2019年3回中京8日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、TOPIXでもご紹介したように、良馬場の開催日はなく雨の影響度によって、時計の出方が異なり。特に2日目後半は時計が掛かった。
 土曜が重、日曜が稍重だったが、土曜の方が時計は出やすかった。日曜は最終日で、馬場が傷んできた事もあって、馬場発表としてはワンランク回復したものの、馬場差は水準方向に動いた。連対馬の位置取りとしては、土曜は前週に近い傾向で、前目に位置した馬が優勢だったが、日曜は差し馬も届いていた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒9からマイナス2秒3への変動、日曜がマイナス2秒0からマイナス1秒7への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、ダートも乾いたコンディションの日はなかった。しかも、マイナス2秒を超える馬場差になる事がほとんどで、かなり脚抜きの良いコンディションだった。
 土曜は不良馬場でスタートし、3週目までと同様に脚抜きの良いコンディションだった。後半乾いて行ったが、それでもマイナス2秒台だった。日曜も時間の経過と共に、水準方向に動いたが、まぁそれでもダート最後のレースである10Rで1800m換算の数値でマイナス1秒7。高速馬場だった。連対馬の脚質については大きな偏りはなく、例えばマイナス3秒9という特殊とも言えるコンディションの6日目とは違い、差しも届いていた。ペースが速くなると、差し馬が末脚を活かしていた。


  タイム分析
 2019/07/21 (日)  芝=-0.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2000 ハギノベルエキプ    牝3 未勝利 2:03.3 +1.3 --- +1.6 -0.3 E D 8.27
5R T2000 ロールオブサンダー    牡2 新馬 2:03.9 +0.7 --- +1.0 -0.3 E C 9.71
6R T1600 マーニ    牡3 未勝利 1:35.6 ±0 --- +0.2 -0.2 C D 5.83
9R T1600 アルティマリガーレ    牝3 長久手特(2勝) 1:34.7 +0.5 -0.3 +0.4 -0.2 D D (7.00)
11R T1600 グルーヴィット    牡3 中京記念HG3 1:33.6 +0.6 --- +0.8 -0.2 D C 5.00
12R T1400 シトラスノート    牝3 1勝クラス 1:21.1 -0.4 --- -0.2 -0.2 C C 4.17
 2019/07/21 (日)  ダ=-2.0 → -1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1200 デンコウリジエール    牡2 未勝利 1:12.8 -1.0 --- +0.3 -1.3 D D 6.00
3R D1800 ブルーコンパクタ    牡3 未勝利 1:53.0 -1.8 --- +0.2 -2.0 C D 6.86
7R D1400 ダイメイギンガ    牝4 1勝クラス・牝 1:24.2 -0.9 --- +0.5 -1.4 D C 9.00
8R D1800 ショウナンサリュー    牡5 1勝クラス 1:51.8 -1.8 --- ±0 -1.8 C D 6.17
10R D1400 デンバーテソーロ    牝3 尾頭橋特(2勝) 1:23.6 -0.8 --- +0.5 -1.3 D D (8.00)

中京4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
中京5R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中京8R 3歳以上1勝クラス 
3着 コパノカーリング 通信簿
 3番人気3着だった。距離延長で使って、前に行った時はもうこれはもらったと思ったが、勝ったショウナンサリューが4馬身差をつけたのに、逃げて粘る2着レオンコロナを捕まえられないのでは、ちょっともう一つだった。でも、今後もこのくらいの距離で見てみたいと思う。
中京11R 中京記念 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。ツーエムマイスターが先手を取って4コーナーに差し掛かる。ツーエムマイスターのペースだが、1000m58秒0でやや速めの平均ペース。グランドボヌールが残り400mで早めに先頭に立って粘った。そして残り100mで、今日は前々の5番手ぐらいにつけていたプリモシーンが先頭に立ち、勝ったかと思われたところへ最後に赤い帽子、3枠両頭の3歳馬が一緒に差して来た。馬群を縫うように追い込んだミエノサクシードが4着。レースとしては、スリリングな展開で見所十分だった。
1着 グルーヴィット 
 3枠の3歳馬2頭がほぼ並んで入線し、内のグルーヴィットがハナ差で1着。外のクリノガウディーが2着だった。3歳馬、過去10年で出走自体が4頭と少なかったが、これまで3着以内はなかった。ハンデも軽いですし、これからは3歳馬が活躍する重賞になるんじゃないだろうか。
 1着グルーヴィットはNHKマイルカップ10着から立て直して、万全の出来。ハンデ52キロも良かったですし、長く脚を使える馬で、ペースや展開にも恵まれた。
2着 クリノガウディー 
 3枠の3歳馬2頭がほぼ並んで入線し、内のグルーヴィットがハナ差で1着。外のクリノガウディーが2着だった。3歳馬、過去10年で出走自体が4頭と少なかったが、これまで3着以内はなかった。ハンデも軽いですし、これからは3歳馬が活躍する重賞になるんじゃないだろうか。
 2着クリノガウディーはG1では歯が立たなかったが、その分ハンデ52キロと恵まれた。いつもより後ろから構えて追い込むレースができたのは収穫。
3着 プリモシーン 
 そして1番人気プリモシーンは3着だった。中京の馬場を考えてか、いつもより前めにつける積極策。強さを見せてくれた。牝馬なのに、1・2着馬より3.5キロ重い訳ですから、最終的には斤量差での敗戦で、勝ちに行っての敗戦ですから、強かったと思う。
4着 ミエノサクシード 
 4着ミエノサクシードは外へ行けず、内へ突っ込んだが、追い出しを待たされるシーンもあった。しかし、前が開くと鋭い伸び。まぁ惜しいレースだった。
8着 カテドラル 
 2番人気8着カテドラルだが、4コーナーまでは手応え十分。直線でクリノガウディーの外へ出そうとしたが、そこでちょっと鈍ってしまった。どうも今開催の中京、あの外は伸びなかった印象がある。その後内へ入れたが、思うようには伸びなかった。
中京12R 3歳以上1勝クラス 注目
 完全タイム差はあと0時1速ければBランク。直線でメイショウキョウジが抜け出したが、この目標にしていたシトラスノートが4番手から差し切った。
1着 シトラスノート 
 勝ったシトラスノートは前走、およそ3ヶ月ぶりの鶴橋特別で3着。1度使ったここで、きっちり結果を出した。母がセントウルS・小倉2歳Sを勝ったエピセアロームで、今の所1400mから1600mを使っているが、恐らくは1200mでも走るのではないだろうか。上のクラスで足踏みする馬とは思えない。
2着 メイショウキョウジ 
 そして2番人気メイショウキョウジが2着だった。2着メイショウキョウジは絶好のスタートから逃げ馬を行かせて2番手。直線先頭に立った時には、勝ったかと思わせたが、残り100mで勝ち馬に交わされてしまった。今回2ヶ月半ぶりだったが、中京のこのくらいの距離はよく走る。これで中京では3戦連続の2着となった。
4着 カーサデルシエロ 
 惜しかったのは4着となったカーサデルシエロ。残り100mで前が狭くなって、追えなくなってしまった。あのアクシデントがなければ3着はあったはずでしょうし。前の2頭に際どいところまで差を詰められただろう。母はオークス馬ダイワエルシエーロという良血。中京がベストの馬だけに次走の選択は難しいが、メンバー次第では次走狙えるのではないだろうか。

  馬券Summary
肝心なときに4着になる馬
 これ馬券検討に役立つ知識かどうか…だが、穴馬を狙う時の話。私の場合、能力はあるが、展開・ペースなどがハマらないと来ない馬とか、近走で不利があって実力より不当に人気が無い馬、あとは気性難で常に走るわけでは無い馬などを、ちょっと穴馬は選ぶことが多いが、こういう馬はココというピンポイントで狙わないと、バレてしまうとちょっと人気になってしまう。そのピンポイントで狙う時に、1番困るのが4着である状態。せっかくなのに、狙ったのに4着では馬券になりませんし、次走は人気になってしまう。4着になるぐらいなら、バレないように、大敗してくれないかといつも思うが…。例えば、日曜福島9R白河特別で4着だったイノバティブ。これ、過去何度も狙っているが、たまに穴をあけてくれる。今回、12番人気だが、去勢明け2戦目で外差しの効く福島の今の馬場は得意なはずだと。今ならまだ人気が無い。ワイドも3連複も含めて狙い撃った。そしたら4着だった。実はこの馬、グリーンチャンネルの特番を収録している時に、房総特別、2年ぐらい前ですかね、大きく狙ったら4着だったという事を思い出した。そして次走勝った。まだ市丸めげません。イノバティブさん、狙わしていただきます。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26