2019年1回札幌6日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス0秒9からマイナス1秒3への変動だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認しておくと、前半2週はマイナス1秒台で大きな動きはないが、先週は土曜朝マイナス0秒5でスタートし、日曜終盤へ向かうにつれて時計が出やすくなった。
 木曜日から土曜の朝にかけてまとまった量の雨が降ったが、土曜の朝の時点で稍重。と言っても洋芝は雨の影響が大きいので、土曜の最初の芝のレースである2Rは2000m換算の馬場差でマイナス0秒5。2週目より1秒以上時計が掛かる馬場になっていた。ただ、土日ともに徐々に乾いて馬場差はマイナス方向に動いて、日曜の後半は2週目とあまり変わらない馬場差まで戻った。今週からの2回札幌はCコースに移るので、雨の影響がなければまたマイナス1秒台後半の馬場差になりそう。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス2秒7からマイナス2秒3への変動、日曜がマイナス2秒0からマイナス1秒5への変動だった。ここまで6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週土曜はマイナス2秒台で脚抜きの良いコンディションだった。
 木曜から土曜の朝にかけてまとまった量の雨が降って、土曜は6Rまで不良。8R以降は重馬場だった。日曜は重馬場でスタートして、7R以降は稍重。という事で、馬場差は土日とも変動だが、日曜の後半でもまだ高速馬場の範疇だった。しかし、先週は札幌のダートにしてはかなり差し馬が好走していた。この番組で多分50回ぐらい言っていると思うが、高速馬場のダートが良馬場のダートよりも前残り傾向が強くなるとは限らない。前が有利という意識によって、ペースが速くなりやすいですし、瞬発力タイプの差し馬は高速馬場の方が差しやすかったりする。


  タイム分析
 2019/08/11 (日)  芝=-0.9 → -1.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 セイラブミー    牝2 未勝利・牝 1:10.7 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 6.67
2R T1500 クロランサス    牝3 未勝利 1:29.0 -1.1 --- -0.4 -0.7 B C --
4R T2600 ブラックハーデス    牡3 未勝利 2:43.2 -0.4 -0.6 +0.3 -1.3 C D --
5R T2000 エカテリンブルク    牡2 新馬 2:04.7 +0.5 --- +1.5 -1.0 E C --
6R T1500 ウォーターエデン    牝3 1勝クラス・牝 1:29.2 -0.2 --- +0.6 -0.8 D C --
8R T1200 スリーケープマンボ    セ4 1勝クラス 1:09.0 -0.8 --- -0.1 -0.7 C D 5.67
9R T1800 フォークテイル    牝3 1勝クラス 1:48.6 -0.6 --- +0.5 -1.1 D C --
10R T2000 カウディーリョ    牡3 HTB賞(2勝) 2:01.1 -0.3 -0.4 +0.6 -1.3 D C --
 2019/08/11 (日)  ダ=-2.0 → -1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1000 サーストンネイジュ    牝3 未勝利 0:58.4 -1.2 --- ±0 -1.2 C C --
7R D1700 アノ    牡3 1勝クラス 1:44.9 -0.8 --- +1.0 -1.8 E C (6.50)
11R D1700 モズアトラクション    牡5 エルムSG3 1:41.9 -1.4 --- +0.2 -1.6 C C --
12R D1700 ビービーガウディ    牡5 報知杯H(2勝) 1:44.2 -0.7 --- +0.8 -1.5 D C --

札幌2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。番組注目馬クロランサスが今回は先行策で押し切った。
1着 クロランサス 
 クロランサスはさっと先行して抜群の手応え。その割には突き放せなかったという印象もあるが、とりあえず順当勝ち。ただし、今回に限って言えば1勝クラスですぐに通用するとは言えないタイムと内容ではある。
2着 レッドヴィータ 
 そして2着のレッドヴィータは昨年7月のデビュー戦と比べると、20キロ以上体重が減っている。今回は函館からの輸送も影響していそうだが、函館に滞在していた前回も体重が減っていた。今回は完全に腹が巻き上がっていたが、それで2着だから能力は高い。3歳未勝利戦が組まれているのはあと3週。その間に立て直せるかどうか微妙だが、仮に勝てないまま休養に入って立て直しに成功したら、その時に1勝クラスに格上挑戦しても通用するかもしれないと思えるぐらい状態が良くないのに、好走している。
3着 ボナセーラ 番組注目馬
 3着のボナセーラは好位からのレースになっても問題なかったが、直線で内にもたれて伸びを欠いてしまった。それでもブリンカー着用後は安定していて、次走も上位候補になる。
6着 ティレニア 
 その他では6着のティレニア、いつも切れはしないがジリジリとは伸びるという馬で、今回もジリジリ伸びているが、こういう馬が出負けして後ろからになってしまうと厳しい。前に行ければ着順は上がると思う。
札幌5R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
札幌7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
札幌9R 3歳以上1勝クラス 注目
 2着だったペレについて。
2着 ペレ 
 好スタートを切ったがあえて下げて、直線で伸びて来たが、勝ち馬がそれ以上に伸びていた。ただ、この馬自身直線でスピードに乗るまで時間が掛かってしまった。コレ、原因だが前脚のかき込みがかなり強いのに、それに対して後ろ脚が踏ん張れずに流れてしまっているので、スピードに乗るまで時間が掛かるんだと思うが、これだけ前のかき込みが強い走り方をするのであれば、ダートを試すと面白いと思う。実際、札幌のダートでの追い切りでは素晴らしい動きをしていたという事。芝で好走が続いているので、当分はダートに出てくる事はないと思いますし、芝でもこのクラスは近いうちに勝てると思うが、どこかでダートに出てきたら忘れずに狙いたいとメモっておく。付け足すと20キロ増でも全く太め感はなくて、成長していると思われる。
札幌11R エルムS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。先行争いがポイントだったが、ドリームキラリが外のリアンヴェリテを制してハナに立った。初ダートだったマルターズアポジーも含めて、行きたい馬が多数いて、こういう場合だったら控えようという馬が続出して、意外に流れが落ち着く事もあるが、ドリームキラリとリアンヴェリテの逃げ争いをさらに2頭が追い掛けてハイペースになった。縦長と言うよりも、バラバラの隊列になっていた。その縦長の馬群を上手く利用して、外を回らず距離を損せずに追い上げて行ったのがハイランドピークとモズアトラクション。モズアトラクションがもうあっさりと前を抜き去って、さらにハイランドピークも伸びて2着に上がって来る。さらに外からも差し馬が殺到して来て、差し馬が上位に来た。
1着 モズアトラクション 
 モズアトラクションが抜け出し、重賞初制覇。モズアトラクションは展開がドンピシャ。しかも距離損せずに追い上げられた。基本的に展開に左右される差し馬だが、以前より追い込んで来る脚に安定感があって、大きくは崩れなくなっている。
2着 ハイランドピーク 
 その後ハイランドピークが2着、外から追い上げたサトノティターン・レッドアトゥが3着・4着だった。2着のハイランドピークが差しに回って好走するとは想像しにくかったが、コース取りが絶妙だった。モズアトラクションにあっさり交わされた辺り、やはり差しに回りのがベストとは思えないが、今回は好騎乗が光った。
3着 サトノティターン 
 その後ハイランドピークが2着、外から追い上げたサトノティターン・レッドアトゥが3着・4着だった。そして3着のサトノティターンは直線に入るまで後ろにいて、いくらハイペースでも札幌では厳しい位置になったが、直線でも内にもたれたりせず伸びた。関西圏のレースだとまともに走れない事がこの馬は多いが、札幌に滞在していた今回は精神面が安定していた模様。
4着 レッドアトゥ 
 その後ハイランドピークが2着、外から追い上げたサトノティターン・レッドアトゥが3着・4着だった。4着のレッドアトゥは4コーナーで外を回り、1・2着馬と比べて大分ロスがあったが、よく伸びた。
7着 グリム 
そして1番人気のグリムはレッドアトゥと一緒に上がって来て、直線では失速してしまった。極端なこと言うと、ハイペースの経験がほとんどないという馬なので、勝手が違ったのだと思う。これが良い経験になりそう。
札幌12R 報知杯大雪H 注目
 9着だったスパイスマジックについて。
10着 スパイスマジック 
 このレースは前半こそペースが速かったモノの、3コーナーでペースダウンして馬群が固まって来るという、小回り1700mとしては珍しい展開になったが、そのためスパイスマジックは3コーナーから直線に入るまで前が詰まりっぱなしで、ずっとジョッキーが手綱を引いていた。直線に入ってからはそこそこ伸びていて、得意の札幌ダート1700mならこのクラスでも上位可能と思えた。ついでに今回、去勢手術明けの初戦で体重も減っていた。今後の上積みも期待できそう。

  馬券Summary
前走2着のオルフェーヴル産駒
 前走2着のオルフェーヴル産駒かどうなのかという話だが、タイムランクAやBのレースの上位にオルフェーヴル産駒がいると、私は「オルフェーヴル産駒なので、次走も同じように走れるかどうか疑問」とよく言ってると思うが、実際のところどうなのかというのが、今回のテーマ。
前走2着のオルフェーヴル産駒
 まず何の条件もつけない前走2着だったオルフェーヴル産駒の全成績だが、これ比較対象がないので難しいと思うが、大体年間のトータルと比べても悪くはない。しかし問題なのが、前走Aランク・Bランクのレースで2着で好走したその次のレースで、こういうレースで勝率17%というのは、相当良くない。17頭・18頭が1番人気で、5頭が2番人気になりながら、この成績ですから期待値は相当低い。このタイムランクA・Bの2着馬というのは、番組注目馬の定番だが、定番であってもオルフェーヴル産駒は恐ろしくて番組注目馬にはできないという私の感覚は正しかったと思う。で、しっかり能力を発揮したり良いレースをした時こそ、次はちょっと嫌気が差してしまう模様。
そしてこの表の3段目の新馬戦2着馬の成績、次走の成績、もちろん新馬の次走なので未勝利戦という事だが、この新馬2着馬が2戦目に1頭しか勝っていないというのは、まぁ恐ろしい話で、この19頭中11頭が1番人気ですから、新馬戦2着のオルフェーヴル産駒は自動的に次走危険馬にしておいても、それほど間違いではないというレベルになっている。で、オルフェーヴル産駒はレース経験を積むと悪さをするようになるようなことを私、ちらっと言った事があると思うが、そういう性質がモロに出ているのが新馬戦2着馬の次走成績だと思う。
 先週番組注目馬が7頭出ていたが、その内2頭が前走から中3週で、2頭とも勝って2勝。中2週だった馬が2頭いて、こちらは1勝・そして着外が1頭。中1週だった馬が3頭いて、1勝・2着が1頭・着外が1頭だった。結構重要で、特に番組注目馬になるぐらい力走した馬、好結果を出した馬ほど、真夏に中1週で出てくるとちょっと危なっかしい所があるので、番組注目馬の次走に関しては、中1週の場合はちょっとどうなのかなと。思った方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26