2019年5回東京4日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス2秒0、日曜がマイナス1秒9だった。東京は前の開催3週目が3日間開催だったので、まずは遡って9日間の馬場差を確認しておく。全てマイナスの数値だが、前の開催後半は雨の影響で変動の日が多くなっていた。ただ、9日目以降は全て良馬場でマイナス2秒0レベルが続いている。
 特にこの開催に入ってから、全て良馬場でかなりの高速馬場が続いている。脚質的には先々週は12鞍あって、好位組が9連対したが、先週は13鞍で4連対とやや不振だった。それに代わって台頭したのが中団からの差し馬で、13鞍で11連対と活躍が目立った。特に日曜後半はその傾向が強まって来ていたので、馬場傾向的には徐々に差し馬寄りになって来ている印象。ただ、今週からの2週はCコースが使用されるので、また傾向は変わるかもしれない。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒5だった。遡って9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、この開催に入ってからはマイナス1秒台の日はない。
 前の開催のダートは良馬場の日が実は1日もなかったが、今開催に入って一転して全て良馬場。時計が掛かっている訳ではないが、高速馬場にはなっていない。あと連対馬の脚質を見ると、前残り傾向が顕著だった先々週と比べると、先週は差し馬が届いていた。11鞍あって、ペースを補正を施したレースが1つもなくて、ラップ的にそこそこ流れたレースが多かったことが、脚質傾向にも少し影響しているのかもしれない。


  タイム分析
 2019/11/10 (日)  芝=-1.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 チアチアクラシカ 牝2 未勝利・牝 1:34.1 -1.9 --- -0.4 -1.5 B C 9.86
4R T2000 ヴォリアーモ 牝2 未勝利 2:01.7 -0.7 -0.9 +0.3 -1.9 C C 8.00
5R T1600 ダイワクンナナ 牝2 新馬 1:35.6 -0.7 --- +0.8 -1.5 D C 11.00
6R T1800 コスモスタック 牡2 新馬 1:50.7 +1.3 -1.2 +1.8 -1.7 SL C 10.25
9R T1800 レッドサイオン 牡3 tvk賞(2勝) 1:47.6 +0.6 -0.7 +1.6 -1.7 SL C 6.90
10R T1400 ライラックカラー 牡4 奥多摩S(3勝) 1:21.4 +0.2 -0.9 +0.6 -1.3 D C 6.15
11R T1400 テトラドラクマ 牝4 オーロH(L) 1:20.1 -0.7 --- +0.6 -1.3 D D 9.38
 2019/11/10 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ハディア 牡2 未勝利 1:26.3 ±0 --- +0.4 -0.4 D D 9.38
アポロティアモ
3R D1600 ダノンファラオ 牡2 未勝利 1:38.5 -1.1 --- -0.6 -0.5 B D 8.54
7R D2100 ベルウッドカザン 牡3 1勝クラス 2:12.4 +0.2 --- +0.9 -0.7 D C 5.58
8R D1400 ラディアント 牡3 1勝クラス 1:25.0 +0.1 --- +0.5 -0.4 D D 8.67
12R D1600 バンブトンハート 牝3 2勝クラス 1:36.6 -0.6 --- -0.1 -0.5 C C 8.36

東京2R 2歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。スタートの良くなかったチアチアクラシカが抜け出した。ギリギリのBランクで同タイムだった1・2着馬がBランクの対象。
1着 チアチアクラシカ 
 勝ったチアチアクラシカ、出遅れて後方からの競馬になって、さらにはもう最後の直線でずっと内に刺さっていた。それでも勝ち切るんですから、能力は相当高いが、まだ荒削りすぎる印象がある。昇級しても警戒は必要だと思うが、まだ信頼まではどうかと思う。
2着 クリノプレミアム 
 2着クリノプレミアムは先行してしぶとく踏ん張った。前走は道悪での2着だったので、高速決着に対応できるかなと少し懸念していたが、全く問題なかった。こちらは走破時計も速いですし、次走も上位争いになる。
3着 コトブキテティス 
 そして3着コトブキテティスは2着馬に4馬身離された。時計は平凡だが、今回は少し力んでいるように見えた。折り合えば、もう少し差は詰まると思う。結局このレース、終わってみれば1番人気・3番人気・2番人気でワンツースリーだった。4着以下とはかなりの実力差があると思う。
東京3R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。1番人気ダノンファラオが、その支持に応えて逃げ切った。人気の2頭とそれ以外の馬との差が大きくてメンバーランクはDとしたが、終わってみれば強い馬が強い競馬をした。特に上位2頭の強さは目立った。
 そして3着以下はかなり離された。もうかなり離された。走破時計自体も遅いですし、次走も高い評価はどうかと思う。
1着 ダノンファラオ 
 勝ったダノンファラオだが、スタートは早くは無かったが、二の脚を効かせてハナに立って、その後はマイペースで運んで、最後の直線に向くとサッと手前を変えて、後続を一気に離した。パドックを見ていても、まだ腹周りに余裕があって、全体的に緩さが残る現状で勝ち切るのですから、能力は高い。まだ逃げる競馬しか経験していない事と、そしてゲートの出が遅い分、次走上位候補とはしないが、将来性は十分にある。
2着 ニュートンテソーロ 番組注目馬
 2着ニュートンテソーロは中団から外を回って、ラストまでしっかり伸びた。今回は単純に勝った馬が強かった。3着馬は1秒8も離している。この内容なら仮に中山の1800mに使っても問題ないと思う。次走も信頼度は高い。
東京4R 2歳未勝利 注目
 かなり緩やかなペースで進んで、補正が0秒9入ってCランクになったレース。上位馬にはそれぞれ見所があったので、ここで取り上げておく。
1着 ヴォリアーモ 
 勝ったヴォリアーモだが、スタートで出遅れた上に隣の馬に軽くぶつけられる不利があった。それでもすぐに6番手まで挽回すると、最後の直線では追い出しをギリギリまで我慢して、いざ鞍上がこの辺りからゴーサインを出すと、あっさりと抜け出して来た。フットワークが大きくて、距離は長い方が良さそうで、昇級しても通用する。
2着 チャムランテソーロ 
 2着チャムランテソーロは勝ち馬の後ろを通って、ジワジワと脚を使った。デビュー戦は出遅れて実質直線だけの競馬になったことを思えば、随分と内容は良くなっていた。次走も引き続き圏内。
3着 マイネルインパクト 
 3着マイネルインパクトは後方から長く脚を使った。母マイネヌーヴェルはフラワーカップの勝ち馬。この馬も中距離向きだが、今回の内容を見てると、もっと長い距離の方が良さそうな気がする。
6着 プントファイヤー 
 そして1番人気のプントファイヤーは6着に敗れた。何かこう良いリズムで運んでいるように見えたが、争いからは早々に脱落した。2000mよりもひょっとしたら1600mくらいの方が競馬しやすいのかなと思った。
東京6R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京9R tvk賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。

  馬券Summary
ちょっとだけ先読み
 仕事でも恋愛でもあまり先読みしすぎると良い事はないのは重々承知しているが、競馬的にはちょっと先読みした方が良い事もあるという事で、まず京都のタイム分析で取り上げたよう、京都の芝は好位・中団からの差し馬が頑張っていた先々週と比べると、先週はの中団と後方からの差し馬が結構頑張っていた。となると外差しが決まり始めたような印象を与えるが、ご覧のように土曜のデイリー杯2歳Sのレッドベルジュールは出遅れた後、最内を通って抜け出して来た。そして同じくエリザベス女王杯、これはラッキーライラックが最内を突いて、まぁスミヨンマジックも重なって、今までにないほどの切れ味を発揮した。もちろん外からの差し馬が届いたレースもありましたし、ここ2週マイナスの馬場差とは言え、徐々に水準方向に動いて来ているが、内の差し馬が届いてるのは、馬場の内側がやっぱり荒れてきていない証拠だと思う。そして、それに追い打ちを掛けるように、今週から実はCコース使用で、馬場の内側を覆うことになる。ですから、イメージ的には好位・中団・後方のインを上手く立ち回った馬が結果を出すんじゃないかなという気がする。ですから、ちょっと先読みにはなるが、マイルチャンピオンシップも含め、その点もちょっと想定しながら予想に取り組みたいと思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-