、出れるかどうかわからないが、平場も含めてぜひ追いかけてください。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-