2019年3回東京8日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒7からプラス0秒3への変動、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒4への変動だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催1週目は前の開催の傾向を引き継いで、かなり速い時計の出るコンディションだった。2週目以降は雨の影響で、馬場差が1日の中でも変わり、特に5日目は設定不能だった。
 土曜は昼前から雨が降り続いて。後になるほど時計の掛かるコンディションになって行った。一方、日曜はマイナスゾーンに戻ったが、一気に乾いた訳ではなく、また10週の連続開催の最終日でしたから、流石に水準に近いレベルに止まった。傾向は、土日ともにつかみ所がなかった。基本的に馬場が回復に向かえば、先行馬とインコースを回った馬に有利になりがちだが、外が伸びなかった訳でもなく、そうかと言って、イン強襲もあったので、明白な傾向を提示できない。ただ、どちらかと言えば、外差しは効かなかったように思う。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒1からマイナス1秒5への変動、日曜がマイナス1秒4だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催1週目は水準レベルだったが、ダートも3日目以降は雨の影響で変動の日が多く、またほとんどがマイナスゾーンだった。
 土曜はダートも雨の影響で、後のレースになるほど水分を含んで脚抜きの良いコンディションになって行った。日曜は終日重馬場だった事が示すように、1日を通して同じ数字で、同じ馬場差で速い時計の出るコンディションだった。上位馬についてだが、脚質の偏りは少なかった。東京らしい地力勝負になったと言うより、ダートでも瞬発力のある馬の好走が目立った。東京ダートは内から乾いて行くので、日曜は内を回った逃げ・先行馬よりも、走りやすい外を回った差し・追い込み馬が活躍した。


  タイム分析
 2019/06/23 (日)  芝=-0.2 → -0.4  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 サトノダムゼル    牝3 未勝利・牝 1:47.8 -0.8 --- -0.6 -0.2 B D 7.36
4R T2400 グレイジャックマン    牡3 未勝利 2:28.6 +0.5 -0.8 +0.1 -0.4 C C 5.31
5R T1600 サナチャン    牝2 新馬 1:36.6 -0.1 --- +0.1 -0.2 C C 7.79
7R T1800 アップライトスピン    牝3 1勝クラス・牝 1:47.9 +0.2 -0.9 -0.3 -0.4 C C 6.64
8R T2000 カーロバンビーナ    牝4 1勝クラス 2:00.1 -0.7 --- -0.3 -0.4 C D 7.80
11R T1400 ショウナンライズ    牡6 パラダH(L) 1:21.3 +0.5 -0.4 +0.4 -0.3 D D 10.09
 2019/06/23 (日)  ダ=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 オーバーディリバー    牡3 未勝利 1:37.5 -1.6 --- -0.2 -1.4 C D 6.25
2R D1400 ジョイナイト    牡3 未勝利 1:25.3 -0.6 --- +0.6 -1.2 D D 8.50
6R D2100 ボヘミアラプソディ    牡3 未勝利 2:12.4 -1.1 -0.4 +0.3 -1.8 C C 7.14
9R D1400 サトノギャロス    牡3 清里特別(2勝) 1:23.0 -1.2 --- ±0 -1.2 C B 6.64
10R D1600 スウィングビート    牡4 夏至SH(3勝) 1:35.0 -1.4 --- ±0 -1.4 C D 6.18
12R D1400 パイロジェン    牡3 1勝クラス 1:23.4 -1.5 -0.1 -0.4 -1.2 B B 6.00

東京1R 3歳未勝利 注目
1着 オーバーディリバー 
 勝ったオーバーディリバーの父はマンハッタンカフェ。骨折明けで、初めてのダートだったが、この馬跳びが大きいですから、外から惰性をつけてスパートした模様。ラスト400mが12秒0-12秒0で4馬身差ですから、抜け出してさらに突き放したことになる。昇級しても面白いと思う。
2着 シゲルグリンダイヤ 
 2着のシゲルグリンダイヤは大外枠からコースロスのないレースを心がけて、かろうじて2着は確保した。今回も相手が悪すぎた。タイムランクはDになるが、相手次第でチャンスがあると思う。
3着 ノブベック 
 3着のノブベックは仕上がりは良かったが、2人引きでテンションが高い。出遅れて直線大外からの追い込み。脚は見せましたから、今の未勝利クラスでは能力が上位。
東京3R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。初出走馬2頭によるワンツーフィニッシュだった。
1着 サトノダムゼル 
 勝ったサトノダムゼル、父はディープインパクト。体質が弱くてデビューが遅れたが、経験馬相手のデビュー戦で見事な差し切り勝ち。完全タイム差はマイナス0秒6。昇級しても通用するだろう。
2着 ビジュティエ 
 2着のビジュティエ。こちらも初出走で、最内から猛然と追い込んで上がり600mの推定タイムは最速。兄や姉はコンスタントに走っていますし、オルフェーヴル産駒の牝馬は小さくても走る。
3着 パロネラ 
 そして番組注目馬パロネラは3着だった。ブリンカーを初めて着用して、1800mを使ってきた以上、逃げることは覚悟していたが、重馬場で前半1000m59秒0は飛ばしすぎだった。残念ですが、好タイムの立役者になってしまった。
5着 メイオール 
 そして1番人気のメイオールは5着だった。ペースも合わなかったが、敗因の大半は馬場だろう。良馬場で見直したい。
東京4R 3歳未勝利 
5着 デュアライズ 通信簿
 1番人気5着だった。デビュー戦は1800mで追い込んで3着。そして今回は2400mに使い、正攻法の競馬をしたら、全く伸びなかった。現状は差す形が良さそう。次走巻き返しは可能。
東京9R 清里特別 
13着 ケイアイビリジアン 解説推奨
 最初に、この馬は3歳未勝利・3歳500万下をタイムランクBで勝った馬である事を強調しておく。つまり、2勝クラスなら十分に通用する下地がある訳で、今回は7番人気で13着だったが、この1戦だけで見限るのは早計。なぜかと言うと、昇級戦で力不足で負けた訳ではないから。この馬、元々テンションが高い馬で、集中して走れる時と走れない時があって、年明け6戦目の今回は流石にメンタル面がギリギリ一杯一杯だったような気がする。大野騎手も最後は無理をしていない。このあと夏休みの取って、秋に備えれば、秋の東京戦で休み明けで穴に狙えるんじゃないだろうか。
東京12R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 パイロジェン 勝ち馬注目
 パイロジェンは東京ダート1400mで2着・2着・1着となった。パイロジェンはまぁ順当勝ちですね。ただ、前走2着時は随分ズブい面を見せていたが、今回は走る気満々で、行きっぷりが違っていた。昇級しても通用する。
2着 ラディアント 
 2着のラディアントは使い込んでいたが、昇級戦で正攻法のレースをしたあたり、田中勝春騎手も手応えを感じていた模様。完敗だが、好内容の2着と言って良いだろう。
3着 オルクリスト 
 3着のオルクリスト、追い込み一辺倒ですから前に強い馬がいると、こうなってしまう。ただ、確実に速い脚を繰り出せますから、1勝クラス脱出は時間の問題だろう。
4着 アポロビビ 
 4着のアポロビビは、前2走で掛かり気味だった。それと今回はテン乗りですから、折り合い重視で乗ったのは仕方なく、差す形を覚えてくればこの馬は上のクラスでもやれそうな感じがする。

  馬券Summary
エピファネイアと4×3
 昔から血統の世界では、奇跡の血量という言葉がある。父系統と母系の3代前と4代前、またはその逆の、4代前と3代前に同じ馬がいると、その馬の血量を18.75%持つことになって、この近親交配は血が濃すぎず薄すぎず、理想的な血量と言われて来た。一般的に4×3・3×4のクロスと言って、名馬が出現する事が多くて、その根拠はともかく、私自身オーソドックスな配合のセオリーと考えている。例えば、古い話だが天馬と言われたトウショウボーイ、これはハイペリオンの3×4だった。では表をご覧下さい。
エピファネイアと4×3
これは2000年以降のダービー馬で4×3または3×4のクロスを持つ馬。この中で、ヘイローのクロスは直後のサンデーサイレンスへ、これから世代的前進を見て行く事になる。さて、今年の2歳世代からデビューしたエピファネイア産駒には、このサンデーサイレンスの4×3のクロスが多く見受けられる。エピファネイアはシンボリクリスエス産駒だが、母シーザリオの父がスペシャルウィークで、その父サンデーサイレンスに遡り、血統表では父系の4代前、ここにサンデーサイレンスが姿を表す。そのサンデーサイレンスは1時代を席巻した種牡馬ですから、サンデーサイレンス系の母は非常に多い訳で、母系の3代前に今度サンデーサイレンスが出てくるパターンもまた多くて、エピファネイア産駒の場合、必然的にサンデーサイレンス4×3のクロスができやすくなる。4×3というのは、配合のセオリーで名馬が出やすいのであれば、語弊はあるが、下手な鉄砲数撃てば当たるで、エピファネイア産駒から大物が出る可能性も高くなると考えられる。今年の新種牡馬の中で、エピファネイアは最も注目する必要があると思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-