2019年5回京都3日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒5だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催後半は雨の影響で全てプラスの数値。しかも変動だったが、今開催に入ってマイナスの数値が続いている。
 何よりも雨の影響の有無が大きい。この開催にしても高速馬場という程ではなくて、マイナス1秒0でスタートして、徐々に水準方向に動いてはいるが、今週からCコース使用になるので、乾いた馬場なら一気に時計が掛かる事は無いと見ている。あと連対馬の脚質を見ると、中団からの差し馬が幅を利かせている状況は、先々週と変わりなかったが、後方からの差し馬が届き始めている感じ。詳しくは後ほどのコーナーで紹介したいと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、前の開催後半は全て変動で、マイナス1秒台かマイナス2秒台だったのに対し、今開催に入ってからはマイナス1秒台になった日がない。
 まずこの開催に入ってから全て良馬場。時計が掛かっている訳ではないが、高速馬場と言えるレベルでもない。あと連対馬の脚質を見ると、10鞍あって逃げ馬が6連対した。先々週よりも先行馬の活躍が目立った。ただ、その内3つはペース補正を施したレースなので、ラップそのものが脚質に影響している可能性はある。


  タイム分析
 2019/11/09 (土)  芝=-0.7  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 マコトジェムチュク 牝2 未勝利 1:22.5 -0.1 --- +0.4 -0.5 D C 6.44
4R T2000 シルヴェリオ 牡2 未勝利 2:01.2 -1.0 -0.6 -0.9 -0.7 A C 7.46
5R T1600 イプシランテ 牡2 新馬 1:36.7 +0.9 -0.4 +1.1 -0.6 SL D 9.75
9R T1600 サムシングジャスト 牝3 宝ケ池H(2勝) 1:35.0 +1.1 -0.7 +1.0 -0.6 SL C 6.64
11R T1600 レッドベルジュール 牡2 デイリーG2 1:34.5 -0.1 --- +0.5 -0.6 D C 7.67
12R T2200 トーセンカンビーナ 牡3 2勝クラス 2:13.8 +0.7 -0.7 +0.8 -0.8 D D 5.56
 2019/11/09 (土)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 テーオーケインズ 牡2 未勝利 1:24.7 -1.2 --- -0.5 -0.7 B D 6.46
2R D1800 ドゥラモット 牝2 未勝利・牝 1:53.7 -0.8 -0.3 -0.2 -0.9 C D 7.50
6R D1800 サンライズホープ 牡2 新馬 1:53.5 -1.3 --- -0.4 -0.9 B C 6.73
7R D1400 コマノバルーガ 牡3 1勝クラス 1:24.6 +0.1 --- +0.8 -0.7 E C 5.80
10R D1800 メモリーコウ 牝4 観月橋S(3勝) 1:51.3 +0.3 -0.4 +0.8 -0.9 D C 5.89

京都1R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 テーオーケインズ 
 テーオーケインズが4馬身差をつけて勝った。テーオーケインズは好位のインでレースを進めて、前が開くとしっかりと伸びて抜け出した。実質残り200mだけで後続に4馬身もの差をつけた点は見逃せない。この馬、デビュー戦はタイムランクBのレースで3着で、今回走破時計自体同じだが、実質時計を短縮しての勝利で、この内容なら昇級しても良い競馬になりそう。
2着 サンビースト 
 2着サンビーストは2番手につけてよく粘った。前走は1700mに使われて失速したが、1400mでレースぶりが一変した。距離は更に短くても良さそう。
3着 ゲンパチアイアン 
 3着ゲンパチアイアンは1・2着馬に交わされた後もバッタリとは止まっていない。先行力はあるので、次走も相手次第。
4着 ナオミラフィネ 
 4着ナオミラフィネは上位3頭と比べると勝負所での反応が鈍かった。詳しくは後ほどのコーナーで取り上げたいと思う。
4着 ナオミラフィネ 解説危険
 スタートをポンと決めて2・3番手につけたが、勝負所での反応がちょっと悪い。そこで置かれてしまう感じになった。その後最後の直線に向いてからも、何となくフォームが定まらずに惰性で走っている感じだった。結局最後まで加速がつかない様子でゴールインになった。この馬、ここ2戦連続2着という戦績だったが、いずれもタイムランクはDのレースだった。今回のような高速決着になると対応できなかった。ダートに使うようになってからは堅実に駆けているので、次走も人気になるのはほぼ確実だとは思うが、時計勝負になるとちょっと限界があると見て、今回危険として選んだ。
京都3R 2歳未勝利 
3着 グレースオブナイル 解説推奨
 大外の18番枠に入って、先行タイプのこの馬には楽な舞台設定ではなかった。レースでは前めにつけて、最後の直線に向くと一旦は先頭を伺おうかなという場面を作った。結果ラストは差されて3着に敗れたが、先行勢が崩れてレースそのものが差し決着になったことを考えれば、内容的には優秀だった。今回は休み明け初戦でプラス20キロの馬体重だった。休養前より馬体が逞しくなっていた点は見逃せいない。今回は7番人気で3着ですから、次走も極端に人気が集まる事は考えにくい。馬券的な妙味もあると見て、今回狙い馬として選んだ。
京都4R 2歳未勝利 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。
1着 シルヴェリオ 勝ち馬注目
 シルヴェリオが3走目で勝ち上がった。シルヴェリオは調教の動きが明らかに良くなっていたので、どんな走りをするか注目していたが、期待通りと言うか、もうそれ以上の勝ちっぷりだった。2番手につけて、アッサリ抜け出すという所謂正攻法の競馬で勝ち切った点は評価できる。ハーツクライ産駒なので、一旦きっかけを掴むと一気にトップレベルまで上り詰める傾向というのはありますから、この馬もそんな可能性を秘めた1頭だと思う。非常にここからも突き放して、内容的には強かった。
2着 ベーリーオクルス 
 そして2着以下は4馬身以上離された。2着ベーリーオクルスはシルヴェリオをマークする形で運んだが、アッサリと突き放された。今回は相手が強かったと見るべきで、自身はスーッと切れないが、長く脚は使っていますし、競馬が上手で次走も上位争いになる。
3着 ストリクトコード 
 3着ストリクトコードはデビュー戦に続いて、今回も出遅れた。勝ち馬との差はともかく、2着馬とはゲートの出によるところが大きいと思う。力はある馬なので、次走のスタート次第。
4着 ハギノエスペラント 
 そして4着ハギノエスペラントはズブさが目立った。時計勝負では分が悪いと思う。
5着 サトノヴィーナス 
 あと5着サトノヴィーナスはロードカナロア産駒だがどちらかと言うと、持久力型っぽい。時計の掛かる馬場の方が良いと思う。
京都5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都6R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。サンライズホープがクビ差競り勝った。勝ち時計もさることながら、ラスト600mを実は13秒0-12秒9-12秒2の加速ラップで駆けている点は見逃せない。上位2頭の強さは際立っていた。
1着 サンライズホープ 勝ち馬注目
 勝ったサンライズホープはスタートを決めてハナに立って、その後は自分のリズムで運んで、最後は追いすがるミヤジコクオウを力づくでねじ伏せた。繰り返しになるが、ラスト200mは12秒2のラップですから、このまま馬場をもう1週回っても抜かせないんじゃないかなと思わせるぐらいのスタミナを感じさせた。昇級しても勝負になる。
2着 ミヤジコクオウ 番組注目馬
 2着ミヤジコクオウは4コーナーでの手応えは勝ち馬より良かったが、結局最後まで交わせなかった。それでも3着馬には2秒3もの大差をつけている。これエスポワールシチーの半弟という血統背景も魅力ですし、次走は初勝利が濃厚。
7着 カイザーライン 
 一方、1番人気のカイザーラインは7着に敗れた。まだ太めで道中も全くギアが入らない感じだった。この1戦だけでまだ何とも言えない部分はあるが、血統的に見ても芝の方が良いのかなと思った。
14着 トライバルキング 
 そして2番人気のトライバルキングは14着に大敗した。こちらもう砂を被って、途中から前に進んで行こうとしなかった。難しい面がある馬だなという印象を持った。
京都7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
1着 コマノバルーガ 通信簿
 1番人気1着だった。タイムランクがEなので、高評価できるレベルではないが、今回のメンバーでは上位だった。1番人気で3.6倍なら、単勝オッズ的にも満足いくものだったと思う。
京都9R 宝ケ池特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都10R 観月橋S 
3着 グアン 通信簿
 5番人気3着だった。超ハイペースで差した前走とは真逆で、スローペースの逃げ。自在性は評価できるが、どちらも展開に恵まれた事に変わりはない。次走も信頼度は低いと思う。
京都11R デイリー杯2歳S 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。最内枠のレッドベルジュールレッドベルジュールが出遅れる一方、コルテジアが先手を取った。ペース自体は前半600m35秒3ですから、決して速くはないが、途中から各馬が動く展開になって、先行馬にはちょっとキツイ流れになった。結果、後方で脚を溜めていたレッドベルジュールがこの辺りから最内伸びて来る。その馬場の真ん中辺りからウイングレイテストがしっかり伸びて、ペールエールも粘っているが、もう一つここから伸び切れない状態で、結果鮮やかにレッドベルジュールが抜け出して勝ったという競馬になった。
1着 レッドベルジュール 
 レッドベルジュールが直線で内ラチ沿いから抜け出し、重賞初制覇。28キロ増だったが、太くはなかった。レースは出遅れて後方から進んで、内を立ち回って最後も最内を突いて一気に伸びた。ペース以上に先ほども話した通り、前の馬には辛い展開になったので、展開向いたのは確かだが、鮮やかな末脚だった。この内容を見ていると、距離の融通も利きますし、成長が楽しみな1頭。
2着 ウイングレイテスト 
 そしてウイングレイテストが追い込んで2番手に上がり、3着にはペールエールが粘った。2着ウイングレイテストは展開が向いたが、長く脚を使った。今回は休み明けでプラス12キロで、こちらは少し太く映った。ですから、次走に向けての上積みは大きいと思う。
3着 ペールエール 
 そしてウイングレイテストが追い込んで2番手に上がり、3着にはペールエールが粘った。そして3着ペールエールはサクセッションが早めに動いた時に、ちょっと一緒に動かざるを得ない競馬になった。その分ラストの伸びが鈍ったということなので、ちょっと期待値からすると物足りない内容だったが、決して悪い内容ではなかったので、展開面を考えればよく粘っているという見方もできる。
4着 トリプルエース 
 4着トリプルエース、後方で脚を溜めてラストの伸びは目立った。距離を克服しましたし、ちょっとねこれ朝日杯で狙ってみたいなと思わせるぐらいの最後の決め脚だった。
5着 ライティア 
 5着ライティアは道中かなり引っかかっていましたし、馬体もマイナス10キロで細く映った。まだ若さが出たなという競馬だった。
6着 サクセッション 
 そして6着サクセッションは今話したように、早めに動く形になった結果、自分も含め先行馬がみんな辛い形になってしまった。その分失速したので、脚の使い所次第ではもう少しやれると思う。

  馬券Summary
ちょっとだけ先読み
 仕事でも恋愛でもあまり先読みしすぎると良い事はないのは重々承知しているが、競馬的にはちょっと先読みした方が良い事もあるという事で、まず京都のタイム分析で取り上げたよう、京都の芝は好位・中団からの差し馬が頑張っていた先々週と比べると、先週はの中団と後方からの差し馬が結構頑張っていた。となると外差しが決まり始めたような印象を与えるが、ご覧のように土曜のデイリー杯2歳Sのレッドベルジュールは出遅れた後、最内を通って抜け出して来た。そして同じくエリザベス女王杯、これはラッキーライラックが最内を突いて、まぁスミヨンマジックも重なって、今までにないほどの切れ味を発揮した。もちろん外からの差し馬が届いたレースもありましたし、ここ2週マイナスの馬場差とは言え、徐々に水準方向に動いて来ているが、内の差し馬が届いてるのは、馬場の内側がやっぱり荒れてきていない証拠だと思う。そして、それに追い打ちを掛けるように、今週から実はCコース使用で、馬場の内側を覆うことになる。ですから、イメージ的には好位・中団・後方のインを上手く立ち回った馬が結果を出すんじゃないかなという気がする。ですから、ちょっと先読みにはなるが、マイルチャンピオンシップも含め、その点もちょっと想定しながら予想に取り組みたいと思う。
解説者:津田照之(競馬エイト)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-