2019年2回小倉3日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒0だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台で大きな動きはない。
 先週水曜日以降は雨が降らず、完全に乾いた良馬場で依然としてマイナス1秒を超える馬場差だったが、1週使用したことで開幕週より少し時計が掛かるようになった。土曜の勝ち馬は全て3コーナー3番手以内で、日曜は差し馬が多く好走しているが、土日で馬場状態が大きく異なっていた訳ではなく、日曜の方が差し馬が上位に来やすいケースや展開が多かった。この開催は前半4週がAコースで、後半の2週はBコースを使用する。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、大きな動きはないが、先週は開幕週と比較するとプラス方向に動いた。
 水曜日以降は雨が降らず、朝の含水率に関して言うと、先週の土曜が2日目と同じ程度ではあったが、それでも2日目より少し時計が掛かるようになり、土曜よりさらに含水率が下がった日曜は馬場差がプラスゾーンに入った。1700m戦のラスト200mだが、最も速かった日曜8Rでも12秒9だった。力のいる馬場で、多くの馬が最後にバテてしまっていた。そのため1700mは逃げ切り勝ちは1回もなかったが、かと言って最後に鋭く伸びるのは難しい馬場なので、4コーナーで後ろの方にいても苦しかった。


  タイム分析
 2019/08/03 (土)  芝=-1.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ローランダー    牝2 未勝利・九 1:09.9 +0.4 --- +1.1 -0.7 E E 8.67
2R T1800 ブルーミングスカイ    牡2 未勝利 1:48.2 -0.5 --- +0.5 -1.0 D D 7.00
3R T1200 サトノソレイユ    牝3 未勝利 1:08.6 -0.5 --- +0.2 -0.7 C D 9.25
5R T1200 カーフライターク    牡2 新馬 1:09.1 -0.6 --- +0.1 -0.7 C D 6.67
6R T2000 ゲンティアナ    牝3 未勝利・牝 2:00.0 -0.8 --- +0.3 -1.1 C D 6.67
7R T1800 ミヤビパーフェクト    セ3 未勝利 1:48.3 +0.4 --- +1.4 -1.0 E D 7.75
9R T1200 ファンタジステラ    牡5 筑紫特別(1勝) 1:08.0 -0.5 --- +0.2 -0.7 C D 5.00
10R T2000 モアナアネラ    牝3 都井岬特(1勝) 2:00.1 -0.2 --- +1.3 -1.5 E D 6.25
 2019/08/03 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R D1700 テイエムクロムシャ    牡3 未勝利 1:46.3 ±0 --- ±0 ±0 C D (8.50)
8R D1000 ヤマニンブルーベル    牝3 1勝クラス 0:59.1 +0.7 --- +0.7 ±0 D D 2.75
11R D1700 ナンヨーイザヨイ    牡3 九州スポ(2勝) 1:44.8 +0.4 --- +0.4 ±0 D D --
12R D1700 ペガサス    牡3 1勝クラス 1:46.6 +1.4 --- +1.4 ±0 E D --

小倉1R 2歳未勝利・九 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
小倉2R 2歳未勝利 注目
 勝ったブルーミングスカイについて。
1着 ブルーミングスカイ 勝ち馬注目
 向正面で一気にポジションを上げて来たサングレデクリストが3コーナーで先頭に立つが、そこですぐ後ろにいたブルーミングスカイは前が狭くなって、手綱を引く羽目になった。そこで走りのリズムも崩れて、前の2頭との差が開いてしまったが、その差を4コーナーで一気に詰めて並んで行くと、ラスト200mほとんど追っていないのに7馬身も突き放した。結果的に3コーナーで手綱を引いた後、一気にマクるという、こう乱暴な脚の使い方になってしまったが、加速力とトップスピードの速さは十分に示しましたし、こういう乱暴な脚の使い方をしても、ほぼ馬なりで突き放す訳ですから、恐らく持久力もある。上のクラスでも通用しそう。
小倉4R 3歳未勝利 注目
 4着だったサンライズアカシアについて。
4着 サンライズアカシア 
 まず一旦ゲートで立ち上がった後、やり直しになって外枠発走だが、そのため1コーナーまでに先手を奪うのが難しくなってしまった。それでも2コーナーで、この後内にいる2頭を交わして行ったが、その交わして行く時に外にズーッと馬が張り付いているような感じでいて、ようやく先頭に立ってからもズーッと外からプレッシャーをかけられていた。ペースそのものも900m通過が55秒1と、まぁそこそこ速かったが、その速いペース以上に厳しい展開だった。これでは最後一杯になってしまったのも仕方ない。これまでのレースを振り返れば、別にハナにこだわる必要はないはず。落ち着いたレース運びができれば、巻き返せると思う。
小倉7R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
小倉10R 都井岬特別 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
小倉12R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。4着だったシホノフォルテについて。
4着 シホノフォルテ 番組注目馬
 これゲートで2回立ち上がるが、2回目に立ち上がったところでゲートが開いて出遅れた。さらにダッシュがつかず、最後方。この時点で参考外というレースになっちゃっているが、直線では最内に突っ込んで来て、さらに進路を少し外に切り替えたりしながらも伸びて来た。このレースのラップが、ラスト400mが13秒0-13秒9というすごく遅いレースなので、それほど鋭く伸びていなくても、鋭く見えてしまうというその点は割り引く必要があるが、本来は先行策を取れる馬。繰り返すが、これは参考外のレースで次走も本命級の扱いで良いと思う。

  馬券Summary
芝1200mのコース形態・その2
 前回は函館と札幌のコース形態の違いというテーマで、特に芝1200mはスタートから3コーナーまでの距離が違うことに注意という内容だったが、この違いによって前半600mのラップが同じでも、ハイペースなのかそうではないのかが異なってくるという事だった。で、今回は直線の長さやコーナーの形状でなく、高低差。
芝1200mのコース形態・その2
現在開催中の競馬場で言うと、小倉の芝1200mは他の競馬場にはない特徴があり、それは全体の半分以上が下り坂で、登り勾配がほぼないということ。具体的にはスタートから4コーナー途中までがずっと下り坂で、そこからゴールまでがほぼ平坦。この特徴的な高低差によって、芝1200mの前半600mはものすごく速くなる。下級条件でも普通に33秒台前半や32秒台になる。従って前半33秒台で行って粘っていても、特に価値がある訳ではなくて、このコースで前後半が同じになってしまったら、もう超スローに分類して良いということ。小倉開催が私の担当になると、実はスローなので逃げて3着では次走危険という次走危険馬をしょっちゅう出していると思う。小倉1200mは前半が下り、後半は平坦ということはそれほど世間では強く認識されていないようなので、このやり方は効果があると思っている。
芝1200mのコース形態・その2
そして他のコースで言うと、中山と中京も1200mは前半がほぼ下り坂なので、触れておく。ただし、これ中山が右回りで、中京が左回りでこれ左右逆なので、見方を注意してください。中山は小倉と同様にスタートから400m以上も下り坂の直線が続くので、前傾ラップになるのか普通。こちらも前後半が同じならスローと考えて良いが、最後に急な上り坂があるので、小倉のように前半32秒台で行っても余裕で残れますよと、そういうコースではないという違いがある。そして中京はスタートして350mも行かない所で3コーナーに入ってしまうので、下り坂であっても前半はそれほど速くならない。ということで、こちらもラップの見方は注意したいコース。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26