2019年2回京都8日目

開催一覧
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒6だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で1回開催から全てプラスゾーンだった。
 特に2回開催3週目となる先々週は、土日ともにプラス1秒1で、最も時計の掛かるレベルだった。同じ良馬場でも3週目と比べれば、先週は水準寄りになったが、それでもやや時計が掛かっていた。連対馬の脚質を見ると、逃げ馬・先行馬ともにゼロで中団・後方からの上位進出が目についた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒6だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催3週目は水準レベルだったが、他の週はプラスの数値だった。
 先週は土日ともに良馬場で、時計の掛かるレベルだった。ただ、同じように土日ともに良馬場だった1週目ほどには時計が掛かっていなかった。連対馬に目立ったか偏りはないものの、前目につけた馬の粘り込みが多く、開催3週目の傾向がやや残っていたと言えるだろう。


  タイム分析
 2019/02/17 (日)  芝=+0.6  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 レッドジェニアル    牡3 未勝利 2:02.1 ±0 --- -0.6 +0.6 B D 5.92
8R T1600 モズダディー    牡4 500万下 1:34.6 +0.1 --- -0.4 +0.5 B D 7.56
9R T1800 フランツ    牡4 春日特別1000 1:48.3 +1.6 -0.6 +0.5 +0.5 D D 6.75
10R T1400 ダイアトニック    牡4 斑鳩S1600 1:22.2 +1.4 -0.6 +0.4 +0.4 D D 3.50
 2019/02/17 (日)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ダイヤクイン    牝3 未勝利・牝 1:13.7 +0.7 --- +0.3 +0.4 D D 8.07
2R D1800 ジューンステータス    牡3 未勝利 1:54.6 +0.3 --- -0.3 +0.6 C D 7.08
3R D1400 パレニア    牝3 未勝利 1:26.5 +0.6 --- +0.1 +0.5 C C 5.91
6R D1200 ヒデノヴィーナス    牝3 500万下 1:12.8 +0.5 --- +0.1 +0.4 C C 8.08
7R D1800 サンライズセナ    牡4 500万下 1:53.6 +1.0 --- +0.4 +0.6 D D 7.73
11R D1200 ヤマニンアンプリメ    牝5 大和SH 1:10.7 +0.5 --- +0.1 +0.4 C D 9.00
12R D1800 グアン    牝4 1000万下・牝 1:52.9 +1.1 -0.2 +0.3 +0.6 C C 6.91

京都5R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。レッドジェニアルが3走目で勝ち上がった。中盤少し緩んだが、基本的には平均ペース。レッドジェニアルが2着に3馬身差をつける快勝劇を見せた。
 2着以下は3馬身以上離された。2着以下はタイムランクC以下となる。次走への狙いは立たない。ただし、一言言っておきたいのはこの日の馬場。前に行って内を通った馬は全く伸びないシーンが見受けられた。
1着 レッドジェニアル 
 勝ったレッドジェニアルだが、これが3戦目。前2戦はいずれも後方から追い込んで届かず3着という競馬だったが、今回は中団に位置して3コーナー手前から外目を徐々に上昇。直線では大外から一気に差し切った。レッドジェニアルの母レッドアゲートはフローラステークスの勝ち馬。兄弟に活躍馬はいないが、ポテンシャルは十分に持っている血統ではないだろうか。この勝ち方ができるなら、次走上のクラスでいきなり通用しても不思議はない。
7着 レティキュール 
 このレースの1番人気レティキュールも早め先頭から押し切ろうとしたが、7着。インコースが伸びない馬場に、能力を削がれた感がある。次走以降の巻き返しに注意したい。
京都8R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。再びブリンカーを装着したモズダディーがJRAに戻って2走目で一変した。ハイペースで進んで、逃げ馬と2番手の馬は沈んでしまったが、3番手から5番手の馬たちが入れ替わって抜け出して1着から3着を占めた。
1着 モズダディー 
 勝ったモズダディーは惜しいところで未勝利戦を勝てず、園田で2勝してから再入厩している。再入厩初戦の前走は10着と敗れたが、2戦目で中央初勝利を挙げた。Mr. Prospectorの3×3という近親配合で、父親はStorm Cat系のScat Daddy。Scat Daddy産駒は芝短距離もしくは、ダートで活躍する傾向があるが、この馬は1600mで結果を出したのが面白い。もしかすると、短距離ならさらに強い可能性もあるが、1600mで今後も活躍できるなら、さらに幅が広がるはず。上のクラスでどうやって行くかに注目したい。
2着 ドラグーンシチー 番組注目馬
 2着ドラグーンシチーはこれで2戦連続の2着。ようやく常識にかかって来た。このクラスはすぐに勝てると思う。
京都11R 大和S 注目
1着 ヤマニンアンプリメ 
 勝ったヤマニンアンプリメは、展開がハマった印象。まぁ次走再びハンデ戦だと負担重量の増加が予想されるので、厳しいだろうか。
2着 ジューヌエコール 
 狙いたいのは2着したジューヌエコール。これでダート転向後に連続2着。1着馬はハンデ1キロ軽い馬だった。芝では重賞2勝しているが、元々兄弟はダートで活躍している。ダートで走ることも分かりましたし、次走ハンデ戦だと1キロ増かもしれないが、十分狙う妙味があるだろう。次走はハンデ戦でも別定戦でも、いずれも狙ってみたい。
京都12R 4歳上1000万下・牝 注目
 2着馬バニーテールを取り上げる。
2着 バニーテール 
 前走直線で不利があって3着だった。今回狙いと思っていたが、クビ差グアンを捕らえきれなかった。まぁしかし4コーナーでは大外を通っていますし、勝ち馬よりもかなり距離を走っている。3着は5馬身離していますし、勝ちと同等の評価をして良いだろう。次走は牝馬限定でなくても、頭から狙ってみたい。

  馬券Summary
驚異的なユラノトのイン強襲策
 今年最初のG1フェブラリーステークスで3着だったユラノトだが、ともかく直線でインを強襲する。3歳12月の1000万下以降、9戦中8戦直線でインにいた。昨年のアンタレスステークスだけ4コーナーで、外から直線に並びかけた、先頭に並びかけたが、5着だった。そして、このアンタレスステークスと昨秋の武蔵野S4着だったが、これ以外7戦で全て3着に来ている。前走の根岸ステークスは、明らかにインを突いた馬たちが恵まれたと感じたので、フェブラリーステークスでは無印にしてしまったが、そしたら3着に来られてしまった。今回も少し前が詰まりそうになるシーンあったが、全く怯まずにインを突っ込んで、抜け出して来た。ごちゃついても何しても怖がらずに、常にインから抜けてくる。こういう馬を馬券の味方につけておくのが、これから必要なんじゃないかなと痛感した次第。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-