2019年1回小倉8日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜が設定不能だった。さかのぼって8日間の芝の馬場差を確認しておくと、週によって時計の出方が異なり、マイナスの数値になったのは3週目だけ。1週目そして8日目は時計の掛かるコンディションだった。
 土曜は良馬場だったが、水曜・木曜に降った雨の影響で3週目より時計が掛かるようになった。さらに土曜の夜から雨が降り続け、日曜は重。同じ重馬場でも後半の方が時計が掛かるようになっているが、馬場差やタイムランクを出してもあまり意味が無い程完全な道悪になった。よって馬場差は設定不能で、道悪をこなせるかどうかもポイントになっていたが、ここまで悪化すると大半の馬はこなせない馬なので、逆に実力通りに決まる事が多く、日曜の芝では上位人気馬の好走が多かった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒5、そしてマイナス1秒3への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、3週目まではプラスの数値だったが、先週はマイナスの数値で特に8日目はマイナス1秒台になった。
 水曜・木曜に降った雨の影響で、土曜は稍重発表だったが、重に近くて稍重発表だった3週目より高速化した。そして、土曜の夜から雨が降り続けて、日曜は不良。日曜の馬場差は変動で6Rが最も速い時計が出るコンディションだった。9Rになると水が浮いてる箇所もあって、6Rよりは時計が掛かるようになった。


  タイム分析
 2019/03/03 (日)  芝=設定不可  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 ニシノドレッシー    牝3 未勝利 1:10.2 +0.9 --- --- --- - C 8.82
4R T1800 アルファライズ    牝3 未勝利 1:51.7 +3.4 --- --- --- - D 6.92
5R T2000 ダディーズトリップ    牡3 未勝利 2:04.6 +3.3 --- --- --- - C 6.73
7R T2000 ルーモス    牝4 500万下・牝 2:04.2 +4.3 --- --- --- - D 7.75
8R T1200 アラスカノオーロラ    牡4 500万下 1:10.3 +1.8 --- --- --- - D 9.50
10R T1200 ファイトフォーラヴ    牡3 萌黄賞500 1:10.5 +1.8 --- --- --- - D 10.80
11R T1800 カレンシリエージョ    牝4 太宰府特1000 1:50.8 +4.4 --- --- --- - C 7.67
12R T2000 ジャコマル    牡5 唐戸特別500 2:02.9 +3.0 --- --- --- - D 7.38
 2019/03/03 (日)  ダ=-1.3 → -1.5 → -1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 フェードアウト    牡3 未勝利 1:45.1 -1.7 --- -0.4 -1.3 B D 7.15
2R D1000 ガウル    牡4 500万下 0:58.4 ±0 --- +0.8 -0.8 E D 8.25
6R D2400 デアリングアイデア    牡5 500万下 2:31.6 -2.4 --- -0.3 -2.1 C D 5.88
9R D1700 オーケストラ    牡4 500万下 1:45.0 -0.2 --- +1.1 -1.3 E C 6.55

小倉1R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。7.サピアウォーフが先手を取って4コーナーを回って行くが、12.テイエムクロムシャが並んで行った。さらに、その外に16.フェードアウトが並び、3頭の上位争いとなる。フェードアウトが抜け出して1着。2着争いは接戦になり、内のサピアウォーフがハナ差でテイエムクロムシャに先着した。
1着 フェードアウト 
 フェードアウトはレース毎に着順を上げ、3走目で勝ち上がった。フェードアウトは3コーナーから4コーナーにかけて鞍上の手が動き、4コーナーではステッキも入っていたが、直線でしっかり伸びた。手応えが悪くなっているのは気を抜いているだけで、それだけ余裕があるのだろう。ギリギリのBランクではあるが、気を抜かなくなれば、タイムは詰められそう。
2着 サピアウォーフ 番組注目馬
 2着のサピアウォーフは好スタートから軽快に逃げていたが、4コーナーでいきなり左手前に変えたので、外へ膨らんでスピードが落ちてしまった。その影響もあって、一旦はテイエムクロムシャが前に出たが、これを差し返しての2着。ダート適性の高さと、能力の高さを示していて、次走は有力だと思う。
3着 テイエムクロムシャ 
 3着のテイエムクロムシャは差し返されたが、直線でずっと内にもたれていた事も影響している。それでもダート適性は示していて、次走も上位候補。左回りのダートの方が良いかもしれない。
小倉2R 4歳上500万下 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
小倉4R 3歳未勝利 注目
 日曜日はタイムの評価ができない馬場だったが、4Rから8Rまでは内を通るとアウトという馬場になっていた。9R以降は馬場の中ほども荒れて、どこを通っても変わらなくなって、内を通った馬も好走していたが、4Rから8Rで内を通った馬はチェックしておきたい。
 4着だったルッチョーラについて。
4着 ルッチョーラ 
 先行策から直線で楽に先頭に立って、もうそのまま押し切れそうに見えたが、通った場所の状態が悪く、いざ追ってから脚が空回りするような走りになってしまって、外の3頭に一気に差されてしまった。この日の馬場が合っていた馬なんてのは、ほとんど居ないので、まぁ単純に馬場が敗因と言うよりも、直線で通った場所が悪かった。逆に上位3頭は通った場所が良かったというレースだった。
4着 ルッチョーラ 通信簿
 1番人気4着だった。前走超スローでかなり恵まれたので危険馬にしたが、今回は平均以上のペースでよく頑張って驚かされた。最後は展開のアヤで4着だったが、次走もこんなペースなら勝ち負けだろう。
小倉5R 3歳未勝利 
 日曜日はタイムの評価ができない馬場だったが、4Rから8Rまでは内を通るとアウトという馬場になっていた。9R以降は馬場の中ほども荒れて、どこを通っても変わらなくなって、内を通った馬も好走していたが、4Rから8Rで内を通った馬はチェックしておきたい。
 4Rの結果が影響したのか、次の5Rでは4コーナー先頭のダディーズトリップが迷わず馬場の中程に出して押し切った。
この5Rと7Rは2000mで、枠順に関係なく上手く立ち回れば、直線で馬場の良いところを通るのは難しくなかった。
小倉7R 4歳上500万下・牝 
 日曜日はタイムの評価ができない馬場だったが、4Rから8Rまでは内を通るとアウトという馬場になっていた。9R以降は馬場の中ほども荒れて、どこを通っても変わらなくなって、内を通った馬も好走していたが、4Rから8Rで内を通った馬はチェックしておきたい。
 そして7Rではルーモスが4コーナーでは外に行けたけども、あえて行かず、そして直線に入ってから徐々に外へ移動するという巧みなコース取りで勝った。この5Rと7Rは2000mで、枠順に関係なく上手く立ち回れば、直線で馬場の良いところを通るのは難しくなかった。
小倉8R 4歳上500万下 注目
 日曜日はタイムの評価ができない馬場だったが、4Rから8Rまでは内を通るとアウトという馬場になっていた。9R以降は馬場の中ほども荒れて、どこを通っても変わらなくなって、内を通った馬も好走していたが、4Rから8Rで内を通った馬はチェックしておきたい。
 8Rの4歳以上500万下はフルゲートの1200m。そうは行かなかった。内枠の馬は前に行かなければ外へ出しにくい。そのためにこの8Rは外枠の先行馬に、内枠の馬は突っ張る感じになって、ペースが速くなり、先行馬は全滅してしまう。まずこのレースで前に行った馬と内枠の馬はチェックしておくべき。
5着 ギンコイエレジー 
 逃げて直線半ばまでは内で粘っていた9着のステラローザ。それから3番枠から直線で内に突っ込みながら伸びて来た、5着のギンコイエレジー、この2頭はどこかで馬券になりそう。
9着 ステラローザ 
 逃げて直線半ばまでは内で粘っていた9着のステラローザ。それから3番枠から直線で内に突っ込みながら伸びて来た、5着のギンコイエレジー、この2頭はどこかで馬券になりそう。
小倉9R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ディープインパクト産駒は実績不問
 昨年の12月に2歳の12月に重賞を勝ったディープインパクト産駒は3歳春に不信に陥りやすいというデータを紹介したが、ダノンファンタジーに関してはどうやら杞憂に終わりそう。その時に2歳の12月に芝1800m以上の500万下を勝ったディープインパクト産駒は、3歳時に重賞で好走しているというデータも紹介して、早いうちから重賞に出走していた全兄ムーヴザワールドの使い方より、2歳12月に500万下を勝った弟、サトノルークスの使い方の方が正解となる可能性があると言った。が、サトノルークスは重賞を勝っていないが、すみれステークスで、ホープフルステークスの2着馬を下して勝った。他でも、きさらぎ賞では2歳12月に500万下を勝ったダノンチェイサーが重賞初出走で勝ち、共同通信杯も2歳12月に500万下を勝ったダノンキングリーが、朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬を相手に勝った。逆に2歳重賞で好走していたディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に危なっかしいことが多くて、現3歳世代では東京スポーツ杯2歳ステークスで3着だったヴァンドギャルドが対象例となる。重賞初出走だった東スポ杯は3着と好走したが、その実績によって1番人気になったきさらぎ賞は4着だった。で、先週弥生賞をカントルかサトノラディウスが勝っていれば、話としては完璧だったが、勝ったのは重賞2戦目のディープインパクト産駒、メイショウテンゲンだった。ただ、メイショウテンゲンも2歳時重賞には出走しておらず、さらに1勝目まで4戦かかっていながら、重賞2戦目で勝ってしまったように、実績不問でクラスの壁を破った。3歳春の重賞というのは2歳重賞の好走馬が人気になるが、そういう実績馬に逆らいたい私のような人は、2歳時に重賞で走っていないディープインパクト産駒を狙うことをお勧めする。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26