2019年1回新潟1日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 新潟は土曜・月曜の開催だった。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒9からプラス1秒4への変動、月曜がプラス0秒1。直線1000mは土曜がプラス0秒6、月曜がマイナス0秒1だった。
 先週の新潟は週の後半に雨が降って、土曜朝の時点で水を含んだコンディションだった。その上11時ごろから雨が降り続いて、さらに時計の掛かるコンディションになって行った。開催2日目は1日置いて月曜だった事もあって、土曜より時計は出やすくなった。とは言え、水準レベルなので、高速馬場だった訳ではない。そして直線1000mについては、土曜は雨や向かい風の影響で時計が掛かって、それに比べれば月曜は時計が出やすくなった。あと連対馬についてだが、中団・後方に位置した馬の上位進出が目についた。なお、この開催は全てBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒2からマイナス2秒6への変動、月曜がマイナス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒8への変動、月曜がマイナス0秒9だった。
 芝のところでも述べたように、土曜朝の時点で水を含んで、ダートは脚抜きの良いコンディションでスタートした。その後、更に雨が降って一掃時計は出やすくなった。かなりの高速馬場と言える。月曜はマイナスの数値ではあるが、土曜と比べると時計は掛かっていた。あと連対馬の脚質は対照的で、土曜は逃げ・先行馬が多かったのに対して、月曜は差し馬の上位進出が目についた。


  タイム分析
 2019/04/27 (土)  芝=+0.9 → +1.4 / 直線=+0.6  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 スコッチリール    牝3 未勝利 1:36.6 +1.9 --- +1.2 +0.7 E D 7.23
6R T2200 ロードブレス    牡3 未勝利 2:16.6 +2.0 --- +0.9 +1.1 E C 7.67
9R T1200 タマモメイトウ    牡3 ゆきつば500 1:10.0 +0.9 --- +0.2 +0.7 C C 8.86
10R T2000 エリティエール    牝5 春日山特500 2:01.4 +1.4 --- ±0 +1.4 C C 7.00
11R T1000 ジョーカナチャン    牝4 駿風S1600 0:55.6 +1.1 --- +0.5 +0.6 D D 9.50
 2019/04/27 (土)  ダ=-2.2 → -2.6 / 1200m=-1.6 → -1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 ダノングリスター    牡3 未勝利 1:51.6 -2.4 --- -0.2 -2.2 C D 6.29
3R D1200 エリンアクトレス    牝3 未勝利・牝 1:11.3 -1.4 --- +0.2 -1.6 C D 8.18
7R D1200 ナイトスプライト    牝4 500万下・牝 1:10.4 -1.5 --- +0.3 -1.8 D D 7.70
8R D1800 ショウナンサリュー    牡5 500万下・若 1:50.0 -2.8 --- -0.3 -2.5 C D 6.44
12R D1800 ディライトプロミス    牝4 500万下 1:51.5 -1.3 --- +1.3 -2.6 E D 8.00

新潟5R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
新潟6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
9着 ポイントオブオナー 通信簿
 1番人気9着だった。スタート直後からずっと手応えが悪かった。これまで2着と今回のようなレースの内容の凡走が交互になっていることからも、どうも好走が続かないタイプなのかなという気はする。
新潟8R 4歳上500万下 注目
 勝ちタイムはあと0秒1速ければBランクになっていた。直線に向くとリフトトゥヘヴン・ショウナンサリューの追い比べになって、ショウナンサリューが抜け出して3馬身差をつけて1着だった。2着がリフトトゥヘヴンで半馬身差でヴィーヴァマーレが3着になった。
1着 ショウナンサリュー 勝ち馬注目
 ショウナンサリューはここまで未勝利だったが、500万下で既に2着が3回あって、いつ勝ってもおかしくないレベルにはあった。高速馬場のコンディションも対応した点は評価できる。引き続き500万下に出走可能で、上位候補になる。
2着 リフトトゥヘヴン 通信簿
 1番人気2着だった。メンバーが低調なだけに、立ち回りの上手さだけで来てしまいそうで心配だった。2着は危険馬としては失敗だが、勝ち馬に離されて9番人気の3着馬に半馬身差まで迫られている。常に人気にはなるが、次走以降も疑ってかかる方が得策ではないだろうか。
新潟9R ゆきつばき賞 
6着 マイネルアルケミー 通信簿
 1番人気6着だった。前に壁を作ろうと控えて、スムーズさを欠いたのと、結果として馬場が影響したことも考えられる。いずれにしろ、ここまで負ける馬ではない。巻き返しの可能性はある。
新潟10R 春日山特別 
2着 アールスター 通信簿
 1番人気2着だった。勝ち馬はディープインパクト産駒でルージュバックの半妹。決め手の差が出た形だが、直線では何回も差し返していますし、前走も高速馬場だったことから、渋った馬場が影響した可能性もある。この1走で評価は下がらない。
新潟12R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
津田照之が選ぶ 平成のベストレース
 平成のベストレースということで、馬券検討にはもうほぼ役立たないが、今回の初回放送は4/30の午後11時から。ですから平成を締めくくる1時間となるということで、この馬券summaryでは、私なりに平成の中央競馬を振り返ってベストレース2鞍を選んでみた。
津田照之が選ぶ 平成のベストレース
平成21年。ウオッカの勝ったG1ジャパンカップ、これを取り上げたいと思う。これはウオッカが早めに抜け出して、オウケンブルースリが差して来るような形になって、ギリギリウオッカが押し切った。これ、ちょっとひとつの裏話があって、フランスのシャラナヤという馬が、エリザベス女王杯に使いに来て、4着でジャパンカップにも登録した。アガ・カーン殿下の所有馬なので、当時ルメール騎手はアガ・カーン殿下と契約をしていたので、それがジャパンカップに出走してくると、乗らなきゃならなかった。それが、アガ・カーン殿下のシャラナヤが回避したために、ウォッカに乗れることになったという、ちょっと巡り合わせと運命めいたものがあって、ですからレースの週の水曜に行くと、ウォッカの背中に急にルメール騎手が乗ってたという状況があった。ですから、そういう巡り合わせもあって、なんかこう執念が実ったようなハナ差勝ちだったと思う。やっぱ2400mが個人的には一番合ってる馬だと思っていたので、この勝利で最後に接戦になったが、個人的にもなんとか馬券が取れて、非常に嬉しかったレースの一つ。ジャパンカップには3歳の頃から参戦していて、元々長い距離が得意だったが、ちょっと引っかかる面を見せ始めたので、ちょっと短めの距離にシフトしていたが、ここでジャパンカップでまた長めの距離に戻して、結果出した。本当、今思い出しても立派な馬だったなと思う。
津田照之が選ぶ 平成のベストレース
2つ目はファビラスラフイン。平成8年、京都のG1秋華賞。3歳牝馬限定の秋のG1は京都芝2400mが舞台のエリザベス女王杯だったが、この年からエリザベス女王杯は古馬も参戦できる2200m戦となって、3歳牝馬限定のG1としては、この秋華賞が新設された。これね、追い切りが水曜日にあった。当時助手さんが乗って追い切って、坂路を駆け上がって来て、上がって来たら取材しようと思って待ち構えていたが、取材する前に向こうが右手を差し出してきた。これ何かなと思ったら、握手。もうその時点で、勝てるよというようなニュアンスが伝わって来て、結構聞き出そうとして記者って努力するが、聞き出さなくても感触が分かったという珍しいケースだった。これ単勝実は1,880円もついて、あまり当たった話ばかりするのもいやらしいが、でもやっぱりに取材って、やっぱりそういうちょっと醍醐味みたいなモノものあるので、それを垣間見たちょっと秋華賞だった。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26