2019年2回福島3日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒7だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開催初日はマイナスの数値ではあったが、終盤に雨が降って、馬場差が変動。2日目は雨の影響を強く受けて、設定不能。そして先週はプラスの数値だった。
 まず土曜は良馬場発表ではあったものの、木曜の雨の影響が残って、やや時計は掛かっていた。そして土曜夜からの雨で、日曜は終日馬場発表は稍重だったように、さらに時計が掛かっていた。連対馬の脚質には、目立った偏りはない。今週からの後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス0秒7への変動、日曜がマイナス0秒7だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響により良馬場だった開催はなく、3日目まで全て変動。ただし、マイナス1秒台になったのは2日目だけ。
 土曜は重馬場でスタートして、途中稍重に変更された。時計の出方も後半は水準方向に動いて、馬場差は変動。ただ、その後再び雨の影響を受けて、日曜は土曜後半と同レベルのままだった。連対馬を見ると土日9鞍で逃げ馬が1頭だけ。先行馬はゼロで、総じて控えていた馬が優勢だった。


  タイム分析
 2019/07/06 (土)  芝=+0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 フジマサリアル    牝2 新馬・牝 1:50.8 +1.0 -0.4 +0.4 +0.2 D D 6.92
7R T1200 イルヴェントデーア    牝3 未勝利 1:10.0 +0.2 --- +0.1 +0.1 C D 7.73
9R T1200 アイルチャーム    牝3 須賀川特(1勝) 1:09.0 -0.2 --- -0.3 +0.1 B D 7.38
10R T2000 マイネルキラメキ    牡4 松島特別(2勝) 2:01.6 +1.7 -0.3 +1.2 +0.2 E C 9.88
11R T1800 サトノキングダム    牡6 阿武隈H(3勝) 1:48.3 +1.8 -0.4 +1.2 +0.2 SL D 7.00
 2019/07/06 (土)  ダ=-0.9 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 キモンカラー    牝3 未勝利・牝 1:48.0 +0.9 --- +1.8 -0.9 E D 7.75
3R D1700 ノブベック    牡3 未勝利 1:47.4 +0.3 --- +1.2 -0.9 E D 7.36
6R D1150 ヒロノトウリョウ    牡3 未勝利 1:08.5 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D 8.50
8R D1700 トゥーフラッシー    牝3 1勝クラス・牝 1:46.6 +0.6 --- +1.3 -0.7 E D 6.22
12R D1700 ブリッツェンシチー    牡3 1勝クラス 1:46.5 +0.5 --- +1.2 -0.7 E C 7.15

福島2R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
福島3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
福島6R 3歳未勝利 注目
 タイムランクCだが、あと0秒1速ければBランクだった。
1着 ヒロノトウリョウ 
 勝った1番人気ヒロノトウリョウは、ここでは能力上位。最内を引いたのだけが不安だったが、枠なりでインコースの5・6番手を進むと、4コーナーで外へ出してあっという間に先頭へ立った。まぁ全くの楽勝。ヒロノトウリョウの父グランプリボスは、昨年の新種牡馬で先週までに10勝を挙げているが、実はコレ全てダート戦。グランプリボス自身はサクラバクシンオー産駒ながら、今のところ芝では不審で、産駒はダートで活躍している。今後芝でも盛り返す可能性はもちろんあるだろうが、現状ではダートで狙いたい種牡馬。ヒロノトウリョウ自身、ダートで8戦して1300m以下の距離では、7戦全て掲示板。休み明けを除くと6戦全て3着以内。上のクラスでもいきなり通用しておかしくない。
11着 ルンルンバニラ 
 あと次走狙ってみたいのは11着だが、ルンルンバニラ。今回初めてハナに立つレースをして、気を使った上に終始外から競り掛けられて、ハイペース。まぁ大敗も仕方がなかった。人気がなくなるようなら、次走以降面白いと思う。
11着 ルンルンバニラ 解説推奨
 2番人気で11着だった。今回は初めてハナに立つレースをして、気を遣った上に、終始外から競り掛けられる展開になって、ハイペースになってしまった。ちょっとこれは大敗も仕方が無いだろう。人気がなくなるようなら、次走以降面白い。逃げるよりも、普通にやっぱり2番手・3番手につけてレースをした方が、現状では良いのかもしれない。ここではもうちょっと圏外に去ってしまった。
福島8R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
福島9R 須賀川特別 タイムB
 このレースの勝ちタイムは、古馬1勝クラスの基準タイムより0秒2速く、1200m対象の馬場差がプラス0秒1だったことを踏まえると、 -0.2-(+0.1)=-0.3 で基準より0秒3速い勝ちタイムだった。アイルチャームが最内から先手を取って直線。その後、コールザチューン・レッドルチアと6枠2頭が続くが、2頭の間を割ってシャインサンデーが伸びて来る。しかし、アイルチャームはリードを保って1着。0秒3差でシャインサンデー2着。3着レッドルチア。
1着 アイルチャーム 
 3歳牝馬アイルチャームが逃げ切った。前半600m通過タイムが33秒8、最内枠から速いペースで逃げたアイルチャームが上がりもまとめて、最後は抑える余裕すら見せて快勝した。前走新潟の直線1000mでも逃げていた程ですから、まぁダッシュ力は抜群。ただ、1000mでそんな競馬をした後だと、1200mでは前半行き過ぎて止まる可能性があるモノだが、ハナに立った後は掛かる素振りも見せず、直線楽勝ですから恐れ入った。上のクラスでも、いきなりから楽しめそう。
2着 シャインサンデー 番組注目馬
 そして1番人気のシャインサンデー2着だった。道中は馬群の中で折り合って、楽な感じで直線抜けて来たが、もう2着に上がるのが精一杯だった。これで6走続いて2着か3着。今回は休み明けであり、次走は当然勝てるだろう。
7着 マイネルアルケミー 
 一方、2番人気マイネルアルケミーは7着。4コーナー手前で追われてから、意外なほど反応できなかった。休み明けで馬体重10キロ減だった辺り、本調子になかったという事だろうか。
福島10R 松島特別 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
福島11R 阿武隈S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1000m通過が1分1秒6のスロー。
1着 サトノキングダム 
 ただ、勝ったサトノキングダムは上がりをまとめて、強さを見せつけた。
福島12R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
ダート短距離、両雄並び立たず
 ちょっと格好良いタイトルにしてしまったが、夏競馬に入って函館・福島・中京の全レースにおいて、1・2着が1番人気と2番人気で決まったレース、どのくらいあるかということだが、6月中の函館6日間と福島・中京各2日間、計120レースの内、なんと24レースある。ちょうど1/5の確率。1番人気・2番人気で決まったレース。これは僕はこんなにあるとは思わなかったが、しかしこれを1200m以下のダート短距離戦、実は15レースあったが、これに限って見ると、どうか。なんと6/22ヤマメの勝った函館6Rダート1000mの新馬戦だけ。僅か1レース。確率が急に1/15に下がってしまう。全体だと1/5なので、ダート短距離だと1/15になる。どうしてそうなるか、これは色々考えたが、先ほどタイム分析でも取り上げた、アカネサスが勝った先週の土曜函館9Rの1000m戦、ここにこの理由が凝縮してるように思えた。
どう見ても能力はノボシュンシュンとアカネサスが抜けていた。この2頭に馬連もかなり被っていたが、まぁ当然これら2頭の力は拮抗していて、しかもいずれも前に行く馬だった。そうなるとどうしてもお互いがお互いを意識するので、そしてどちらも相手を負かしに行きたい訳で、結果はアカネサスが勝って、ノボシュンシュンが大敗と。こういうケースがやっぱり、結構多いんじゃないかなと。自分の馬券とかも考えても思った。 やっぱりそろそろね我々は、そろそろと言うか、もう既にそうされている方も多いかもしれないが、そろそろ我々はダート短距離の馬券を考え直さないきゃいけないんじゃないかと思う。ダート短距離は強い馬2頭では決まらない。これを頭の片隅に入れると入れないではだいぶ違うのかなと。そういう風に思った。
解説者:市丸博司(パソコン競馬ライター)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-