2019年1回阪神3日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス1秒0。2週目がマイナス0秒9でほとんど変わりがない。
 木曜日に雨が降ったが、芝に関してはその影響は無く、1週使用した事によって、少しだけ時計が掛かるようになった。日曜の後半に小雨が降ったが、こちらも芝に関しては時計の出方に影響はなかった。内が有利とか外が伸びると言った偏り、バイアスはなく不公平感のない馬場。2回開催の1週目までAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒6への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、水準レベルの開幕週からマイナス方向に動いている。
 木曜日に降った雨の影響で、土曜は稍重。乾くのが遅く、日曜も稍重のままだったが、土曜よりは乾いていて9Rまでは土曜より少しだけ時計が掛かるようになっていた。ただ、10R以降に小雨が降ったため、12Rは土曜と同じ馬場差に戻った。極端に前残り傾向でもないし、極端に差し馬が好走している訳でもなく、ごく普通の馬場だったと思う。


  タイム分析
 2019/03/02 (土)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2000 クードメイトル    牝3 未勝利 2:02.5 +0.3 --- +1.2 -0.9 E D 7.80
7R T1400 グラナタス    牡3 500万下 1:22.7 +0.5 -0.1 +1.0 -0.6 E C 6.50
9R T2000 ジェシー    牡4 千里山特1000 2:00.1 -0.1 --- +0.8 -0.9 D C 6.40
11R T1600 ダノンファンタジー    牝3 チューリG2 1:34.1 -0.1 -0.3 +0.3 -0.7 C C 6.55
12R T1400 ラヴィングアンサー    牡5 1000万下 1:21.1 -0.4 --- +0.2 -0.6 C C 5.71
 2019/03/02 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 オーパスメーカー    牝3 未勝利・牝 1:54.8 +0.2 --- +0.8 -0.6 D D 3.89
2R D1200 パドカトル    牡3 未勝利 1:12.8 -0.5 --- -0.1 -0.4 C C 6.50
3R D1800 ヒッチコック    牡3 未勝利 1:53.7 -0.9 --- -0.3 -0.6 C C 5.15
5R D1400 メラン    牡3 新馬 1:27.0 +0.7 --- +1.2 -0.5 E D 9.69
6R D1800 クリソベリル    牡3 500万下 1:52.2 -1.5 --- -0.9 -0.6 A C 7.10
8R D2000 メトロポリス    牡5 500万下 2:06.3 -0.2 --- +0.5 -0.7 D D 7.44
10R D1400 ファッショニスタ    牝5 播磨S1600 1:22.7 -0.8 --- -0.3 -0.5 B C 7.20

阪神4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 3歳500万下 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。アールジオールが先手を取って4コーナーに入って行ったが、後続が接近し、特に外からクリソベリルが勢い良く上がって行く。そしてクリソベリルが一気に先頭に立って直線。これを追ってソルトイブキが2番手に上がって来たが、クリソベリルは後続をグングン離して、独走態勢で1着。7馬身開いて内に入ったアヴァンセが2着に上がり、ソルトイブキ3着だった。
1着 クリソベリル 番組注目馬
 単勝1.6倍の支持を受けたクリソベリルの圧勝だった。クリソベリルはスタートが遅く、後ろから。向正面で差を詰めて行ったが、3コーナーでペースが上がった時には、置かれそうになっていた。しかしエンジンが掛かると、外からひとマクリ。そのままぶっちぎった。脚が長くて、跳びが大きいのでスタートが遅いですし、急なペースアップには対応が難しいが、まぁエンジンが掛かってしまえば性能の高さを遺憾なく発揮する。多頭数で思いっきり外をマクる展開になってると危ないが、恐らく次走は中山1800mの伏竜ステークス。ここはだいたい多頭数にはならないので、好勝負になると思う。
2着 アヴァンセ 
 2着以下は7馬身以上離された。クリソベリルが前の馬をひと飲みにした事で、先行馬は苦しくなって、好位の内にいたために4コーナーで動けなかった馬はかえって脚を溜める事ができて、直線で伸びた。それが2着のアヴァンセと4着のブラックウォーリアで、この2頭に関しては、4コーナーで位置が下がりながら盛り返したという事で、高く評価すべきではないと思う。
3着  
 3着のソルトイブキはクリソベリルのマクりに着いて行って伸びて来たが、最後は止まり気味。この2着から4着の3頭はAランクレースの上位だからと言って、次走で飛びつかない方が良さそう。
4着 ブラックウォーリア 
 2着以下は7馬身以上離された。クリソベリルが前の馬をひと飲みにした事で、先行馬は苦しくなって、好位の内にいたために4コーナーで動けなかった馬はかえって脚を溜める事ができて、直線で伸びた。それが2着のアヴァンセと4着のブラックウォーリアで、この2頭に関しては、4コーナーで位置が下がりながら盛り返したという事で、高く評価すべきではないと思う。
5着 ウォータースペース 
 一方、先行してクリソベリルに飲み込まれた5着のウォータースペースは見直せると思う。
5着 ウォータースペース 解説推奨
 クリソベリルが豪快なマクリで前をひと飲みにしてしまったので、先行馬は苦しくなったレースで、この馬も被害馬の1頭。見せムチだけで圧勝した1月の京都での勝ちっぷりから、500万でも通用するはずで、今回も上位人気だったので、千切れた5着だからと言って、人気が一気に下がるという事はないと思うが、少なくとも今回の2着・3着・4着馬との対戦になれば逆転できると思う。
阪神7R 3歳500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神10R 播磨S タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ファッショニスタ・クリノフラッシュが併せるように先行し、ファッショニスタが単独先頭で直線へ。ファッショニスタの勢いは衰えず、リードを広げて3馬身差で1着。2番手にはエテルニテが一旦上がったが、外からシヴァージが伸びて2着に上がっている。
1着 ファッショニスタ 
 ファッショニスタが距離短縮4走ぶりの1400mで1着となった。ファッショニスタは、スタートこそあまり速くなかったが、仕掛けて先行した。ずっと外にクリノフラッシュがいて、スペース以上にプレッシャーがかかっていたと思われるが、4コーナーで先頭に立つと、楽々と押し切った。さしあたり、あまり言いたくはないが、ファッショニスタは私の次走危険馬だった。JBCレディスクラシックで差して3着に来たことで、中距離での差しにこだわっていると危ないですよという趣旨だったが、1400mで騎手も変わって先行。前に行った時点で、私は自分の負けを覚悟した。ちゃんと1400mに使ってくる厩舎も、ちゃんと先行させる騎手も流石だったと思う。ギリギリのBランクで、オープンでは1番人気で9着だったこともあるので、いきなり通用するとは言えないが、1400mで先行できるようなら、オープンでも上位可能としたい。
2着 シヴァージ 
 2着のシヴァージはこれまで先行していたが、今回はもう行く気はなかったようで、中団から。それで砂を被っても問題なかったというのは収穫だが、中団の内から4コーナーで実にスムーズに外へ出せたことが大きい。この2着によって、これから差しにこだわるようだと、また不利を受けたり詰まったりということがあるかもしれない。
3着 ストロベリームーン 
 3着のストロベリームーンは好位で流れに乗ったが、伸びは一息。1400mは微妙に長いようで、ベストは1200mだろう。
阪神11R チューリップ賞 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。スタートでメイショウショウブ・シゲルピンクダイヤが遅れた。注目のダノンファンタジーは反応良くゲートを出たが、外からオーパキャマラードが先頭に立って行く。ダノンファンタジーはポンと出たが、逃げる気はなく下げたが、しばらく行きたがっていた。前と外に馬を置いて、何とか落ち着かせたが、その形のまま直線に入る。スローペースなので、周りの馬が止まらず外から追い上げて来た馬もいて、なかなか外へ出せなかったが、ドナウデルタが一気に先頭に立った辺りで、外へ出すとそこからしっかり伸びた。外から伸びたシゲルピンクダイヤとノーブルスコア、そしてドナウデルタの3頭が接戦になった2着争いはシゲルピンクダイヤが制した。
1着 ダノンファンタジー 勝ち馬注目
 昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズを制し、最優秀2歳牝馬となったダノンファンタジーが今年最初のレースも勝って4連勝。ダノンファンタジーは前半行きたがり、直線では内で包まれていたが、慌てることもなく先に抜け出したドナウデルタをグイグイ追い詰めて、あっさり捕らえた。まぁこのレースに関して言うと、「強い」としか言いようがなくて、桜花賞の最有力馬であることは間違いない。
2着 シゲルピンクダイヤ 
 そしてシゲルピンクダイヤが2着、ノーブルスコアが3着でここまで3頭が桜花賞への優先出走権を得た。2着のシゲルピンクダイヤは、繋靱帯明けで、プールと坂路での仕上げ。ギリギリ間に合ったという感じで、これだけ走るのですから能力は高い。この後脚が何ともなければ桜花賞でも期待できそう。
3着 ノーブルスコア 
 そしてシゲルピンクダイヤが2着、ノーブルスコアが3着でここまで3頭が桜花賞への優先出走権を得た。3着のノーブルスコアは苦しくなっても頑張る精神力が魅力。突き抜けるような感じはしないが、しぶとさがあって、桜花賞でも上位可能だと思う。
5着 シェーングランツ 
 一方、2番人気シェーングランツは5着だった。シェーングランツは直線で地面をちゃんとグリップできていないような走りになっていた。まだ全体に緩いと言うか、成長途上と言うか、桜花賞までに良くなるかと言うと疑問。

  馬券Summary
ディープインパクト産駒は実績不問
 昨年の12月に2歳の12月に重賞を勝ったディープインパクト産駒は3歳春に不信に陥りやすいというデータを紹介したが、ダノンファンタジーに関してはどうやら杞憂に終わりそう。その時に2歳の12月に芝1800m以上の500万下を勝ったディープインパクト産駒は、3歳時に重賞で好走しているというデータも紹介して、早いうちから重賞に出走していた全兄ムーヴザワールドの使い方より、2歳12月に500万下を勝った弟、サトノルークスの使い方の方が正解となる可能性があると言った。が、サトノルークスは重賞を勝っていないが、すみれステークスで、ホープフルステークスの2着馬を下して勝った。他でも、きさらぎ賞では2歳12月に500万下を勝ったダノンチェイサーが重賞初出走で勝ち、共同通信杯も2歳12月に500万下を勝ったダノンキングリーが、朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬を相手に勝った。逆に2歳重賞で好走していたディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に危なっかしいことが多くて、現3歳世代では東京スポーツ杯2歳ステークスで3着だったヴァンドギャルドが対象例となる。重賞初出走だった東スポ杯は3着と好走したが、その実績によって1番人気になったきさらぎ賞は4着だった。で、先週弥生賞をカントルかサトノラディウスが勝っていれば、話としては完璧だったが、勝ったのは重賞2戦目のディープインパクト産駒、メイショウテンゲンだった。ただ、メイショウテンゲンも2歳時重賞には出走しておらず、さらに1勝目まで4戦かかっていながら、重賞2戦目で勝ってしまったように、実績不問でクラスの壁を破った。3歳春の重賞というのは2歳重賞の好走馬が人気になるが、そういう実績馬に逆らいたい私のような人は、2歳時に重賞で走っていないディープインパクト産駒を狙うことをお勧めする。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-